2017年05月15日

東京六大学 早稲田×立教 2回戦

東京六大学の第6週は13日土曜が雨天順延。
2回戦が月曜にずれ込んだので自分も見に行けた。
今節は慶應が既に連勝したため勝ち点3で暫定首位。
ただ早稲田、立教も勝ち点2で、このカードを取れば優勝の可能性がある。
昨日の1回は早稲田が1−0で先勝している。
小島和哉の完封勝利だった。

早稲田大学
1番 右 八木健太郎 4年 右右 176/77 早稲田実
2番 二 宇都口滉  4年 右右 166/65 滝川
3番 捕 岸本朋也  3年 右右 173/86 関大北陽
4番 左 加藤雅樹  2年 右左 185/85 早稲田実
5番 一 佐藤晋甫  4年 右右 174/86 瀬戸内
6番 三 緒原葵   4年 右右 173/75 早稲田実
7番 遊 檜村篤史  2年 右右 181/78 木更津総合
8番 中 長谷川寛  4年 右左 170/75 仙台育英
9番 投 柳澤一輝  4年 右右 180/82 広陵

立教大学
1番 中 寺山寛人  3年 左左 178/73 神戸国際大附
2番 右 蘯莵邱─ 4年 右左 174/76 日大二
3番 左 松健造  3年 右左 170/72 横浜
4番 三 笠松悠哉  4年 右右 181/85 大阪桐蔭
5番 一 飯迫恵士  3年 左左 169/72 神戸国際大附
6番 二 峯本匠   3年 右左 172/71 大阪桐蔭
7番 遊 熊谷敬宥  4年 右右 175/72 仙台育英
8番 捕 藤野隼大  2年 右右 181/80 川越東
9番 投 手塚周   2年 右左 179/76 福島


1回表。先攻は早稲田大。
1番・八木が三ゴロ。
2番・宇都口は中飛。
3番・岸本が死球。無死1塁。
4番・加藤は二ゴロで3アウト。

立教の先発は手塚周。右上手の力投派である。
震災で大きな被害を受けた福島県の浪江町出身。
県立福島高校から一浪で進学してきた。
2年生の今季は田中誠也とともに立教の先発を任されている。
今日の球速は速球系が134〜41キロ。
変化球はスライダーが118〜30キロ。
チェンジが116〜26キロ。
カーブが98〜111キロ。
斜めに叩きつけるようなフォームで、重心が一塁側に流れる。
スライダーが強力で、かなり多投もしていた。

1回裏。
立教は1番・寺山が三ゴロ。
2番・蘯茲四球。一死1塁。
3番・松は速球で空振り三振。
4番・笠松も速球で空振り三振。3アウト。

早稲田の先発は柳澤一輝。
右上手のパワーピッチャーである。
広陵高時代は捕手で、下石涼太(現東海大)のボールを受けていた。
下石は大学で野手に転向し、柳澤は投手に移った。
よくパンプアップされていて、特に下半身が強い。
重心移動のスムーズで、軸足の蹴りが強い。
フォームは多少変則的で、重心を後ろに残してぎりぎりまで半身を保つ。
どうしても腕の振りは小さくなるけれど、
テイクバックが小さいから出所は見難い。
以前見たときよりも実戦的になって工夫、進化を感じた。
昨年に比べて球速は落ちているけれど、この方がずっといい。
今日の球速は速球が136〜45キロ。
変化球はスライダーが123〜31キロ。
チェンジが121〜27キロ。
どちらも切れがあって「使える」球種だ。

2回表。
早稲田は5番・佐藤晋がツーシームで空振り三振。
6番・折原は速球で空振り三振。
7番・檜村が中飛で三者凡退。

2回裏。
立教は5番・飯迫が中前安打。無死1塁。
6番・峯本はバント成功。一死2塁。
7番・熊谷が144キロの外角速球で見逃し三振。二死2塁。
熊谷は3球勝負に意表を突かれていた。
8番・藤野が右前安打。しかし二塁走者は本塁でタッチアウト。
よくよく考え得るとライトは八木健太郎。
140キロ台後半の速球を投げていた元投手だ。

3回表。
早稲田は8番・長谷川が初球をレフトにソロ本塁打。
<早稲田大 1−0 立教大>
9番・柳澤が右前安打。無死1塁。
1番・八木も右前安打。無死1、2塁。
2番・宇都口はバント成功。一死2、3塁。
3番・岸本が四球。一死満塁。
4番・加藤は三ゴロ。本封で二死満塁。
5番・佐藤晋が二ゴロで攻撃終了。
ここで1点止まりだったことが後で尾を引いたかな。

3回裏。
立教は9番・手塚が一塁線を破る二塁打。無死2塁。
1番・寺山はスライダーで空振り三振。一死2塁。
2番・蘯茲左中間に運ぶ二塁打。一死2塁。
<立教大 1−1 早稲田大>
3番・松は左飛。二死2塁。
4番・笠松が捕邪飛で攻撃終了。

4回表。
早稲田は6番・織原がスライダーで空振り三振。
7番・檜村が捕邪飛。
8番・長谷川は中前のポテン安打。
センターが突っ込んで後逸し、二死2塁。
9番・柳澤が遊ゴロで無得点。

4回裏。
立教は5番・飯迫が右飛。
6番・峯本は速球で空振り三振。
7番・熊谷が中前安打。二死1塁。
熊谷は次打者の3球目に二盗成功。二死2塁。
8番・藤野はレフト線を破るタイムリー二塁打。二死2塁。
<立教大 2−1 早稲田大>
9番・手塚が二ゴロで攻撃終了。

5回表。
早稲田は1番・八木が外角速球で見逃し三振。
2番・宇都口は中前安打。一死1塁。
代打・熊田陸が三邪飛。二死1塁。
4番・加藤は四球。二死1、2塁。
5番・佐藤晋も四球。二死満塁。
代打・福岡高輝は3−2まで粘ったが速球で空振り三振。3アウト。

5回裏。
早稲田はこの回から二番手投手に早川隆久を起用する。
早川は木更津総合高出身の1年生。
180cm・74kgの左腕だ。
今日の球速は速球が139〜46キロ。
スライダーが118〜22キロ。
他にチェンジがあったと思う。
高校時代に比べて球速はかなり増した。
速球で空振りを奪い、三振も取れていた。
ただ重心が上がって「立ち投げ」になりましたね。
腰を落とさず、重心移動も小さくなり、上半身のパワーに頼る投げ方になった。
高校時代はお手本のような力みのないフォームではなくなった。
球筋も上ずっていましたね。

立教は1番・寺山が三ゴロ。
2番・蘯茲速球で見逃し三振。
3番・松は右中間を破る三塁打。二死3塁。
4番・笠松が左前タイムリー安打。二死1塁。
<立教大 3−1 早稲田大>
5番・飯迫は中飛で攻撃終了。

6回表。
立教はこの回から二番手投手に中川颯を起用する。
中川は桐光学園高出身の1年生。
184cm・79kgの右下手投げである。
渡辺俊介ほどの「沈み」は無くて、メカニズムはサイドに近いかな。
ただ球筋はもちろん低いし、かなりパワフルで球威がある。
速球でかなり空振りを奪えるというところは牧田和久っぽい。
全くタイイングが合わないようなスイングをしている打者もいた。
初めて見たけれど明らかに逸材だし面白い。上を狙えそうな才能だろう。
今日の球速は速球が126〜33キロ。
シンカー系と、スライド系の球筋を使い分ける。
変化球はスライダーが113〜19キロ。
縦でなく真横に滑る感じだった。
他にチェンジが120キロ台前半。

早稲田は7番・檜村が速球で空振り三振。
8番・長谷川は四球。一死1塁。
9番・吉澤一翔がスライダーで空振り三振。一死2塁。
1番・八木もスライダーで空振り三振。
打者が横に滑るスライダーの球筋に面食らっていた。

6回裏。
立教は6番・峯本がスライダーで空振り三振。
7番・熊谷は遊ゴロ。
8番・藤野が速球を引っ張ってレフトにソロ本塁打。
<立教大 4−1 早稲田大>
9番・中川はレフト線を破る三塁打。二死3塁。
加藤雅樹がクッションボールの処理に手間取った。
打撃は素晴らしいけれど、元捕手なので守備は多少不慣れな感じでしたね。
しかし1番・寺山はスライダーで空振り三振。攻撃終了。

7回表。
早稲田は2番・宇都口が速球で見逃し三振。
3番・小藤翼が左前安打。一死1塁。
4番・加藤は速球で空振り三振。二死1塁。
5番・佐藤晋が中飛で3アウト。

7回裏。
立教は2番・蘯茲速球で空振り三振。
3番・松は一ゴロ。
4番・笠松がチェンジで空振り三振。三者凡退。

8回表。
早稲田は代打・三倉進が右飛。
7番・檜村は中前安打。一死1塁。
8番・長谷川が死球。一死1、2塁。
代打・小太刀緒飛は速球で空振り三振。
1番・八木が右飛で無得点。

8回裏。
早稲田は三番手投手に北濱峻介を起用する。
北濱は金沢桜丘高出身の4年生。
175cm・74kgの右スリークォーターだ。
球速は速球が135〜41キロ。
変化球は横スラ、カット系が130キロ台前半。
チェンジが110キロ台後半。

立教は5番・飯迫が一ゴロ。
6番・峯本は一塁線を破る二塁打。一死2塁。
7番・熊谷が四球。一死1、2塁。
8番・藤野は二ゴロ併殺で3アウト。

9回表。
早稲田は代打・小野寺旭が三塁上方に高く弾む内野安打。無死1塁。
3番・小藤は死球。無死1、2塁。
4番・加藤が右中間にライナーで弾くタイムリー二塁打。無死2塁。
<立教大 4−3 早稲田大>
5番・佐藤晋はバントで送る。一死3塁。
6番・三倉が左越えタイムリー二塁打。一死2塁。
<早稲田大 4−4 立教大>
7番・檜村は遊ゴロ。二死3塁。
8番・岡大起が遊飛で攻撃終了。
早稲田が最終回に同点に追いついた。

9回裏。
早稲田は四番手投手に大竹耕太郎を起用する。
大竹は濟々黌高出身の4年生。
182cm・72kgの左腕投手だ。
1年秋、2年春とエース格だったがその後はやや低迷している。
球速は速球が129〜34キロ。
変化球はチェンジ、スライダーが117〜22キロ。
他はフォークが120キロ台中盤。カーブが100キロ弱。

立教は代打・眦栂誕世三直。
岡大起のファインプレーだった。
1番・寺山は三前内野安打。一死1塁。
代打・大東孝輔が右越えのサヨナラ三塁打。
<立教大 5−4 早稲田大>

立教は中川颯が味方の助けを得て六大学初勝利。
9回こそ疲れて崩れたが、4回6奪三振という快投を見せた。
1勝1敗のタイで、決着は明日の第3戦に持ち越されている。

安打  003 110 113 10 四 失
早稲田┃001|000|003┃4 7 0
立教 ┃001|111|001X┃5 1 0
安打  122 222 012 14

立教:手塚、○中川
早稲田:柳澤、早川、北濱、●大竹

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 18:50│Comments(0)TrackBack(0)大学野球 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔