連休明け、雨の月曜日。

雨の日の洗濯物が憂鬱だった。
和室にタオルハンガーを入れての部屋干し。
4.5帖の和室は、洗濯物に占領されていた。

それがいやで、全部まとめて
コインランドリーの大型乾燥機に
おまかせしていた時期もあった。
雨が続く日に出費がかさむのは
しょうがないと思っていた。

d_180507_10

2ヶ月ほど前に、ネジ、釘、工具がいらずで
鴨居や扉枠などにワンタッチで
付け外しができる「室内物干し掛け」を設置。

その時の記事↓



これを設置したことで、
「室内干し」はわたしの中で
憂鬱ごとではなくなった。

雨の日はハンガー干しの家族の衣類は
ここで乾かせる。

鴨居に設置するので、
部屋が狭くなることもない。

d_180507_09

私と夫の靴下はそれぞれのクローゼット前に
設置した引っぱルンチで室内干し。

↓過去記事です。


梅雨時期に湿気がこもりそうであれば
除湿機かサーキュレーターの
購入を考えているが、
今のところ(季節のおかげか)この部屋は
湿気に悩まされることもない。

洗濯物を全部干すわけではないのも
湿気があまりこもらない要因なのかもしれない。
(1日分の家族の衣類のみ)

d_180507_15

下着は洗濯機の上で乾かし、
乾いたら、手前の引き出しへ入れるのは
雨の日も変わらず。

d_180507_11

雨の日に使うようになったのが
浴室乾燥機。
これは、一時期使い過ぎて電気代が
おそろしいことになったので封印していたもの
だけど、使い方を工夫して再び使うようになった。

d_180507_13

浴室乾燥機を使うのは、タオル類、
こどもの靴下など畳んでしまうもののみ。

一時期、洗濯物全てをこの中で乾かして
おり、そのせいでなかなか乾かず、
1日8時間~10時間使っていたのだ。

乾かすものは半分にして、
ゆったり干すようになると、4時間~5時間で
乾燥完了。

干し方も、乾きやすいように工夫する。
タオルの場合は、1枚ベローンとのばさずに
画像のように輪っかを作って
干すようにすることで乾きが早い。

d_180507_16

浴室乾燥機を使わない場合は
洗面所の入口干しにする。
(洗面所の入口にフックを取りつけている)
その場合、タオルは輪っかにしない。

どちらで乾かしても、
タオルは洗面所に置いているので
片付けも楽ちんだ。

雨の日は、タオルも衣類も
片付ける場所の近くに干せるので、
乾きは遅いが、晴れの日よりも
片付けが楽なのだ。

そのお陰で、雨の日の洗濯物干しが
憂鬱ごとではなくなった。

片付けは、衣類の1か所収納が
とても楽だ。
ただ娘たちが成長し、自分達の
部屋で着替えるようになった場合は
どうだろう?

その時は、今の家族のクローゼット(和室)
に設置した、壁掛け収納(アルゴート)に一旦
かけて、それぞれが部屋に運ぶことに
しようと思っている。

●こどもの衣類収納に設置したIKEAの
アルゴート記事です。↓


▼みなさんの家事の工夫は?
ブログ村テーマ
そうじ・洗濯のコツ~きれい大好き

時短家事の工夫

家事がラクできる家づくりの工夫♪


ポチッとブログを応援していただけるとうれしいです。

にほんブログ村



ラインでこのブログの更新通知が受け取れます!