2007年06月23日

老路歴程  第十五程


ついにこの旅も最終行程。
「老路」とは、老山龍砲と伴する道でありラオシャンロンへの道でもある。

しかし、その壁は厚かった・・・


クエストLv★★★★★★


■巨大龍の侵攻
依頼主:忠誠心の強い大臣
場所:砦

・全体防御率
老山龍砲 Lv2毒弾(45dmg)
[頭怯み値:400] Lv2毒弾×10発で怯み→40dmg/発
[怒り値 :1000] Lv2毒弾×25発で怒り→40dmg/発
推定全体防御90% (45dmg×90%=40.5dmg)

・体力測定
討伐までの怯み回数による測定が難航したので、とりあえず26666の思い込み予想。

・弾ダメージ量概算(全体防御90%)
Lv2通常弾→透過率60%:5544dmg
Lv3通常弾→透過率60%:2376dmg
Lv3貫通弾→1800dmg
計:9720
※Lv3貫通弾:1怒り22発→推定45dmg/発

Lv3拡散弾→1300dmg
バリスタ→900dmg
撃龍槍→900dmg
大タル爆弾×3→200dmg
計:3300

・ここまでの総計
約13000dmg→怒り補正考慮(×0.9):約11700dmg

・撃退まで残り約2000dmg
Lv2毒弾(40dmg/発)→怒り補正考慮で約56発分


撃退ですら可能ラインギリギリ。
通常・貫通・拡散の全消化を前提に、あとは毒弾消費をどれだけ目標数に近づけられるかどうが勝負の分かれ目。
ネックになるのはやはり調合作業。戦闘中はほとんど調合できない上にクエストの時間制限が短いため自由に時間を使うことができない。この強制スクロール的な35分間内に、射撃・リロード・調合の一連の作業を可能な限り最大の密度で埋めていくことだけに集中。
もちろん、射撃に関わる基本的な弱点命中精度にも注意を払いながら。


ラオシャンロンという壁は非常に厚く堅く、高く。
何回も行って、何回もメモカ引っこ抜いて、そしてまた考えて…。

【持ち物】
調合書1 イーオス牙
調合書2 カラ骨【小】
調合書3 Lv2毒弾
調合書4 Lv3徹甲榴弾
力の護符 Lv3拡散弾
Lv2通常弾円盤弾
Lv3通常弾怪力の種
Lv3貫通弾大タル爆弾
ハリの実カクサンデメキン
カラの実カラ骨【大】

食事:体力+50、攻撃力UP大
(キングルーム)


[エリア1]
Lv3拡散弾×3→Lv3徹甲榴弾×9→Lv2毒弾×4〜5発
ぎりぎりまで撃ち続けてこのエリアで1怒りまで持っていく(というか怒りになったのはこの成功回のみ)。

[BC]
支給品から携帯食料×8

[エリア2]
移動中・待ちにLv3拡散弾、Lv2毒弾調合。(以後、移動中・待ちは全て調合作業)
大タル爆弾×2を少し後ろに置いて怪力の種。ラオの体が入るまで拡散弾と毒弾使用。起爆は毒弾。
平常時:Lv2通常弾
怒り時:Lv3貫通弾
Lv2通常弾は8〜9発で怯ませるようにして命中精度を確認しつつ。
怯み中や、タイミング待ちなどに空き時間があれば1発でも多く調合する心意気で。
曲がり角付近の左→右サイドチェンジ時に怪力の種使用。
最後、Lv2毒弾がある場合は移動前に撃ち切るようにして調合効率を(ほんのちょっとでも)上げる努力。エリアを出るあたりで怒り中且つ手持ちの毒弾が無い時は多少早めでも攻撃を切り上げて移動調合。
平常状態ならLv2通常弾でできる限り粘って怒り状態にさせる(以後のエリアも全て共通)。

[エリア3]
大タル爆弾×1→怪力の種→Lv2毒弾・Lv3拡散弾
後はエリア2と同様。曲がり角が無いので怪力の種は最初の一つのみであとは使用無し。
最後の柵前ラオアタック時は毒弾、無ければ調合。

[エリア4]
怪力の種→Lv2毒弾・Lv3拡散弾
Lv3貫通弾が終わったら、怒り中はLv2毒弾。納銃で先へ走りながら毒弾調合して使用。
また、このエリアまでにLv3通常弾を平常時の弱点狙撃で10発消化しておく。
その他、エリア2と同様。

[BC]
バリスタ×1採取、支給品からバリスタ×9、Lv3通常弾×10

[最終エリア]
調合待ちした後、ラオが到着したらバリスタ×10発。
撃ちきったらそのままの位置で再び残りのカラ&ハリの実調合。
ラオが射程範囲に入ったら怪力の種→砲台の横からLv2毒弾。
ラオの立ち・四肢状態にかかわらず砦接近したら撃龍槍→下へ。

平常時四肢:Lv2通常弾
怒り時四肢:Lv2毒弾
立ち状態:Lv3通常弾(正面撃ち)
ラオの行動選択を見てからの弾選別→リロードはせずに、何かしらの最初と終わりは常に毒弾1発のつもりで。
咆哮時は調合、又は毒弾リロード。
正面撃ちの終わり際はできるだけギリギリまで射撃。
残り5分過ぎに正面撃ちからサイドへ戻る際に一度だけ納銃ダッシュで怪力の種使用。
時間が来てラオシャンロン撃退。耐久度:20%

【残り】
Lv3通常弾×10 
Lv2毒弾×4
イーオス牙&カラ骨【小】×48
円盤弾×12
怪力の種×3


結果的には予測消化弾数+Lv3徹甲榴弾(&怪力の種+力の護符)でのクエスト成功だった事を考えると、予測分の弾ですら撃ち切れずにいたそれまでの回に撃退できなかったのも頷ける。撃退が時間制なのでどのくらいダメージが必要だったのか細かい事まではわからないが、体力は26666くらいでまあいいのではないかと。
今回の勝因の一つは、最終エリア平常時に四肢状態の選択が連続したこと。Lv2通常弾を撃ち切れたのはこの回のみ。
今の実力では運に助けられないと少々厳しいという感じであった。
あと、「微量でもいいから前クエストより調合ペースを上げろ」という地味な努力があったことも、一応。


ついでに円盤弾。
正面撃ち用に所持。距離無視、威力20で体内跳弾しやすいとあって相性は悪くなかったのだが。反動【中】で連射性に乏しいため、今回も後回しの予備弾扱い。惜しいところで出番無し。


・消費弾数
Lv2通常弾×198
Lv3通常弾×99
Lv3貫通弾×40
Lv3徹甲榴弾×9
Lv3拡散弾×13
Lv2毒弾×55
大タル爆弾×3
怪力の種×7
バリスタ×10
撃龍槍


最後の行程、華々しく討伐というわけにはいかなかったが「無印の老山龍砲でラオシャンロン撃退」、個人的には十分。ソロでのラオクエストにどっぷりと浸かれたのも久々であり、これまで経験したラオシャンロンとはまた違った苦労に悩まされながらも、越えられなかった壁を何とか越える事ができた。
巨額の報酬も嬉しい限りで、依頼主である大臣の政治生命を賭した覚悟が窺える。


報酬金額:33200z
素材売却額:6780z
支出:15531z
食事代:2000z
収支:+22499z




この記事へのコメント
Sirius : 2007年06月23日 23:03
いつも見させてもらっています。


ガンナー系は全部使っているんですが

ヘヴィは苦手でして


とても参考になります

cj : 2007年06月24日 00:57
自分が無印の頃は、ボウガンなど一切触れていなかっただけに、
A Gunner氏の苦労の半分も理解出来ていないでしょうが、
へヴィが本当に好きなんだなぁと伝わってきたような気がします。
無論、気がしただけですが。


これからも参考にさせていただいたり(以下略
ともあれ、老路お疲れ様でした。

な : 2007年06月24日 02:29
お疲れ様でございました。
ボウガンは使ったことがないのですが、分かりやすい文章で手に汗を握りましたw
最後に収支がどうなったか気になるところですねw

ブラ : 2007年06月24日 04:32
シリーズ「老路歴程」お疲れさまでした
毎回、楽しみに拝見させていただきました

最近、無印はネットワーク設定するだけでプレイ可能なんだなぁとふと
しかし、自分の腕では無印ではガンナーは無理なのではと悩み中です

経済でみる老山龍砲など、楽しみにしておりまする〜♪

ソリ : 2007年06月24日 21:18
はじめて書き込みさせていただきます。Gの頃初めてA Gunner様のブログを見て以来勝手ながら師匠と仰ぎ、それまで一度も触れていなかったヘヴィにのめりこんだものです。

「老路歴程」お疲れ様でした。

これからも応援させていただきます。

名無し : 2007年06月25日 00:51
すごく面白いです(・∀・)

Meloonya : 2007年06月25日 09:39
大変お久しぶりです、お元気そうでなによりです(≧▽≦)

最近狩りに赴くことも無くなってしまった私ですが、こっそり老山龍砲編15程まで拝見させていただいて、管理人さんの努力と技術に改めて感動しました!特に今回の第15程は今までの集大成のようでとても素晴らしかったと思います。

管理人さんのブログを読んでいるうちに私もまた狩場に戻る気が湧いてきましたw
勝手ながら、今後もご活躍を期待してます☆

Jehanne : 2007年06月26日 00:13
そういえば老山龍でどのボウガンまで討伐できるかとかをやりましたね。
年をとったのかただ忘れているだけなのか・・・

無印、G時代のクエストは今を思うと充実した時間を過ごしていた気がします。
久しぶりに埃のかぶったやつを掘り出してきます。

セラ : 2007年06月30日 18:43
まさに老路歴程お疲れ様でした。
クリア過程等記事の面白さもさることながらUP画像に
ガンナーの哀愁が垣間見える様です。