2017年09月10日

関東プリンス 横浜FC×東京V

プリンスリーグ関東は今週末が第12節。
まだ見ていないチームのカードを選んで足を運ぶ。
昨日は山梨学院×桐光学園を見て今日はこのカード。
会場はLEOCトレーニングセンターだ。

横浜FCユースは4勝7敗で8位。
東京ヴェルディは6勝3敗2分けで2位。
前橋育英が昨日の試合に勝ったので、一時的に抜かれている。

横浜FCユース
GK 16 大内一生  2年 185/80 横浜FC・JY
DF  7 橋本健人  3年 173/57 横浜FC・JY
    2 山口翔大  2年 178/66 横浜FC・JY
    5 神山京右  3年 178/68 東急SSレイエス
   18 川野太壱  2年 173/61 横浜FC・JY
MF 25 井上惇   2年 169/61 横浜FC・JY
    8 三木結斗  3年 170/58 横浜FC・JY
    6 白川浩人  3年 171/61 横浜FC・JY
   23 平松功輝  2年 173/55 横浜FC・JY
   10 飯澤良介  3年 170/58 東急SSレイエス
FW 11 高田稜平  3年 172/59 横浜FC・JY

−−−−−−−高田−−−−−−−
−-飯澤−-平松−−白川−-三木-−
−−−−−−−井上−−−−−−−
−川野−−神山−−山口−−橋本−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大内−−−−−−−

東京ヴェルディユース
GK  1 田中颯   3年 182/76 東京ヴェルディJY
DF 13 杉澤亮悟  3年 167/63 東京ヴェルディJY
   34 馬場晴也  1年 179/66 東京ヴェルディJY
    3 谷口栄斗  3年 180/74 東京ヴェルディJY
    4 羽生識   3年 172/63 東京ヴェルディJY
MF 10 藤本寛也  3年 176/68 東京ヴェルディJY
   27 山本理仁  1年 176/65 東京ヴェルディJY
   14 森田晃樹  2年 166/54 東京ヴェルディJY
FW  7 大森渚生  3年 176/66 東京ヴェルディJY
    8 東山直樹  3年 172/63 東京ヴェルディJY
   33 松橋優安  1年 165/46 東京ヴェルディJY

−松橋−−−−東山−−−−大森−
−−−−森田−−−−山本−−−−
−−−−−−−藤本−−−−−−−
−羽生−−谷口−−馬場−−杉澤−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田中−−−−−−−


横浜FCはGK大内一生がU−17日本代表。
ヴェルディの馬場晴也は8月末のチェコ遠征に呼ばれた。
横浜FCの斉藤光毅もチェコ遠征に参加したがその後に負傷して不在。
他にも代表、昇格に絡むメンバーはいると思う。

9分、ヴェルディは山本理仁に警告。

12分、横浜FCは左CKがファーに流れる。
白川浩人のシュートは下を抜けて枠を捉えていた。
ここはヴェルディDFが枠内ブロック。

19分、横浜FCは右中間にいいクサビが入る。
三木結斗がカットインして左足ミドルを放つ。
これはGK田中颯が触って枠外。

ヴェルディはこの直後に東山直樹と森田晃樹が入れ替わっていた。
つまり森田晃樹が1トップの位置に入る。
ただどちらかといえば「消えるCF」というプレー。

どちらも足技があって、しっかりとサッカーをする。
とはいえヴェルディがより「手間」をかけるスタイルだ。
完全なコピーではないが「吉武ジャパンっぽさ」が出ている。
そもそも永井秀樹監督は吉武博文さんの教え子。
本家ほどパス&ムーブの連続性、緻密さでプレスを開放する凄味はない。
守備もセットするときは両ワイドが引いてオーガナイズを作る。
ただ個の能力もあって試合の支配力はかなり高い。

「アタッキングサードで前向き」という状況になれば、
狭いワイドトップ、フロントボランチ、SBが絡んで崩せる。
ただ今日のヴェルディはなかなかそこまで運べなかった。
横浜FCが中盤を締めて守っていたし、
相手の3ボランチをタイトに対応して消していた。
だから前半は横浜FCのカウンターもチラホラ。
あとCB馬場晴也が縦方向のスイッチを入れられていなかった。
前半に2、3本カットされて、そこからは自重モードに。

42分、ヴェルディはエリア左にスルーパスが通る。
松橋優安が抜け出して際どいクロスを送る。
GK大内一生が弾いて、DFがこぼれをクリアする。

前半45分はスコアレスで終了する。

48分、ヴェルディは山本理仁が左にサイドチェンジ。
羽生識が大外を抜け出してフリーで折り返す。
セカンド気味にこぼれたボールに、森田晃樹が反応。
森田はフリーで右足ミドルを放ったが枠外。

山本理仁は1年生ながら、かなり能力の高いレフティー。
中野雅臣と似た雰囲気でエレガントな持ち方ができる。
パスを出した後に動く、切り替えるという意識もそれなりにある。
彼は左足の一振りで縦、横に振ることが多い。
山本を敢えて「低い位置でフリーにさせる」狙いならあれで良いと思う。
アンカーとして「スイッチの入れ役」に徹する生き方もある。
ただ「食いつかせていなす」「狭いところで受けて動かす」プレーも見たい。

52分、横浜FCは右CKを三木結斗が左足で入れる。
山口翔大がファーからヘッドを合わせた。
少しもつれたがヴェルディDFがクリアする。

62分、横浜FCは白川浩人→小倉陽太。
63分、ヴェルディは大森渚生→河田稜太。
69分、ヴェルディは東山直樹→石川拓磨。
藤本寛也がトップに移る。
ヴェルディの布陣がこう↓
−松橋−−−−藤本−−−−河田−
−−−−森田−−−−石川−−−−
−−−−−−−山本−−−−−−−
−羽生−−谷口−−馬場−−杉澤−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田中−−−−−−−


藤本寛也もU−18代表に呼ばれていたレフティー。
アンカーに入っている時間帯はシンプルにプレーしつつ、
「ここ」という場面は中から持ち上がってくる。
ギャップを見つけて奪われずに運ぶところは素晴らしかった。
トップではまだ出番がないけれど、
この年代では「一つ上のレベル」にいる選手。

69分、横浜FCは井上惇→奥村周太。
横浜FCは5バックに変えて布陣がこう↓
−−−−−−−高田−−−−−−−
−−−奥村−−−−−−三木−−−
−飯澤−−平松−−小椋−−橋本−
−−−川野−−神山−−山口−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大内−−−−−−−


72分、横浜FCは三木結斗がスルーパス。
高田稜平が中央から抜け出して決定的だった。
しかしここは杉澤亮悟が良い対応でボールを奪い切る。

残り20分はかなりオープンな打ち合いになった。
横浜FCは「良い奪い方」を何度もしていて、
数的優位の状態からショートカウンターを繰り出す場面も。
ただ連携と技術の両面で精度を欠き他は「決定機未遂」に終わっていた。

79分、横浜FCは高田稜平→西原貴史。
80分、ヴェルディは松橋優安→諸和輝。
80分、ヴェルディは馬場晴也に警告。
83分、ヴェルディは山本理仁→村井清太。
ヴェルディの最終布陣がこう↓
−河田−−−−村井−−−−-諸-−
−−−−森田−−−−石川−−−−
−−−−−−−藤本−−−−−−−
−羽生−−谷口−−馬場−−杉澤−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田中−−−−−−−


88分、横浜FCは三木結斗→宮原輝。
93分、横浜FCは奥村周太→勝畑裕也。
横浜FCの最終布陣がこう↓
−−−−−−−西原−−−−−−−
−−−勝畑−−−−−−宮原−−−
−飯澤−−平松−−小椋−−橋本−
−−−川野−−神山−−山口−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−大内−−−−−−−


試合はスコアレスでタイムアップ。
ヴェルディはこの引き分けで3位に落ちた。
彼らの「志」は伝わってきたが、
そもそも「ボールを運ぶ」部分が上手く封じられた試合だった。
高い位置で前を向いて持つ段階になかなか行けなかった。
横浜FCもカウンターの質に課題が残り、勿体ない試合だった。

augustoparty at 23:59│Comments(0)サッカー(U18) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔