今朝の最低気温は1℃と冷え込んでいましたが、天候は極上の快晴
で真っ青な空の下、庭にはこれまで紹介したのとは別品種のサザンカが
咲いていました。

 サザンカは寒さに強い花です。
 椿はもう少し後で開花します。
 椿とサザンカの大きな相違点は、儚くなってしまうと山茶花は花弁が一
枚づつ散ってしまいますが、椿は花ごと落ちてしまいます。

 椿の花は花ごと(首ごと)といいまして、あまり昔の人は好まなかったよう
です。
 縁起を担ぐというものです。
 小生も本当かどうか分かっていませんが、統計学みたいなものかもしれ
ません。

 気になりましたから、椿を詠んだ歌が万葉集にありますから何かのヒント
になるかどうか、検証してみたいと思います。

 ・我が門の片山椿まこと汝れ我が手触れなな土に落ちもかも

 ・あしひきの八つ峰の椿つららに見とも飽かめや植ゑてける君

 ・奥山の八峰の椿つばらかに今日は暮らさね大夫の伴

 ・みもろは人の守る山本辺は馬酔木花咲き末辺は椿咲くうらぐ

 ・我が妹子を早見浜風大和なる我を松椿吹かざるなゆめ

          
               サザンカ(銀月)

010








































                                               サザンカ(銀月)

008




































 このサザンカは家内が故郷から持ってきた想い出の花です。
 東京での生活が快適なのか枯れずに毎年赤い花を見せてくれます。


                サザンカ(四国紅)

004
































               サザンカ(四国紅)  

003

























  椿を詠った歌の万葉集でも別段縁起など悪くないようです。

 自宅の庭にある椿は未だ蕾みですが、黒い(赤褐色)花の珍しい種類も
ありますので、咲きだしたら紹介させていただきます。

 家内は、今日は障子紙の張り替え作業をしてくれました。

 古い障子紙に水をかけてから古い紙を剥がし、丁寧に洗って乾かし、そ
の後新しい障子紙を貼っていました。
 お疲れ様です。
 明日から12月に入りますから、正月の準備の一つだと思います。
 お陰で外の光がよく通り部屋の中が明るくなり、快適な気分になりました。

                                       障子紙貼りがもう少しで完了です。

018
























 小生は午前中、♭FM放送の音楽を聴きながら小説「大菩薩峠」を読ん
だりしてすごしました。

 第一巻目の冒頭で昔、貴い聖が、この嶺の頂に立って、東に落つる流か
れ、西に落つる流かれを祈って、菩薩の像を埋めておいた。
 それから東に落つる水は多摩川となり、西に流るるは笛吹川となり、い
ずれも流れの末永く人を湿し、田を実のらすと申して伝えられております。

 と始まる「大菩薩峠」を午前中でやっと読み切りましたので、昼食後図書
館へ返却に行ってきました。

 行く途中、神社の後ろの空き地に「サワラ」という名の大樹が実をつけて
いました。
 葉は緑色の鱗状で(実の付いた部分の葉は茶色くなっています)檜より
小さく先が尖るため、触るとチクチクします。

 球実は直径8mmくらいで、茶色くなっていて、数か所表面に割れ目が
入り良く見ると小さな種子がありました。
 4日前に見たときは実の色がまだ緑色も入っていて、種の割れもありま
せでしたが、寒さに促されるように種を早く落として子孫を増やさなければ
と、サワラは急いで茶色になったのでしょう。

                                              「サワラ」の木

024




































               「サワラ」の木の実

021




































 植物の力を見て感動をしました。


 本を返却してから図書館を出ると、入口あたりに、石碑がありました。

 碑文によりますと、四谷(よつや)は、現在の四谷二丁目の一部(四谷通
りと東大山道にはさまれた地域)の中心があった村落です。

 幕末の地誌(新編武蔵風土記稿)には「寛永の初洪水にて、地所一旦
流失せしを、今の村民三左衛門が先祖内匠(市川姓)再び開墾せし邑な
りといふ、民家五十二戸、處々に散在す」とあります。
 古くは、「四つ屋」の字があてられています。

 地名の起こりは、四つの家が村を興したことによるようです。
 その四軒の家については、諸説があって不明です。

 この地域は多摩川の氾濫原で、谷とおぼしき地形はありません。

  四谷の西端(四谷六丁目)の「三屋」は「四谷村」に属した集落です。


               石碑 「四谷」

028




































            明治初期の地名(四谷村付近)

031



















               四谷村の風景

032

























 
         モニュメント後方にある「あずまや」

036



















 
 
















            図書館入口にあるモニュメント

034




































             図書館入口にあるモニュメント

035