2019年07月08日

福岡2回戦 古賀竟成館×九国大付

5日は筑後、6日は大分と小倉、7日は山口…。
北部九州と長州をぶらぶらしております。
山口から直帰しても良かったけれど、
調べたら高校野球で気になるチームが試合をする。
山口→北九州→福岡空港と移動してLCCで帰京すれば値段も高くならない。
そんな理由で北九州市民球場の福岡県大会2回戦を見に行った。

九州ならば有明の浅田将汰は見たい。
創成館の1年生左腕・鴨打瑛二も気になる。
ただ「8日に試合がある」中では九州国際大付属だろう。
九国大付はプロを何人も出している強豪で、
監督の楠城徹氏はNPBの選手、コーチ、スカウトを長年勤めた大物だ。
息子の楠城祐介も楽天でプレーした。
エースの下村海翔の評価も高そうなので、この会場に決めた。
投げるかどうかのリスクはあったけれど、九国大付は二番手もいいらしい。
加えて古賀竟成館は6年前に敗れている相手で、
日程を考えてもエースを少しは投げさせるんじゃないかな?という読みがあった。

北九州市民球場は小倉駅から南に2.5キロほど。
バス便も充実していて、モノレールの駅からも難なく徒歩圏内。
「メディアドーム」と向かい合わせの三萩野運動公園内にある。
古いし屋根はないけれど、スコアボードはスピードガン付き。
それを楽しみにしていたらスピードどころか選手名さえ出ないという…。
ただ東京と違ってネット裏の撮影、情報収集はOK。
複数の高校の生徒が呉越同舟でデータを集めていた。

福岡県公立古賀竟成館高校
1番 遊 生野郁弥  3年 右右 172/71
2番 右 野田侑弥  3年 右左 175/76
3番 捕 橋本健矢  3年 右右 172/76
4番 一 竹本大輝  3年 右左 173/76
5番 左 西郷恵達  3年 右右 177/69
6番 中 宮本(右右)
7番 三 田島いぶき 3年 右右 168/65
8番 二 ナガシマ(右右)
9番 投 藤澤尚也  3年 右左 177/76

九州国際大学付属高校
1番 中 柄谷一輝  3年 右右 174/75
2番 右 石田翔成  3年 左左 165/63
3番 遊 中川壱生  3年 右右 172/77
4番 左 葛城陸   3年 右右 180/82
5番 一 井上楓   3年 右左 173/70
6番 三 石田渉人  2年 右左 178/74
7番 捕 井上堅心  2年 右右 181/80
8番 投 下村海翔  3年 右右 175/76
9番 二 前川知輝  3年 右右 170/65


古賀竟成館は6番、8番が大会プログラムに出ていない名前。
直前に登録変更があったのかもしれない。

1回表。先攻は古賀竟成館。
1番・生野が左飛。
2番・野田はニゴロ。
3番・橋本が四球。二死1塁。
4番・竹本は左飛で三者凡退。

九州国際大付属の先発は下村海翔。
右上手の技巧派。見るからに筋がいいですね。
あまり大柄ではないけれど、全身が柔軟でバランスが良い。
「不要な力を抜く」「入れるところは入れる」というセンスがある。
腕が遅れて出てくるし、球持ちも良い。
初戦だしリードもあったから、全力投球はしていなかった。
ただそれでもボールの「切れ」は明らか。
制球力も含めて三浦銀二と似たタイプかなと思った。
今日の球速は速球が135〜44キロ。
変化球はスライダーが120〜28キロ。
他にカーブもある。
球速は某高校のスピードガンを見せてもらいました。

立ち上がりは下村のスライダーが手元で減速しながら滑っていた。
「芯とタイミングを外して内野ゴロを打たせる」巧さを感じた。
だから少ない球数で試合を作れるタイプでもある。
一方で3回くらいから相手の振りを見て
「狙って空振りを奪いに行く」スライダーも使い方も。
どちらかと言えばこういう実戦派は大学、社会人に行くケースが多い。
ただ現時点の実力は「ビッグ3」の次くらいに来るレベル。
プロのスカウトも5球団が来ていたそうです。

1回裏。後攻は九州国際大学付属。
1番・柄谷が中前安打。無死1塁。
2番・石田翔はバント成功。一死2塁。
3番・中川が左中間を破るタイムリー二塁打。一死2塁。
<九州国際大学付属 1−0 古賀竟成館>
4番・葛城は四球。一死1,2塁。
5番・井上が左越えのタイムリー二塁打。一死2,3塁。
<九州国際大学付属 1−0 古賀竟成館>
6番・石田渉が空振り三振。二死2,3塁。
7番・井上は二ゴロで攻撃終了。

古賀竟成館の先発は藤澤尚也。
テイクバックが小さめの右スリークォーターだ。
球速は速球が130キロ前後。
変化球はスライダーが110キロ前後。
チェンジ、ツーシーム系が120キロ前後かな?

2回表。
古賀竟成館5番・西郷が一ゴロ。
6番・宮本が凡退。
7番・田島は右飛で三者凡退。

2回裏。
九国大付は8番・下村が空振り三振。
9番・前川は右前安打。一死1塁。
1番・柄谷が一ゴロ。
二塁送球が悪送球となり、一死2,3塁。
2番・石田翔が一ゴロ失策で打球はライトへ抜ける。
二者が生還したものの打者は二塁を欲張ってタッチアウト。二死無走者。
<九州国際大学付属 4−0 古賀竟成館>
3番・中川は中前安打。二死1塁。
4番・葛城が右前安打。二死1,2塁。
5番・井上の1−0から藤澤尚也が二塁牽制悪送球。二死2、3塁。
井上は左前タイムリー安打。二死1塁。
<九州国際大学付属 6−0 古賀竟成館>
6番・石田渉が二飛で攻撃終了。
守備の乱れで点差が開いた。

3回表。
古賀竟成館は8番・ナガシマはカーブで空振り三振。
代打・宮原碧規がスライダーで空振り三振。
1番・生野は捕邪飛で三者凡退。

3回裏。
古賀竟成館はこの回から二番手投手に北野裕也を起用する。
北野は3年生。167cm・71kgの左サイドハンドだ。
球速は速球が110キロ台。
スライダー、カーブ系が90キロ台
ただシュートして沈む球筋が面白い。

九国大付は7番・井上が遊ゴロ。
8番・下村は二飛。
9番・前川が右前安打。二死1塁。
1番・柄谷は四球。二死1,2塁。
2番・石田翔が中飛で3アウト。

4回表。
古賀竟成館は2番・野田がスライダーで空振り三振。
3番・橋本は遊ゴロ。
4番・竹本がスライダーで空振り三振。
永井海翔は4回を被安打0、四死球1、5奪三振で降板。
完璧な内容でした。

4回裏。
九国大付は3番・中川が左前安打。無死1塁。
4番・葛城は三ゴロ悪送球で出塁。無死1、2塁。
5番・井上がバント成功。一死2、3塁。
6番・石田渉は中犠飛。二死2塁。
<九州国際大学付属 7−0 古賀竟成館>
7番・井上が2−0からレフトに2ラン本塁打。
<九州国際大学付属 9−0 古賀竟成館>
8番・下村は右中間を破る二塁打。二死2塁。
9番・前川が左前安打。二死1,3塁。
1番・柄谷は二ゴロで攻撃終了。

5回表。
九国大付はこの回から二番手投手に酒井教平を起用する。
酒井は2年生。175cm・74kgの右腕だ。
速球は130キロ台中盤くらいかな?
120キロ台のスライダーもよかった。
パワフルな本格派だが、今日は球筋がやや散っていた。

古賀竟成館は5番・西郷が遊ゴロ。
代打・森山玖也がスライダーで空振り三振。
7番・田島は二飛で三者凡退。

5回裏。
九国大付は2番・石田翔が空振り三振。
3番・中川が中前安打。一死1塁。
4番・葛城は中飛。二死1塁。
5番・井上がランエンドヒットから左前安打。二死1,3塁。
6番・石田渉は遊ゴロで無得点。
「あと1点」だったがコールドにはならない。

6回表。
古賀竟成館は8番・ナガシマが四球。無死1塁。
9番・北野は空振り三振。一死1塁。
1番・生野がレフト線をライナーで破る二塁打。一死2,3塁。
2番・野田は二飛。二死2,3塁。
3番・橋本が右越えのタイムリー二塁打。二死2塁。
<九州国際大学付属 9−2 古賀竟成館>
4番・竹本がスライダーで空振り三振。攻撃終了。

6回裏。
九国大付は7番・井上が一邪飛。
8番・下村は三ゴロ。
9番・前川が三ゴロで三者凡退。

7回表。
古賀竟成館は5番・西郷が二ゴロ。
6番・森山は外角速球で空振り三振。
7番・田島が中前安打。二死1塁。
8番・ナガシマは外角速球で空振り三振。

古賀竟成館もよく粘ったが、「7回7点差」でコールドに。
下村の好投と、九国大付打線の猛威が光りました。

古賀竟成館┃000|002|0┃9
九国大付 ┃240|302|×┃2

九国大付:下村、酒井
古賀竟成館:藤澤、北野


augustoparty at 15:01│Comments(0) 高校野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔