2019年10月05日

仙台六大学 東北福祉×仙台

理由を説明すると面倒だが、今朝は仙台にいる。
14時から仙台と松本山雅の試合を観戦することがメインのミッションだった。
残念ながらナイナーズの試合とは時間が重なる。

ただ調べたら10時から仙台六大学の好カードがあった。
東北福祉大球場からユアスタはバス移動が可能。
3時間くらいで終われば掛け持ちできる。
春に見たカードだが「裏を返す」ことにした。

東北福祉大学
1番 左 柿崎航   4年 右左 165/63 鶴岡東
2番 右 里見治紀  4年 右左 177/73 花咲徳栄
3番 二 永濱晃汰  4年 右左 179/73 明秀日立
4番 中 清水聖也  4年 右右 180/77 智辯学園
5番 遊 元山飛優  3年 右左 179/68 佐久長聖
6番 捕 岩魁人  4年 右左 171/76 九州国際大学付属
7番 三 楠本晃希  3年 右左 178/75 花咲徳栄
6番 指 冨木崚雅  4年 右右 182/83 天理
9番 一 生沼涼   2年 左左 182/75 飛龍
   投 山野太一  3年 左左 170/70 高川学園

仙台大学
1番 二 益子侑也  2年 右左 165/71 霞ヶ浦
2番 一 今津涼   3年 右左 173/73 仙台育英
3番 左 佐野如一  3年 右左 175/80 霞ヶ浦
4番 遊 大北広紀  2年 右右 171/70 駒大苫小牧
5番 中 川村友斗  2年 右左 181/80 北海
6番 右 佐藤優悟  4年 右右 182/90 柴田
7番 捕 永長大和  2年 右右 168/72 土浦湖北
8番 指 柿澤郁也  4年 右右 180/82 佐野日大
9番 三 小笠原悠介 1年 右左 168/70 北海道栄
   投 宇田川優希 3年 右右 184/95 八潮南


両校の先発は春の2回戦と同じ。
個人的には未見の仙台大の稲毛田渉、大関友久を見たかった。
期せずして二人が登板する展開となる。

1回表。先攻は東北福祉大。
1番・柿崎が遊ゴロ。
2番・里見は3−2からライトにソロ本塁打。
<東北福祉大 1−0 仙台大>
2−2からの外角低めがストライク判定なら…。
結構ギリギリのコースだったので。
3番・永濱が二ゴロ。
4番・清水は中前安打。二死1塁。
清水は次打者の1−2から二盗成功。二死2塁。
5番・元山がフォークで空振り三振、攻撃終了。

仙台大の先発は宇田川優希。右上手の本格派だ。
重量級のパワーピッチャーで、下半身の逞しさは圧巻ですね。
身体のひねりは弱いが、柔らかさがある。
春に比べると「開き」も抑えられているように見えた。
ただ粗削りの感は否めない。
今日の球速は速球系が139〜50キロ。
変化球はフォークが128〜36キロ。
これをウイニングショットに使って三振を取れる。
スライダーが120〜27キロ。
切れはないけれど変化が大きい。
上でやるならもう少し「小ささ」がほしいですね。
あと制球がやはりアバウトで、「当たると飛ぶ」球質。
レベルの高い東北福祉大打線だと、球威だけでは抑えられない。

1回裏。後攻は仙台大。
1番・益子はライト線を破る二塁打。無死2塁。
2番・今津がバント成功。一死3塁。
3番・佐野は四球。一死1、3塁。
4番・大北が左犠飛。二死2塁。
浅い飛球から益子がよく生還した。
<仙台大 1−1 東北福祉大>
5番・川村は中飛で攻撃終了。

東北福祉大の先発は山野太一。左の技巧派だ。
今日の球速は速球系が133〜47キロ。
カット、ツーシーム系の球筋もある。
変化球はスライダー、チェンジが122〜31キロ。
カーブが102〜12キロ。
立ち上がりは彼としては珍しく制球が散っていた。
あと春に感じたカットの凄まじいキレもない。
2回以降は一旦立ち直るが、中盤以降に不安定さが出てしまう。

2回表。
東北は6番・岩が中飛。
7番・楠本は一ゴロ。
8番・冨木が中前安打。二死1塁。
9番・生沼が左飛で3アウト。

2回裏。
仙台は6番・佐藤が三ゴロ。
7番・永長が中飛。
8番・柿澤は三ゴロで三者凡退。

3回表。
東北福祉は1番・柿崎が一ゴロ。
2番・里見はセーフティ狙いの三ゴロ。
3番・永濱が中前安打。二死1塁。
4番・清水は左前安打。二死1,2塁。
5番。元山が二ゴロ。3アウト。

3回裏。
仙台は9番・小笠原が一ゴロ。
1番・益子はスライダーで空振り三振。
2番・今津が捕邪飛で三者凡退。

4回表。
東北福祉は6番・岩が中前安打。無死1塁。
7番・楠本は右前安打。無死1、2塁。
代打・村瀬賢太がバント成功。一死2、3塁。
9番・生沼は中前タイムリー安打。一死1塁。
<東北福祉大 3−1 仙台大>
1番・柿崎がボテボテの投前安打。一死1,2塁。
2番・里見はフォークで空振り三振。二死1、2塁。
3番・永濱が二ゴロで3アウト。

4回裏。
仙台は3番・佐野がカットで空振り三振。
4番・大北は遊ゴロ。
5番・川村が中飛で三者凡退。

5回表。
東北福祉は4番・清水が左中間を破る二塁打。無死2塁。
5番・元山は遊直併殺。二死無走者。
6番・岩が右邪飛で3アウト。

5回裏。
仙台は6番・佐藤が中飛。
7番・永長がスライダーで空振り三振。
8番・柿澤は右飛で三者凡退。
ここまで試合は落ち着いていたのですが…。

6回表。
東北福祉は7番・楠本が捕邪飛。
8番・村瀬は左飛。
9番・生沼が四球。二死1塁。
1番・柿崎は左前安打。二死1、3塁。
2番・里見が四球。二死満塁。
3番・永濱は3−2まで粘って中前タイムリー安打。二死1,3塁。
<東北福祉大 5−1 仙台大>

ここで仙台大や宇田川優希が降板。
二番手投手に海老原丞を起用する。
海老原は文星芸術大学附属高出身の3年生。
173cm・82kgの左腕だ。
今日の球速は速球が136〜39キロ。
変化球はスライダー119〜29キロ。
チェンジが126〜29キロ。
どちらも小さくて切れて実用的ですね。
佐藤祥万、沼尾勲を思い出す文星っぽい左腕。
東北福祉は4番・清水が遊飛で攻撃終了。

6回裏。
仙台は9番・小笠原が遊ゴロ。
1番・益子が三前安打。一死1塁。
2番・今津は四球。一死1,2塁。
3番・佐野がチェンジで空振り三振。二死1,2塁。
4番・大北は右前安打。二死満塁。
5番・川村の2球目に山野太一が暴投。
三塁走者が生還してなお二死2、3塁。
<東北福祉大 5−2 仙台大>
川村は中越えのタイムリー二塁打!二死2塁。
<東北福祉大 5−4 仙台大>
6番・佐藤は四球。二死1、2塁。
7番・永長が左越えのタイムリー三塁打!!二死3塁。
<仙台大 6−5 東北福祉大>
8番・柿澤が遊ゴロで攻撃終了。
仙台が一挙5点で逆転に成功する。

7回表。
東北福祉は5番・元山が右前安打。無死1塁。
6番・岩は3球目を引っ張る。レフトに逆転2ラン本塁打!
<東北福祉大 7−6 仙台大>
7番・楠本はチェンジで空振り三振。
代打・増田雄亮が中飛。
9番・生沼はチェンジで見逃し三振。攻撃終了。
試合はシーソーゲームに。

7回裏。
仙台は9番・小笠原が四球。無死1塁。
1番・益子は送れず捕邪飛。一死1塁。
2番・今津が左前安打。一死1、2塁。
3番・佐野は左飛。二死1、2塁。
4番・大北がレフトにタイムリー二塁打。二死2、3塁
ワンバウンドしてスタンドに入り、一塁走者は三塁に戻される。
<仙台大 7−7 東北福祉大>
5番・川村は二ゴロで攻撃終了。同点止まり。

8回表。
仙台は三番手投手に稲毛田渉を起用する。
稲毛田は帝京高出身の4年生。
183cm・89kgの右上手投げだ。
大柄でパワフルでフォームもダイナミック。
今の時代の珍しい腕をおおらかに振り切るタイプだ。
今日の球速は速球が144〜46キロ。
変化球はスライダーが131〜34キロ。
カーブが110キロ台後半。

東北福祉は1番・柿崎が四球。無死1塁。
柿崎は次打者の2−2から二盗成功。無死2塁。
2番・里見も四球。無死1,2塁。
3番・永濱が中前安打。無死満塁。

稲毛田渉が大荒れのまま降板。
仙台大は四番手投手に大関友久を起用する。
大関は土浦湖北高出身の4年生。
186cm・95kgの左腕だ。
仙台大らしいパワーピッチャーだが、
上下動の少ない、抑えが効いたフォーム。
制球がいいというタイプではないが、
右打者の膝下にしっかり投げ込んでいた。
今日の球速は速球が137〜45キロ。
変化球はスライダーが119〜26キロ。

東北福祉は4番・清水が右犠飛。一死1、2塁。
<東北福祉大 8−7 仙台大>
5番・元山の2球目に大関友久が暴投。
捕手が二塁を刺そうとして送球がセンターに抜ける。
二塁走者が一挙生還し、なお一死2塁。
<東北福祉大 9−7 仙台大>
元山は一ゴロ。二死3塁。
6番・岩が空振り三振で攻撃終了。

8回裏。
東北福祉は二番手投手に鎌田雄正を起用する。
鎌田は翔凜高出身の3年生。
180cm・60kgの右上手投げだ。
びっくりするくらい細身だけど、しなやかで腕の振りも強い。
速球、変化球とも「切れ」を感じるタイプだ。
今日の球速は速球が136,7キロ。
変化球はスライダーが116〜18キロ。
フライアウトを上手く稼いでいた。

仙台は5番・佐藤が中飛。
6番・永長は中飛。
7番・柿澤は右飛で三者凡退。

9回表。
東北福祉は7番・楠本が四球。無死1塁。
8番・増田が左飛。一死1塁。
9番・生沼は二ゴロで二封のみ。二死1塁。
1番・柿崎がスライダーで空振り三振。3アウト。

9回裏。
東北福祉は三番手投手に津森宥紀を起用する。
津森は和歌山東高出身の4年生。
177cm・78kgの右サイドハンドだ。
今日の球速は速球、シュートが140〜48キロ。
変化球はスライダーが121〜26キロ。
チェンジが130キロ台前半。
春に見たときに比べてフォームの力みが消えたかな…、
と思ったら2ストライク以降の投球がダメだった。
外角に抜けるシュート回転を、左打者におっつけられていた。

仙台は9番・小笠原が左越えの二塁打。無死2塁。
1番・益子はレフト線を破るタイムリー二塁打。無死2塁。
<東北福祉大 9−8 仙台大>
2番・今津がバント。
二塁走者がハーフウェイに出て中途半端に止まってしまう。
捕手が見逃さずに二塁へ送球して刺した。一死1塁。
3番・佐野の初球に津森宥紀が暴投。一死2塁。
佐野は捕飛。二死2塁。
4番・大北が一ゴロ。
一塁手のファンブルを見て、今津が本塁を突く。
タイミングはぎりぎりだったが、捕手が送球をこぼしていた。
生還が認められてなお二死2塁。
<仙台大 9−9 東北福祉大>
5番・川村は申告敬遠で出塁。二死1,2塁。
6番・佐藤が投ゴロで攻撃終了。

9回を終えて9−9で決着つかず。
10回からはタイブレークだ。
継続打順で、無死1,2塁から攻撃がスタートする。

10回表。
東北福祉は2番・里見のバントが投前安打に。無死満塁。
3番・永濱が捕邪飛。一死満塁。
4番・清水は初球をレフトに引っ張って…。
これが満塁本塁打となる。
<東北福祉大 13−9 仙台大>
5番・元山がスライダーで空振り三振。
6番・笹谷拓海が一邪飛で攻撃終了。

10回裏。
東北福祉は四番手投手に三浦瑞樹を起用する。
三浦は盛岡大附属出身の2年生。
175cm・71kgの左腕だ。
今日の球速は速球が140〜43キロ。
変化球はチェンジが128〜31キロ。

仙台は代打・庄子将が遊ゴロで二封のみ。一死1,3塁。
代打・吉澤優真がチェンジで空振り三振。
9番・小笠原は遊ゴロで無得点。

東北福祉がタイブレークを制して先勝している。

両校とも錚々たる「プロ注」が登板する展開だった。
特に仙台は豪華継投になった。
それが強風だったにせよ、想定外の打撃戦となりましたね。
宇田川優希は6回途中降板で自責点5。
山野太一は7回で自責7。
こういう試合もあるんですね…。

試合はタイブレークまで持ち込む3時間28分の大熱戦。
バスはもう間に合わず、ユアスタまで2千円以上のタクシー移動となりました。

安打   212 412 210 2 17 四 失
東北福祉┃101|202|220|4┃13 5 1
仙台  ┃100|005|102|0┃9 5 1
安打   100 004 202 0 9

仙台:宇田川、海老原、稲毛田、●大関
東北福祉:山野、鎌田、◯津森、三浦

試合のテーブルスコアはこちらでどうぞ。


augustoparty at 23:59│Comments(0) 大学野球 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔