今日も穏やかな秋晴れの一日でした。
 朝から吉川映治記念館(草思堂)の庭園の写真を見ながら気に入った
風景をデッサンしてみました。

 午後は、図書館の入口のモニュメントとバックの紅葉した木々を配した
風景を同じくデッサンしました。
 近いうちに着彩をしようと思っています。
 デッサンが違和感なく多少時間はかかってもバランスが取れれば後の
彩色が大変楽になります。

 夕方は早目に多摩川沿いの散歩に出かけました。

 富士山の冠雪した姿が見えましたが、西日が後ろ側にあって逆光にな
っていましたので、はっきりとは見えませんでしたが、それでもカメラをセッ
トして撮影をしている人たちがいました。
 逆光でもよい写真が撮れる技術があるようです。

 いつもの根川貝殻坂橋から下を見るときれいな小川に小さな魚が群れ
になって元気よく楽しそうに泳いでいました。
 順調に下水処理設備から高度処理水が流れ出し、自然の小川を形成
していましたので安心をして帰路につきました。

 途中、猫のいる所には未だ餌を与えてくれている女神は来ていません
でしたが、そばに行って猫と同じ目線で「ニャータこい」と云って手を出す
と二匹だけが小生のところに寄ってきましたので、撫でてやりました。
 するとお腹のあたりで、ゴロゴロという音を出していましたので喜んでくれ
たのだと思います。

 ニャータというのは小生が名前を勝手につけたものです。

 夜はかなり冷え込みますので、どこで寒さをしのいで眠っているのでしょ
うかとそんなことを思いました。
 猫は昔から寒がりで、炬燵の中まで入ってくる動物なのでさぞこたえる
かと思います。
 明日も元気な様子が見られることを小さな楽しみにしているところです。



   最近小生が描いた静物画ですので、添付いたします。

058