2019年07月17日

都市対抗2回戦 日本生命×シティライト

第90回都市対抗野球大会は本日が大会5日目。
第2試合までは現場で見ていきます。
14時からの第2試合は日本生命とシティライト岡山の対戦だ。
シティライト岡山は1回戦で宮崎梅田学園との初出場対決を制している。
日本生命は本日が初戦です。
昨年は関西予選で破れたが、主力は各社に補強され、
ファイナリストの大阪ガス、三菱重工神戸・高砂に3人ずつ入っていた。

日本生命(大阪市)
1番 中 福富裕   28歳 右右 177/70 慶應義塾大
2番 遊 伊藤ヴィットル
          24歳 右左 177/75 共栄大
3番 三 原田拓実  28歳 右左 185/82 立正大
4番 指 越智達矢  23歳 右右 178/83 明治大
5番 左 皆川仁   25歳 右左 177/81 立正大
6番 右 上西主起  27歳 右右 185/85 中部学院大
7番 一 廣本拓也  30歳 右右 183/80 法政大
8番 捕 古川昌平  27歳 右左 176/76 愛知学院大
9番 二 籾山雄斗  27歳 右右 176/78 関西学院大
   投 藤井貴之  31歳 右右 185/85 同志社大

シティライト岡山(岡山市)
1番 中 丸山高明  25歳 右右 178/85 亜細亜大
2番 右 谷雄太   28歳 右左 180/81 関西学院大
3番 三 田村強   25歳 右左 181/77 補・JR西日本
4番 指 小竹一樹  26歳 右右 179/115 日本橋学館大
5番 二 松永弘樹  31歳 右右 172/75 補・三菱重工広島
6番 一 瀬戸口麗  22歳 左左 171/80 市立和歌山
7番 左 岩重章仁  23歳 右右 183/87 延岡学園高校
8番 捕 妹尾蓮   26歳 右左 168/73 中央大
9番 遊 岩城祥太  22歳 右右 177/68 瀬戸内高
   投 児山祐斗  23歳 左左 182/82 ヤクルト


1回表。先攻は日本生命。
1番・福富が遊ゴロ。
2番・伊藤も遊ゴロ。
3番・原田が一ゴロで三者凡退。

シティライト岡山の先発は児山祐斗。
左スリークォーターの変則派だ。
上半身をくの字に折って、
倒れ込みながら斜めに引っ掛けるように腕を振る。
今日の球速は速球が130〜38キロ。
変化球はスライダーが112〜18キロ。
元プロとは言えスペックが地味だし、ボールの伸び、切れもない。
ただし球筋の揺れ、手元での減速が強みになっている。
打てそうで打てないタイプですね。

1回裏。後攻はシティライト岡山。
1番・丸山が左飛。
2番・谷は速球で見逃し三振。
3番・田村が左飛で三者凡退。

日本生命の先発は藤井貴之。右サイドの技巧派だ。
昨年の都市対抗では3試合に先発して2勝。
大阪ガスの優勝に貢献し、橋戸賞(MVP)も受賞している。
重心は軽く鎮めるくらいで、力まず上半身を横回旋させるフォーム。
メカニックがとにかく正確で、
各球種を同じ球威、球筋できっちり投げてくる。
右打者、左打者の内外角をきっちり突く精度がすごい。
今日の球速は速球、シュートが134〜42キロ。
変化球はスライダー、チェンジが120〜28キロ。
カーブが107〜12キロ。

2回表。
日本生命は4番・越智が右飛。
5番・皆川は遊飛。
6番・上西が遊ゴロで三者凡退。

2回裏。
シティライトは4番・小竹がスライダーで空振り三振。
5番・松永は死球。一死1塁。
松永は次打者の初球に二盗成功。一死2塁。
松永は4球目に今度は三盗を狙って失敗。二死無走者。
6番・瀬戸口が捕邪飛で3アウト。

3回表。
日本生命は7番・廣本が二ゴロ。
8番・古川も二ゴロ。
9番・籾山は二飛で三者凡退。

3回裏。
シティライトは7番・岩重が四球。無死1塁。
8番・妹尾は捕前のバント。
穂手がおそらくわざと小飛球を弾ませて二塁で刺す。
ただし併殺にはできず一死1塁。
9番・岩城が左前安打。一死1,2塁。
1番・丸山は左飛。二死1,2塁。
2番・谷が投ゴロで無得点。

4回表。
日本生命は1番・福富が三ゴロ。
2番・伊藤はセーフティバント。
投手の失策を誘って出塁する。一死1塁。
3番・原田が遊ゴロ併殺で3アウト。

4回裏。
シティライトは3番・田村が内角速球で空振り三振。
4番・小竹一樹が二飛。
5番・松永は外角スライダーで空振り三振。

5回表。
日本生命は4番・越智が中飛。
5番・皆川はスライダーで空振り三振。
6番・上西が左前安打。二死1塁。
日本生命はこの試合の初安打だった。
上西は次打者の4球目に二盗成功。二死2塁。
7番・廣本は一ゴロで3アウト。

5回裏。
シティライトは6番・瀬戸口が二ゴロ。
7番・岩重がスライダーで見逃し三振。
8番・妹尾はシュート?で見逃し三振。三者凡退。

6回表。
日本生命は8番・古川が一ゴロ。
9番・籾山は遊ゴロ。
1番・福富が一飛で三者凡退。

6回裏。
シティライトは9番・岩城が二ゴロ。
1番・丸山は右飛。
2番・谷が中前安打。二死1塁。
3番・田村は外角スライダーで空振り三振。3アウト。
試合はスコアレスのまま終盤に入る。

7回表。
日本生命は2番・伊藤が捕邪飛。
3番・原田は1−0からライト前段にソロ本塁打。
<日本生命 1−0 シティライト岡山>
試合の均衡がひとたび破れると、一気に展開が動く。

日本生命は4番・越智が四球。一死1塁。
5番・皆川は中前安打。一死1、2塁。

シティライト岡山はここで好投の児山祐斗が降板。
二番手投手に馬場康一郎を起用する。
馬場は福岡大から入社して1年目の22歳。
186m・87kgの右上手投げだ。
今日の球速は速球が140〜47キロ。
変化球はカーブが113〜23キロ。

日本生命は6番・上西が左中間を破るタイムリー二塁打。一死2、3塁。
<日本生命 2−0 シティライト岡山>
7番・廣本は中前タイムリー安打。二者が生還し、一死1塁。
<日本生命 4−0 シティライト岡山>
廣本は次打者の3球目に二盗成功。一死2塁。
8番・古川が左中間を破るタイムリー三塁打。一死3塁。
<日本生命 5−0 シティライト岡山>
日本生命が一挙に4連打。

シティライト岡山はここで馬場康一郎が降板。
三番手投手に平岡航を起用する。
平岡は京都学園大出身の23歳。
173cm・60kgの左スリークォーターだ。
伯和ビクトリーズから補強された。
肘を身体の裏側に引いて、引っ掛けるように振り抜く。
今日の球速は速球が139〜44キロ。
変化球はチェンジ、スライダーが129〜35キロ。
小柄だが球威もあって、変化球は小さく鋭く動く。

日本生命は9番・籾山が中前タイムリー安打。一死1塁。
<日本生命 6−0 シティライト岡山>
1番・福富がチェンジで空振り三振。二死1塁。
連打は「5」で止まったが、日本生命のラッシュはまだ続く。

代打・宇高幸治が中前安打。三塁送球の間に進塁して二死2、3塁。
3番・原田も右前タイムリー安打。二死1、3塁。
<日本生命 7−0 シティライト岡山>
4番・越智が左前タイムリー安打。二死1、2塁。
<日本生命 8−0 シティライト岡山>
5番・皆川の初球に平岡航が暴投。二死2、3塁。
皆川は左直でようやく攻撃終了。

7回裏。
シティライト岡山は4番・小竹が死球。無死1塁。
5番・松永は空振り三振。一死1塁。
6番・瀬戸口が三邪飛。二死1塁。
7番・岩重は遊ゴロで3アウト。

8回表。
シティライト岡山はこの回から四番手投手に後藤田崇作を起用する。
後藤田は関西学院大出身の24歳。
178cm・80kgの右上手投げだ。
球速は速球が137,8キロ。
変化球はチェンジ、スライダーが120〜29キロ。
カーブが108〜11キロ。

日本生命は6番・上西が左前安打。無死1塁。
7番・多田桐吾が左前安打。無死1,2塁。
8番・古川はバント成功。一死2,3塁。
9番・河野勇磨の初球。
後藤田崇作がボークを取られて三塁走者が生還。なお一死3塁。
<日本生命 9−0 シティライト岡山>
河野は中前タイムリー安打。一死1塁。
<日本生命 10−0 シティライト岡山>
1番・福富は中飛。二死1塁。
2番・船山貴大が右飛で攻撃終了。
10点差でコールド圏内に入った。

8回裏。
日本生命はこの回から二番手投手に山根大幸を起用する。
山根は東海大北海道出身の24歳。
184cm・84kgの右スリークォーターだ。
テイクバックが小さめで、横回旋で叩きつけるように振り抜く。
柔らかいというよりはパワフルなタイプだ。
花巻東高では大谷翔平、小原大樹に次ぐ三番手だった。
今日の球速は速球が141〜48キロ。
変化球はカーブが115〜19キロ。
大学時代からずいぶんと速くなりましたね。
ただ速球と変化球で腕の角度が違うし、まだかなり荒削り。
走者を出してからの制球も不安定だった。
ただ「持っているもの」はプロ級だ。

シティライトは7番・岩重が左前安打。無死1塁
代打・坂口湧希は四球。無死1,2塁。
1番・丸山が死球、無死満塁。
2番・谷は速球で見逃し三振。一死満塁。

日本生命はここで山根大幸が降板。
三番手投手に伊藤勝太を起用する。
伊藤勝は北翔大出身の24歳。
176cm・80kgの右上手投げだ。
今日の球速は速球が144〜46キロ。
変化球はスライダー、フォークが126〜34キロ。
他にカーブがあったかな?

シティライトは3番・田村が右越えのタイムリー安打。
走者はスタートを切っておらず1点止まりで一死満塁。
<日本生命 10−1 シティライト岡山>
4番・小竹が三ゴロ。本封のみで二死満塁。
5番・松永は押し出しの四球。二死満塁。
<日本生命 10−2 シティライト岡山>
6番・瀬戸口が遊飛で攻撃終了。

9回表。
日本生命は3番・原田が右前安打。無死1塁。
代打・早野僚馬は左飛。一死1塁。
5番・伊藤悠人が右飛。二死1塁。
6番・上西の5球目に後藤田崇作が暴投。二死2塁。
上西は空振り三振で3アウト。

9回裏。
日本生命はこの回から四番手投手に高橋拓巳を起用する。
高橋は桐蔭横浜大出身の24歳。
176cm・73kgの左腕だ。
今日の球速は速球が137〜40キロ。
変化球はチェンジ、ツーシム系が135〜37キロ。
スライダーが112〜20キロ。
カーブが104〜07キロ。

シティライトは7番・岩重が中飛。
8番・中谷将也がスライダーで空振り三振。
9番・菅元隆斗は投ゴロで三者凡退。

ここで試合終了。
日本生命が7回、8回の集中打で勝利を飾っている。

安打     000 010 931 14 四 失
日本生命  ┃000|000|820┃10 1 0
シティライト┃000|000|020┃1 6 1
安打     001 001 020 4

シティライト:●児山、馬場、平岡、後藤田
日本生命:○藤井、山根、伊藤勝、高橋

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。

augustoparty at 20:00│Comments(0) 社会人野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔