d_181012_03

ある日の朝、とても大きな荷物が届きました。
こんな大きなモノ頼んだ記憶がない。
けれど、来るとしたらあれしかない。けどまさか!?

d_181012_02

ちまっ・・・・・

中身、小さっ。まさかのこれでした。
「100年使えるフライパン」と言われている
タークの鉄フライパン24cmです。

今回、並行輸入品を購入しました。
正規品に比べると、40%ほど安く買えますが
保証はありません。正規品に附属の
赤い袋もありません。

ちなみに本国ドイツのアマゾンで、
タークのクラシックフライパン24cmは、
「EUR52,25」で販売されています。

1ユーロ129.54円(2018.10.11)とすると
日本円で約6,778円ですね。
私が購入した並行輸入品はこれに
+4000円したくらいの価格です。

正規輸入品は本国の約3倍ですね。
保証ありを取るか、なしを取るかは
あなた次第。(誰)

レビューなど見ていると、並行輸入品でも
いいかな?と今回、比較したかったのもあり
購入してみました。

では早速、比較です。
とは言え、正規品(右)は1年使ったものです。

d_181012_04

d_181012_05

1年経ったものは黒々と、油も馴染んでいるので
見た目が全然違いますね。
ただ、国内正規品も最初の頃は
左のような感じでした。(もう少し黒かったかな?)

購入当時の国内正規輸入品↓
d_181012_18

正規品ではありますが、最初からサビが
ところどころにあり、キレイとは言えない状態。
お店で確認しているので、わかった上で
購入してます。

今回、購入した並行輸入品も第一印象は
お世辞にもキレイ・・・と言えない状態。
ただ、わかった上での購入だったので
ガッカリすることはありませんでした。

焼き慣らしをしたら、
割とキレイになりますからね。

では早速、焼き慣らします。
日本公式サイトで詳しく説明があるので
それを見ながら進めます。→焼き慣らし方法

d_181012_07

金タワシとクリームクレンザーで内側、
側面、裏側もしっかりこする。

(画像の粉はセスキですがこの後、
クリームクレンザーが洗面所にあった
ことを思い出して、それで磨きました)


水できれいに洗い、水気を拭き取ったら

d_181012_09

キレイになりました。

この後は

d_181012_15

油を1cmほど注ぎ、クズ野菜と塩を入れ、
弱火にかける。側面にも油をなじませて。

d_181012_17

クズ野菜の色がかわるまで10分ほど
弱火にかけた後、キッチンペーパーで
拭き取り、ぬるま湯で洗い流す。

水気を拭き取った後、火にかけて
完全に水分を飛ばしたら焼き慣らし完成です。

 ●タークのフライパンを増やした理由 
今回、タークのフライパンをもうひとつ
購入しようと思ったのは、
もうフライパンを買い替えたくない!
という理由からでした。

テフロンのフライパン、安いモノは300円ほどの
ものから高いものでは1万円超えのものまで
今まで様々使いましたが、
ほぼ全部長くもって半年。

強火、熱いうちに洗わない、ガリガリしない
とテフロンの注意事項をしっかり守っていれば
もっと長持ちするのだろうけど、
使った調理器具をすぐに洗いたい私の
性格に合わなかったのだと思います。

一度、鉄のフライパンを使いこなせず失敗
していた経験もあるので、最初は
タークも不安でしたが、1年使ってみて
はっきりと良さも私との相性もわかったので
もうフライパンはこれだけにしよう!となりました。

鳥モモ肉をテフロンのフライパンで焼いている時
おいしいものに目がない次女が
「次女ちゃんのだけこっちで焼いて」と
タークのフライパンを指名します。

特に肉を焼くには、断然タークがおいしいです。
その差はこども(9才)でもわかるほど。

最初の頃は少しくっついていたチャーハンも
今ではまったく、くっつかない。

ただテフロンに比べ油の量は増えますけどね。

 ●デメリット 
ただ、重い!と言うくらい。
以前から持っていた20cmは
1キロもなく、片手で持つにはギリギリの
重さだな・・・と思っていました。

今回購入した24cmは1.4キロ。
やはりずいぶんとズッシリとします。

ただ、片手で持てないことはなく、
家にある1.4キロの鍋で何度も
シミュレーションしていたので
これならギリギリ大丈夫かなと思い、
購入にいたりました。ただ、重いですよ。
(実際、お店でも持ってみました。)

重いというデメリットよりも「半永久的に
使える」、「美味しく焼ける」が上回りました。

d_181012_13

24cmタークフライパン、最初の仕事は
目玉焼き。
キレイにスルッとはがれるのも
タークならではですね。
フチがカリカリの目玉焼きが出来ますよ。

使い終わったら熱いうちにジャーと水で洗う。
ガリガリしてもまったく問題なし。
豪快に使えるこのフライパンがわたしは
大好きです。

国内正規品と並行輸入品、わたしの見解ですが
「見た目も使い心地も変わらない」
と思うのですがどうでしょう。

では。

↓過去記事です。


↓今回、買ったのはこれ。

にほんブログ村テーマ 鉄フライパン・鉄鍋へ
鉄フライパン・鉄鍋
にほんブログ村テーマ シンプルライフへ
シンプルライフ

ブログ村のランキングに参加しています。



__________
ラインでこのブログの更新通知が受け取れます!