2018年10月30日

横浜市長杯2回戦 筑波×流通経済

本日も横浜スタジアムで横浜市長杯。
これは大学野球の秋季関東大会で、明治神宮大会の予選を兼ねている。
5連盟から10校が参加し、神宮大会の出場枠「2」を争う。
東京六大学、東都は1枠持っているから参加しない。
29日に開幕し、本日30日は2回戦の残り3試合が開催される。

第1試合は筑波大と流通経済大の対戦。
首都と東京新学生の秋季リーグを制した両校だ。
大学サッカーだと「茨城ダービー」として知られるホットなライバル対決。

筑波大学(首都大学野球連盟)
1番 三 篠原涼   3年 右左 167/72 敦賀気比
2番 中 若狭大地  3年 右右 171/70 今治西
3番 二 皆神裕平  3年 右右 182/80 常総学院
4番 左 中島準矢  4年 右右 176/85 佐賀・鹿島
5番 右 上中尾真季 1年 左左 174/69 敦賀気比
6番 指 福永大貴  4年 右右 173/76 北須磨 
7番 遊 星貴裕   4年 右左 173/73 桐蔭学園
8番 左 国吉翔平  4年 右右 177/80 松山聖陵
9番 捕 島実沙樹  4年 右右 177/81 高岡
   投 村木文哉  2年 右左 184/87 静岡

流通経済大学(東京新学生野球連盟)
1番 二 橋浦悠斗  2年 右左 168/70 文星芸大付
2番 遊 鈴木崚斗  1年 右左 172/66 土浦湖北
3番 一 伊丹拓巳  4年 左左 181/77 帝京第五
4番 指 松木元希  1年 右左 180/85 草加西
5番 右 井出隆也  3年 右左 172/70 福岡西陵
6番 捕 睫邉大  3年 右右 175/78 流経大柏
7番 中 村上嘉一  1年 右左 180/79 広陵
8番 左 木下翔吾  3年 右右 176/73 敦賀気比
9番 三 永井健   3年 右右 171/75 流経大柏
   投 片山雅斗  3年 右右 181/83 阿南工業


1回表。先攻は筑波大。
1番・篠原が右前安打。無死1塁。
2番・若狭はバント成功。一死2塁。
3番・皆神が右飛。二塁走者がタッチアップして二死3塁。
4番・中島は右前タイムリー安打。二死1塁。
<筑波大 1−0 流通経済大>
5番・上中尾が内角速球で空振り三振。攻撃終了。

流通経済の先発は片山雅斗。
右スリークォーターの技巧派だ。
腕の振りが柔らかくて、微妙に遅れて出てくる。
今日の球速は速球が133〜41キロ。
変化球はスライダーが119〜29キロ。
この速度帯でフォーク、チェンジ系があったかも。
他にカーブが110キロ弱。
スライダーは横滑りして切れが良くて、速球以上に多投していた。
左打者のインコースにも躊躇なく投げ込んで来る。
速球も「スライド」する球筋が多くて、紛らわしさもあった。
秋のリーグ戦は5試合に登板して4勝0敗。
31イニングで防御率0.87と好投し、優勝の立役者になった。

1回裏。後攻は流通経済大。
1番・橋浦が内角速球で見逃し三振。
2番・鈴木崚は左前安打。一死1塁。
しかし鈴木崚は次打者のカウント1−1から牽制死。二死無走者。
3番・伊丹が投ゴロで3アウト。

筑波の先発は村木文哉。右上手の本格派だ。
静岡高のときから好投手だったけれど、大学でパワーアップしている。
蹴りが強いし、上半身も激しく回旋させる。
見た目の荒々しさ、力強さがある本格派フォームだ。
今日の球速は速球、シュートが133〜42キロ。
変化球はチェンジ、スライダーが121〜30キロ。
他にカーブが100キロ強。
どちらかと言えば「シュート系」に強みを持つタイプ。
チェンジはシュート回転で球速の割には大きく動く。
スライダーは変化が小さくて小さく動く。
秋のリーグ戦は6試合に投げて4勝2敗。
34イニングを投げて、防御率は2.12だった。

2回表。
筑波は6番・福永が左前安打。無死1塁。
7番・星はバント成功。一死2塁。
8番・国吉が右飛。二死2塁。
9番・島は外角速球で空振り三振。3アウト。

2回裏。
流経大は4番・松木が二ゴロ。
5番・井出は右前安打。一死1塁。
6番・睫遒中飛。二死1塁。
7番・村上のカウント2−1から一塁走者が牽制死。
村木文哉は牽制が巧みですね。

3回表。
筑波は1番・篠原がスライダーで空振り三振。
2番・若狭は中前安打。一死1塁。
3番・皆神がエンドランから遊ゴロ。二死2塁。
4番・中島の3球目に若狭が三盗成功。二死3塁。
中島は平凡な右飛…と思ったら眩しさで落球。
三塁走者が生還して二死3塁。
<筑波大 2−0 流通経済大>
5番・上中尾は二ゴロで攻撃終了。

3回裏。
流経大は7番・村上が右飛。
8番・木下は中飛。
9番・永井がスライダーで空振り三振。三者凡退。

4回表。
筑波は6番・福永がスライダーで空振り三振。
7番・星は足元に死球。一死1塁。
8番・国吉が中飛。二死1塁。
9番・島はスライダーで空振り三振。3アウト。

4回裏。
流経大は1番・橋浦が右前安打。無死1塁。
2番・鈴木崚はバント失敗で捕飛。一死1塁。
3番・伊丹が速球で空振り三振。二死2塁。
4番・松木は遊飛で3アウト。

5回表。
筑波は1番・篠原が中前安打。
センターがボールに突っ込んで弾いたため二塁打に。無死2塁。
2番・若狭のバントが三前安打に。無死1、3塁。
3番・皆神は死球。無死満塁。
4番・中島が中犠飛…と思ったら右中間に打球がポトリと落ちる。
日射が目に入ったのか、打球を完全に見失っていた。
これが中前タイムリー安打となり二者が生還。なお無死1、2塁。
<筑波大 4−0 流通経済大>
5番・上中尾はバント成功。一死2、3塁。
6番・福永が四球。一死満塁。

流経大はここで二番手投手に木村亮太を起用する。
木村は流経大柏高出身の4年生。
181cm・75の左サイドハンドだ。
膝を追って身体を沈めて、インステップ気味に投げてくる変則派だ。
球速は速球が127〜33キロ。
変化球はスライダーが109〜15キロ。
チェンジ、シンカー系が115〜19キロ。
カーブが100キロ強。
リーグ戦は6試合に登板して2勝2敗。
32イニングでわずか2四死球。防御率は1.41だ。

筑波は7番・星が2球目にスクイズ。
スライダーに飛びついて何とかファウルにする。
星は結局スライダーで空振り三振。二死満塁。
8番・国吉は中前に落ちる走者一掃のタイムリー二塁打。二死2塁。
これも目測ミスが絡んでいた。
<筑波大 7−0 流通経済大>
9番・島が速球で見逃し三振。攻撃終了。

5回裏。
流経大は5番・井出が三飛。
6番・睫遒榔θ堯
7番・村上が一ゴロで三者凡退。

6回表。
筑波は1番・篠原がスライダーで空振り三振。
2番・若狭は四球。一死1塁。
若狭は次打者の3球目に二盗成功。一死2塁。
3番・皆神が三ゴロ。二死2塁。
4番・中島も三ゴロで3アウト。

6回裏。
流経大は8番・木下が遊直。
9番・永井は四球。一死1塁。
1番・橋浦が二ゴロで二封。二死1塁。
次打者の初球に橋浦が二盗成功。二死2塁。
2番・鈴木崚は速球で見逃し三振。3アウト。

7回表。
筑波は5番・上中尾が二ゴロ。
6番・福永も二ゴロ。
代打・座馬健人が内角速球で見逃し三振。三者凡退。

7回裏。
流経大は3番・伊丹が左飛。
4番・松木が左飛。
5番・井出も左飛で三者凡退。

8回表。
筑波は8番・国吉が中前安打。無死1塁。
9番・島がバント成功。投手からの送球が野選となり無死1、2塁。
1番・篠原は投前に好バント。一塁悪送球で二塁走者が生還しなお無死2、3塁。
<筑波大 8−0 流通経済大>
2番・若狭が投ゴロ。一死2、3塁。
3番・皆神の3球目に木村亮太が暴投。三塁走者が生還して一死3塁。
<筑波大 9−0 流通経済大>
皆神は二直併殺で3アウト。

8回裏。
筑波はこの回から三番手投手に川朝太を起用する。
川は清峰高出身の4年生。180cm・79kgの右上手投げだ。
今日の球速は速球が136〜41キロ。
スライダーが116〜25キロ。
秋のリーグ戦は2試合、4イニングしか投げていない。

流経大は6番・睫遒二ゴロ。
代打・橋川亮佑は中前安打。一死1塁。
8番・木下が左前安打。一死1、2塁。
代打・田中勇利は外角速球で空振り三振。二死1、2塁。
1番・橋浦が遊直で3アウト。

9回表。
流経大はこの回から三番手投手に杉浦彰悟を起用する。
杉浦は流経大柏高出身の4年生。
181cm・75kgの右腕だ。
球速は速球が131〜34キロ。
この速度帯でシンカー気味に沈む球筋もある。
変化球はスライダー122〜26キロ。
カーブが107,8キロ。

筑波は4番・中島が捕ゴロ。
代打・秋岡弘樹は速球で空振り三振。
代打・種子島大輝が中前安打。二死1塁。
7番・座馬は遊ゴロで3アウト。

9回表。
筑波はこの回から三番手投手に加藤三範を起用する。
佐藤は花巻東高出身の2年生。181cm・82kgの左腕だ。
秋のリーグ戦は8試合に登板して1勝1敗。
28イニングを防御率0.32で抑えている。
今日の球速は速球が130〜39キロ。
変化球はスライダーが115〜19キロ。
カーブが100キロ台で、他にチェンジがあったかも。
今日はリリースが一定せず、球筋がかなりばらついていた。
ただ球速以上の威力はあったし、スライダーの滑りもいい。

流経大は代打・伊藤開が四球。無死1塁。
代打・山田康平が右前の小飛球。
ライトはこぼしたのだが一塁走者が二塁で封殺される。
記録は「ライトゴロ」で一死2塁。
4番・松木が速球で見逃し三振。
代打・野上大輝が中飛で3アウト。

ここで試合終了。
筑波が盤石の試合展開で神宮大会まで「あと1勝」としている。
流経大は拙守、暴投が尾を引く勿体ない大量失点でした。

安打   211 040 011 9 四 失
筑波  ┃101|050|020┃10 4 0
流通経済┃000|000|000┃0 2 2
安打   110 100 020 5

流通経済:●片山、木村、杉浦
筑波:○村木、川、加藤


augustoparty at 11:40│Comments(2) 大学野球 

この記事へのコメント

1. Posted by 筑波ファン   2018年10月30日 17:06
3 本日筑波の最後に投げた投手は、佐藤隼輔(仙台高校)ではなく、加藤三範(花巻東高校)ではないでしょうか。
2. Posted by 党首   2018年10月30日 18:20
> 筑波ファンさま

すいません、こちらの勘違いでした。
ご指摘感謝です。修正しました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔