2019年11月09日

関東2部 慶應義塾×関東学院

関東大学サッカーリーグ戦 は残り3節の大詰め。
昇降格の諸々が決まっていく時期だ。
今日は日大稲城グラウンドに2部の2試合を見に行った。

慶應義塾大は19試合を終えて勝ち点40の首位。
前節終了時点で2位・国士舘に4差、3位・日体大に8差だ。
もし今日勝てば1部昇格(2位以内)が決まる。
関東学院大は勝ち点30の5位。
可能性はわずかだが、まだ昇格の可能性が残っている。

慶應義塾大学
GK  1 田原智司  3年 178/65 静岡学園
DF  3 酒井綜一郎 2年 174/70 慶應義塾
    5 沼崎和弥  4年 180/68 暁星
    4 野村京平  4年 175/70 国学院久我山
MF 33 内桶俊   3年 174/65 国学院久我山
    6 八田和己  4年 178/61 桐蔭学園
    8 落合祥也  4年 169/65 横浜FC・Y
   14 橋本健人  2年 172/60 横浜FC・Y
FW  9 山田盛央  4年 180/74 藤枝東
   11 多嶋田雅司 4年 175/67 国学院久我山
   30 松岡瑠夢  3年 177/68 FC東京U-18

−−−−−−−松岡−−−−−−−
−−-多嶋田-−−−−−山田−−−
−橋本−−落合−−八田−−内桶−
−−−野村−−沼崎−−酒井−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田原−−−−−−−

関東学院大学
GK  1 武者大夢  3年 185/80 北海道大谷室蘭
DF  2 有田光我  4年 176/74 新潟U-18
    3 山出旭   3年 181/72 帝京大可児
    4 鈴木友也  3年 178/61 関東第一
   14 薩川淳貴  4年 168/60 静岡学園
MF 11 奥直仁   4年 173/65 新潟U-18
    8 北龍磨   3年 174/62 興国
    6 林田滉也  2年 175/73 JFAアカデミー福島
    7 木下海斗  1年 174/64 昌平
FW  9 今村優介  4年 180/68 新城
   10 見木友哉  4年 170/66 横河武蔵野FC・Y

−−−−見木−−−−今村−−−−
−−木下−−−−−−−−−奥−−
−−−−−林田−−-北-−−−−−
−薩川−−鈴木−−山出−−有田−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−武者−−−−−−−


慶應は[5−2−3]のオーガナイズ。
かなり激しく前線からプレスをかけてくる。
相手を外、外と押し出す狙いだ。
3枚の「左右」はかなり運動量を要求されますね。
インテンシティといえば良いのか、独特の「圧」がある。
特にトップの3人は動きの強さ、身体の厚みを感じた。
フィジカルのメニューに力を入れているのかな?と。
ただ奪い切る、カウンターで攻め切る形にはなかなかならない。

関東学院は見木友哉がセカンドトップでエース。
今村優介は体格以上に強さがあり、競り合いやキープで強みを発揮する。
ヘディングも競り勝てていましたね。
あと気になったのは左SB薩川淳貴。
小柄だけど球際で戦えて、ボールを運べて、プレスキックも蹴る。

25分、関東学院は見木友哉に警告。

試合は40分頃から一気に動く。
39分、関東学院は北龍磨が右サイドからアーリークロス。
今村優介はファーからヘッドを合わせて枠を捉える。
GK田原智司に一度ブロックされたが…。
最後は奥直仁がゴール右からこぼれ球に詰めて押し込んだ。
<関東学院大 1−0 慶應義塾大> 

42分、慶應は左CKを橋本健人が左足で入れる。
野村京平はニアで浮き球をヒールでフリック。
山田盛央がファーになだれ込んで浮き球を押し込んだ。
<慶応義塾大 1−1 関東学院大>

44分、慶應は右中間で得たFKを橋本健人が左足で蹴り入れる。
ファーのネットに巻いて刺さりそうなキックに、八田和己が飛び込む。
八田がヘッドでかすかに擦らして、そのままゴールイン。
<慶応義塾大 2−1 関東学院大>

5分間に3ゴールが入った。
慶應の1点リードで前半45分が終了する。
試合は後半。

57分、慶應は山田盛央→杉本崇太朗。
杉本崇太朗が3トップの中央に入り、松岡瑠夢がシャドーに移る。

70分、慶應は左中間で得たFKを橋本健人が左足で入れる。
DFがクリアしたした跳ね返りから、最後は内桶峻が右足ボレーで叩き込んだ!
<慶応義塾大 3−1 関東学院大>
「これで決まったな」と錯覚するゴールだった。
しかし試合はここからもつれる。

70分、関東学院は鈴木友也に警告。
75分、関東学院は木下海斗→村上悠緋。

76分、関東学院はセットプレーからの波状攻撃。
薩川淳貴は右サイドから左足で折り返す。
奥直仁がファーからシュートを放って…。
最後は有田光我がこぼれ球を押し込んだ。
<慶応義塾大 3−2 関東学院大>

77分、関東学院が北龍磨→遠藤翼。
関東学院の布陣がこう⇣
−−−−村上−−−−今村−−−−
−−遠藤−−−見木−−−−奥−−
−−−−−−−林田−−−−−−−
−薩川−−鈴木−−山出−−有田−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−武者−−−−−−−


79分、関東学院は右CKのセカンドボールから。
見木友哉は正面から放ったボレーは枠の上隅。
GK田原智司がナイスブロック。

79分、慶應は多嶋田雅司→福本拓海。
慶應の布陣がこう⇣
−−−−−−−杉本−−−−−−−
−−−福本−−−−−−松岡−−−
−橋本−−落合−−八田−−内桶−
−−−野村−−沼崎−−酒井−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−田原−−−−−−−


終盤はとにかく試合が荒れた。
主審が選手と同年代で、優しそうなタイプで…。
分かりやすくいうと選手に対して毅然とした態度を前半から取れていなかった。
お互いに我慢はしていたが「プレー以外」に気持ちが向いている流れで…。
そういう流れに慶應が飲み込まれた印象もある。

84分、慶應は落合祥也に警告。
86分、慶應は酒井綜一郎に警告。

87分、関東学院はロングスローから波状攻撃。
遠藤翼が左サイドから折り返す。
山出旭もヘッドは決定的だったもののGK田原智司がブロック。

87分、関東学院は左CKを薩川淳貴が左足で入れる。
一発目のヘッドはGK田原智司がブロック。
しかし見木友哉がこぼれ球に詰めてヘッドをプッシュ。
さらに見木はこぼれ球を押し込んでゴールイン。
<関東学院大 3−3 慶応義塾大>

88分、慶應は内桶峻に警告。

アディショナルタイムの提示は4分。
94分、関東学院は鈴木友也に警告。
2度目の警告で退場となる。

試合はそのまま3−3でタイムアップ。
関東学院が2点差を追いついて、慶應の優勝を阻止した。

augustoparty at 23:59│Comments(0) サッカー(大学) 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔