2011年12月18日

インカレ1回戦 仙台大×高知大

大学選手権が本日開幕だ。
サッカーもラグビーも1回戦は18日。
ラグビーは秩父宮、花園と日本トップレベルの会場だ。
しかしサッカーの大学選手権、通称インカレは地味でして…。
1回戦の会場は鴻巣、古河、足利、たつのこ。
「アクセスの良くない陸上競技場」が並んだ。
震災で日程の変更があり、会場確保に影響したらしい。

今年のインカレは1回戦を1試合だけ見る。
仙台大を一度どうしても見たかった。
昨年の総理大臣杯は慶應を下している。
実力面もそうだし、スタイルが面白いらしい。
相手の高知大も全国大会4強、8強の常連。
昨年は現川崎の實藤友紀が主将を務めていた。

仙台大学
GK  1 秋葉智人  2年 177/77 仙台Y
DF  2 菅井拓也  2年 168/65 聖和学園
    5 平野洋輔  4年 184/70 北海
    3 中山和弥  1年 189/75 札幌U-18
    6 菅井慎也  2年 168/65 聖和学園
MF  4 蜂須賀孝治 3年 179/70 桐生第一
    7 森田光哉  4年 166/60 青森山田
    8 黒田涼太  3年 170/60 桐生第一
   10 熊谷達也  1年 167/54 柏U-18
   11 嶺岸光   2年 170/60 聖和学園
FW  9 奥埜博亮  4年 171/66 仙台Y

−−−−−−−奥埜−−−−−−−
−-嶺岸−-熊谷−−黒田-−森田-−
−−−−−−-蜂須賀-−−−−−−
−菅井慎−-中山−平野-−菅井拓−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−秋葉−−−−−−−

高知大学
GK  1 片山裕登  4年 185/79 鳴門
DF  3 赤木俊秀  3年 177/70 銀河学院
    2 岩崎将斗  4年 178/70 八頭
    4 山部晃   3年 175/64 作陽
    5 南口明夫  4年 179/67 橿原
MF  8 渡部亮武  2年 173/60 作陽
    6 西山巧真  4年 173/67 エストレラ姫路Y
   15 中田龍吾  3年 170/63 土佐
   10 竹内宏次朗 3年 171/60 エストレラ姫路Y
FW  7 植木二朗  2年 188/80 島原
    9 福本圭   3年 177/74 備前緑陽

−−−−福本−−−−植木−−−−
−−竹内−−−−−−−−中田−−
−−−−−西山−−渡部−−−−−
−南口−−山部−−岩崎−−赤木−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−片山−−−−−−−


仙台大は奥埜博亮がベガルタに内定している。
菅井拓也、慎也は双子の兄弟だ。

1分、仙台大は奥埜博亮が左サイドで突っ掛けて詰まる。
しかし森田光哉がセカンドからドリブルで強襲。
森田はエリア左でマークを外し、左足シュートを狙う。
しかし左ポストに弾かれた。

仙台大は20分過ぎから試合のイニシアチブを握る。
徹底的に「グラウンダー」「ドリブル」のチームだ。
まずGKが大きく蹴らない。「手で転がす」狙いが多い。
CBは2列目に当てる縦パスが多い。
「ブロックの中」で堂々とボールを動かしていた。

中央でパスの受け手になるのが熊谷達也、奥埜博亮だ。
熊谷達也は左利きの技巧派。
柏U-15の頃から目をひく選手だった。
小柄で線は細いけど、ボールタッチが細かくて柔らかい。
反転が強烈に速く、相手の届かない位置にボールを置ける。
高知は熊谷が起点と見て複数でプレスに行っていた。
しかし熊谷達也はそれをいなして、ボールをつなぎきる。
これで守備に「ほころび」が生まれていた。
奥埜博亮は1トップの起用である。
「0トップ」的に中盤へ引いて、ボールを収める仕事だ。
彼の技巧、的確な配球が周りを生かす。
ドリブラーの嶺岸光、森田光哉とよく絡んでいた。

高知大は仙台大をよく研究していたと思う。
GKのスローインが多いのを見て、
再開後のスローインへ複数でプレスに行っていた。
熊谷に対するケアも徹底していた。
ただ仙台大が「技」で高知大の組織的守備を打開していた。

27分、仙台大は奥埜博亮がスルーパス。
嶺岸光がエリア左に抜け出して、小さくループシュートを狙う。
決定的だったけど枠外。

31分、仙台大は奥埜博亮が左に開く。
嶺岸光はスペースに抜け出して折り返す。
森田光哉がフリーで受けて、切り返して…。
至近距離の決定機だったけどDFにブロックされた。

41分、仙台大は嶺岸光がセカンドからドリブル。左に叩く。
奥埜博亮がエリア内へ仕掛け、DFにブロックされる。
熊谷達也がこぼれ球を右に叩き、黒田涼太が右足ミドル。
枠内で強烈だったけどGK片山裕登がブロックする。
こぼれ球に2人詰めていたけど、片山が先に抑えた。

仙台大が決定機を重ねつつ得点できない。
前半45分はスコアレスで終了した。

試合は後半。
62分、高知大は植木二朗に警告。
64分、仙台大は嶺岸光→佐藤世弥。
佐藤は4年前の仙台カップに出ている選手だ。
東北選抜として日本代表を下している…。

仙台大が少しずつ減速する。後半はしばらく決定機が無い。
高知大は少しずつ「いい位置」でボールを奪い始めていた。
流れが少しずつ変わり始めたかな?
そう思い始める頃合だった。
しかし仙台大はエースが「一発」を見せる。

68分、仙台大は森田光哉が左から中にドリブルで切れ込む。
奥埜博亮は右からサポートし、すれ違い様に森田の落としを受ける。
奥埜の左足ミドルは正確に右隅へ突き刺さった!
<仙台大学 1−0 高知大学>

69分、高知大は中田龍吾→永瀬覚。

77分、高知大は西山巧真が右CKを右足で入れる。
山部晃がファーからヘッドを合わせる。
強い当たりが決定的だったけど仙台大DFは枠内ブロック。

78分、仙台大は菅井慎也→香焼智成。
82分、高知大は竹内宏次朗→横山雄大。
高知大の布陣がこう↓
−−−−福本−−−−植木−−−−
−−横山−−−−−−−−永瀬−−
−−−−−西山−−渡部−−−−−
−南口−−山部−−岩崎−−赤木−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−片山−−−−−−−


83分、仙台大は熊谷達也が左足で逆スピンの縦パス。
佐藤世弥が裏のスペースを狙い、DFと競りながらボールを生かす。
森田光哉がフォローしてエリア右に仕掛ける。
森田はフェイント2発でマークを2人外し、左足で悠々と流し込んだ!
<仙台大学 2−0 高知大学>

84分、仙台大は中山和弥→乾智貴。
中山は直前のプレーで足を痛めてしまった。
1年生、大型CB同士の交代である。
乾は弟がU-15候補だったはず。
まだプレーを見たことは無いのだが。

仙台大の最終布陣はこう↓
−−−−−−−奥埜−−−−−−−
−-佐藤−-熊谷−−黒田-−森田-−
−−−−−−-蜂須賀-−−−−−−
−菅井慎−−乾−−平野−−香焼−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−秋葉−−−−−−−


89分、高知大はセットプレー時の競り合いでPKを得る。
仙台大のDFが後ろから押したということらしい。

89分、仙台大は蜂須賀孝治に警告。

90分、高知大は西山巧真がPK成功。
<仙台大学 2−1 高知大学>

高知大が追い上げるも届かず。
仙台大が2−1で勝利し、ベスト8入りを果たした。
2回戦の対戦相手は明治。面白い試合になりそうです。

仙台大の組み立て、ドリブルは期待通りだった。
指導者、選手とベガルタ仙台とつながりのあるチームである。
ただスタイルは先々週に見た聖和学園と似てますね。
ドリブルと細かく早いパス交換が持ち味である。
高知大はドリブルの対応に苦しんでいた。
仕掛けられると、チームはどうしても受身になる。
守備ブロックに食い込まれるから、カウンターも威力が出ない。
高知らしい「いい奪い方」「いい速攻」が無かった。

ただ高知も人材的には面白かったと思う。
渡部亮武、西山巧真の両ボランチは縦にずばずば当てていた。
左MFの竹内宏次朗は1年の頃から主力。
スピーディーなドリブルは上で通じるレベルだと思う。
福本圭も強さ、速さのある本格派ストライカーだった。

augustoparty at 17:30│Comments(1)TrackBack(0) サッカー(大学) 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 黒猫   2011年12月19日 02:50
乾智貴君って草津に内定した乾大知君と関係あります?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔