2019年06月23日

プレミアE 市立船橋×鹿島Y

今日の野津田は18時キックオフ。
船橋法典の11時キックオフは悠々と掛け持ちできる。
今週末からプレミア、プリンスリーグ関東が再開していた。
市立船橋と鹿島アントラーズユースのカードを見に行く。

どちらも監督が変わった直後のシーズンだ。
市船は朝岡隆蔵前監督が退職してジェフ千葉U-18の指導者に転任。
昨季までコーチを務めていた波多秀吾氏が昇格している。
鹿島も熊谷浩二前監督がスカウトに移り、中村幸聖氏が指揮官に就いた。

今季の戦績は市船が2勝1分け3敗の6位。
なお高校総体の千葉県予選は「枠」が一つに減り、
日体柏が市船と流経大柏を連覇して全国出場権を得た。
鹿島は1勝2分け3敗の7位だ。
今年の高3世代は全日本少年サッカーを制した世代ですね。

船橋市立船橋高校
GK 25 金子 麗音   01.08.13 185/72 ジェファ・FC
DF  2 畑 大雅    02.01.20 175/70 AZ’86東京青梅
    4 鷹啄 トラビス 01.09.17 185/75 ヴェルディSSレスチ
   16 石田 侑資   02.11.11 172/66 徳島ヴォルティスJY
    3 植松 建斗   01.09.27 170/66 栃木SC・JY
MF 11 賀澤 陽友   01.04.18 170/60 横浜FM・JY
    5 町田 雄亮   01.10.05 165/60 クマガヤSC
    6 野崎 輝    01.04.16 175/65 横浜FC鶴見JY
FW 19 井原 充葵   02.07.06 163/48 ルキナス印西SC
    8 森 英希    01.09.30 163/60 1FC川越水上公園
   29 加藤 想音   02.05.19 172/65 Wings U-15

ーーーーーーー加藤ーーーーーーー
ーーーー森ーーーーー-井原-ーーー
ーー野崎ーーー町田ーーー賀澤ーー
ー植松ーー石田ーー-鷹啄ーー-畑ー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー金子ーーーーーーー

鹿島アントラーズユース
GK  1 山田 大樹  02.01.08 190/82 鹿島アントラーズJY
DF 22 沖田 空   02.09.05 175/70 鹿島アントラーズJY
    2 唐澤 航土  02.03.04 172/64 エスペランサJY
    3 小針 宏太郎 02.03.19 178/69 鹿島アントラーズノルテJY
    6 根本 健汰  01.05.21 168/62 鹿島アントラーズJY
MF 14 木内 達也  02.04.07 176/67 鹿島アントラーズJY
    8 生井澤 呼範 01.05.01 175/67 鹿島アントラーズJY
   20 舩橋 佑   02.07.12 175/66 鹿島アントラーズつくばJY
   25 竹間 永和  02.12.26 167/60 クマガヤSC
   10 柳町 魁耀  02.05.07 174/66 鹿島アントラーズJY
FW 11 栗俣 翔一  01.07.06 168/63 鹿島アントラーズJY

ーーーーーーー栗俣ーーーーーーー
ーー柳町ー-竹間ー船橋ー生井澤-ー
ーーーーーーー木内ーーーーーーー
ー根本ーー小針ーー唐澤ーー沖田ー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー山田ーーーーーーー


市船はクリスマスツリーの布陣。
町田雄亮はいわゆる「アンカー」でなく、広範囲に動く。
町田は主将で、起点としてプレイメイカーの役割も果たしていた。

鹿島は舩橋佑、竹間永和が「つるべの動き」をする。
セットして守るときはどちらかが木内達也の横に降りていた。
竹間永和が左利きで、相手をいなす動きをする。
なお町田と竹間は揃ってクマガヤSCのOB。

試合は「まあこういう展開だろうな」という入りだった。
市船は前線の3人がDFラインの手前に並んで、縦のコースを消す。
「CBに持たせるのはOK」という割り切りで、コンパクトな形を作っていた。
鹿島も無理に出ていくことはない。
サイドに広げて、戻してというボールの動きが多かった。

市船は鷹啄トラビスが長身で、スピードも恵まれている。
鹿島はFWとCBを競らせるようなボールを入れない。
1トップの栗俣翔一は「裏」「突破」のある選手だが、
ロングボールを競ったり収めたりするタイプでない。
前線で収めることは諦めて、「追う」狙いだった。
必然的にゴール前にボールが入る場面が少ない、重い展開となる。
前半の決定機は両チーム一つずつかな。

29分、市立船橋は植松建斗が左サイドから左足のライナー。
加藤想音が強引に狙ったボレーはGK山田大樹が至近距離でブロック。
賀澤陽友もセカンドからミドルを狙うがこれもGKにストップされた。

市船の4バックはそれぞれ面白かったですね。
左SBの植松健斗は攻め上がりより左足の「一振り」でチャンスを作れる。
右SBの畑大雅はスプリント、ドリブルでガンガン出てくるタイプ。
石田侑資はフィードの質が高い。
鷹啄トラビスも含めて人材が揃っている。

42分、鹿島は竹間永和が右サイドにサイドチェンジ。
沖田空は大外のスペースに抜け出して後方に下げる。
生井澤呼範がフォローして右足で折り返す。
栗俣翔一はファーに飛び込んでいて決定的だった。
しかしGK金子麗音がギリギリでキープ。

前半45分は重い展開のままスコアレスで終了する。

試合は後半。
46分、市船は加藤想音→岩田夏澄。
賀澤陽友が1トップに移る。

49分、市船は石田侑資のクリアが絶妙のフィードとなる。
賀澤陽友がCBの真ん中から抜け出してボールを収める。
GK山田大樹はエリアぎりぎりまで飛び出してシュートコースを消していた。
賀澤は冷静にGKの脇を破るグラウンダーのシュート。
コロコロと転がってゴールイン…と思ったらシュートはわずかに枠の右。

59分、鹿島は根本健汰→杉山眞仁。
鹿島の布陣がこうなる↓
ーーーーーーー杉山ーーーーーーー
ーー柳町ーーー竹間ーーー栗俣ーー
ーーーーー船橋ーー木内ーーーーー
ー生井澤ー-小針ー-唐澤ーー沖田ー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー山田ーーーーーーー


60分、鹿島は沖田空が右サイドから浮球クロス。
栗俟翔一はヘッドを競るも届かずボールがファーに流れる。
杉山眞仁がファーに飛び込んで合わせてシュートは枠内。
しかしGK金子麗音がストップした。

62分、市船は井原充葵に警告。

66分、鹿島は船橋佑が相手ボランチのパスミスをカット。
中盤左サイドからカットインして右足ミドルを放つ。
しかしこれもGKの正面。

69分、市船は野崎輝→木村哲大。

79分、市船のカウンター。
町田雄亮は左中間から切れ込んでファウルを受ける。
森英希がフォローしてエリア左まで切れ込みシュート。
これは決定的だったが、GK山田大樹がブロック。
こぼれから畑大雅が狙ったシュートもやはりGKが正面に入ってストップ。

84分、鹿島は沖田空が右サイドからカットインして左ミドル。
枠は捉えたもののGKの正面だった。

86分、市船は井原充葵→小長谷勇樹。
市船の最終布陣がこう↓
ーーーーーーー賀澤ーーーーーーー
ー-小長谷ーー-岩田ーーー-森-ーー
ーーーーー木村ーー町田ーーーーー
ー植松ーー石田ーー-鷹啄-ーー畑ー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー金子ーーーーーーー


アディショナルタイムの提示は3分。
93分、鹿島は木内達也→石津快。
鹿島の最終布陣がこう↓
ーーーーーーー杉山ーーーーーーー
ー-石津ー-柳町ーー竹間ー-栗俣-ー
ーーーーーーー船橋ーーーーーーー
ー生井澤ー-小針ー-唐澤ーー沖田ー
ーーーーーーーーーーーーーーーー
ーーーーーーー山田ーーーーーーー


試合は0−0でタイムアップ。
90分間で一度もネットは揺れなかった。
ただ慎重な中にも両チームの持ち味は出た試合でした。

augustoparty at 17:40│Comments(0) サッカー(U18) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔