2019年09月30日

国体少年男子2回戦 石川×東京

本年の第74回国民体育大会は茨城県開催。
サッカー少年男子は鹿嶋市で開催されている。
特にこれというお目当てはないけれど、ザーッと見ておきたい。
今日は2回戦で、高松緑地公園の3試合を見ることにした。

第1試合は石川県と東京都の対戦。
どちらも1回戦はシードで、本日が初戦だ。
石川は昨年の福井国体で準優勝の快進撃。
ツエーゲンのアカデミーは躍進が著しく、波本頼のような年代別代表もいる。
東京はFC東京中心だが大迫蒼人、安田虎士朗が不在。

石川県(少年男子)
GK  1 加澤宙也  04.02.17 180/72 ツエーゲン金沢U-18
DF  2 宮村海輝  03.07.08 170/65 ツエーゲン金沢U-18
    3 波本頼   03.06.10 187/76 ツエーゲン金沢U-18
    5 吉村侑大  04.01.21 177/68 ツエーゲン金沢U-18
    4 伊東陸   03.10.11 172/66 ツエーゲン金沢U-18
MF  6 中道在   03.05.25 165/59 ツエーゲン金沢U-18
   10 不野優聖  03.07.01 174/48 ツエーゲン金沢U-18
    7 橋田一徹  03.08.26 170/59 ツエーゲン金沢U-18
    9 平川悠人  03.09.01 170/68 ツエーゲン金沢U-18
FW 11 千葉大護  03.03.27 178/70 星陵高
   15 山口伊歩輝 03.04.16 168/65 金沢学院高

−−−−山口−−−−千葉−−−−
−−平川−−−−−−−−橋田−−
−−−−−不野−−中道−−−−−
−伊東−−吉村−−波本−−宮本−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−加澤−−−−−−−

東京都(少年男子)
GK  1 奥谷将   03.06.20 180/71 修徳高
DF  2 宮下菖悟  03.07.13 164/58 FC東京U-18
    9 小林慶太  03.01.30 177/70 FC東京U-18
    3 中野創介  03.09.05 178/65 FC東京U-18
    4 石井玲於奈 03.06.28 173/73 FC東京U-18
MF  6 谷村峻   03.04.24 164/54 FC東京U-18
    7 梶浦勇輝  04.01.02 168/60 FC東京U-18
   14 加藤大地  03.11.25 167/60 FC東京U-18
   11 須藤太一  03.04.02 167/60 三菱養和SC・Y
FW 16 横山歩夢  03.03.04 173/67 東海大高輪台高
   10 野澤零温  03.07.21 174/69 FC東京U-18

−−−−野澤−−−−横山−−−−
−−須藤−−−−−−−−谷村−−
−−−−−加藤−−梶浦−−−−−
−石井−−中野−−小林−−宮下−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−奥谷−−−−−−−


両チームともしっかりセットして、無理をしない試合運び。
プレスに来なければつなぎ、プレスに来れば蹴るという感じだった。

東京は立ち上がりから横山歩夢が推進力を発揮。
上半身が逞しく、肩が高い。
相手DFに身体を入れながら、ゴリゴリと運んでいける。
スピードも素晴らしくて、個でDFに驚異を与えていた。

22分、東京は宮下菖悟が縦フィード。
谷村峻が右サイドから中に折り返す。
須藤太一はファーからヘッドを合わせる。
これがニアに返って、DFはスライドし切れない。
最後はフリーの野澤零温がヘッドを押し込んだ。
<東京少年男子 1−0 石川少年男子>

谷村峻が右サイド、中央でよくボールに絡んでいた。
右利きでプレスキックも蹴るけれど、
左足でボールを持ってカットインするプレーもいい。
ボールの「置きどころ」が良くて、奪い難いタイプ。
見ていて楽しかった。

31分、東京の左クロスに対して石川DFがエリア内でハンドの反則。
32分、東京はこのPKを野澤零温が成功。
<東京少年男子 2−0 石川少年男子>

東京が前半35分を2−0のリードで折り返す。
試合は後半。
47分、石川は千葉大護→前出遊杜。山伊歩輝→河崎響己。

56分、東京は石井玲於奈が縦にフィード。
須藤太一が左サイドからカットインして、右足ミドルを放つ。
決定的だったもののDFがブロックして枠外。

石川はそれなりにボールを持てていたが、相手の守備を攻略できない。
東京はオーガナイズに「穴」が空かず、1対1の状況も余裕を持って対応していた。
石川は試合を通してシュートを1本しか放てなかった。

62分、石川は不野優聖→森田春樹。
64分、東京は梶浦勇輝→小松譲治。
67分、東京は横山歩夢→桜井秀斗。
68分、東京は野澤零温→米陀大洋。

69分、東京は谷村峻の横パスから米陀大洋が中央ルックアップ。
米陀は逆スピンをかけたボールをDFの裏に落とす。
小松譲治がスペースに勢いよく走り込んでパスを収める。
緩いキックでGKのタイミングを上手く外し、そのままゴールイン。
<東京少年男子 3−0 石川少年男子>
交代選手が投入直後に結果を出した。

70分、東京は奥谷将→村田新直。
東京の最終布陣がこう↓
−−−−米陀−−−−桜井−−−−
−−須藤−−−−−−−−小松−−
−−−−−加藤−−谷村−−−−−
−石井−−中野−−小林−−宮下−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−村田−−−−−−−

73分、石川は加澤宙也→田中勇輝。伊東陸→小石純也。
石川の最終布陣がこう↓
−−−−森田−−−−平川−−−−
−−河崎−−−−−−−−橋田−−
−−−−−前出−−中道−−−−−
−小石−−吉村−−波本−−宮本−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田中−−−−−−−


試合は3−0でタイムアップ。
東京が快勝し、準々決勝進出を決めている。

augustoparty at 17:20│Comments(0) サッカー(U18) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔