2018年12月23日

高円宮杯U15 磐田×金沢

高円宮杯U−15選手権の2回戦を今日は見に行く。
正しくは高円宮杯JFA第30回全日本サッカーU−15選手権大会。
群馬の下増田で2回戦を2試合見た。

今年は3回戦まで大阪、群馬の分散開催だ。
準決勝、決勝は東京の西が丘サッカー場で行われる。
出場は全国32チーム。各地域のリーグ戦上位は予選免除だ。
第2試合は東海リーグ王者と北信越1部リーグ王者の対戦。

石川の育成年代は密かに注目している。
夏のクラ選はツエーゲンが16強、パテオが32強に進出。
内容も伴ったサッカーをしていた。
FC東京U−15深川の安田虎士朗も石川県出身だ。
秋の国体(U−16)は石川県少年男子が準優勝と大躍進。
星稜でなくツエーゲン金沢U−18が主力だった。
地域として底上げの「波」が来ているのかなと期待している。

ジュビロ磐田U-15(東海1)
GK  1 石津 拓大  03.06.18 174/63 雄踏サッカースポーツ少年団
DF  7 嶋野 暖   03.10.31 172/74 F.C.フォルミーガ
    6 櫻井 友也  03.07.30 176/76 相良サッカースポーツ少年団
   20 岡 航平   04.09.24 174/65 高洲南サッカースポーツ少年団
    9 竹田 航進  03.08.11 169/57 カワイ体育教室SC
MF 13 藤原 健介  03.12.21 174/57 バディFC
    4 小林 亮太  03.05.03 175/60 浜松大瀬サッカースポーツ少年団
   15 松坂 侑泰  03.08.29 169/54 蒲郡FCマリナーズ
    2 池田 亮介  03.10.23 165/62 白羽サッカースポーツ少年団
FW  3 上之平 暉羅 03.12.17 161/53 オイスカFC
   10 辻 颯人   03.08.03 168/58 バディFC

−−−−辻−−−−上之平−−−−
−−池田−−−−−−−−松坂−−
−−−−−小林−−藤原−−−−−
−竹田−−-岡-−−櫻井−−嶋野−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−石津−−−−−−−

ツエーゲン金沢U-15(北信越1)
GK  1 下中 凌我  03.06.23 183/78 テイヘンズFC金沢U-12
DF  6 宮村 海輝  03.07.08 170/67 FC湖北ジュニア
    4 波本 頼   03.06.10 184/71 FC.TONジュニア
    2 伊東 陸   03.10.11 173/61 安宅スポーツ少年団SC
    5 小石 祐也  03.05.22 168/57 羽咋FCジュニア
MF  8 中道 在   03.05.25 163/55 北陽サッカースポーツ少年団
   10 不野 優聖  03.07.01 173/55 FC.TONジュニア
    7 土居 海斗  03.06.03 163/56 符津スポーツ少年団サッカー部
   13 河崎 響己  03.10.25 168/58 津幡ジュニアSC
FW 17 山崎 陸成  03.07.16 172/61 クレーセルFC
    9 福田 凌   03.09.11 176/66 津幡ジュニアSC

−−−−福田−−−−山崎−−−−
−−川崎−−−−−−−−土居−−
−−−−−不野−−中道−−−−−
−小石−−伊東−−波本−−宮村−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−下中−−−−−−−


12分、磐田は松坂侑泰が右サイドに展開。
辻颯人が大外から抜け出して折り返す。
上之平暉羅のヘッドは上手く合わない。

16分、磐田は松坂侑泰が右サイドに展開。
小林亮太は右大外のスペースを抜けて折り返す。
竹田航進がファーに飛び込んでヘッドを叩き込んだ。
<ジュビロ磐田U-15 1−0 ツエーゲン金沢U-15>

磐田のオーソドックスなサイド攻撃が有効だった。
追い越す動きから、外で数的優位を作る。
遠い距離からしっかり合わせてチャンスにつなげる。

金沢は延長PKの激闘から中0日。
コンディションを含めて厳しいのかな?という試合の入りだった。
しかし失点後はしっかり立て直す。

28分、金沢は山崎陸成→森田春樹。
森田はそのまま2トップの一角に入った。

31分、金沢は不野優聖が前線に一発ロングフィード。
森田春樹がDFのギャップに走り込んで、
スぺースが十分でない状態から浮き球に右足を出す。
これがGKの頭上を超す見事なループシュートになった。
<ツエーゲン金沢U-15 1−1 ジュビロ磐田U-15>

不野優聖はセントラルMFだが、スプリント能力が高い。
この場面は最高のパスを出したけれど、「パッサー」というタイプではない。
ギャップがあれば、個人でぐいぐいボールを運んでくる。
主将も任されている選手だが、チームに「勢い」を与えていた。

37分、金沢のカウンター。
福田凌が中央から持ち上がって左に預ける。
河崎響己はDFに前を切られながらキープして、ヒールで外へ落とす。
福田は河崎を追い抜いてスペースに走り込み、リターンを受ける。
福田はエリア左角から右足ループを鮮やかに沈めた。
<ツエーゲン金沢U-15 2−1 ジュビロ磐田U-15>

福田凌は体格も恵まれているし、まずボールが収まる選手。
ボールを自分で運べて、相手をいなしたり味方を使う上手さもある。
今はむしろ希少になっている「本格派センターフォワード」だ。
河崎響己は小柄だけど一瞬の速さ、アジリティが素晴らしい。
背後を取ってパスの受け手になれるし、細かい重心移動で相手を翻弄もできる。
二人とも「個」として際立っていた。

38分、磐田は藤原健介に警告。

前半40分は金沢が1点リードを奪って終了。
試合は後半。

55分、磐田は松坂侑泰→野末陽。
磐田の布陣がこう↓
−−−-上之平−−−-野末−−−−
−−池田−−−藤原−−−−辻−−
−−−−−−−小林−−−−−−−
−竹田−−-岡-−−櫻井−−嶋野−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−石津−−−−−−−


62分、金沢は河崎響己が左サイドから抜け出して右アウトで折り返す。
宮村海輝がファーからボレーを合わせるもぎりぎり枠外。

62分、金沢は波本頼に警告。
71分、金沢は宮村海輝に警告。

磐田はFWに180cmの野末陽を起用。
金沢はリードを奪ってリスクを冒さない。
そういう理由で後半はお互いに長いボールが増えていた。

ただ金沢は波本頼のヘディングがべらぼうに強い。
空中戦は10回以上あって、一度も負けなかったように思う。
立ち上がりはバタついたGK、DFラインとの連携もすぐ落ち着いた。
終盤はGK下中凌我の捕球も素晴らしく安定していましたね。

波本は184cmと身長があるし、跳躍力も十分。
磐田の選手は途中から「先に跳ぶ」ことを徹底していたが、
それでも難なくハイボールを弾き返していた。
前に出て潰す感覚、機動力もあるし、左右両足で長いフィードも蹴れる。
CBの素材としてかなり面白い選手だと思った。

74分、金沢は福田凌がDFを背負いながら右サイドに展開。
宮村海輝は右大外を抜け出して折り返す。
河崎響己がゴール前に跳び込んで右足ボレーを合わせた。
<ツエーゲン金沢U-15 3−1 ジュビロ磐田U-15>

宮村海輝はスピードが強烈で、サイドの1対1も強い。
連戦、終盤でも「爆発的スプリント」を繰り返せる。
SBはあまり目立たないポジションだが彼は目立っていた。

76分、磐田は中盤中央のFKを嶋野暖がふわっとエリア内に合わせる。
辻颯人がバックヘッドを合わせてGKの頭上を破った。
<ツエーゲン金沢U-15 3−2 ジュビロ磐田U-15>

78分、金沢は波本頼のクリアが前線につながる。
福田凌がエリア右に抜け出してシュート。
これはGK石津拓大がブロックして枠外。

アディショナルタイムの提示は3分。
金沢が試合をコントロールして試合を終えた。
堂々たる勝利で、ベスト8入りを決めている。

augustoparty at 20:25│Comments(2) サッカー(U15) 

この記事へのコメント

1. Posted by ジュビロサポーター   2018年12月26日 14:01
5 76分、磐田は中盤中央のFKを土居海斗がふわっとエリア内に合わせる。
辻颯人がバックヘッドを合わせてGKの頭上を破った。

FKを蹴ったのは、嶋野暖選手です。
土居海斗選手はツエーゲン金沢の選手です。
2. Posted by 党首   2018年12月26日 17:19
> ジュビロサポーター様

取り違え、すいません!
そしてご指摘ありがとうございました。
修正してあります。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔