2019年06月10日

大学選手権1回戦 八戸学院×佛教

第68回全日本大学野球選手権が本日開幕。
全国26連盟から27校が参加する日本一決定戦だ。
東京ドームの第2試合は八戸学院と佛教大の対戦です。

八戸学院大(北東北)
1番 右 北畠栞人  4年 右左 166/70 弘前学院聖愛
2番 二 冨田勇輝  4年 右左 173/74 東海大四
3番 一 松葉叶   3年 右左 182/78 津商業
4番 左 武岡大聖  3年 右左 176/90 生光学園
5番 指 小磯和貴  4年 右右 176/85 東海大菅生
6番 三 冨田日南登 4年 右右 176/73 三沢商業
7番 中 伊藤優平  3年 右両 169/72 八戸学院光星
8番 遊 中川凌   3年 右右 171/67 大商大高
9番 捕 大向勇成  2年 右左 168/68 八戸学院野辺地西
   投 大道温貴  3年 右右 178/75 春日部共栄

佛教大(京滋)
1番 左 中山聡   2年 右左 175/78 玉野光南
2番 指 吉村颯   4年 右左 170/79 龍谷大平安
3番 右 野嶋惇登  3年 右左 183/85 県和歌山商
4番 一 石井太尊  4年 右左 178/80 玉野光南
5番 中 木岡大地  2年 右左 178/70 上宮太子
6番 指 坪倉斗真  4年 右右 172/76 近江
7番 三 森本翔大  2年 右左 172/73 天理
8番 二 前田勇太  4年 右右 170/65 奈良大附
9番 遊 唐澤颯   3年 右右 176/75 近江
   投 中山怜央  4年 右右 185/84 奈良大附


1回表。先攻は八戸学院大。
1番・北畠は二飛。
2番・冨田勇が二飛。
3番・松葉は三邪飛で三者凡退。

佛教大の先発は中山怜央。
足をすぐ下ろして身体を上下に伸ばす個性派フォーム。
軸足をすり足のようにスーッと前に滑らせて、
そこから溜めを作って腕を振っていた。
今日の球速は速球が137〜43キロ。
変化球はスライダーが122〜30キロ。
スライダーのキレが素晴らしかった。

1回裏。後攻は佛教大。
1番・中山聡が三ゴロ。
2番・吉村はフォークで空振り三振。
3番・野嶋もフォークで空振り三振。三者凡退。

八戸学院の先発は大道温貴。右上手の技巧派だ。
彼も足を少し早めに下ろして、上体が遅れ気味に出てくる。
テイクバック、上半身の動作は小さめで、
腕を降り出す前に小休止も入る。
独特の「間」があって、タイミングを合わせにくいタイプだ。
今日の球速は速球が134〜44キロ。
この速度帯でカット気味の球筋もある。
常時で140が出ていたし、速球を振らせる組み立ても出てきていた。
変化球はフォークが130〜36キロ。
スライダーが113〜25キロ。
リーグ戦は6試合に登板して2勝0敗。
38イニングで、防御率は2.84だった。

2回表。
八戸学院は4番・武岡が初球を痛打。
右中間スタンドに飛び込むソロ本塁打を放つ。
<八戸学院大 1−0 佛教大>
5番・小磯は左飛。
6番・冨田日が外角143キロで見逃し三振。
7番・伊藤は中越えの三塁打。二死3塁。
8番・中川が三ゴロで攻撃終了。

2回裏。
佛教は4番・石井がフォークで空振り三振。
5番・木岡はスライダーで空振り三振。
6番・坪倉が遊ゴロ失策で生きる。二死1塁。
7番・森本は右前安打。二死1、2塁。
8番・前田が中飛で無得点。

3回表。
八戸学院は9番・大向が二ゴロ。
1番・北畠は中飛。
2番・冨田勇が中飛で三者凡退。

3回裏。
佛教は9番・唐澤がスライダーで空振り三振。
1番・中山聡が外角速球で空振り三振。
2番・吉村は右飛で三者凡退。

4回表。
八戸学院は3番・松葉が四球。無死1塁。
4番・武岡は3球目の速球を引っ張って…。
「打った瞬間」のライナーをライトスタンドに突き刺した。
武岡太聖は2打席連続のスタンドイン。
<八戸学院大 3−0 佛教大>
5番・小磯がスライダーで空振り三振。
6番・冨田日もスライダーで空振り三振。
7番・伊藤が四球。二死1塁。
8番・中川は二前安打。二死1,2塁。
9番・大向が二ゴロで攻撃終了。

4回裏。
佛教は3番・野嶋が四球。無死1塁。
4番・石井は外角速球で空振り三振。一死1塁。
5番・木岡も速球で空振り三振。二死2塁。
6番・坪倉の初球に野嶋が二盗失敗。3アウト。

5回表。
佛教はこの回から二番手投手に木下隆也を起用する。
木下は奈良大附属高出身の2回生。
175cm・67kgの左腕だ。
今日の球速は速球が132〜39キロ。
変化球はスライダーが115〜28キロ。
リーグ戦は3試合、5イニングしか投げていない。
しかしこの左腕が好投で試合を建て直す。

八戸学院は1番・北畠がスライダーで空振り三振。
2番・冨田勇が死球。一死1塁。
3番・松葉は二ゴロ併殺で3アウト。

5回裏。
佛教は6番・坪倉が右飛。
7番・森本が右前安打。一死1塁。
8番・前田はセーフティバント狙いの一邪飛。二死1塁。
9番・唐澤が右前安打。二死1、2塁。
代打・岡田瑛人はストレートの四球。二死満塁。
2番・吉村が左飛で無得点。

6回表。
八戸学院は4番・武岡が死球。無死1塁。
5番・小磯はバント成功。一死2塁。
6番・冨田日が空振り三振。
7番・伊藤も空振り三振で3アウト。

6回裏。
佛教は3番・野嶋が中飛。
4番・石井は三ゴロ。
5番・木岡が左飛で三者凡退。

7回表。
八戸学院は8番・中川がスライダーで見逃し三振。
9番・大向が左前安打。一死1塁。
1番・北畠は空振り三振。二死1塁。
2番・冨田勇の3球目に木下隆也が暴投。二死3塁。
しかし冨田勇は外角スライダーで空振り三振。3アウト。

7回裏。
佛教は6番・坪倉が中飛。
7番・森本はスライダーで空振り三振。
8番・前田が四球。二死1塁。
9番・唐澤は一邪飛で3アウト。

8回表。
八戸学院は3番・松葉が二ゴロ。
4番・武岡は二ゴロ。
5番・小磯が中飛で三者凡退。

8回裏。
佛教は1番・松本が右前安打。無死1塁。
2番・吉村は四球。無死1、2塁。
代打・八木風磨が左飛。一死1、2塁。
4番・石井は遊ゴロ併殺で無得点。

9回表。
八戸学院は6番・冨田日が四球。無死1塁。
7番・伊藤が三ゴロ併殺。二死無走者。
8番・中川は投ゴロで3アウト。

9回裏。
佛教は5番・木岡が投ゴロ悪送球で生きる。無死2塁。
6番・坪倉は四球。無死1,2塁。
7番・森本がフォークで空振り三振。一死1,2塁。
代打・岡本凌馬は四球を選ぶ。一死満塁。

八戸学院はここで大道温貴が降板。
二番手投手に中道佑哉を起用する。
中道は八戸学院野辺地西高出身の3年生。
180cm・74kgの左腕だ。
春のリーグ戦は7試合に登板して5勝0敗。
34イニングを投げて、防御率は1.59だった。
今日の球速は速球が133〜41キロ。
変化球はスライダーが113〜23キロ。
右打者の内角に投げ込む度胸は好印象だったが…。

代打・辻上流生が速球で空振り三振。二死満塁。
1番・松本康平が左前タイムリー安打。なお二死満塁。
<八戸学院大 3−1 佛教大>
2番・吉村が押し出しの四球。二死満塁。
<八戸学院大 3−2 佛教大>
3番・八木は中前タイムリー安打。
三塁走者が生還し、二塁走者も本塁突入。
タイミングはアウトだったが…。
球審はやや間をとってセーフを宣告。
「コリジョンルール」によって二塁走者の生還が認められた。
佛教大が最終回の4得点で、劇的なサヨナラ勝ち。

八戸学院は大道温貴が素晴らしかった。
8回まで零封し、奪三振の10を数えている。
武岡太聖の2発も見事だった。
しかし最終回の二死から4失点。
なかなかない佛教大の大逆転でした。

安打   020 200 100 5 四 失
八戸学院┃010|100|000┃3 5 2
佛教  ┃000|000|004X┃4 7 0
安打   010 020 01

八戸学院:大道、●中道
佛教:中山怜、○木下

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 17:20│Comments(0) 大学野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔