d_160821_03

部屋の雰囲気は、照明で決まると思っています。

建売だった我が家は、ここに引っ越して来た当時、
全部の部屋にシーリングライトが取り付けてありました。
購入するとなると、結構な値段ですので、
ありがたいことではあったのですが、
そのまま夜になり、照明を点けた時にとても落ち着きませんでした。
白い明かりに慣れていないせいもあったのかもしれません。
ひとまず、リビングの照明だけ、手持ちのものに替えました。

d_160821_01

そうそうこの感じと思ったものです。

ただ、リビングには照明のコンセントが2つ。
それを2つともペンダントライトにしたものだから、
夜になると暗かったのです。

d_160821_04

そこで取り入れたのが、間接照明でした。
部屋の角となる場所3カ所に。照明は88-90Products
2カ所はタイマーで自動点灯、消灯するようにしています。

d_160821_07

部屋の真ん中となる部分には、krankのオリジナルライト。

d_160821_11

照明が並ぶ図。
灯りが点いていなくても、雰囲気のあるものが好きです。

多灯にする事で陰影が出来、空間に奥行きが生まれ
部屋を広く見せる効果もあるとか。

夜の部屋にもう少し雰囲気をプラスしたいと感じたら、
照明の色を変えてみる、あるいはひとつ間接照明をプラスしてみるのも
いいかもしれません。

d_160821_02

そうそう・・・夏休み始まってすぐに作った図書コーナー。
先日遊びに来た父に「散らかってるなー」と言われまして
「どこが?」と聞いたら「ここ」と図書コーナーを指さすではありませんか。
そう言われたら気になりだして、
チェストの横に丸椅子を置き、移動させました。

確かに部屋に入って一番に視線が行く場所。
フォーカルポイントと言うそうですが、
ここさえ整っていれば部屋がキレイに見えるとか言いますもんね。
と言うことは、ここが雑多だったので
部屋が散らかって見えたのかもしれません。

d_160821_10

本を目線からはずした位置に置いただけですが、
ずいぶんスッキリしたような気がします。

にほんブログ村テーマ 間接照明へ
間接照明
にほんブログ村テーマ 照明・ライトニングへ
照明・ライトニング

↓バナーをポチっとしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ