2019年12月13日

プレミア参入1回戦 アカ福島×富山第一

引き続いてコカ・コーラボトラーズジャパン広島スタジアム。
高円宮杯U―18プレミアリーグプレーオフを見ます。
第2試合はDブロックの1回戦。
JFAアカデミー福島(東海1位)と富山第一(北信越2位)の対戦だ。
監督は国見時代から大型FWとして鳴らし、
U-17の世界選手権にも出た船越優蔵氏。
加藤聖と植中朝日が愛媛、廣岡睦樹は山形に内定している。
富山第一は夏のインターハイで準優勝を果たしている。

JFAアカデミー福島
GK  1 川上康平  01.04.24 187/74 JFAアカデミー福島U15
DF  2 加賀美蓮  01.07.21 168/61 JFAアカデミー福島U15
    3 狩野奏人  01.05.22 179/73 JFAアカデミー福島U15
    4 福田尊琉  01.04.24 174/66 JFAアカデミー福島U15
    6 加藤聖   01.09.16 170/60 JFAアカデミー福島U15
MF 14 外薗隆一  01.04.13 161/56 JFAアカデミー福島U15
    8 廣岡睦樹  01.08.16 174/71 JFAアカデミー福島U15
   10 橋田尚希  01.05.25 165/59 JFAアカデミー福島U15
FW 15 向井ひな太 01.12.27 163/64 JFAアカデミー福島U15
    9 植中朝日  01.11.01 178/73 JFAアカデミー福島U15
   38 三戸舜介  02.09.28 161/56 JFAアカデミー福島U15

−−三戸−−−植中−−−向井−−
−−−−−−−橋田−−−−−−−
−−−−−廣岡−−外薗−−−−−
−加藤−−福田-−狩野-−加賀美−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−川上−−−−−−−

富山第一高校
GK  1 中村純四郎 02.01.03 170/65 富山北FC
DF  2 中園享成  01.10.21 170/60 FC Consorte
    3 吉藤廉   01.04.09 171/60 カターレ富山U-15
    6 牧野奏太  01.12.18 175/64 星陵高
    4 丸山以祐  01.10.26 180/65 カターレ富山U-15
    5 真田滉大  01.10.17 168/56 カターレ富山U-15
MF 10 高木俊希  02.01.07 173/64 カターレ富山U-15
   19 矢崎謙介  01.11.02 167/56 FC豊橋デューミラン
   14 広瀬翔一朗 01.10.28 160/55 SQUARE富山 U-15
FW 11 碓井聖生  01.07.20 180/65 FCひがしJY
   25 吉倉昇空  02.05.26 178/60 カターレ富山U-15

−−−−吉倉−−−−碓井−−−−
−−−広瀬−−−−−−矢崎−−−
−真田−−−−高木−−−−中園−
−−−丸山−−牧野−−吉藤−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−中村−−−−−−−


アカデミー福島は川上康平、加藤聖、橋田尚希がレフティー。

14分、富山第一は矢崎謙介が左に回り込んで左クロス。
碓井聖生がヘッドを合わせたものの枠上。

アカデミー福島はタレントがいて、ボールも持てるチーム。
ただ前半はあまり無理をしなかった。
富山第一は5バックを敷いて「粘る」スタイル。
攻撃は丸山以祐の左足ロングキックがよく、2トップも強さがある。
ただ前半はスコアレスでOKという空気だった。
どちらかがボールを持つとしっかり握るし、
相手は無理に奪いに行かない。
そういう流れで前半45分はスコアレスだった。

試合は後半。
アカデミー福島が明らかにギアを上げてきた。
廣岡睦樹はボールの持ち方が良くて、
しっかり収めて運びつつ、パスを縦にグサッとさせる。
中村憲剛タイプのセントラルMFですね。
FWは力強さのある植中朝日がいて、
三戸舜介はスピード、飛び出しが光る。
そういう「個」は富山第一を上回っていた。

ただ富山第一もなかなか隙がない。
素晴らしかったのは中盤3枚の「地味な仕事」の部分。
[5−3−2]はMFのスライドがしんどくなるけれど、忠実に動いていましたね。

50分、アカデミー福島は右CKから波状攻撃。
向井ひな太がゴール左から放ったシュートは決定的だった。
これは富山第一DFが枠内ブロック。

57分、富山第一は牧野奏太に警告。

66分、富山第一はセットプレーからの波状攻撃。
矢崎謙介がエリア左から左足シュートを放つも枠外。

68分、アカデミー福島は向井ひな太→石山莞太郎。
右ウイングの位置に入り、三戸舜介が左に回る。

80分、アカデミー福島はサイドチェンジから加藤聖が左サイドを抜ける。
加藤は左サイドからクロスを入れ、橋田尚希がボレーを放つ。
決定的だったものの枠外。

加藤聖はドリブルがいいですね。
この場面は縦だったけれど、相手の逆を取って中にもグイグイ入っていく。
個で剥がせるところが魅力的だった。

81分、富山第一は広瀬翔一朗→高橋駿斗。
富山第一の布陣がこう↓
−−−−高橋−−−−碓井−−−−
−−−吉倉−−−−−−矢崎−−−
−真田−−−−高木−−−−中園−
−−−丸山−−牧野−−吉藤−−−
−−−−−−−−−−−−−−−−
−−−−−−−中村−−−−−−−

87分、アカデミー福島は加藤聖が攻め上がって左クロス。
石山莞太郎がファーから合わせたヘッドは決定的だったものの枠外。

89分、アカデミー福島は植中朝日がポストに入ってスルーパス。
廣岡睦樹がゴール右に抜け出してかなりの決定機だった。
しかし廣岡のシュートは中村純四郎がナイスストップ。

91分、富山第一は吉倉昇空が中央からショートスルーパス。
碓井聖生が身体半分抜け出して、シュートを放つ。
これも決定的だったが、相手DFにブロックされた。

試合はスコアレスで決着つかず。
10分ハーフの延長戦に入る。

98分、アカデミー福島は三戸舜介が左サイドを突破してクロス。
植中朝日がフリックして下げる。
植田尚希のミドルはフリーで決定機だったがDFにブロックされる。

110分、富山第一は中園享成に警告。

試合は110分を終えてもスコアレス。
PK戦はアカデミー福島が先攻だった。
まずアカデミー福島の一人目が外す。
二人目のシュートもGK中島純四郎がストップ。
富山第一は全員が成功し、4−2でPK戦を制した。
15日の「決定戦」は横浜FCと対戦する。

augustoparty at 23:58│Comments(1) サッカー(U18) 

この記事へのコメント

1. Posted by ユース   2019年12月14日 12:47
5 アカデミーはなかなか上がれないですね…
プレミアでプレーするべきタレントのいるチームだと思うのですが…

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔