2018年11月10日

神宮大会2回戦 九州共立×立正

「明治維新百五十年記念第四十九回明治神宮大会」が本日が大会2日目。
そもそもは明治神宮によるプライベートトーナメントだ。
高校、大学の二本立てというユニークな大会でもある。
高校野球における「第3の全国大会」として認知されている。
大学については「第2の全国大会」ですね。

大学の部は参加が11校。
東京六大学と東都は予選免除で枠を持っている。
他に関東2枠、関西2枠でまず計6枠。
更に北海道、東北、北陸・東海、中国・四国、九州が1枠ずつ持っている。
2日目の第3試合は九州共立大と立正大の対戦だ。
九州共立は島内颯太郎と久保拓眞。
立正は伊藤裕季也と小郷裕哉が今ドラフトの指名を受けた。

九州共立大学
1番 右 知念琉太  3年 右左 171/70 前原
2番 遊 崎濱夏紀  4年 右左 167/67 興南
3番 中 早野僚馬  4年 右左 184/85 自由ヶ丘
4番 一 平良竜哉  2年 右右 170/72 前原
5番 左 井上恭輔  4年 右左 171/73 大分
6番 三 笹井健太郎 4年 右右 180/87 倉敷
7番 二 青木康士郎 4年 右左 178/72 東筑
8番 捕 城間大介  4年 右右 168/86 南部商業
9番 投 島内颯太郎 4年 右右 180/77 光陵

立正大学
1番 左 土井慎二  4年 右左 182/82 関西
2番 遊 根本郁也  3年 右左 170/67 桐光学園
3番 右 小郷裕哉  4年 右左 176/84 関西
4番 二 伊藤裕季也 4年 右右 181/96 日大三
5番 捕 木下朗   4年 右左 181/90 戸塚
6番 中 平田巧   3年 右右 178/84 立正大淞南
7番 三 米田虎太郎 3年 右右 174/71 帝京大可児
8番 一 佐々木勝哉 3年 右右 185/85 日大三
9番 投 糸川亮太  2年 右右 170/71 川之江


1回表。先攻は九州共立大。
1番・知念が三ゴロ。
2番・崎濱は左前安打。一死1塁。
3番・早野が右前安打。一死1、2塁。
4番・平良はフォークが空振り三振。二死1、2塁。
5番・井上がフォークで空振り三振で3アウト。

立正の先発は糸川亮太。右上手の技巧派だ。
重心を少し沈めて、横回旋で腕を振る。
大柄ではないがパワフルで、腕の振りも強い。
ボールの細かい「動き」があり、制球力も高い実戦派である。
今日の球速は速球系が135〜43キロ。
この速度帯でシンカー的に沈む球筋もある。
変化球はフォーク、カットが120〜33キロ。
スライダーが117〜26キロ。

1回裏。後攻は立正大。
1番・土井が投ゴロ。
2番・根本は三直。
3番・小郷が左前に落とす二塁打。二死1塁。
レフトが飛び込むも捕球できなかった。
4番・伊藤裕は四球。二死1、2塁。
5番・木下が一ゴロで3アウト。

九州共立の先発は島内颯太郎。右上手の本格派だ。
トルネードと言うほどではないが、相手に背中を見せて上半身を回旋させる。
下半身がいかにも強靭で、体重をしっかり乗せて腕を振れる。
速球とフォークを組み立ての軸にするパワーピッチャーですね。
先日のドラフト会議では広島の2位指名を受けている。
今日の球速は速球が138〜50キロ。
いわゆる「伸びる」球質ではないが、球速があるので問題ない。
変化球はフォークが126〜31キロ。
スライダーが120キロ台前半。

2回表。
九州共立は6番・笠井が捕飛。
7番・青井が二ゴロ。
8番・城間は四球。二死1塁。
9番・島内が外角高め速球で空振り三振。3アウト。

2回裏。
立正は6番・平田が速球で空振り三振。
7番・米田は左直。
8番・佐々木勝が遊ゴロで三者凡退。

3回表。
九州共立は1番・知念が三飛。
2番・崎濱がセーフティバント成功。捕前安打で一死1塁。
3番・早野は二ゴロ併殺で3アウト。

3回裏。
立正は9番・糸川が二飛。
1番・土井は速球で空振り三振。
2番・根本が中飛で三者凡退。

4回表。
九州共立は4番・平良が三飛。
5番・井上恭が左前安打。一死1塁。
6番・笹井は三ゴロ。二封のみで二死1塁。
米田虎太郎の横っ飛びナイスプレーだった。
7番・青木が遊前安打。二死1、2塁。
8番・城間は三ゴロで3アウト。

4回裏。
立正は3番・小郷が投ゴロ。
4番・伊藤裕が左前安打。一死1塁。
5番・木下は左飛。二死1塁。
6番・平田の3球目に伊藤裕が二盗成功。二死2塁。
しかし伊藤裕は3−2から牽制で釣り出されて3アウト。

5回表。
九州共立は9番・島内が三ゴロ。
1番・知念は二ゴロ。
2番・崎濱がカットで空振り三振。三者凡退。

5回裏。
立正は6番・平田が遊ゴロ。
7番・米田は投ゴロ。
8番・佐々木勝がフォークで空振り三振。

6回表。
九州共立は3番・早野が左前安打。無死1塁。
4番・平良は右飛。一死1塁。
5番・井上恭が左飛。二死1塁。
6番・笹井は三ゴロで3アウト。

6回裏。
立正は9番・糸川が遊ゴロ。
代打・荒原祐貴が左飛。
2番・根本も左飛で三者凡退。

7回表。
九州共立は7番・青木が遊ゴロ。
8番・城間は速球で見逃し三振。
9番・島内が三ゴロで三者凡退。

7回裏。
立正は3番・小郷が四球。無死1塁。
小郷は次打者の3球目に二盗スタート。悪送球も絡んで無死3塁。
4番・伊藤裕は2−1からレフトに2ラン本塁打!
甘いフォークを上手くすくい上げた。
<立正大 2−0 九州共立大>
DeNA2位指名のスラッガーが大仕事。

九州共立はここで島内颯太郎が降板。
二番手投手に久保拓眞を起用する。
久保は自由ヶ丘高出身の4年生。
173cm・75kgの左スリークォーターだ。
ヤクルトの7位指名を受けている。
しっかり重心移動をして踏ん張れていた。
あと上半身がいい意味で遅れて出て来てタイミングを取り難いタイプ。
今日の球速は速球が135〜41キロ。
変化球はスライダーが116〜23キロ。

立正は5番・木下が四球。無死1塁。
6番・平田はバント成功。一死2塁。
7番・米田の初球に久保拓眞が暴投。一死3塁。
米田は3球目にスクイズも空振り。
三塁走者はそのまま本塁を突くもタッチアウト。二死無走者。
米田が一邪飛で攻撃終了。

8回表。
九州共立は代打・石原司が速球で空振り三振。
2番・崎濱は遊ゴロ。
3番・早野が遊飛で三者凡退。

8回裏。
立正は8番・佐々木勝が右中間に運ぶ二塁打。無死2塁。
代打・倉嶋啓太がバント成功。一死3塁。
1番・佐々木斗夢は二飛。二死3塁。
2番・根本がスライダーで見逃し三振。3アウト。

9回表。
立正はこの回から二番手投手に釘宮光希を起用する。
釘宮は日大三高出身の4年生。175cm・75kgの右腕だ。
今日の球速は速球が140キロ強。
変化球はフォークが130キロ台前半。
スライダーが120キロ台後半。

立正は4番・平良が三ゴロ。
5番・井上恭が中前安打。一死1塁。
6番・笹井は二ゴロ併殺で3アウト。

ここで試合終了。
立正が接戦を制して準決勝一番乗りを決めた。
ドラフト組も持ち味を出したし、引き締まった好ゲームでした。

安打   201 201 001 7 四 失
九州共立┃000|000|000┃0 1 1
立正  ┃000|000|20×┃0 3 0
安打   100 100 11  4

立正:○糸川、釘宮
九州共立:●島内、久保

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 15:40│Comments(0) 大学野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔