d_160326_13

無印良品の大きな袋に、
オキシクリーン(付属のスプーン2杯)を投入し、
60度のお湯を流し入れ(給湯器の温度を60度に設定)
換気扇とその周辺の金具、五徳を入れたら
口を輪ゴムでキュッとしばり、つけ置きすること2時間。

d_160326_10

その間、換気扇の中を、大きなスプーンを使い、
こびりついた油をこそぎ落します。
(中の掃除をする際は、電気のブレーカーと下のコンロの元栓を閉めます)

大晦日に掃除したはずのここですが、

d_160326_09

油がごっそり。

d_160326_06

油を落としたら、
重曹をお湯で溶かし、キッチンペーパーを浸し、

d_160326_05

重曹パック。

d_160326_08

つけ置きしていた、ファンと金具、五徳をブラシで洗い

d_160326_07

乾燥。

d_160326_15

その間、
重曹水(水100mlに小さじ1)と重曹(粉)を使って、
コンロ周りの掃除。

d_160326_11

粉は研磨剤の役目をします。
重曹水で汚れを浮かし、しつこい汚れに
粉とメラミンスポンジと言う感じで使います。

d_160326_03

きれいになりましたー。

重曹を使い始めたのは、長女が生まれたくらいからでしょうか。
ベビーフードを作るコンロで、化学薬品を使うのに抵抗がありました。
コンロ周りだけでも、口に入っても安心できる洗剤がいいと思ったのが
きっかけだったと思います。

とは言え、シンクでは時々ハイターも使うし、浴室ではカビキラーなどの化学薬品も
使うんです。やはり、早くキレイになるので、ついつい頼ってしまう部分はあります。
完璧にしようとすればするほど、息苦しくなることもあるので、
そのあたりは柔軟に使っていこうと思ってます。

毎日掃除は出来るだけ重曹。
時々掃除にハイターやカビキラーといった具合に。



d_160326_04

スッキリ。

ザルの間にひとつ空いたフックがあるのは、

d_160326_01

木のものを乾かすのに使うためです。

さて、次は窓をやっつけようか。
新しい掃除グッズがあるので、楽しみです。

春のひとり大掃除祭り、まだまだ続きます。


3合用の米とぎザルを使ってます。
いつもは4合といでますが、とぎにくいことはありません。

100 / 800 / 3000円offクーポン対象|山梨 富士 スズ竹細工|米とぎ ザル(米とぎざる) 3合 [米とぎ ザル(米とぎざる) スズ竹細工] 【02P26Mar16】




にほんブログ村 トラコミュ 掃除・掃除・掃除ー♪へ
掃除・掃除・掃除ー♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

更新の励みになります。
ポチリとしていただければうれしいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ
にほんブログ村にほんブログ村