2018年12月24日

関東プリンス参入戦 帝京×流経大柏B

本日は高円宮杯JFAU−18サッカープリンスリーグ関東参入戦。
毎年1都7県から2チームが昇格するレギュレーションだ。
4チームずつ分かれて、2つのノックアウトステージを戦う。
前橋総合運動公園陸上競技場。の第1試合は帝京と流経柏Bの対戦だ。

帝京は総体、選手権とも「全国」に絡めなかった。
ただT1はFC東京B、駒沢大高との死闘を制して優勝。
1回戦は栃木SCを逆転で下している。
流経大柏はAチームがプレミアに残留。
従ってBチームは関東まで昇格可能だ。
「B」と言ってもAの出場経験を持つ選手が多数いる。
さらに今日の試合で指揮を執っていたのは本田裕一郎先生。
選手権の登録に入る選手もいるだろう。
何しろ選手層は日本一厚いチームだ。

帝京高校
GK  1 白鳥俊介  3年 175/73 高島第二中
DF  4 鷲田優斗  3年       FC町田ゼルビアJY
   23 久保莞太  3年 170/59 横浜F・マリノスJY
    2 梅木遼   3年 170/67 ミラグロッソ海南
MF  9 中島涼太  3年 161/52 石神井中
    6 中村怜央  3年 169/61 FC東京U-15深川
    8 三浦颯太  3年 175/63 FC東京U-15深川
    3 石井隼太  2年 163/49 FC東京U-15むさし
FW 11 塩入颯斗  3年 173/61 横河武蔵野FCU-15
    7 入澤大   3年 172/60 FC東京U-15深川
   20 赤井裕貴  3年 195/80 FC東京U-15むさし

−−−−−−−赤井−−−−−−−
−−−−入澤−−−−塩入−−−−
−石井−−三浦−−中村−−中島−
−−−梅木−−久保−−鷲田−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−白鳥−−−−−−−

流通経済大学付属高校B
GK  1 猪瀬康介  3年 184/76 鹿島アントラーズつくばJY
DF 18 熊川大貴  2年 166/60 クラブ・ドラゴンズ柏
    2 入江諭   3年 173/64 小倉南FC・JY
    3 須永竜生  3年 177/72 ジェファ・FC
   14 米倉貫太  3年 171/62 Nagoya.S.S
MF 10 八木滉史  2年 170/58 FC多摩JY
   11 林力也   3年 167/62 FCみやぎバルセロナ
    9 横井颯   3年 166/60 クラブドラゴンズ柏
    7 間洋登   3年 168/60 ジェファ・FC
FW  4 左部開斗  3年 180/69 東急SレイエスFC
   16 木村聖   2年 175/73 ジェファ・FC

−−−−木村−−−−左部−−−−
−−間−−−−-林-−−−横井−−
−−−−−−−八木−−−−−−−
−米倉−−須永−−入江−−熊川−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−猪瀬−−−−−−−


帝京は石井隼太がやや引き気味で、4バックに近い形。
4分、帝京は中島涼太が右サイドから折り返す。
赤井裕貴が潰れて、塩入颯斗は奥からシュート。
最後は中村怜央がDFの弾いたこぼれを押し込んだ。
<帝京 1−0 流通経済大学付属柏高B>

13分、帝京は石井隼太が左サイドから折り返す。
赤井裕貴がファーに走り込んで「触れば1点」の決定機。
これはDFが並走してぎりぎりカバーした。

石井は左利きでキックが素晴らしい。
彼のプレスキック、クロスが試合のカギになった。

アフリカ系の選手はどうしても「良い先入観」があって、
自分も指導者も高めの期待を持つ傾向がある。
赤井裕貴はFC東京むさしの頃から気になっていた。
当時から190センチ以上あって、でもスピードは水準以上。
一方でオン・ザ・ボールでどうなの?という粗はあった。
帝京の3年間で実際に大きな成長を遂げている。
身体が大きい分、どうしても加減速の鋭さはない。
ただボールへの反応の速さ、動きの鋭さが増していた。
流れによく絡む、ボールが収まる選手に変わっていた。
大学でも「もうひと化け」があるかもしれない。

23分、流経Bは左CKを八木滉史が右足で入れる。
左部開斗が合わせたヘッドはポストに弾かれる。

26分、帝京は石井隼太が左からライナー性のクロス。
赤井裕貴がトラップから左足ボレーを放つ。
枠を捉えて決定的だったが猪瀬康介にストップされた。

37分、流経Bは木村聖→伊藤勇輝。

39分、流経Bは八木滉史が右中間から強烈左足ミドル。
白鳥俊介が触って枠外。

42分、流経Bは横井颯→渡曾武蔵。
流経Bの布陣がこう↓
−−−−−−−左部−−−−−−−
−-間−−-林-−−八木−−渡曾-−
−−−−−−−伊藤−−−−−−−
−米倉−−須永−−入江−−熊川−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−猪瀬−−−−−−−


前半45分は帝京の1点リードで終了。
試合は後半。
46分、流経Bは林力也→町田福人。

50分、帝京は石井隼太が左サイドからFK。
赤井裕貴が膝くらいの高さのボールを後ろ脚で落として…。
最後は中島涼太が押し込んだ。
<帝京 2−0 流通経済大学付属柏高B>

52分、流経Bは米倉貫太に警告。

61分、流経Bは間洋登→古矢裕介。

62分、帝京は石井隼太が入澤大とパス交換して縦に抜ける。
石井は左大外から抜け出して左クロス。
赤井裕貴がファーから余裕をもって高い打点のヘッドを叩き込んだ。
<帝京 3−0 流通経済大学付属柏高B>

64分、流経Bは熊川大貴→有泉克哉。
流経Bの布陣がこう↓
−−−−−−−左部−−−−−−−
−−古矢−−−渡曾−−−町田−−
−−−−−伊藤−−八木−−−−−
−米倉−−有泉−−須永−−熊川−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−猪瀬−−−−−−−


70分過ぎから流経Bの決定機が2度。
ここはGK白鳥俊介が好反応でクリーンシートを守る。

71分、帝京は入澤大→荻原颯都。
72分、帝京は塩入颯斗→佐々木大貴。
78分、帝京は中島涼太→福澤吉紀。
帝京の最終布陣がこう↓
−−−−−−−赤井−−−−−−−
−−−佐々木−−−−−-福澤-−−
−石井−−中村−−三浦−−荻原−
−−−梅木−−久保−−鷲田−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−白鳥−−−−−−−


82分、流経Bは渡曾武蔵に警告。

終盤に入ると流経Bは有泉克哉を挙げてパワープレーに出るが実らず。
帝京が3−0で快勝して、2005年以来のプリンスリーグ復帰を決めた。

augustoparty at 23:58│Comments(0) サッカー(U18) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔