昨日、広島の娘から電話があり、サクランボが届いたとの由、
 毎年家内がサクランボ狩りに行くと現地から宅配便で送って
やっています。
 当然のことかもしれませんが、やはり娘や孫たち家族を愛して
いるんだと思います。
 この前、二番目の孫が外で遊んでいる時に毛虫に刺されて体に
蕁麻疹の症状がでたとの事だったので、様子をうかがったところ
だいぶ良くなったらしいとのことなので安心をしています。
 昔、小生も裏庭で腕に刺され同じような症状になり、病院に行った
ことがあります。
 蕁麻疹治療の注射をするというので、医師に、小生が「昔のことに
なりますが、耳の鼓膜を張り替える手術をし、退院後 薬を使用した
せいか、発疹が出たため、医院で注射を受けたところ間もなく呼吸が
苦しくなった」旨を話し、注射を止めて、自分の治癒力に頼った記憶
があります。
 この絵は、4月に「広島の原風景」を描いた時と同じく広島に滞在中に
描いたたものです。

      010