2019年07月23日

都市対抗準々決勝 日本生命×トヨタ

第90回都市対抗野球大会11日め。
第3試合は日本生命とトヨタ自動車の準々決勝だ。
日本生命はシティライト岡山、NTT東日本を退けての勝ち上がり。
トヨタ自動車は三菱日立パワーシステムズ、三菱自動車岡崎を下している。

日本生命(大阪市)
1番 中 早野僚馬  22歳 右左 182/82 九州共立大
2番 遊 伊藤ヴィットル
          24歳 右左 177/75 共栄大
3番 三 原田拓実  28歳 右左 185/82 立正大
4番 指 越智達矢  23歳 右右 178/83 明治大
5番 左 皆川仁   25歳 右左 177/81 立正大
6番 右 上西主起  27歳 右右 185/85 中部学院大
7番 一 廣本拓也  30歳 右右 183/80 法政大
8番 捕 古川昌平  27歳 右左 176/76 愛知学院大
9番 二 籾山雄斗  27歳 右右 176/78 関西学院大
   投 藤井貴之  31歳 右右 185/85 同志社大

トヨタ自動車(豊田市)
1番 中 逢澤竣介  22歳 左左 175/81 明治大
2番 三 小河諒   24歳 右右 179/82 中央大
3番 遊 樺澤健   29歳 右右 177/77 東京農業大
4番 一 沓掛祥和  24歳 右右 173/86 慶應義塾大
5番 左 多木裕史  29歳 右左 179/75 法政大
6番 二 北村祥治  25歳 右右 177/81 亜細亜大
7番 指 滝野光太朗 27歳 右左 177/76 立命館大
8番 捕 細山田武史 33歳 右右 179/78 ソフトバンク
9番 左 辰巳智大  29歳 右左 175/75 慶応義塾大
   投 立野和明  21歳 右右 181/78 補・東海理化


1回表。先攻は日本生命。
1番・早野がスライダーで空振り三振。
2番・ヴィットルもスライダーで見逃し三振。
3番・原田は右前安打。二死1塁。
4番・越智が遊飛で3アウト。

トヨタ自動車の先発は立野和明。右上手の本格派だ。
まだそこまでの力強さは無いけれど、
フォームがリズミカルで軽やかで、バネがありそう。
今日の球速は速球が140〜48キロ。
カットが140キロ弱。
変化球はフォークが128〜35キロ。
スライダーが118〜26キロ。
他にカーブがある。

1回裏。後攻はトヨタ自動車。
1番・逢澤が左飛。
2番・小河は中飛。
3番・樺澤がスライダーで空振り三振。三者凡退。

日本生命の監督は藤井貴之。
右サイドハンドの技巧派だ。
上半身が遅れて出てきて、開きも小さい。
球持ちのいいタイプで、タイミングは合わせにくそう。
今日の球速は速球、シュートが137〜47キロ。
変化球はスライダーが121〜28キロ。
チェンジが128〜30キロ。
カーブが113〜17キロ。

2回表。
日本生命は5番・皆川仁が中前安打。無死1塁。
6番・上西はバント成功。一死2塁。
7番・廣本が中前タイムリー安打。一死1塁。
<日本生命 1−0 トヨタ自動車>
8番・古川は左飛。二死2塁。
9番・籾山が中飛で攻撃終了。

2回裏。
トヨタ自動車は4番・沓掛が遊ゴロ。
5番・多木は投ゴロ。
6番・北村が一飛で三者凡退。

3回表。
日本生命は1番・早野が二ゴロ。
2番・ヴィットルは中飛。
3番・原田が左前安打。二死1塁。
原田は次打者の初球に二盗成功。二死2塁。
4番・越智は中飛で3アウト。

3回裏。
トヨタ自動車は7番・瀧野が二ゴロ。
8番・細山田は中飛。
9番・辰巳が投ゴロ失策で出塁。二死1塁。
1番・逢澤は左中間を大きく破るタイムリー三塁打。二死3塁。
<トヨタ自動車 1−1 日本生命>
2番・小河が147キロの速球で見逃し三振。攻撃終了。

4回表。
日本生命は5番・皆川がスライダーで空振り三振。
6番・上西は遊ゴロ。
7番・廣本が右前安打・二死1塁。
8番・古川は四球。二死1、2塁。
9番・籾山が遊ゴロで無得点。

4回裏。
トヨタ自動車は3番・樺澤がレフトスタンドにソロ本塁打。
<トヨタ自動車 2−1 日本生命>
4番・沓掛がスライダーで空振り三振。
5番・多木は速球で空振り三振。
6番・北村も速球で空振り三振。攻撃終了。

5回表。
日本生命は1番・早野が速球で空振り三振。
2番・ヴィットルはスライダーで空振り三振。
3番・原田が四球。二死1塁。
4番・越智も四球。二死1、2塁。
5番・皆川仁はライト線を破るタイムリー二塁打。
二者が生還して二死2塁。
<日本生命 3−2 トヨタ自動車>

トヨタ自動車はここで立野和明が降板。
二番手投手に川尻一旗を起用する。
川尻は32歳。178cm・72kgの右上手投げだ。
テイクバックは小さいのに、リリースでビヨーンと伸びる。
今日の球速は速球が142〜44キロ。
変化球はツーシーム、チェンジ系が130〜36キロ。
スライダーが120キロ前後。

川尻は6番・上西の4球目に暴投。二死3塁。
上西は三ゴロで攻撃終了。

5回裏。
トヨタ自動車は7番・瀧野がチェンジで空振り三振。
8番・細山田は右飛。
9番・辰巳が左前安打。二死1塁。
辰巳は次打者の初球に二盗成功。二死2塁。
1番・逢澤はシュートで空振り三振。3アウト。

6回表。
日本生命は7番・廣本が速球で見逃し三振。
8番・古川は一ゴロ。
9番・籾山が三ゴロで三者凡退。

6回裏。
トヨタ自動車は2番・小河が右中間を破る三塁打。無死3塁。
3番・樺澤は四球。無死1、3塁。
4番・沓掛が左犠飛。一死1塁。
<トヨタ自動車 3−3 日本生命>
5番・多木は中飛。二死1塁。
6番・北村が一邪飛で攻撃終了。

7回表。
日本生命は1番・早野が一ゴロ。
2番・ヴィットルは左飛。
3番・原田が投ゴロで三者凡退。

7回裏。
トヨタ自動車は代打・下石涼太が二ゴロ。
8番・細山田は速球で空振り三振。
9番・辰巳が中前安打。二死1塁。
辰巳は次打者の初球に二盗成功。二死2塁。
辰巳はスタートの思い切りが素晴らしいですね。
1番・逢澤が三ゴロで3アウト。

8回表。
日本生命は4番・越智が遊ゴロ。
5番・皆川はツーシームで空振り三振。
6番・上西が右飛で三者凡退。

8回裏。
トヨタ自動車は2番・小河が投手強襲安打。無死1塁。
3番・樺澤はバント成功。一死2塁。
4番・沓掛が真ん中高めの速球を右中間に流す。
タイムリー三塁打で一死3塁。
<トヨタ自動車 4−3 日本生命>

日本生命はここで藤井貴之が登板。
二番手投手に清水翔太を起用する。
清水は中京大出身の27歳。
177cm・78kgの左スリークォーターだ。
球速は速球が133,4キロ、
スライダーが120キロ台前半

トヨタ自動車は5番・多木が捕邪飛。二死3塁。

日本生命は清水翔太がワンポイントで降板。
三番手投手に本田洋平を起用する。
本田は愛知学院大出身の24歳。
181cm・80kgの右上手投げだ。
球速は速球、カットが140〜51キロ。
変化球はフォークが136〜39キロ。
スライダーが123〜27キロ。
制球が精密なタイプではないけれど、球威とキレが素晴らしい。
トヨタは6番・北村が二ゴロで攻撃終了。

9回表。
トヨタ自動車はこの回から三番手投手に佐竹功年を起用する。
佐竹は早稲田大出身の35歳。
169cm・72kgの右腕だ。
肘をくの字に折って「手投げ」気味に投げてくる変則フォーム。
「数字以上」の球威を制球力、度胸を持つレジェンドだ。
ただ今日はいつもに比べると不安定だった。
今日の球速は速球が141〜45キロ。
変化球はフォーク、スライダーが129〜35キロ。
カーブが107〜11キロ。

日本生命は7番・廣本が初球の145キロを強振。
これがセンターバックスクリーンの右に飛び込む同点ソロ本塁打となる。
<日本生命 4−4 トヨタ自動車>
8番・古川がライト線に落とす二塁打。無死2塁。
代打・多田桐吾はバントで送れず。
しかし3−2から進塁打の二ゴロ。一死3塁。
1番・伊藤悠人は初球に右邪飛。
ライトは敢えて補球せずタッチアップをさせない。
伊藤はフォークで空振り三振。
2番・ヴィットルは低目速球で見逃し三振。攻撃終了。
佐竹功年が同点から粘って勝ち越しを許さない。

9回裏。
トヨタ自動車は7番・下石がフォークで空振り三振。
8番・細山田は速球で空振り三振。
9番・辰巳が二ゴロで三者凡退。
試合は4−4で延長戦に入る。

10回表。
日本生命は3番・原田が中飛。
4番・越智は死球。一死1塁。
5番・皆川が中直。二死1塁。
6番・上西は左前安打。二死1,2塁。
7番・廣本が二ゴロで無得点。

10回裏。
トヨタ自動車は1番・逢澤が中前安打。無死1塁。
2番・小河はバント成功。一死2塁。
3番・樺澤がフォークで空振り三振。二死2塁。
4番・沓掛は投ゴロで3アウト。

11回表。
日本生命は8番・田口拓海がフォークで空振り三振。
9番・多田が右前安打。一死1塁。
多田は次打者の初球に二盗成功。一死2塁。
1番・伊藤悠は空振り三振。二死2塁。
2番・ヴィットルが右前安打。二死1,3塁。
3番・原田は背中に死球。二死満塁。
4番・越智が速球で空振り三振。3アウト。

11回裏。
トヨタ自動車は5番・多木が遊ゴロ失策で出塁。無死1塁。
6番・北村はバント成功。一死2塁。
代打・三浦智聡が四球。一死1、2塁。
8番・細山田はフォークで空振り三振。二死1,2塁。

日本生命はここで本田洋平が降板。
四番手投手に高橋拓巳を起用する。
高橋は桐蔭横浜大出身の25歳。
176cm・73kgの左腕だ。
球速は速球が140キロ前後。
スライダーが120キロ弱。

トヨタ自動車は9番・辰巳はセンター前安打。
打球がショートのグラブの僅か先を抜けていく。
しかし伊藤悠人は超前進守備で、本塁送球もストライク。
二塁走者が本塁で刺されて無得点。

試合は12回からタイブレークに入る。
継続打順だが1、2塁にランナーを置いて攻撃が始まる。

12回表。
日本生命は5番・皆川がバント成功。一死2,3塁。
6番・上西は二飛。二死2,3塁。
7番・廣本が申告敬遠。二死満塁。
8番・田口はフォークで見逃し三振。無得点。

12回裏。
トヨタ自動車は1番・逢澤がバント。
高橋拓巳は捕手の指示で三塁に送球。
ギリギリのタイミングだったが封殺に成功して一死1,2塁。

日本生命はここで高橋拓巳が降板。
五番手投手に阿部翔太を起用する。
阿部は成美大出身の26歳。
178cm・80kgの右腕だ。
球速は速球が142〜45キロ。
変化球はフォークが130キロ前後。

トヨタ自動車は2番・小河が右前安打。なお一死満塁。
3番・樺澤はフェアかファウルか微妙な右飛。
ライトは捕球して三塁走者がタッチアップ。
これが犠牲フライとなり、トヨタ自動車がサヨナラ勝ちを果たした。
リードチェンジが3度もある激闘でした。

安打     121 110 002 120 11 四 失
日本生命  ┃010|020|001|000┃4 6 2
トヨタ自動車┃001|101|010|00X1┃5 2 0
安打     001 111 120 111 12

トヨタ自動車:立野、川尻、佐竹
日本生命:藤井、清水、本田、高橋、阿部

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。


augustoparty at 23:59│Comments(0) 社会人野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔