陣痛〜出産

5/14(日)36週5日
入院。
相変わらずお腹は数分おきにどんよりするものの、不愉快なだけで痛みが強くなる気配はなし。
このまま進展しないようなら一度退院か薬の使用も検討すると言われ、お腹をさすりながら「また退院は面倒だから頑張れ!!でも出て来るのは火曜日まで待ってくれ!!」と家族総出で話しかける

…が、夕方になり、どんよりの合間がだんだん開くようになり、合間に寝落ちしたまま数十分経つように…



5/15(月)36週6日
朝、フツーーーに起きる。
陣痛?はどっか行ったままなんの変化もないので、シャワーを浴び、切迫早産の時と同じようにゴロゴロ過ごす。
すると、夕方になりまたどんよりの波が………
夜勤の助産師さんに一応言ってみたところ

「じゃ夕飯食べたら陣痛室行くか(´-`)」

…え。
昨日と同じなのに新たな展開!!(゚Д゚)
白飯をふりかけで無理やりかき込み、のろのろと陣痛室へ。
病棟見学で見たとこだ…ついにここに来たか……とか考えながら耐える。

耐える。

耐える…


私、耐える。
旦那、寝落ち。
たまに私の声に反応して手が出て来るが、寝ぼけているので変なところをさするಠ_ಠ
わかってるんです。
1日がかりのオペをこなしてから来ていただいて、お疲れのところを夜中付き添っていただいているのは。
しかし寝ぼけながら適当にさすられるんだったらここにいる意味はない!
外で仮眠しててもらうか、元気なうちの母に交代してもらった方がまだマシ(゚Д゚)

最早よく覚えてませんが、「適当にさすんないでよ!!」って怒ったような記憶はあります。
ごめんね。笑
その旦那も、いよいよ頭が出て来るか?!という時からは大変役に立ちました。
というのも、3台あら分娩台で同時に3人ヒーヒーしてたので、助産師さんも看護師さんも大忙しだったんです。
私は自分が寝転がってる陣痛室の分娩台でそのままお産。
ヒーヒー言ってる合間に助産師さんがベッドを分娩台に組みかえていき、何やら色々準備し始め、過呼吸気味の中で「あぁ、ここまで来たか…」とぼんやり考えていました。
しかし助産師さんも私につきっきりというわけにはいきません。
ここでようやく、旦那、本領発揮(笑)
「もうすぐ頭出るよ!」とか声掛けてくれたり、先生や他の看護師さんが来るまでの間、助産師さんの指示でお腹押したり酸素入れたりしてくれました('A`)
持つべきものは医者夫………

 
そして先生が到着し、心拍低下により吸引されて、朝6時半に2910グラムの男の子が出てきました。
感動より、お産が終わったことに対する安堵の方が強かったです。
旦那は泣いてましたけど。

この後赤ちゃんは分娩室に持ち去られて色々処置をされ、やっぱり人手が足りないのか旦那は先生に「僕が縫ってる間、あっちの部屋で赤ちゃんみててくれませんか」と言われて見張りに。
私はおマタの処置。
陣痛みたいにズーン!ドーン!!って感じじゃなく、地味にチクチクズキズキするので終始イテテテテって言ってました…


何はともあれ、空気を読んで37週に入ってから無事に生まれてきてくれて、本当に良かったです(*^_^*)
ぶっちゃけ陣痛よりも縫合よりも、その後のおマタの痛みと胸の張りが死にそうでした。。
胸が岩のように張って、痛くて眠れずナースコールしてしまった('A`)

そんな訳で、ブログの中で
高校生から大学生になり
病院職員から某公務員になり
ついに母となりました。

とりあえず育休は3年で申請してるので、旦那多忙の中どこまでできるかわかりませんが、無理せず頑張ろうと思います(*´꒳`*)
細切れ睡眠の日々ですが、寝てくれないのは困るけど私自身が寝られないだけなので、夜中の呼び出しから夕方までフル稼働で現場やるより(今のところ)全っ然マシ!!!。゚(゚´ω`゚)゚。

後期④おしるし〜再入院

さて、誕生日前日の5/12(金)に退院した私。
先生が朝「落ち着いてるから今日にでも退院しますかね〜、今もう子宮口が2センチ開いてて、頭も下がってるから、土日は家でゴロゴロしててね」と言い出したので、偶然仕事が休みだった母に迎えに来てもらい、その足で自宅に戻って里帰り用の荷物を運び出しました。

10日ぶりの自宅、汚くはなかったのですが…

炊飯器が保温のまま蓋開いてて、おかまの中でご飯がカピカピに('A`)
処理し忘れのきゅうり(切ってタッパーに入れてあった)ともやしが!!

野菜は全て捨てました、ええ。
冷蔵庫の野菜捨ててって入院初日に言ったのになあ?!(゚Д゚)
まあ、とっちらかってなかっただけ良しとしますか…………

 

そして誕生日の5/13(土)。
退院話が持ち上がった時、里帰り前に挨拶をという話になり、旦那様が実家に夕飯を食べに来ます。

が、昼頃出血(おしるし)。

退院時にすでに子宮口が2センチ開いており、頭も下がっているので、出血または陣痛10分で連絡くださいと言われていたので病院に電話。
モニター取りましたが、まだまだということで帰宅……しかしお産は着実に近づいている………ということで……………

ビビりながらもみんなで夕食を食べることができました。
私は安静の身なのでひとつも準備しませんでしたが。

 

んで、真夜中。
ただでさえお腹が大きい&一人暮らしで使っていたベッドが臨月には固くて腰が痛いため、夜中に起きてしまう私。
トイレに立った時、気付きました。


あれ……
なんか規則的にお腹が生理な感じ…
(私の生理痛は痛いというより気持ち悪い)

 
陣痛アプリで間隔を測る。
この生理痛みたいなどんよりした感覚が来るのは、7分。

痛くはないけど7分だし電話するか…

 

病院に電話し、5/14(日)午前3時頃に再入院となりました。
退院は48時間と保たなかった…
うすぼんやりと張り止めの点滴の効果を知ったのでした(´-ω-`)
抗てんかん薬とか免疫抑制剤もそうですけど、何も起こらないのが薬効な薬って、何か起きてみないとその効果を実感できないんですよね。。。

後期③切迫早産で入院

そんなわけで内服の張り止めをもらった次の週、再び診察に行きました。
もし入院になってもいいように朝から部屋の掃除をゆっくりとし、洗濯もし、ゴミも捨て、カフェランチを楽しんでからいざ病院。

 
…普通に入院になりました('A`)
まだ35週なので、とりあえず37週を目標に。
(この病院にはNICUが無く36週以前の早産には対応出来ないので、早産だと母体ごと県立子ども病院に搬送になってしまう)
24時間点滴で張り止めを投与されるため、お供(輸液ポンプ)との生活の始まりです。

起きて
朝ご飯食べて
ゴロゴロして
回診と胎児のモニター取られて
1日おきにシャワー浴びて
お昼ご飯食べて
ゴロゴロして
夕ご飯食べて
ゴロゴロして
歯磨きして
就寝

の毎日………………

暇つぶしはiPhoneに入れたRPG(アナザーエデン)とパソコンとマンガ。
しかし結局全て「目で見る」ことなので、眼精疲労が強くて('A`) 

途中、隣のベッドに入院してきた子にイラっとしたり、夜中に謎の胃痛に悩まされたりしましたが、薬の量を調節しつつ36週5日まで来たので、入院生活は11日で終わったのでした。
ゴールデンウィークは丸ごと病院でしたが、誕生日前日に「うん、今日にでも退院しますか( ・∀・)」との先生の神の御言葉により、誕生日はかろうじて家で過ごせました……

続く。
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ