2018年08月12日

お盆休みは観光で

みなさまこんばんは。

まだ長野県の中山道歩きの様子が途中ではありますが…
またもやお出かけ中であります。
m(_ _)m

そのため、今日は観光で訪れた川越の様子をチラッとですがお届けします!
ちなみに川越観光するのは今回が初めて♪

IMG_1298
蔵造りの町並みは、フツーの県道沿いにあるとは。
知らんかった…

IMG_1300
川越氷川神社の境内はものすごい人人人!
とても落ち着いてお参りできる雰囲気ではなく、そそくさと退散。

IMG_1307
川越まつり会館では立派な山車に圧倒。

IMG_1316
東京スカイツリーはおまけです。。


次回は中山道歩きの続きをお届けします!


august_20150803 at 20:47|PermalinkComments(0)近況報告 

2018年08月08日

素朴な中山道の宿場町を巡る(佐久平~長久保:その2)

みなさまこんばんは。

本日は7月2週目から3週目にかけての歩き2日目の続きの様子をお届けします!

さて、天気よすぎの空の下、暑い暑いと言いつつも中山道を西へ向かってひたすら進むワタクシですが、、、
DSC09795
八幡宿から一瞬国道142号線に合流するも、

DSC09797
すぐさま次の望月宿へと向かう県道へ。

途中一里塚跡を抜けて行き、
DSC09804
こちらの瓜生坂を下り、
つーてもついつい車道を進んでしまい、旧道は歩かずorz

DSC09812
この川を渡ると望月宿。

ちなみにこの辺りの中山道は寛保二年(1742年)の大洪水で町が道ごと流されてしまい、ルートが変更されたそう。
広島でも豪雨災害があったばかりだし・・・自然は昔からいろんな場所で猛威を振るっているんだなと改めて思う。

DSC09821
先程の八幡宿と比較すると、以前からの建物がかなり残ってる。

DSC09825
しかし暑い。。もう汗ダラダラ。

DSC09827
こちらの本陣跡に建つ歴史資料館はスルーし、、

DSC09833
なんとなく気になった大伴神社の石段を登り、

DSC09839
拝殿にて参拝後、広々とした境内でしばしお昼休憩。

DSC09843
その後はしばらく中山道の案内標識に従い進む。

DSC09852
これはヤブカンゾウかな?
あちこちに咲いてる。

DSC09856
望月宿から30分で、お次の宿場町へ。

DSC09859
こちらは、先程の望月宿とこの次にある芦田宿との間にある、「茂田井間の宿」
パンフレットが入ったちゃんとしたボックスも用意されてて、かなり観光に力を入れている模様。

DSC09864
町並みも散策するにはちょうどいい感じかも♪

DSC09871
酒蔵もあったり。
途中もう1件酒蔵があったけど、結局中には入らず。

DSC09874
昔ながらの町並みが続く中、ずんずん坂を上って行く。

DSC09879
時には地元の方にあいさつしつつ、

DSC09881
こちらの公衆トイレはとってもキレイで快適でした!
最近、キレイなトイレが増えてきてとっても嬉しい♪
DSC09888
そういえば知らん間に立科町に突入してた模様。

DSC09894
情緒豊かな静かな町並みは意外と長く続き、

DSC09898
最後は急坂の「石割坂」で終了。

DSC09908
町を抜けると景色が開ける。

DSC09915
そしてすぐさまお次の芦田宿へ。

DSC09921
こちらは先程の茂田井間の宿ほどは観光に力を入れていない感じ。

DSC09923
本陣跡は現在はフツーに人がお住まいのため、非公開。
中山道のこの付近の本陣跡って、そういうお宅が多いなぁ。
何百年もずっと住まい続けてるのって大変だと思うし、すごいなと感じる。

DSC09926
屋号を掲げた昔からの建物もあちこちに。

DSC09928
・・・しかし暑い。
DSC09929
ネコちゃんも日陰でお休み中。
DSC09936
芦田宿を抜けると、天然記念物の松並木が。

しかし松並木を登り始めたところで心臓がパクパクしてきた。
ヤバい。また熱中症になりかけか汗
DSC09941
そのため、木陰に腰掛けてしばし休憩。
10分ほど休んだら、なんとかパクパクは回復。ヨカッタ。。

DSC09953
途中公園も整備されてた松並木は1km程度続いてた。

DSC09959
あーまた今日も峠越え。。

DSC09966
汗を拭きつつ笠取峠の頂上に到着しますと、長和町に突入!

DSC09970
峠を越えるとちょっと嬉しい下り坂。

DSC09972
昔の様子を描いたこんなパネルもあったり。

下り坂の途中からは、
DSC09981
涼しげな旧道を行く。
DSC09986
涼しげに小川が横断してたり。

そうこうしてたら、お次の宿場町のはずれにある神社へ到着。
DSC00001
こちらの松尾神社は、たくさんの摂社があり、興味深く参拝。

DSC00011
鳥居を通り抜けて一礼し、進んだ先には
DSC00015
長久保宿が。
DSC00021
屋号が掲げられた静かな町並み。
DSC00022
現在は歴史資料館の「一福処濱屋」は、明治初期に旅籠として建てられたけど、中山道の交通量が減ってしまったため、開業には至らなかったらしい。

DSC00025
こちらの本陣跡もまたもやフツーに人がお住まい。

DSC00029
あちこちに昔からのお家が。

DSC00035
町外れの近くまで続いてた。

DSC00038
宿場町を抜けると、またもや気持ちよく景色が開ける。

DSC00048
しかしここでまさかの歩道なし。しかも交通量まあまあ多い(汗)
とはいいつつ、屏風のようにそびえる美しい山々に吸い込まれるように進んで行くと、

DSC00051
国道142号線と152号線の交差点に。
宿はもうすぐ!

DSC00053
中山道はここを右折だけど、今日のお宿はちょっとだけ直進。
明日はここまで戻ればOKだね。

ここからお宿まですぐに着けるかと思ってたらなかなか着かず、
一瞬焦りましたが、、
DSC00062
無事、本日のお宿に到着♪


お風呂に浸かって一息ついた後、晩御飯を食べたらソッコーで睡魔がやって来た。
そして今回最速の19時過ぎにはパタッと就寝。


///
歩行場所:長野県佐久市(JR佐久平駅近くのビジネスホテル)~長野県長和町(国道沿いの民宿)
歩行時間:8時間39分
歩行距離:29km
2018年7月の歩行距離:67km


august_20150803 at 21:32|PermalinkComments(0)長野県 | 中山道

2018年08月05日

素朴な中山道の道を行く(佐久平~長久保:その1)

みなさまこんにちは。

本日は7月2週目から3週目にかけての歩き2日目の様子をお届けします!

さて今回の歩きは先般今年の目標に付け加えた中山道を、途中諏訪湖でちょっと休憩しつつ塩尻まで踏破する予定でして、、、
宿泊場所等の都合上、最初の3日間はまあまあハードになってしまった。
誰がこんなハードな日程組んだんだ?と文句の1つも言いたいトコロですね・・・自分にか(苦笑)

前日はヨレヨレになってホテルに到着しましたが・・・
たっぷり食べてしっかり飲んでぐっすり寝たら翌朝にはなんとか回復。
そんな佐久平のホテルを8時過ぎには出発!
DSC09611
ううむ。昨日この交差点を浅間口に進めばよかったのか。
なぜか蓼科口に進んでしまってぐるっと大回りしてしまったorz

佐久平駅からそのまま西に進めば近いんだけど、今日はたしか岩村田駅近辺でお祭りがあるはずなので、ちょっと大回りして寄ってみることに。
DSC09614
そんな岩村田駅前辺りには、お祭りの雰囲気はまったく感じられないのですが???
ちょっと時間が早すぎたのかなぁ?
でも、今日は宿に18時頃までには着きたいから、のんびりもしてられない。
残念だけど先に進むか。

しばし地図とにらめっこし、無事旧中山道を発見。
DSC09621
JR小海線の踏切を越え、
DSC09624
ここからは旧中山道の県道をのんびり歩行。

しばらく進むと、お祭りのハッピを着た男性が数人前から歩いてきた。
これから例のお祭りの準備にでも行くのかな?などど思ってたら、、、
DSC09626
なんと後ろから御神輿がやって来た!

DSC09627
若い男性たちが御神輿を担いでいて、ゆったりとした掛け声とともに進んでいくのを、しばし立ち止まって眺める。

今回はお祭りに遭遇できないと思ってたけど・・・こんなところで見れるとは。
大回りして本当によかった!
DSC09630
結局3kmぐらい余分に歩いたか。

DSC09633
しばらく進むと、あたりは一面の田んぼに。
遠くにはかなり標高の高そうな山々がそびえる。
しかし実はワタシはこの辺りの山はあまり詳しくなく(汗)
ただ今確認したところ、これは八ヶ岳連邦か。

DSC09636
リンゴ畑も久しぶり♪

中部横断自動車道をくぐり抜けていくと、
DSC09641
本日初めて旧街道らしい町並みに。
DSC09643
所々に昔からの民家が。

DSC09647
ノウゼンカズラのオレンジ色が真夏の青空に映える。

DSC09656
町並みを過ぎると田んぼやリンゴ畑となり、

また次の町並みに。
DSC09661
キレイに整ってるね!

DSC09666
そしてまたすぐ田んぼに囲まれた道
DSC09668
旧街道らしい石碑も。

DSC09673
しかし今日は天気予報では35度まで気温が上がるって言ってたな。
まさか長野へ来てこんなに暑いとは(汗)

DSC09676
「重要文化財」らしい駒形神社にちょっと立ち寄ってみたり。
DSC09686
駒形神社を過ぎると、いよいよ塩名田宿。

DSC09688
早速屋号が掲げられたお宅が。

DSC09691
静かな町並みが続く。

DSC09695
こちらが本陣跡。
と言っても今でも改装はされててもフツーの住宅で人が住んでる。

DSC09702
この坂を下っていくと、
DSC09703
3階建ての住宅があったり、
DSC09710
塩名田宿はまだ続いてた。

DSC09713
突き当たりの千曲川にて塩名田宿は終了。
今でこそこんな立派な橋が架かってますが、、、
DSC09712
この千曲川は「荒川」で、何度も何度も橋が流されてしまい、舟の上に板を渡して橋の代わりとしていたことも何度もあったよう。
ちなみにこの写真は明治期の船橋。

DSC09717
そんな千曲川も今日はおだやか。

DSC09716
昨日はよく見えた浅間山は残念ながら雲の中。

橋を渡りきったたもとの東屋で小休憩し、
DSC09733
しばし進むとお次の八幡宿が見えてきた。

DSC09734
宿場町に入ってすぐあったバスの待合所らしき建物は、今まで見たこともないレトロ感!
DSC09736
昭和30年代から40年代ぐらいのものだろうか?

そんなレトロなバス停(?)のすぐ側には、
DSC09737
境内に巨木がそびえる八幡神社が。
ちょっと寄ってみるか。

境内に入って手水舎まで進むと、60代ぐらいに見える男性の方が一生懸命汗を拭ってた。
何気に話しかけられてお話しすると、、元々はこちらに住んでたけど、今は埼玉に住んでおられて今日は年一回のお墓参りに来られたそう。てっきりこちらの神社関係の方かと思ってた!
ここでしばらく色々と立ち話し。

中山道を歩いてることをお話しすると、「中山道は東海道に比べて宿が少ないから大変ですね」と。
そう言われてみれば、今日宿泊する宿は選択の余地なかったな。。
江戸時代の終わりには江戸へ降下した和宮が中山道を通ったらしく、ここ八幡宿でも宿泊したらしいけど、総勢2万人近くの大行列で1ヶ所の宿場では宿が足りず、3つの宿場町に分散したらしい。
そういえば昨日通った小田井宿の案内板にも和宮の大行列のことが書いてあったけど・・・実はワタシはそのとき始めて和宮のことを知りました。。。

あと、この付近のお話しもいろいろと。
この八幡神社の一番奥に祀られてる高良社は、この辺りには以前朝鮮半島から大勢の移民が渡ってきて住んでた関係で建立されたのだとか。
神社を出てしばらく進むと本陣跡があり、そこにお住まいの○○さん宅には中山道関連のいろんな資料が保管されてるらしい。
「門から中を覗いてうろうろしてたら声をかけてみるといいよ。田舎の人だから人がいいから色々見せてもらえるよ」
などど言われましたが・・・そんなこと突然できるのか?

10分弱の立ち話しでしたが、色々お勉強になりました!年一回のお墓参りの日にお会いできたのもご縁ですね。
ありがとうございました!

DSC09742
その後しっかりと本殿を参拝し、

DSC09744
その奥にあった高良社にも、もちろん引き続き参拝。

DSC09754
ふと振り返ると、先程の男性が山門のところでとっても丁寧に一礼してた。
DSC09756
柱のところにミツバチの巣を発見し、なんとなく面白くてしばし観察したり。

DSC09740
神社に山門?と思ったけど、先程の男性のお話しでは以前は神仏混合だったので、このようなお寺みたいな山門が建てられてたそう。
そういえば神社の境内にお墓があったりだもんね。

思いがけず充実した時間を過ごした八幡神社を後にし、
DSC09771
八幡宿は古い建物が所々残ってるけど、あまり観光には力を入れていない模様。
DSC09773
おっと。
ここがさっき話しに出た本陣跡か。

DSC09775
いやいや。めちゃめちゃ立派なお宅ですよ?!
一応中を覗いてみましたが・・・どなたもウロウロされていませんし(汗)
ここはスルーさせていただきます。。

DSC09783
宿場町のはずれまでくると、久しぶりに国道へ合流。

この日の道のりはまだまだ続きますが・・・今日はここまで。
続きは次回にてお送りします!


august_20150803 at 14:53|PermalinkComments(0)長野県 | 中山道