2018年11月01日

日本選手権1回戦 王子×日本新薬

第44回社会人野球日本選手権大会が本日開幕。
昨日は香川に泊まっていたので、高速バスで大坂に移動する。
第1試合は14時半開始。王子と日本新薬の対戦だ。

この大会は都市対抗と違って補強なし。
都市対抗、クラブ選手権、JABA大会の優勝チームと、
各地区の最終予選を勝ち上がった計32チームが出場します。

王子
1番 三 大杉諒暢  24才 右左 174/70 中部学院大
2番 指 横川駿   25才 右左 168/72 立命館大
3番 中 亀山一平  27才 右右 179/77 近畿大
4番 二 伊礼翼   28才 右左 178/77 九州共立大
5番 右 勝田直樹  28才 右右 170/70 立命館大
6番 一 神鳥猛流  24才 右左 184/90 中部大
7番 左 沖繁優一  22才 右左 175/80 環太平洋大
8番 捕 細川勝平  24才 右右 176/83 中部大
9番 遊 前田滉平  24才 右右 175/70 駒澤大
   投 中内洸太  23才 右左 176/76 関西学院大  

日本新薬
1番 左 田中一八  30才 右左 168/75 九州共立大
2番 遊 板倉健人  26才 右右 167/72 立正大
3番 右 久保田昌也 24才 右左 178/75 國學院大
4番 指 中稔真   24才 右左 185/86 上武大
5番 三 正木健太郎 25才 右左 173/75 創価大
6番 一 霤栂鞠畦 25才 右左 186/80 専修大
7番 右 黒川卓也  28才 右右 180/80 日本文理大
8番 捕 千葉義浩  26才 右右 174/77 東北福祉大
9番 二 吉野翔太  31才 右左 168/70 東亜大
   投 榎田宏樹  29才 左左 174/74 日本文理大


1回表。先攻は王子。
1番・大杉が投ゴロ。
2番・横川は二ゴロ。
3番・亀山も二ゴロで三者凡退。

日本新薬の先発は榎田宏樹。左の技巧派だ。
迫力はないが無理のない、抑えの効いたフォーム。
強みは何といっても制球と、球筋を「動かす」スキルだ。
今日の球速は速球が130〜40キロ。
変化球はシュート、ツーシーム系が126〜32キロ。
スライダーが116〜29キロ。
変化の小ささと鋭さがあって、これでゴロを面白いように打たせる。
他にチェンジ、フォーク系の縦変化が110キロ台後半。
なお彼の兄・大樹は西武に移籍して大活躍中の左腕だ。

1回裏。後攻は日本新薬。
1番・田中が三邪飛。
2番・板倉はスライダーで空振り三振。
3番・久保田が左飛で三者凡退。

王子の先発は中内洸太。
右スリークォーターの本格派だ。
右腕を柔らかく背中側に引いて、うねらせつつ強く振ってくる。
出どころを「隠せる」ところも持ち味だ。
生で見るのは大学3年以来だが、力強さを大きく増している。
今日の球速は速球が135〜42キロ。
変化球はスライダーが124〜32キロ。
チェンジが120キロ台中盤。
カーブが104〜09キロ。
球威で詰まらせられるし、スライダーを引っ掛けさせることも得意。
ドラフト候補として名が挙がってはいなかったが、
日本新薬を相手に想像以上の好内容だった。

2回表。
王子は4番・伊礼が左飛。
5番・勝田は遊ゴロ。
6番・神鳥が二ゴロで三者凡退。

2回裏。
日本新薬は4番・中が一ゴロ。
5番・正木は中前安打。一死1塁。
6番・霤弔右飛。二死1塁。
7番・黒川はスライダーで空振り三振。

3回表。
王子は7番・沖繁が死球。無死1塁。
8番・細川はバント成功。一死2塁。
9番・前田が二ゴロ。二死3塁。
1番・大杉は空振り三振。3アウト。

3回裏。
日本新薬は8番・千葉が左飛。
9番・吉野は遊前安打。一死1塁。
1番・田中が遊ゴロ併殺で3アウト。

4回表。
王子は2番・横川が二前安打。無死1塁。
3番・亀山がバント失敗で投ゴロ。一死1塁。
4番・伊礼は遊ゴロ併殺で3アウト。

4回裏。
日本新薬は2番・板倉が中飛。
3番・久保田が四球。一死1塁。
久保田は次打者の4球目に二盗成功。
これが捕手からの悪送球を誘って一死3塁。
4番・中は二ゴロで三塁走者が生還。二死無走者。
<日本新薬 1−0 王子>
5番・正木が三邪飛で攻撃終了。

5回表。
王子は5番・勝田がスライダーで見逃し三振。
6番・神鳥は右越えの二塁打。一死2塁。
7番・沖繁が四球。一死1、2塁。
8番・細川は一飛。二死1、2塁。
9番・前田が強烈な当たりを放つも左直。無得点。

5回裏。
日本新薬は6番・霤弔内角速球で空振り三振。
7番・黒川は中飛。
8番・千葉が二ゴロで三者凡退。

6回表。
日本新薬はこの回から二番手投手に小松貴志を起用する。
小松は創価大出身の25才。
173cm・78kgの右上手投げだ。
今日の球速は速球が136〜42キロ。
変化球はスライダー、フォークが127〜33キロ。
カーブが110キロ台中盤。
高大とも田中正義、池田隆英の1年先輩だった。

王子は1番・大杉が外角速球で空振り三振。
2番・横川は二ゴロ。
3番・亀山がフォークで空振り三振。三者凡退。

6回表。
日本新薬は9番・吉野が四球。無死1塁。
1番・田中はバント成功。一死2塁。
2番・板倉が左前ポテン安打。一死1、3塁。

王子はここで中内洸太が降板。
二番手投手に若林優斗を起用する。
若林は中京大出身の23才。
175cm・79kgの左サイドハンドだ。
球速は速球、シュートが123〜33キロ。
変化球はスライダーが115〜26キロ。
カーブが100キロ台前半。

日本新薬は3番・久保田が遊飛。二死1、3塁。
4番・中は中越えのタイムリー二塁打。二死2塁。
<日本新薬 3−0 王子>
5番・正木が一ゴロで3アウト。

7回表。
王子は4番・伊礼が死球。無死1塁。
5番・勝田は左飛併殺で二死無走者。
フェンス際の大飛球で一塁走者はスタートを切っていた。
6番・神鳥が遊ゴロで3アウト。

7回裏。
日本新薬は6番・霤弔左前安打。無死1塁。
7番・黒川はバント成功。一死2塁。
8番・千葉が四球。一死1、2塁。
9番・吉野はバント成功。二死2、3塁。
代打・福田泰平がチェンジで空振り三振。3アウト。

8回表。
王子は7番・沖繁が左越えの二塁打。無死2塁。
8番・細川はレフト線を破るタイムリー二塁打。無死2塁。
<日本新薬 3−1 王子>
9番・前田が中飛。一死2塁。
1番・大杉も中飛で二死2塁。
2番・横川が四球。二死1、2塁。

日本新薬はここで小松貴志が降板。
三番手投手に岩本喜照を起用する。
岩本は九州共立大出身の23才。
187cm・84kgの右腕だ。
テイクバックを小さめに直したのかな?
横回旋で、身体ごと腕を振るようなフォームだ。
今日の球速は速球が143〜48キロ。
変化球はスライダー、チェンジが130キロ強。
ドラフトで指名は無かったが、それに近いレベルの逸材だ。

王子は3番・亀山がストレートの四球。二死満塁。
4番・伊礼は高め速球で空振り三振。

8回裏。
日本新薬は2番・板倉が三ゴロ。
3番・久保田は遊ゴロ。
4番・中が二ゴロで三者凡退。

9回表。
王子は5番・勝田が外角148キロで見逃し三振。
6番・神鳥は内角147キロで見逃し三振。
7番・沖繁が外角146キロで空振り三振。三者三振でゲームセット。

岩本喜照が最終回に「三振ショー」を見せた。
日本新薬が接戦を制して2回戦進出を決めている。

安打   000 110 020 4 四 失
王子  ┃000|000|010┃1 5 1
日本新薬┃000|102|00×┃3 3 0
安打   011 002 10  5

日本新薬:○榎田、小松、岩本
王子:●中内、若林

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 17:00│Comments(0) 社会人野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔