2017年09月09日

関東プリンス 山梨学院×桐光学園

プレミアとプリンス関東は基本的に全チームを見たい。
しかし他の取材と並行しながら一通り見て回ることは難しい。
この9日は山梨学院の試合と甲府の試合が重なったので見に行く。

プリンスリーグ関東は今週末が第12節。
山梨学院が勝ち点16の6位。
桐光学園は1勝5分けで勝ち点8の最下位だ。
なお横浜FCの勝ち点12でぎりぎり残留圏内の8位。
桐光も残り試合で勝ち点を積み上げれば十分に残留は可能だ。

山梨学院高校
GK  1 大嶌宏汰  3年 177/74 プログレッソ十勝FC
DF  2 天野祐介  3年 176/64 FC多摩JY
    4 柳川天汰  3年 178/70 FC東京U-15むさし
   40 大石悠介  2年 183/72 東海大翔洋中
    5 森田和樹  3年 165/61 AZ86青梅
MF  8 大塚創太郎 3年 176/63 インテリオールFC
    6 天野菖梧  3年 170/66 FC多摩JY
    7 増村有哉  3年 172/65 Uスポーツクラブ
FW 10 宮崎純真  2年 176/66 FC多摩JY
    9 加藤拓己  3年 180/84 鹿島アントラーズつくば
   19 片桐奈央  3年 170/58 SCH.FC

−−片桐−−−加藤−−−宮崎−−
−−−−増村−−−−天野−−−−
−−−−−−−大塚−−−−−−−
−森田−−大石−−柳川−−天野−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大嶌−−−−−−−

桐光学園高校
GK  1 丸山拓郎  2年 180/64 GRANDE
DF  8 今井海斗  3年 170/65 町田JFC
    3 加藤優太  3年 187/71 村岡中
    5 望月駿介  2年 175/63 FC多摩
    6 渡辺大智  3年 174/60 東急レイエス
MF  2 矢口聖真  3年 172/62 藤ヶ岡中
   13 國谷敦史  2年 169/68 GRANDE
    9 倉持快   3年 164/55 S.T.FC
   24 田中彰真  2年 164/53 FC東京U-15むさし
    7 田中雄大  3年 161/52 FC多摩JY
FW 11 阿部龍聖  2年 161/58 FC多摩JY
  
−−−−−−−阿部−−−−−−−
−-田中雄−−田中彰-−−倉持−−
−−−−−國谷−−矢口−−−−−
−渡辺−−望月−−加藤−−今井−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−丸山−−−−−−−


13分、山梨学院のカウンター。
クリアが左サイドに通って、加藤拓己が力強く仕掛ける。
加藤は左サイドから中に流れて、また再び縦に切れ込む。
エリア左から放った左足シュートはゴールを横切って枠外。

加藤拓己はU−18日本代表にも選出されているFW。
重戦車系の突進とヘディングが強烈だ。
今季はチームの主将も務めている。
本人はプロ志望だったようだが、
周囲の勧めもあって大学進学が内定している。

山梨学院は人をかけて、ボールを丁寧に動かす狙い。
前線は完全に3トップで、左右は外に張らず近い距離感だった。
宮崎純真も1年の選手権で優秀選手に輝いていた選手。
自分で運べて周りも使えるアタッカーだ。
そこに右SBの天野祐介が絡んでくる。
彼は攻め上がりの頻度が多く、ボール運びもスムーズ。
相手が寄せてくると逆を取って、左側から抜ける巧さもあった。

一方で山梨学院がつなごうとしたところを、
桐光学園が上手く引っ掛けていたことも事実。
田中彰真が裏を突く配球の上手さがある。
倉持快は予備動作や一瞬の動き出しが効果的で、
上手く相手をずらしながらDFラインの背後を取っていた。
「斜めに入る」というのがチームの狙いとしてありましたね。

16分、桐光は田中彰真の縦パスから倉持快が飛び出す。
中央からエリア内に抜け出そうとしてDFに引っ掛けられた。
桐光にFKが与えられる。

16分、山梨学院は大石悠介に警告。

17分、桐光はゴール正面16,7mの好位置からFK。
田中雄大が直接狙ったものの枠上。

25分、山梨学院は加藤拓己が左サイドから縦に突進。
DFの方が体勢は良いように見えたがぶち抜く。
加藤がエリア左からフリーで折り返して決定的だった。
しかし宮崎純真には合わない。

29分、桐光は左スローインから渡辺大智が縦に戻す。
矢口聖真は左サイドから折り返す。
倉持快がニアで上手く擦らしてゴールイン。
<桐光学園 1−0 山梨学院>

30分、山梨学院のカウンター。
宮崎純真が右中間に踏み込んでボールを奪ってドリブル。
宮崎が中に当てて、加藤拓己がシュート。
DFにブロックされたボールを加藤が右に開き、宮崎がシュート。
これもブロックされて、最後は大塚創太郎がシュートを狙い枠外。

35分、桐光は相手のCKから一気にカウンター。
田中彰真がエリア右に抜け出し、GK大嶌宏汰が足元に飛び込む。
ボールに行ったか、足を払ったか…。
主審の判定はファウル&PKだった。

35分、桐光は大嶌宏汰に警告。

36分、桐光は倉持快がこのPKを成功。
<桐光学園 2−0 山梨学院>

41分、山梨学院は天野祐介が右サイドから浮き球で折り返す。
天野菖梧がヘッドを合わせたがGKの正面。

43分、山梨学院は加藤拓己が前線で相手DFからボールをむしり取る。
加藤は右サイドから縦に抜けて折り返す。
片桐奈央がファーからボレーを合わせて決定的だった。
しかしGK丸山拓郎がキープする。

決定機やシュートの数は五分だったが、
桐光が2点をリードして前半45分を折り返す。

53分、山梨学院は右大外から天野祐介?が浮き球で折り返す。
加藤拓己はトラップからシュート。
これもGK丸山拓郎が良くストップした。

56分、山梨学院は森田和樹が左サイドから折り返す。
ファーから増村有哉が合わせてこれも決定的。
しかし桐光学園のDFがブロックする。

57分、山梨学院は片桐奈央→野村海。
69分、山梨学院は宮崎純真→安田正太郎。
布陣がこうなる↓
−−安田−−−加藤−−−大塚−−
−−−−増村−−−−天野−−−−
−−−−−−−野村−−−−−−−
−森田−−大石−−柳川−−天野−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大嶌−−−−−−−


72分、桐光は阿部龍聖→岡孝樹。
79分、山梨学院は大石悠介→山田恵大。
83分、山梨学院は大塚創太郎→廣瀬錬哉。
廣瀬錬哉はスピード、チェイシングが光っていましたね。
布陣がこうなった↓
−−−−-岡-−−−−加藤−−−−
−−天野−−−−−−−−廣瀬−−
−−−−−野村−−増村−−−−−
−森田−−山田−−柳川−−天野−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大嶌−−−−−−−


87分、桐光は田中彰真に警告。
セットプレー時の遅延行為。

87分、山梨学院は右サイドから増村有哉がFKを蹴り入れる。
これがもつれて安田正太郎がセカンドに左足で反応。
決して強くないシュートだったが、DF2人が弾き切れない。
GK丸山拓郎もブラインドになり、しかもタイミングが合わせにくかった。
虚を突いた感じでGKの脇を抜けてゴールイン。
<桐光学園 2−1 山梨学院>

90分、桐光は望月駿介に警告。

アディショナルタイムの提示は4分。

93分、山梨学院は加藤拓己に警告。
94分、桐光は田中彰真→五味悠里。
桐光の最終布陣がこかな?う↓
−−−−−−-田中雄-−−−−−−
−−倉持−−−五味−−−-岡-−−
−−−−−國谷−−矢口−−−−−
−渡辺−−加藤−−望月−−今井−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−丸山−−−−−−−


94分、桐光のカウンター。
田中雄大のスルーパスが中央から通る。
倉持快がエリア左に抜け出してシュート。
決定的だったがGK大嶌宏汰が触って枠外。

95分、山梨学院は天野菖梧が一発退場。
プレーが止まったあとの「乱暴な行為」を取られた。

終盤は山梨学院が判定に対して神経質になっていた。
お互いのベンチも含めてかなり「戦った」試合でもあり…。
やや荒れ気味の展開になった。
ただ終わったあとは笑顔で握手していましたが。

試合は2−1でタイムアップ。
桐光が接戦を制し、残留に向けて貴重な勝ち点3を得た。

加藤拓己は持ち味も出していたし、シュートも5本放った。
ただボールの収まりが悪く、プレーの連続性や守備も課題。
彼にとっては長所と欠点の両方が出た試合だった。

augustoparty at 17:30│Comments(0)サッカー(U18) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔