引き続き立川歴史民俗資料館の手引書によりますと

 「甲武鉄道の開通」について

 明治22年(1889)4月11日、新宿ー立川間に甲武鉄道(今のJR中央
線)が開通しました。

 立川駅も同時に開業しています。

 この甲武鉄道は、はじめは甲州街道、次に青梅街道に沿って敷こう
と計画されましたが、どちらも沿道の住民の強い反対にあってしまい実
現できなかったそうです。

 その時、鉄道の便利さと輸送力に注目していた立川村や砂川村の人
々は積極的に誘致運動を行いました。

 その結果、武蔵野台地をまっすぐに走る現在の線路が敷かれました。

 この甲武鉄道の開通により、立川は、多摩地区の交通の中心地とな
り、その後の大きな発展をむかえることになりました。

                           大正時代の立川駅北口

072 (2)



















         甲武鉄道開通時に配られた錦絵

073
















            甲武鉄道初期の蒸気機関車

072 (3)



















           甲武鉄道初期の蒸気機関車

072




























                                        青梅鉄道の蒸気機関車

072 (4)

























 甲武鉄道最大の難工事であった多摩川鉄道橋に関する文書。
 「本橋」の規模は376mであった。

               甲武鉄道関係文書(明治21年)

074


















              宮王鉄道創立申請書(明治29年)

075

































 イギリスのネスミス・ウイルソン社製を92両購入内6両を甲武鉄道に使
用しました。

               蒸気機関車

076


















 甲武鉄道の開通は、立川のようすを大きく変えました。

 それまで甲州街道が村のはずれを通る農村に過ぎない立川を、多摩地
区の中心都市に発展させたのです。

 それには各種の行政機関や、府立第二中学校(今の都立立川高校)な
どの教育機関を盛んに誘致するなど交通の便利さという地の利を、積極
的にまち造りに生かしていった人々の努力のたまものです。