2007年07月09日

老路歴程  第十六程(3)




クエストLv★★★★★★


■4本の角
依頼主:美しい第一王女

スキル:装填速度+2、ダメージ高速回復、地図不要
食事:体力+50、攻撃UP大
(キングルーム)

【持ち物】
調合書1 イーオス牙
調合書2 カラ骨【小】
調合書3 Lv2毒弾
回復薬G Lv3通常弾
強走薬G Lv3貫通弾
ペイントボール閃光玉
力の護符音爆弾
Lv2通常弾クーラードリンク
ハリの実カクサンデメキン
カラの実カラ骨【大】×10


とにかく岩地側ディアブロスを21分台、必用なのは尻尾撃ちの精度という単純な技術勝負。
閃光玉→Lv3貫通弾は砂漠側終盤に限定せず岩地側でも”使える時に使う”という方針で。

[スタート]
強走Gを飲んでエリア10へ。

[エリア10]
高台からLv2毒弾。
毒化したらペイントボール。
すぐ移動してしまうが、それまでに毒化できなければリタイア。
エリア移動中にLv2毒弾調合補充。

[エリア4]
毒維持しながらLv2通常弾で尻尾撃ち。
潜行中や尻尾を狙えない場面はカラ&ハリの実調合。
毒維持は、ヴォルキャノンの時と違い毒弾が余るほどあるので、時間の引き延ばしは考えずに1分経過後くらいから適当撃ち。
怒り時の往復突進には閃光が使えそうなら投げてLv3貫通弾(ここでは1回使用)。
正面なら頭から、横なら翼へできるかぎり多段ヒットするように。

[エリア1]
エリア移動直後の音爆弾後、このエリアでは毎回ペイントボール。
その他はエリア4と同じ。
手持ちのLv2通常弾が一ケタになったらLv3通常弾に切り替え。
引き続きカラ&ハリの実は並行して調合しながら。

以後、[エリア4]⇔[エリア1]往復

エリア4にて討伐。。
少し早いかも、と時間を確認すると─ [ 残り時間29:48 ]
予想外だったのもあり、倒れこんだのかどうかよくわからずにいた時間を考えると20分ジャストくらいでの討伐だろうか。

・この時点での残り弾数
Lv2通常弾×7
Lv3通常弾×24
Lv3貫通弾×31
Lv2毒弾×7
カラ&ハリの実×38
イーオス牙&カラ骨小×78
カクサンデメキン&カラ骨大×10
閃光玉×4
音爆弾×6


クリアの予感に慌ててVHSをまわしつつ、急ぎエリア3へ。

[エリア3]
砂漠側ディアブロスの到着まで1分以上あるが、ここでとりあえず調合待ち&毒弾リロードを済ませる。
残り時間28:20秒でディアブロスが地表に出てきたところを、閃光→毒弾で毒化。
毒維持しながらLv2通常弾、Lv3通常弾、カラ&ハリの実調合並行。
スキを見てペイントボール。

[エリア7]
移動直後、音爆弾→毒弾1発→クーラー→閃光→Lv3貫通弾
残り数発だったLv2通常弾とLv3通常弾終了。その後はデメキン調合しながら毒弾垂れ流しとLv3拡散弾(平常時)。
閃光貫通をもう1回。

[エリア2]
毒弾&拡散弾。怒り時は毒弾のみ。狙える時は足に当てて転倒も考慮。
ゲネポス麻痺→突進1回。
2→10の移動時にクーラー摂取をしておく(次回も同様)。

[エリア7]
移動直後に閃光→Lv3貫通弾。これで閃光玉終了。
1発残っていたLv3拡散弾もここで終了。
その後ひたすら毒弾。毒弾調合に合わせる感じで残ったLv3貫通弾×7を消化。
毒弾オンリーになったら突き上げ&潜行モーション関係無しにとにかく撃ち込み。
残り10分の表示くらいで常時怒り確認、残りイーオス牙50個少々。

[エリア2]⇔[エリア7]
何も考えずに毒弾を撃つのみ。
47分過ぎ、討伐完了。



【残り】
Lv2毒弾×4
回復薬G×8
強走G×1
イーオス牙&カラ骨【小】×15
音爆弾×2


▼もえないゴミ
1頭目の記憶が曖昧だが、調合失敗は1回か2回。
VHSで確認する限り、2頭目に関しては失敗0回。
この回の前に行ったクエストが合計8回くらいの調合失敗(それも残り5分でゴミ生産5個というトラウマもの)だったので確率の偏り(?)に多少助けられた感もあり。


▼まとめ
【岩地側ディアブロス】
・消費弾数
Lv2通常弾×158
Lv3通常弾×75
Lv3貫通弾×9
Lv2毒弾×21
閃光玉×1
音爆弾×4

[20分 1頭目討伐]─[エリア3調合待ち]─[21分40 2頭目戦闘開始]

【砂漠側ディアブロス】
・消費弾数
Lv2通常弾×45
Lv3通常弾×24
Lv3貫通弾×31
Lv3拡散弾×10
Lv2毒弾×66
閃光玉×4
音爆弾×4

47分討伐



1頭目、自己未踏の21分目標を上回る20分討伐で何とかクリアできた次第。
当初の頃と透過率はあまり変わっていないが、消費ペースは大分上げられたようである。
実際上手くなったかどうかというより、尻尾撃ちの精度を”強く意識”しながら場数を踏む姿勢で臨んだというくらいしか今までとの差は判別できず。特に無印の場合は調合作業との噛み合わせが絡むこともあり、具体的に何をどうしたらタイムが縮まった、という分析的な方法論には辿り付いていない。

「気長に練習」のつもりで行っていたので1頭目の討伐時間を見た瞬間、例のごとく心拍数が急激に変化。何気に2頭目も25分半という大きな前進で健闘したかなと。緊張にも少しは耐えられるようになったらしい。

今回は小細工を弄するよりも鍛錬を積んでの4本角という感じで、前回ヴォルキャノンの時の満足感とはまた違ったものがあり。精進すればきちんと応えてくれる、ラオ砲とはそんなボウガンであると改めて思うわけで。
更なる練習で通常弾の精度・消費速度と調合効率の向上を図ることができれば岩地側15分針、クエストクリア40分針の可能性さえも感じさせる。

報酬金額:12280z
素材売却額:6190z
支出:15927z
食事代:2000z
収支:+543z



・無印4本ソロ比較(客観性・一般性は度外視)
[ヴォルキャノン]
やる事の順番が定式化しているという意味では単純。一部高台を使うので咆哮事故リスクがやや軽減。
ただし、全体的に(安定はしているのだが)時間的余裕がほとんど無いのと、Lv1毒弾による限られた弾数での毒維持に神経を使うので少々疲れる。

[老山龍砲]
砂漠側ディアの序盤、通常弾と拡散弾の調合作業の同時並行も含めて複合的な運用が求められる時間帯が少し難しい。終盤の毒弾垂れ流しは気楽モードなので、タイムアップもしくはクリアに対するプレッシャーの影響は小さい。
全体的な成否は通常弾の透過率&調合効率次第なところもあり、集中力が乗ってるかどうかで結果が大きく変動するようで。通常弾のみでなく、Lv3貫通弾で平均40dmg/発前後を出せるかどうかも結構大事(と思う)。
それなりに練習は必要ではあるが、恐らくクリアの安定感はヴォルキャノンより上。
そのポテンシャルは∞のロマン。畢竟、老山龍砲ヤバい。




[2007/11/16]
●MH(無印)_ソロ_4本の角_老山龍砲.avi(201MB、画質粗悪)
※改めて撮り直したものなので、記事内容と一致しない事をご了承下さい。
(基本的な戦術方針、持ち物などは同じです。)
[動画]:http://www.filebank.co.jp/guest/aubalestimp/dp/ag
パスワード:free
ドスイタ様(サイト内ムービーバンク)へUP

(2008/02/26 管理人様に感謝)

【内容】
1頭目21分半、2頭目47分半でそれぞれ討伐。
40分針討伐してやろうと意気込んでみましたが、1頭目20分台の壁が分厚いです;

他の方々の色々なプレイ動画を見ると自分もそれをやってみたく(真似したく)なる事が多かったりしますが、多分この動画は「これは絶対やりたくない!」と思えること間違いないです。私自身は色々な模索があったのでそれら含めて楽しかったのですが。
自分で動画を見て苦笑いしました。ひっきり無しに流れる調合のドラムロールが…。
ちなみに調合が忙しいのもさることながら、それらと並行して中の人が戦闘中にストップウォッチをチラ見して、毒弾を撃つたびにそれをリセットしている事も想像していただけると更に臨場感が増すかもしれません。

無印からのガンナーの方々はあの頃のノスタルジーに浸りつつ、無印未経験の方にはこんな時代もあったんだと苦笑いしながら見ていただければと思います。

ヴォルキャノンの方は、たぶんもう二度とやらないと思いますので動画作成の予定はありません。シビアな毒維持が求められる、エリア3縛りがめんどう、50分安定(つまりクリア不安定)という事で精神的に結構キツいものがあるので;
高台から貫通撃ちまくってる動画というのもアレですしね…。




この記事へのコメント
FENRIR : 2007年07月10日 15:55
40分台…もう何がなんだか…
それを可能にするのが老山龍砲なんでしょうね…
お疲れ様でした

夏 : 2007年08月24日 12:12
Gのときに当サイトを知るも理解力が足りず疎遠に…
基礎編以外にもブログがある事に気づきハマる
ラオ砲皇に出会いガンのことが少し分かってくる
チケット集めに無印初オン。読み進めていたブログが無印編に入り狂喜乱舞する
ようやく上位に上がるも追いついたブログで無印編の終了を知る→無念…

でも凄く面白かったです
おかげさまでガンの魅力を知るきっかけになりました
ありがとうございました