November 25, 2007

官と民ってやつ?

行ってきました。経営学検定 in 昭和女子大(三軒茶屋)

ここのところ引越しだなんだと忙しく、事前準備無しのぶっつけ本番で試験を迎えました。

正直今回は見送ろうかと思いましたが、受かれば儲けもんだと思い行ってみました。


初級なので難易度は低く問題の範囲と内容はこれまで大学で勉強したことと7割方同じではないかと。

しかし出題の仕方と問われ方が当然産能とは違うわけでその辺で苦労しました。


いつも阪神に接戦で負けてしまい、それほど戦力の差は感じなくともシーズンでは大きく負け越してしまうベイスターズのように、ギリギリのところで間違ってる問題が多いかもしれません。


合格は・・・微妙です。

ま、それはそれでということで。

どっちでもいいっす。今度は中級も受けるっす。



それよりも、水戸にある常盤大以来、大学のキャンパスに足を踏み入れた
ということでどんなもんかと館内をキョロキョロしていると気になったことが。

それはトイレなどところどころに貼ってある

「職員用」

とか

「教員用」

といった類の文言です。

その中でも特に気になったのが、パワーポイントでグラデーションを使って作り給湯室のようなところに貼ってあった

「生徒立ち入り禁止。使用はもってのほか!」

というもの。


正直ちょっとビビッた。


なんだ?先生ってそんなに偉いのか?

と感じずにいられませんでしたね。


思い返してみれば自身の小、中、高校にも教員用のトイレなどがありました。


しかし今、こうして社会に身を投じ外からみてみると、先生と生徒を区別する必要性が全く感じられません。むしろ違和感を覚えます。



会社で言えば管理職と一般職の社員を分けて扱っているようなもんでしょうか。

意味がわかりません。

教える人は偉いんですか?大人って偉いんですか?先生なら模範とならないことを堂々とできるんですか?


要は上意下達で情報が伝達され、それに反抗することは許されない社会の現れなのでしょうか。

今回は私立の大学なので公務員ではありませんが学校ではそんなものが何十年も変わらずに残っているのかと、若干拡大解釈し過ぎているかもしれませんがそのように思えてなりません。


企業は生き残るために経営層、従業員、株主、その他関係企業などステークホルダーとの関係を日々改善、変化させているというのにこの差は一体なんなんだと思ってしまいます。


もし自分が学生だった頃と大きく変わっていないのであれば、言ってみれば生徒ははみ出さず、言われたことをやってればそれでいい社会。

そんなビニールハウスの温室で育った野菜が外界の外虫から身を守る免疫を持っているとは到底思えません。


自分がそうであるように。


ということで先生や公務員である個人の方々を否定するつもりはないが、
この官僚的な制度には大いに文句がある。

これを読んでくれている中にも学校の先生がおられかと思いますが、現場で教鞭を振るっている皆さんに文句はありません(でも気分悪くさせてしまったらごめんなさい・・・)

あくまで「制度」とそれを維持しているヤツラに文句があるんです。


しかし敢えて言わせてもらえば画一的な今の学校教育が日本の足を引っ張っている要因であると強く思います。もっと多様性を認めるべきなのではないかと思います。(今はそうなのかな?)



内容はよく把握していなませんが教育改革だと叫び意味があるんだか無いんだかわからないことをする前に、この生徒と先生の壁を無くすべきだと思いますがいかがなもんでしょうね。



順調な会社は上から下まで人間関係や風通しが良かったりするもんです。


そういった意味では僕が産能を選らんだのは正解だったかもしれません。


と、わけもわからず昼間からこんなことを言っている僕は偏った人間なのでしょうか。


audi9826 at 16:36|PermalinkComments(2)TrackBack(0)日記!! 

October 27, 2007

人はそれを近況報告と呼ぶ

さあ、およそ半年振りの更新です。

思えばこの間もただひたすら前を向いていられたのかもしれない。

某SNSサイトとの使い分けも、つい10分ほど前になんとなく自分で理解できたので、今後はおそらくこちらの更新も増えると思います。


ということで、久し振りの今回は誰も知らない私の「今」を書いてみたいと思います。

まず仕事に関して。

入社してから続けていた営業から離れ、今はSV(スーパーバイザー)をしています。

自分の仕事自体は自由にやらせてもらってるので学校の勉強を活かすこともでき、大きなストレスもなくなかなか充実していたりします。

しかし・・・

相変わらず?

事業そのものはとても不安定です。

いや、現在は事業の域を超えて会社そのものにある種変革の時が訪れてます。

ということで、いばおさん会社辞めるかもです。

しかし理由は決してネガティブなものではない(はず)です。

正直、事業そのものへの興味が薄くなっているのは事実です。

だからと言って多くの従業員のモチベーションを低下させ、更に不安感を植えつける今回のことがキッカケでというわけではありません。

水面下で転職活動をしており、次が決まったらということです。

もしかしたらそれが近々・・・?

てな具合です。


次にプライベートについて。

まず、車買いました。

お金ありません・・・

なのでバイト始めました。

時間の有効利用の意味も含めてということで。

平日→仕事

土日→学校、バイト

はい、暇ありません。

まあ元々何かに追われていないと動けないタイプなのでこのくらいが丁度いいかな
なんて思ってたりします。

こんなんじゃ彼女ができたとしても何もしてあげられずすぐに振られてしまいそうですね。


とりあえず今はこんな感じです。

そう大きな変化は今のところありません。

多分近いうちに何かが起こりそうな予感はしますが。


今の会社、自分の状況は「なるべくしてなっている」

そいういうことだと思っています。

偶然は必然であり、起こることには原因がある。

その原因にはすべて自分が関係している。

そう思えば自分が今、本当にすべきことが何かがわかるはずです。


世の中なるべくして成るのなら、自分が目指すべき場所にたどり着けるよう、その道を歩いていきたい。

決して逆の結果にはならないように。
















audi9826 at 22:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記!! 

May 26, 2007

産能 K学生会

ごめんなさい。

ブログさぼりまくってました・・・。

それでも見てくれていた皆様、ありがとうございます。


さて、私は周知の通り産業能率大学通信教育課程にて勉強をしているわけですが・・・

今期、K学生会のスタッフを務めさせていただくこととなりました。(大してやることもないのですが)

とりあえず報告をと思いまして。



それはそうと、勉強の進捗が遅れ気味となっております。


文のまとまりもなくなっております。


30歳までに大学2校卒業目指して頑張るぞ!!!

さあ、残りおよそ半分の24歳も頑張っていこう!



audi9826 at 22:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)産能 

March 14, 2007

我慢の時期

最近悩んでます。(ていうかずっと・・・?)

24歳男性。

人生に悩んでおります。

何に悩んでいるかは解決したら書きます。

一つだけ言えることは、悩みの原因は「恋」では無いということです。

とりあえず初心を思い出すしかあるまいか。

燃え上がれ熱い魂!!!

あのときのお前よ戻って来い!!!

人生にはやっぱ我慢の時期が必要なのよ。

乗り越えてこそ男ぜよ。

並で終わってたまるか!

田舎者根性をここでみせろ!

くそったれがーーーーーーーーーーーーー(゚Д゚)/




audi9826 at 23:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記!! 

March 04, 2007

久々の

産能ネタです。

先日、2月に受けた試験の結果が届きました。


社会学概論・・・「C」

情報社会と法・・・「F」


(゚Д゚)!!

情報社会と法の「F」の意味は不合格ですよ、あなたという意味です。

はじめて試験落としました・・・。

よって、1年目の単位修得状況は


計 26単位でほぼ確定となりました。(2月のスクーリングの結果が届いてないからほぼ確定ということ)

う〜ん。

ちょっと少ないかな〜

少なくとも30単位はとっておきたかった。

さすがに情報社会と法は勉強しなさすぎたかも。

テキストの内容なんかほとんど覚えてない(というか読んでない)。

とりあえずこの科目は捨てて2年目の科目修得へ動きだそう、そうしよう!

さあこれから2年目の学習計画立てるぞ〜(。・ω・)ノ゙

audi9826 at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)産能 | 単位習得

February 07, 2007

柳沢大臣

誰が言ったか知らないが「議論を生む機械」となってしまった正しく時の人。

別に彼を擁護するつもりは無いが、まあそれにしても周囲は騒ぎすぎではないだろうか?

確かに発言に問題があり世論が反発するのは理解できるし

テレビが「子供産む機械」発言をネタにしたがるのもわかる。

ネタにされればコメンテーターも(仕事なので)何か言わなきゃならないからそれは仕方ない。

しかし辞職を求めて日々励んでおられる議員の方々。

何かのついでなのかもしれないが、そのために街頭演説なんかしてる時間があるんなら仕事しなさいよ。仕事。

大体、発言に問題がある無いはとりあえずおいといて、

大臣級の人間を感情論でどうこう言うことも問題だと思う。

仕事が出来て実績があるから大臣というポジションにいるのだろうに

「ムカつくから辞めろ」って・・・。

子供じゃないんだからさ。

国民から選ばれた識者であるのなら、辞職を求めるなら職務に対する評価によってしてもらいたいものです。

発言が不適切だ。と言うのなら

辞めろと言うほうも、その産む機械発言によって世の中にどの程度の影響があり、その結果どのようなことがおこるのかということまで考えて発言しないとバカに見えるよ。

あんな問答を見れば見るほど日本が心配になります。

そんな感情に任せて言いたいことを言えばいいと思っている方々には、議員の存在自体が国にとっての「コスト」だという意識がないのだろうね。

会社だったらリストラの対象でしょうな。

とにかく議員の方達は「選ばれた」人達なのですからちゃんと仕事してください。

「気持ち」では国は変わりません。

実績をつくってください。

こんなことを言っている私も考えが浅はかな人間なのでしょうな。





audi9826 at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記!! 

January 31, 2007

事実という現象

理想

現実

考え方を精神展開するものの中に良く出てくる言葉です。

私もこの二つの考えに方強く捉われていました。

理想と現実は違う。

よく聞きますね。

当たり前ですよね。

理想とか理屈なんてものは人が勝手に作り上げたものであって

往々にして現実離れしている。

そこで「これはこうあるべきだ」

とまたしても現実を無視する。

現実と理想が違って当然ですね。

確かに現実を理想に近づけるという考えもあり、それによって成し遂げられてきた偉業も多いことだろうと思う。

もともと理想主義者の私です。理想を掲げる動機についてはとてもよく理解できます。

しかし一番大事なことは今目の前に起こっていることですよね。

理想主義って人任せにも通じる部分が多分にあると思う。

結局、こうだったらいいなぁという甘ちゃんの考えなのではないか。

自分への戒めの意味を込めそう考えを改めた。

酔いながら書いたから意味のわからない文章になってしましました。ごめんなさいm(__)m



audi9826 at 01:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記!! 

January 16, 2007

四半世紀の人生 −1

お久し振りです。

いつの間にか年越しをし、一つ歳をとりました。

ん〜24歳か。

大人ですね。

聞けば我が父は私の現年齢で結婚をしたと言う。

ん〜考えさせられます。

そしてつい昨日の出来事ですが、小、中、高と同じ学校だった友達に子供が生まれました。

メールにてその知らせが届いたときにはとても感慨深い印象を受けました。

これまでにも「出来ちゃった」人達は目の当たりにしてきましたが、これまでとは違った感じ方をしていました。

自分自身も現実的に「結婚」というものを考えられる年齢になったせいか

あ、これからは自分だけの人生じゃないんだな。

自分がたくさんの人達に支えられてここまできたように、

今度は自分が人を支えていく番になっていくんだな。

と、今までも頭の中には存在していた、献身的な生き方についての認識を

より身近に感じることになりました。

なにはともあれ○君、おめでとう。息子が元気に育つことを祈っています。



話は変わり、らすとさんでいには自由が丘にて久し振りの試験を受けてきました。
(本当は産能ネタ中心で書いていくブログのはずだったのに・・・)

科目は「経済学」と「体育理論」の二科目。

試験の感触はというと

ま、どちらも問題無さそうです。

どちらも勉強不足の懸念はありましたが今回は運がよかったのか?

特に苦労する問題もありませんでした。

また来月頭には試験があり、下旬にはスクーリングに参加します。

単位未取得の期間が数ヶ月続きましたが、今年度中に30単位はいきそうです。

そうなれば、予定より進捗は6単位ほど遅れていますが卒業までのことを

考えると何とかオンライン上にはあるでしょうか。

とにかく一つ歳をとり大人の年齢になってということで

社会人として恥じぬよう、また世の24歳に負けぬよう

価値ある一年を過ごそうじゃありませんか。


audi9826 at 23:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記!! | 科目習得試験

December 06, 2006

お久し振りです〜2〜

このブログは知らないうちに月1更新にでもなってしまったのでしょうか?

更新しないどころか、久々にログインしました・・・。

そんな私でございます。

最近はというと、仕事ではある意味底を脱したような、そうでないような・・・。

が、精神的には何かを越えた感はあります。

というのも、個人ではなく営業課として実績が出ていない状況は変わらないのですが
ある意味で吹っ切れ、悟りました。

「くだらないことばかり言っている上の人間達に任せていたらこの事業は終わる」と。

逆を言えば、自分は今まで頑張っているとは言っても結局会社におんぶに抱っこの

「サラリーマン」

だったということですが。

事業を立ち上げるには係わる人間全員が当事者でなければならない。

頭ではわかっていても簡単に切り替えられるマインドではありませんでした。

そこで今はどうかと言うと

前述したように「吹っ切れました」

今では納得のいかない上司の言うことを聞く気もありませんし反対意見も述べます。
(そして勝ちます)

しかしこれではただの反抗期の子供と同じなので、自分でフランチャイズ展開戦略を

立てているところです。

これもただこうしたほうがいい、ああしたほうがいいと言うレベルではなく、

課員、課長、取締役を説得しすぐに実行に移すことができ、且つ実績を

出せうる、「戦略」です。

そしてもし失敗したら責任を取るつもりです。

正に背水の陣です。

(と言いながらこっそり転職活動中・・・)



しかしまぁ、それにしても役所上がりの根本的にベンチャーマインドの乏しいであろう

人間に新規事業の指揮を執らせるのはどうかと思うよな。

そもそ車の事業なのに事業部長、次長が車に興味無いって言うんだから

そんな人達に任せていたら最初から話にならない・・・。

ま、こんな隙だらけの会社、事業だからこそ好きなことが言えるし

好きなことが出来るんですけどね〜。

営業戦略もそろそろ完成に近いので、一発逆転を狙い頑張ってみましょう!


audi9826 at 21:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)日記!! 

November 11, 2006

お年頃ですから

そりゃあ悩みは尽きませんよ。

色々と。

中でも最も大きい比重をしめているのが「仕事」についてでしょうか。

ということで、今日は以前登録した転職支援サイト”インテリジェンス”のキャリアカウンセリングを受けに丸ビルに行ってきました。

キャリアカウンセリングと言っても、転職の際、どんな業界。職種がいいか?
とか、企業が求めている人材についての話など、そんなに小難しいことをする
わけじゃないですけどね。

その中で印象に残ったことは、

業種、職種を変えられるのは20代前半まで。

26を超えると、業種は変えられても職種は変えられない。

つまり私の場合、今とは違う道を選べるチャンスはあと2年が限界。

しかもチャンスは1回だけ。

それを過ぎると違う業界への転職は出来ても、「営業」としてじゃないと無理
らしい。

ま、これはサラリーマンとして生きていくためにはってことだけどね。

あとこんなことも言ってましたね。

海外留学、ワーキングホリデーでの海外経験は評価の対象にはならず、

「遊びにいってたんでしょ?」と、むしろマイナス?くらいのようなもんらしいです。

自分の場合は行くときは別に人に評価されるために行くわけじゃないからどっちでもいいんだけど。

わかってはいたけど、なかなか窮屈な世の中になっているのが現実のようです。

しかし、こうもやりたいように、生きたいように生きられない世の中ってどうなんでしょう?

優良とされる企業に勤めるために犠牲にしなければならないものが多いような気がします。

実際、「出来る人」は世の中がどうなろうと、どこの会社でも出来る人なんだろうけど。

こんな情報に踊らされて人生を見誤ることの無いよう、最善の道を探す努力をしていくとしましょう。




audi9826 at 23:25|PermalinkComments(1)TrackBack(0)日記!! 
Profile
Recent Comments
Recent TrackBacks
横浜駅 (鉄道ファン)
横浜駅にて
アウディA4 AUDI/A4 (アウディ) (クルマ選び口コミ情報サイト:ブログでbuu!)
そういえば
QRコード
QRコード