先日、寝室についての記事を書きました。

d_170613_10

高反発マットレスはどこのものを使ってますか?
と質問いただいたので、今日はそれについてと
過去にさかのぼり、わが家の寝室を
記事にしてみたいと思います。
(Yさんメールが戻ってきてしまいますので
こちらでお返事させていただきますね)

高反発マットレスを使い始めたのは2年前。
それまでは、クイーンサイズのベッド+シングルベッド、
をつなげ、家族全員で寝ていましたが
子供の成長と共に、それも狭くなり
主人が布団生活となりました。(本人希望です)

d_170613_14_2010_10

7年まえのマンション時期。

6帖の洋室、壁の端から端までベッドでした。
日が当らない部屋だったので湿気がひどく
壁を珪藻土に塗る、リフォームをしてました。

d_170613_14_2013_03

3年前、今の家です。

寝室はマンション時期よりは広くなり、
ベッドも余裕ではいってます。

その後、シングルを長女の部屋に移動し、
高反発マットレスを2つ購入しました。

d_170610_09

現在はベッドの横に2枚マットレスを敷いて
家族全員でひとつの部屋で寝ています。

高反発マットレスはこれです。
【送料無料/在庫有】確かな品質 ワンランク上の高密度30D 待望のZタイプ 高反発 180N 極厚10cm 3つ折り シングル 高反発マットレス 腰に優しい マットレス 高反発マット 10cm 三つ折り 折りたたみ 高反発マットレス 圧縮 圧縮マットレス

実は高反発マットレス、2年間で
4枚目となるものです。

と言うのも、以前は下に布団用の
半分に折りたためるすのこを敷き、
その上に折り畳みのできないマットレス
を敷いて使っていました。

重いマットレスをもちあげ干して、
大きなすのこを2つ折りにして移動させて
掃除はとても大変でした。

その後、大きな「すのこ」はやめて
布団用の除湿シート(青いものです)を敷き
その上に、マットレスを敷いていましたが
やはり大きくて重いマットレスの移動は大変です。

試しに3つ折りを買ってみたところ、

d_170610_07

その場で自立するので、そのまま干せるとわかり
「これは楽ちん!」とばかりにもうひとつも
買い替えたというわけです。

わが家の寝室は小さな窓が2つ、他に
大きな窓が1つあり、日当たりがいいのもあり、
部屋干しでも問題ありません。

冬場や梅雨時期は、干してさらに布団乾燥機を
すると湿気対策は万全です。

過去に大きなすのこ+折りたたみできないマットレス
失敗があり今のやり方に辿りつきました。
モノ選びも、大きなものになると特に
その後のケアや掃除のことを考えると
慎重にしたいと思った出来ごとでもありました。

さて、ベッドとマットレスの2つ使いのわが家。
正直、掃除やシーツの取り換えは
ベッドの方が楽ちんです。
寝心地はわたしは高さの問題で
スプリングベッドの方が好みです。
寝心地だけで言うとどちらも好きです。

将来的に、家族全員が
シングルベッドに寝れたらいいな
と考えているのですが、これは家族と相談ですね。

家族全員がベッドに寝るその時は、
布団乾燥機フル可動で
布団干しからも解放されたいものです。
きっと今よりも年を重ねると、
重い布団やマットの移動は大変ですからね。

ただ、これも好みの問題があるので、
布団でなくちゃ眠れない!なんて場合はやはり
今のままでしょう。

さてタイトルの「ベッドVS高反発マットレス」は
わたし的には、スプリングベッドの勝利ですが、
これは完全に好みの問題というのが答えです。

スプリングベッドのデメリットとしては
処分に困ることですね。
私の住む地域では、業者さんに頼むと
とても費用がかかるようです。
持ち込みとなると、クイーンサイズなら
トラックが必要!?

新たなベッド購入で古いベッドを引き取ってくれる
サービスがあるところを利用しないと
捨てるのにこまりますね。

その点、マットレスはすごく小さくなるので
ゴミ袋に詰めて可燃ごみだったり
地域によっては粗大ゴミだったりするのでしょうか?
捨てる時は楽でした。

年齢と共に、睡眠の大切さを実感します。
6時間以上眠れないと昼間に眠いです。
作業がまったくはかどりません。
そして、免疫が下がるせいか?とても
風邪ひきやすくなります。

いい1日を過ごしたいならば何よりも睡眠!と思う
近頃です。なので、寝る場所は大事です。
_____

グレーの除湿シートを見つけました。
青が気になるので、次は色のないものを
選びたいです。




合わせてお読みください→   

ブログ村テーマWEB内覧会*寝室
ブログ村テーマ収納・片付け
ブログ村テーマ片付けて プチストレスをなくしていく

ラインでこのブログの更新通知が受け取れます!


↓バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ