2019年06月11日

大学選手権1回戦 上武×福井工大

第68回全日本大学野球選手権は本日が大会2日目。
全国26連盟から27校が参加する日本一決定戦だ。
東京ドームの第1試合は福井工業大と上武大の対戦です。

福井工業大学(北陸)
1番 左 掛橋一真  2年 右左 171/62 報徳学園
2番 遊 成澤圭祐  3年 右左 170/66 長野日大
3番 中 八幡陸   4年 右右 177/80 福井工大福井
4番 指 長峯樹生  2年 右左 169/84 豊橋中央
5番 捕 宮石翔生  3年 右右 175/83 佐久長聖
6番 三 仲響生   4年 右左 165/65 興南
7番 右 江口敏生  3年 右右 168/66 川之江
8番 二 横山圭佑  3年 右左 168/65 名古屋国際
9番 一 神藤廉大  4年 右右 171/73 明徳義塾
   投 立石健   1年 右右 183/81 大体大浪商

上武大学(関甲新)
1番 二 友田晃聡  4年 右左 176/76 九州学院
2番 右 宮川海斗  4年 右左 180/79 佐久長聖
3番 中 山脇彰太  2年 右左 173/72 九州国際大附
4番 指 辻井翔真  4年 右右 168/80 履正社
5番 捕 古川裕大  3年 右左 182/86 久留米商業
6番 三 大橋駿平  3年 右右 180/83 智辯学園
7番 一 工藤一眞  4年 右左 179/79 成立学園
8番 左 青木隼平  4年 右左 180/77 岡山理大附
9番 遊 小林亮介  3年 右右 182/78 一関学院
   投 本定史好  4年 右右 177/79 遊学館


1回表。先攻は上武大。
1番・友田が速球で空振り三振。
2番・宮川は四球。一死1塁。
宮川は次打者の1−1から牽制死。二死無走者。
3番・山脇が四球。二死1類。
4番・辻井も四球。二死1、2塁。
5番・古川が左飛で3アウト。

福井工大の先発は立石健。右上手投げの本格派だ。
重心を少し後ろに残し気味で、上下の角度をつけて投げ込んでくる。
細身だしそんな柔らかさはないけれど、
バランスを保ちつつフォームに「激しさ」があった。
今日の球速は速球が134〜46キロ。
ツーシームだろうと思うが、伸びるのでなく「沈む」球筋が多い。
打者の空振りもバットがボールの「上」を通過することが目立つ。
変化球はチェンジ、フォーク系が120〜32キロ。
スライダーが119〜25キロ。
フォーク系でかなり空振りを奪えていましたね。
春のリーグ戦は6試合に先発して3勝0敗。
28イニングで防御率1.61と好投している。
まだ1年生で、高校時代はプロ注だったらしい。

1回裏。後攻は福井工大。
1番・掛橋が二ゴロ。
2番・成澤はフォークで空振り三振。
3番・八幡が外角145キロで空振り三振。

上武大の先発は本定史好。右上手の技巧派だ。
フォームは力みが無く抑えめ。
重心移動、腕の振りと大よそオーソドックスだ。
今日の球速は速球系が134〜46キロ。
「ここ」というところでギアを上げて本気の速球を投げる。
変化球はフォークが126〜34キロ。
スライダーが122〜27キロ。
リーグ戦は8試合に登板して2勝0敗。
43.2イニングに投げて防御率は1・85だった。

2回表。
上武は6番・大橋が三ゴロ。
7番・工藤は一ゴロ。
8番・青木が右飛で三者凡退。

2回裏。
福井工大は4番・長峯が二ゴロ。
5番・宮石は146キロの速球で空振り三振。
6番・仲が遊ゴロ失策で生きる。二死1塁。
7番・江口は外角速球で見逃し三振。3アウト。

3回表。
上武は9番・小林がチェンジで空振り三振。
1番・友田は外角速球で見逃し三振。
2番・宮川が一ゴロで三者凡退。

3回裏。
福井工大は8番・横山が左越えの二塁打。無死2塁。
レフトが打球を見失った感じだった。
9番・神藤は中前安打。無死1、3塁。
1番・掛橋がスクイズ成功。一死2塁。
<福井工業大 1−0 上武大>
2番・成澤は中越えのタイムリー三塁打。一死3塁。
<福井工業大 2−0 上武大>
3番・八幡が中前タイムリー安打。一死1塁。
<福井工業大 3−0 上武大>
4番・長峯は左飛。二死1塁。
5番・宮石が速球で空振り三振。攻撃終了。

4回表。
上武は3番・山脇が二ゴロ。
4番・辻井が中前安打。一死1塁。
5番・古川は一邪飛。二死1塁。
6番・大橋の5球目に辻井が二盗成功。二死2塁。
大橋は3−2から右中間にタイムリー二塁打。二死2塁。
<福井工業大 3−1 上武大>
7番・工藤は一ゴロで攻撃終了。

4回裏。
福井工大は6番・仲が三振。
7番・江口は速球で空振り三振。
8番・横山が遊前安打。二死1塁。
9番・神藤は1−0から右中間に2ラン本塁打。
<福井工業大 5−1 上武大>
1番・掛橋が外角速球で空振り三振。攻撃終了。

5回表。
上武は8番・青木が右飛。
9番・小林は四球。一死1塁。
1番・友田が二ゴロ併殺で3アウト。

5回裏。
上武はこの回から二番手投手に吉野光樹を起用する。
吉野は九州学院出身の3年生。右上手の本格派だ。
しっかり体重を乗せて、そこから少し大きく踏み出すフォーム。
上半身もスムーズに同調して、小さなテイクバックでも球威が出る。
ただ今春は5勝2敗だが29イニングで防御率4.34。
エースを期待されつつ内容不足だった。
174cm・75kgの右上手投げだ。
今日の球速は速球系が137〜43キロ。
まるでフォークのように沈む球筋がある。
変化球はスライダー、フォークが124〜31キロ。
カーブが100キロ台。

福井工大は2番・成澤がスライダーで空振り三振。
3番・八幡が中直。
4番・長峯は速球で空振り三振。

6回表。
上武は2番・宮川が遊飛。
3番・山脇が速球で空振り三振。
4番・辻井も速球で空振り三振。

6回裏。
福井工大は5番・宮石が捕邪飛。
6番・仲が死球。一死1塁。
7番・江口は速球で空振り三振。
8番・横山が右飛で3アウト。

7回表。
上武は5番・古川が中越えの三塁打。無死3塁。
6番・大橋が四球。無死1、3塁。
7番・工藤が中犠飛。一死1塁。
8番・青木はフォークで空振り三振。二死1塁。
9番・小林もフォークで空振り三振。攻撃終了。

7回裏。
福井工大は9番・神藤が二飛。
1番・掛橋がセーフティ狙いの三ゴロ。
2番・成澤は遊前安打。二死1塁。
3番・八幡が投ゴロで3アウト。

8回表。
福井工大はこの回から二番手投手に谷優希を起用する。
谷は西舞鶴高出身の2年生。
185cm・92kgの右上手投げだ。
リーグ戦は9試合で13イニングとリリーフ起用中心。
防御率0.00と好投している。
今日の球速は速球が136〜43キロ。
変化球はフォークが127〜31キロ。
スライダーが123〜28キロ。

上武は代打・植田翼が中飛。
2番・宮川も中飛。
3番・山脇が四球。二死1塁。
4番・辻井は右前安打。二死1、3塁。
5番・古川が二ゴロで無得点。

8回裏。
福井工大は代打・西邨慎二郎が左飛。
5番・宮石が二ゴロ。
6番・仲は四球。二死1塁。
代打・伊奈堂が左直で3アウト。

9回表。
上武は6番・大橋が四球。無死1塁。
7番・工藤が右前安打。無死1、3塁。
8番・久々宇竜也が左犠飛。
ただ一塁走者が二塁を狙って挟殺される。二死無走者。
<福井工業大 5−3 上武大>
9番・小林が死球。二死1塁。
代打・中山竜我が三ゴロで攻撃終了。

福井工大が上武を下して2回戦進出を決めた。
3回4回の集中打が効きましたね。
上武が1回戦で負けるのは珍しい。

安打   000 200 111 5 四 失
上武  ┃000|100|101┃3 8 1
福井工大┃003|200|00×┃5 2 0
安打   004 200 10  7 

福井工大:○立石、谷
上武:●本定、吉野

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 11:30│Comments(0) 大学野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔