2007年 8月10日 (金) 1泊2日

平成の森バンガローBタイプ 8,000円

早着料           1,000円

合計            9,000円

アクセス

「道の駅 かなん」→千早赤阪村→大淀町→吉野町→川上村→上北山→下北山
けっこう遠かったです〜。5月に行った白川渡よりまだまだずーっと山道を行かなければなりません。我が家からは国道169号を通って行くのですが、ここは道幅は広くトラックだってOKの大きな道です。でもすっごーいクネクネの山道で、カーブまたカーブ!です。
しかも途中工事で30分も山の中で止められました。こんな1本道の山の中じゃ逃げるところもない。。。何もすることのない30分って長いですね〜。娘は寝てるし、主人と二人でポテトチップ1袋食べてしまった。^^;

キャンプ場は「スポーツ公園」の名の通りテニスコートやグラウンド、パターゴルフなどができる大きな公園の中にあります。そこにはオートサイトやバンガロー、コテージなどもありますが、今回は建物関係はみんな満員で少し離れた「平成の森バンガロー」というところへ泊まりました。
チェックインは公園の中にあるセンターハウスでして、カギをもらって平成の森へ行きます。車で5分くらいかな。山の上にあります。

ここのバンガローは3タイプあってAはバス、トイレ、お湯の出る流し台付きです。Bは水の出る流し台だけ付いてます。Cは何も付いていません。
でも全てエアコン付です。とにかくこの時は暑かった!猛暑ですからね。エアコンはありがたかったけど昼間は全く効きませんでした。
Bタイプは大き目のテラスが付いており、そこでテーブルやイスを出せばまたまたタープ要らず。夏はユルユルゴロゴロキャンプですねぇ〜。(笑)

お昼ごはんのあとにキャンプ場にある「わんぱく広場」へ行き少し遊びましたが、暑くて暑くて30分もいると「もういいです。」って感じでした。
娘も「お母ちゃん、もう帰る〜。」「川遊びもしない〜。」と言うので出たところにあるコンビニでかき氷を買って食べました。親のゴロゴロがうつったのかしら?^^;

キャンプ場は満員でも平成の森は3〜4組しかいません。とても静かでゆっくりできます。
でもバンガローは少し古そうです。窓や戸が昔ながらの木の枠なのですき間がいっぱい空いててそこから虫が入ってくるんでしょうね。夜になると小さな虫がいっぱい飛んでるんですよ。
それとゴキブリ!(-_-;)
流し台のところからゴキブリが出てきて這いずり回ってる〜!あわわわわ。。。
夜寝る時暗くしないと眠れないので一旦電気を消したのですが、そうすると流し台の下でまたガサガサガサとれいの音が。いやーっ!明るくてもいいから電気つけて寝ました。
一方主人は朝起きると腕の付け根がカユカユで赤いぶつぶつがいっぱい。ダニにでもかまれたのかな。
山の中ですから色んな虫がいて当たり前ですし、夏場は虫が多いのも承知ですが、やっぱり気持ち悪いよぉ〜。(-_-;)
トイレは思ったより虫が少なかったのですけどね。

とにかくもう少し涼しければ公園で色々と遊べたのですが、何しろ暑すぎました。年寄りは暑さに弱いんです。(笑)

それより温泉に入る時が一番の楽しみですね。は〜ゴクラク、ゴクラクって感じ。(だんだんホントの年寄りになってきたぞ(~_~;)
親がこんなだからか娘も温泉大好き。湯船につかると「あ〜、気持ちいいねぇ、お母ちゃん!はーっ、ってかんじやわ。」なんて言ってます。娘よ、5歳にしてわかるか、このゴクラクさが。(爆)

夜、温泉からの帰り、平成の森へ続く道でカモシカに会いました。車のライトでびっくりしたのかじーっとこちらを見ています。こんなとこで見るなんてやっぱり山ですねぇ!

BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint


BlogPaint



何故かいつも一瞬にしてこの状態。^^;いつもお見苦しい映像ですみません〜。

〔キャンプ場以外の情報〕

☆道の駅

R169から行かれる場合は、「杉の湯」(川上村)、「上北山」(上北山村)があります。小さい道の駅ですが、長い山道の休憩にどうぞ。(^^ゞ
「杉の湯」は土日は車・バイクが多いです。

☆温泉

公園の中にある「きなりの湯」は夜の9時半まで入れます。食堂や休憩所もあり、とてもきれいな施設です。お風呂は男女交替で入れるみたいで、1日目と2日目では違ってました。連泊で入る時はご注意を。

☆買出し

公園の入り口にコンビニがあるので、そこで調達できる食料は問題ないです。
でもスーパーなどは全くないので食材の買出しは大変です。下北山の方々はどこまでお買い物に行かれるのかしら?^^;