February 18, 2009

womanizer

嵐のようでした。
甘い嵐。


ぬくもりとか、交わした言葉とか、もらった本とか。
切なくなる種がいっぱい私のお庭をうめています。


彼がどこかへ向かっているのか、迷子になっているのか、
まだわたしにはわかりません。


わかるのはそれどころじゃないということ。
それ=わたし。

悲しいかな。わたしどころじゃない。ということ。


いつかまた甘い嵐に遭遇するのか。
それともこのまま記憶は想い出になっていくのか。



出逢わなきゃよかったっていう陳腐な言葉。


甘い蜜を舐めたあとのグレープフルーツみたいな。
そんなあたし。


kyoto sky


audrey418 at 04:44|Permalink my words 

September 15, 2008

j`adore

CIMG3177
朝起きたときすごくシアワセな気分。
そんなの理由はひとつ。

どんなふうに風がふいていくのか、今はわからないけど。
自分の中に芽生えたものは、
怖いけどちゃんとむきあって、すごく大切にしたい。

傷つかないようにセーブして、何にも吸収しないのはいやだな。


CIMG3193
j`adore


beautiful worldの歌詞の中に、
もしも願い一つだけ叶うなら
君の側で眠らせて どんな場所でもいいよ
って言葉。とってもすき。

日に日にかわっていく自分に追いつかない。

aus1

割り切れない感情も増えていく。
たくさんの言葉の雨と光が降ってくるけど、
今は今だけは感じるままに大切にしてみようと思う。

普通は〜って誰かがつくりだした平均的な答えだから。
正解は一つじゃないっておもいたい。


自分がみているもの。感じているものを。信じてみようとおもう。


audrey418 at 04:44|Permalink my words 

September 07, 2008

pure poison

sky 2 ausふとした瞬間に感じる。


自分の道を歩こうとしているのに、
いつのまにかバランス崩しちゃう感覚。


気にしないようで気にするし。
ちっぽけな自分もみつかる。
強そうに頑張るけど、そんなに強くないし。

泣きたいときも笑顔でいるようにしているのに。

手を伸ばしても、その手が届いているのかわからない。
寂しさに負けちゃいそうなのに。
負けちゃったら、ゲームオーバー。


何が足りないんだろう。
足りないパズルのピースをあてもなく探してる。


addicted to you とfor youを繰り返す。
宇多田って切ない恋してるんだなあと思う。そして私もだ。


なんだかなあ。雲の上を歩く感覚。
本当は思ってないけど、出逢わなければよかったと思う。



sky AUSでも欲しいものは絶対欲しい。
ぬくもりが孤独を増やす。優しさが寂しさをつくる。
ディフェンスよりアタック。


明日も笑おう。
忘れるように。
そして近づけるように。

audrey418 at 21:17|Permalink my words 

April 28, 2008

サクラと26

春の日差しが気持ちよくて。
うっかり眠ってしまったら夏になっちゃいそうな最近の私です。

CIMG2493








おかげさまで4月になり26になりました。
いろいろと感謝。
幾つになっても誕生日って嬉しくて、早く30になりたい。
素敵だなあと思う年の重ね方をしているひとをみつけたからかな。


今までは、スカイブルーとかライムとかレモン、オレンジ色のhappyでした。
26年目の今年は、pinkがいいな。happyよりhappppyくらいの軽さの。



満開のサクラに誘われ浮き足立つ春。サクラ求めてお日様ドライブ。
サクラの季節ってなんてシアワセなひととき。
いろんなタイミングが重なって徐々に冬眠から目覚めつつ。


ルーブル美術館展にいきました。
満開の上野公園のサクラに唆され、春が更に色づいた瞬間。





39e242bb.jpg





1年くらい戦いモードが抜け出せず。広い意味では3年くらい暗中模索。
無言のココロの悲鳴が体に不調をきたし制御不能。
トゲトゲの棘ガールに変化していく自分が嫌だなあと思っていたり。
でも時間がたってみると、模索時期の前よりいい目をしていると言われました。
深みが増したと言われて、ちょっと報われた気がした感じ。


自分に足りない部分や欲しいものがたくさんみえるようになりました。


久しぶりに会う人に雰囲気が変わったといわれるようになりました。
突っ走り(暴走?)ながら知らず知らず変化があるのかな。



最近価値観を壊されることがありました。目から鱗。こういう瞬間刺激的。




CIMG1612













ある人の言葉を借りると、向き不向きより前向き。勇気一瞬幸せ一生。
死ぬまでドキドキワクワクしたい。
素直。直感。シアワセ。そんな気持ち大切にしたい。



人生のスタンスはディフェンスよりアタックで。再認識したこと。



久しぶりにみんなに会いたい今日この頃。私は若干復活しました。感謝。
お日様の下でうにゃ〜って伸びをしたい気分。

audrey418 at 04:44|Permalink diary 

February 16, 2008

旅の記憶 2008京都

冬の京都へ行ってきました。
1月11日12日13日の3日間の深呼吸。


36






三十三間堂。
通し矢にちなんだ大的大会。
振袖と弓って素敵。





そしてやっぱり清水。
きよみず

お天気はあまりよくなかったけど。
それでも京都にきた感じがする。
おみくじひいちゃいました。いろいろ清めたり。
地主神社にももちろんおたちより。




そしてお泊りはハイヤットリージェンシー京都。

はいやっと1ハイヤットリージェンシー







泊まっちゃいました。
お部屋の雰囲気がよいのですシンプルモダンな感じ。
お部屋にDVD持ってきてもらえたり、まったりもできる!


外は雨がしとしと降っていて、今回は雨の京都。




ねねの道をゆっくり歩いてみたり。
neneいのだイノダコーヒーでひとやすみ。








たくさん京都をあるいた旅。

どの季節でも。誰と過ごしても。どんな状況でも。
なじむ気がする。それが京都の魅力。


旅先で空気にとける感覚がすき。






audrey418 at 22:15|Permalink travel 

August 17, 2007

旅の記憶 タイ ホアヒン



トランク1つ持って。飛び立ちました。
微笑みの国。タイ。
滞在はバンコクから車で3時間半くらいの、HUA HIN。

今回は何もしない旅。

泊まったAnantaraがすごく素敵。のんびりしちゃいました。

目の前のビーチと、緑の木々に囲まれた環境。
そして人もとっても親切。

タイ王族の避暑地のホアヒン。
欧米人の長期休暇先でもあり、英語で全部OK。日本人があまりいない場所。


一瞬どこにいるのかわからなくなります。
でもどこにいるのかわからないくらいがちょうどよかった今回の旅。
みんなプールサイドで一日本読んだり。
飲んだり食べたり泳いだり焼いたり眠ったり。


着いた夜は王妃様のバースデーで海辺でバーベキュー。


朝食は半分外で。
全部おいしかったけれどマスタード最高。器もかわいい。


  hotel内のSPAへ行く道が素敵でした。

街の中心部までは車で10分くらい。
ナイトマーケットへ。
ここへくるとアジアな感じ。

小さな頃から憧れている深夜特急をすこし思い出しました。
いつか私もふらっと旅にでてとけこみたい。

帰りの日、バンコクに立ち寄ってタイマッサージ2時間。
ほぼ寝ちゃいました。
そしてちょいショッピング。

そして新空港からまた旅立ち。
空港はシャルルドゴールみたいでした。


悟りを開いたような開いてないような。
でも呼吸をしてきたせいか、ココロもちココロの向きがかわりました。

また戻ってきたいと思える場所。
そんなところへ行き着いた今回の旅は素敵な時間。





audrey418 at 23:17|Permalink travel 

July 29, 2007

雨上がりの夜

b55cda5c.jpg雨上がり見上げた東京タワー。
真夜中は人生と人生の間な気がして、ココロおどりながらどこか刹那的。

暗闇の中の光、大爆音の音楽とお酒と。
夜の公園でビール飲みながら、まったりと音楽。
大好きなキャンドルと本と。
飛行機から眺める夜景とうたた寝と。
木漏れ日のなかのドライブと。
modal soulのため。すきなじかん。

前よりもいろんな負の感情も、正の感情も味わって。
そろそろスタートラインにたつ気がしてきた。

audrey418 at 04:44|Permalink

May 01, 2007

sweetest sin

ca6c9336.JPGいろんなカタチを知るようになる。
昨日歩いていた道が、知らない道のように感じる。

切ないこともあった。うん。コイヲウシナウ。

確実に大人の階段上っているけれど、
小さな頃の探検ごっこの懐かしさが蘇る不思議な感じ。

秘密の夜。
夜のヨットハーバーは、冒険へ連れていってくれた。

リングの存在が、
ちょっとだけ取り残された気分を思い出させる。

何か大きなものが欠けているのかもしれない。そんな気持ちが拭えない。

骨を咥えた犬が池に映る自分の姿をみて、
もっと大きな骨を咥えた犬がいると誤解して骨を落としてしまうように。
何かを守ろうとして、大切なものを見落としている気がする。

常に先が見えなくてもいいんだけど。描くことができたらハッピーなのに。

弱い自分に逃げたい夜もある。攻撃的な自分を押し込める。まだまだ小さいな。

本当は何が欲しいんだろう。
って考えた10分後にはごろにゃんしてるんだろうけど。

矛盾。

audrey418 at 04:44|Permalink diary 

March 18, 2007

旅の記憶 京都

旅初め。

1月5日から7日まで京都へいってきました。
きままな冬の京都の記憶。

魅了されっぱなしの京都。


【はじめのひ】

今回の旅行の最大の目的地。
東福寺。ここの庭がかなりすき。

tofukuji
モザイク状になっててかわいい。



その後は伏見稲荷へ。

ずっとずっと続いていく赤い鳥居には引力がある。
しかも夕方の伏見稲荷はなんだかひきこまれる。

fushimiinari






実はお気に入りの骨董品ばっかりおいているランプ屋さんがあって。
そこがひそかな楽しみの1つでもある。
時代と時代がつながっている感じ。




夜は日本家屋を改造したイタリアンで。
scorpione
ひとつひとつおいしかったし雰囲気もよくて大満足。




ほろ酔いでホテルへ帰ったら、大事件。
1番泊まりたかったところは満室で、
老舗と外資系がmixされている第2希望だったこのホテル。
和室しか開いてないとのことで、京都だしと思っていたら。
ごきぶりがでちゃったのでした。。。凹。




【まんなかのひ】

ぶらぶらしながら八坂神社へ。
そのあと祇園を歩いたり。
お昼は辻利にて。

tujiri



そのあとのんびり京都駅まで散歩。

kyoto



京都の時間や空気の流れはすごく素敵。
ゆったりしつつも凛としていると思う。




ホテルのカードの色合いが好きだなと思って1枚。
無駄なシーツチェンジはしないから必要なときは言ってってスタンスもすき。

westin








【さいごのひ】

桜の京都もすき。暑いの京都もすき。紅葉の京都もすき。
そして念願の雪の京都に出逢えました。
1番のよろこび。

たん熊でごはん。

tankuma
おいひい。



kamogawa街の中に川が流れているって落ち着くなあと思う。





京都には誰かと行ったり、現地で合流したり、一人だびしたり。
いろんな場面でいろんな表情が見える街だと思う。
そしてそのとき持っているものと向き合える場所だと思う。
心が素になりやすい空気だなあと思う。

桜の季節に行ったとき、
桜の下の川沿いのベンチにおじいさんと柴犬が座っていて。
ずっとずっと川を眺めていた。
その光景がずっとずっと忘れられない。

もうすぐまた桜の季節。
春の京都に会いたいな。

audrey418 at 04:44|Permalink

March 17, 2007

旅の記憶 宇都宮

旅の記憶。宇都宮。

2月10日11日。
何も決めずに宇都宮。旅のテーマは臨機応変。


【さいしょのひ】

懐かしい面々に宇都宮駅で再会。
目的は温泉に入ること。

まずは住宅地の中のcafeへ。

cafe door

AGcafeっていう緑に囲まれた木のあったかい感じのするお店。




cafe omote





cafe openおいしい。

ちょっと外でのランチは寒かったけれど、笑いすぎた。


みんな相変わらずなので安心。
いくところをなんとなく決めてまた車を走らせる。


鬼怒川温泉へ。まったりお風呂に入る。
そして満足してしまう。泊まらずにホームパーティー案に決定。
近所のお店で食べた白子おいしすぎる。お酒が進む。
気兼ねなく飲めるお酒ってなんておいしいんだろう。

家族みたいな存在のメンバーだから安心する。
そんな存在ができた大学生活って偉大だなあ。とちょっと思う。

table愛情のこもった食事はおいしい。





【つぎのひ】

朝の空気が気持ちよい。

宇都宮をわいわいぶらぶらしながら。
お昼ごはんは餃子みんみん本店へ。
並んでいたので別なみんみんへ。少し並ぶ。
焼餃子、水餃子、揚餃子。
私は餃子を食べるときにお酢は使わない派。

その後アウトレットモールへ車を走らせる。
car
ドライブはやっぱりすきだなあと思う。
そしてあっという間に時間は過ぎていき、それぞれ岐路につく。

帰りの新幹線はなんだかすごくシアワセだった。


宇都宮は2度目。メンバーもほぼ同じ。
1回目は夏の中禅寺湖と日光。

あのときのたびをわたしは一生忘れることはないと思う。
mizuumiきらきらしたたびだった。
水面のきらめきのような、透明できらきらした時間。
夜に溶け込んでしまいそうなたびだった。


新しい発見するためのたび。
記憶をトレースするためのたび。
時間の共有を楽しむたび。


イロンナタビノカタチ。
イロンナタビノイロ。

audrey418 at 04:44|Permalink

March 16, 2007

春の音

39e242bb.jpg基本ポジティブ。
でもそりゃ迷うことも考えることも
頑張るのに疲れることも自身がなくなることもある。


本当は余裕がないのって嫌だけど、
悔しいことに正直ここ数週間は特に余裕がなかった。

逢いたい人には逢えないし。届かないし。
毎日こなすことに精一杯であっという間に過ぎていくし。

でもそんなときふと出逢う顔がある。不思議と。
もうだめかもっておもったときに必ず現る無邪気なdevil.
思わず眉間の皴の原因がちっぽけなことに感じる。多大なる感謝。

そして分身soulmateからのあったかい言葉。
いろんなこと解決しなきゃいけないけれど、
わたしはわたしでいていいんだなあと思える瞬間がある。心から救われる。
your words always make me happy.


やれるところまでやろうと思う。自分のペースで。


audrey418 at 04:44|Permalink my words 

March 15, 2007

brethless

117c1102.jpg呼吸をするように体の中に入ってくる。

そんな存在。そんな言葉。





audrey418 at 04:44|Permalink

March 14, 2007

秋の記憶

fa696c25.jpg書きかけの日記がでてきました。秋の記憶。
シアワセそうだったので、春だけど日記へ追加。


真夜中の散歩しながら深夜の公園遊び。
缶ビールとBjorkのジャズと星空と。
なんて状況がちょっとしあわせだと思う。

好きな人はいるけれど、こういう身近で無邪気なわくわくは重要。
喧騒からつれだしてくれるようなひととき。

進んでいるのに、足がもつれて前に進めない野良猫。
計算したいのに、実は感情の赴くままに夢中で歩き出す。
繋がっているはずの空を見上げても、届かない。
流れ星に願う夜は、遥か遠く、儚い。

もうさすがにいろんなことがだめだと思ってへとへとになって家へ帰ったら、
ココロの友からのAir Mail。
秋のNYの風が届いた気がして、不意打ちの手紙にココロオドルのでした。
昨日、エネルギーが欲しいと思っていたら、
みごとにメールや笑いやガールズパワーを充電してシアワセな眠りについたのでした。

そして今日、久しぶりに電話越しに聞く分身の声にみごとに癒されるのでした。

秋刀魚を食べました。
いろんな秋の訪れにちょっとだけわくわく。
どうやらこうやって人生は廻っていくらしい。


audrey418 at 04:44|Permalink diary 

February 25, 2007

open sky

137c9d14.JPG
世の中にちりばっている
たくさんのきらきらを集めて
自分をつくっていく。
ときにはもやもやも飲み込む。

霧の中にはまだいるけれど、
それでも毎日は過ぎていくし、わたしはここにいる。

わがままも言ってみるけど、どこか臆病でもある。
ただできるのは精一杯進むこと。

人生の羅針盤って人がいて、
どんなときもその人の目を見て話ができる自分でいたいと思う。
迷ったときは話してみたりその人に置き換えて考えてみる。
いつでもその人に胸をはって会える自分でいたいと思う。
そしてはやくそこにたどりついて同じ目線で世の中をみてみたいと思う。
そんな日はくるのかな。どんな景色なんだろう。

今日手紙を書いた。
急ぎはメールやメッセでも、大切なことや日常については手紙で。
air mailはなんだかわくわくする。
ポストを開けるのが楽しみになる瞬間。

audrey418 at 04:46|Permalink diary 

January 21, 2007

hawaii

a5ab3e3e.JPG1月15日から20日までオアフ島へ。

青空と海に囲まれた楽園。



audrey418 at 14:03|Permalink travel 

January 09, 2007

kyoto

a7711d98.JPG京都への旅。

ゆっくりと歩く。
のんびりしながらも凛とした空気。

少しずつ旅行日記を更新します。

audrey418 at 04:44|Permalink

成長痛

03406049.JPG結婚は形式にすぎないから。

って私のだいすきな人は言っていました。
その言葉にそのときはどんな意味がわからず、
今もわかっていません。

数年後同じ目線で考えるとそう思うのかなと思ってたけど、
実際よくわかりません。
そしてその人は

夢のためならbagpuckひとつでどこへでも行く。

と言っていました。
この春がまた彼の旅立つタイミングかもしれません。
crossした時間は短い時間。
でも彼が世界のどこかで頑張っていると思うと
私の背筋ものびて前向きになります。

最高の恋とよんでいい気がします。

いつか私も何かを極めた日、その道を極めている彼とまたcrossする日が来る。
そう思ってます。そんな再会はいいな。

泣いたけど私もまた立ち止まる理由はなく、
進もうと思って1年がたつことをふと思い出しました。
消えてしまったmailをたまに読み返したくなります。

audrey418 at 04:44|Permalink diary 

January 08, 2007

mail

deef4b44.JPG読みたくて読めないmail。

まだちくちくするから。
飲み込めるくらい大人になるまで、一読後封印。


春からの新しい環境。
相棒IBMの故障。
少しの間忘れてたmail。

文明にやられた。
loginしないままあっという間に1ヶ月がたってしまった。

It`s gone!

ちくちくするけど大人になったらもう1度読みたかったmail。
print outもできない秘密のmail。

大切なmail。

it`s gone....


making story? true story?
どちらでもいい。
文明の罠。

a new day has come.... maybe

audrey418 at 04:44|Permalink my words 

January 07, 2007

summer sunshine

e497901c.JPG冬なのに summer sunshine。
そんなタイトルの曲を聴いて眠りにつく。




友達に言われた言葉。
ちょっとした気持ちとそれによって繋がりだす世界。

清算と生産。

久しぶりに訪れただいすきな街。
熱いcoffeeととろける音。
出逢いと別れ。

いろとりどりの夢。
結局まだ大人にはなりたくないのかもしれない。

出口のない影踏みは、川の流れと同じ。
作りこまれた箱庭に咲きほこる花の魔力。

階段ですれ違うのとそうかわりない。
道なき未知をわけいる。

get out!

audrey418 at 04:44|Permalink

January 05, 2007

don`t know why

e88cb021.JPG"don`t know why"
by Norah Jones

甘くて切ない歌声。記憶と夢。


対外的にも対内的にもバランスを保つこと。
前に進むこと。
刺激を吸収すること。
毎日は軽い戦いで、毎日は軽い癒しだと思う。

no war no dreamなのか。
心地よさのなかに求めているものは潜んではいないのか。

自然の中でまったりした次の瞬間高層ビルの中でPCに向かう。
時と場所に左右されず求められるbrain workとheart work。
立ち向かう笑顔とあたりさわりない会話。

本当に求めているものは何なのか。
その場限りのとりつくろいで、本当に続いていってしまう毎日。
それでは満足しないのは本当は誰なのか。

TとTの言葉。
触発される言葉。痛い言葉。ある意味プレゼントな言葉。

熱い言葉。

audrey418 at 04:44|Permalink