ライン川下り
商都フランクフルトに泊り、西30kmの世界遺産の「ライン川下り」を楽しむ。
リューデスハイムからゴアハウゼンの間観光船に約1.5時間乗る。砦跡、関税署など10あまりの古城、1面のブドー畑、紅葉を楽しむ。

リューデスハイムの街ライン川下り

(左の図)  リュデスハイムの街            (右の図)ライン川下り



ハイデルベルグ
ネッカー川にかかる古い橋、ぎっしり並んだ赤い屋根、古城の跡。
1386年に建てられた大学町である。静かな、小さな街、朝散歩する。
ハイデルベルグ城ハイデルベルグの町

  (左の図)ハイデルベルグ城           (右の図)ハイデルベルクの街




ローテンブルグ
タウバー川、赤い屋根の家々。美しい古都。
アウグスブルグ
収穫祭などでホテル事情が悪いという理由でミュンヘンに泊らずに代わりにアウグスブルグに2連泊した。普段はよらない町である。この町は皇帝アウグストスにちなんだ古都であり商業の町だ。15世紀フッガー家が金融業で支配していた。落ち着いた美しい町である。由緒ある建物のフッガー銀行があった。アウグスブルグはディーゼル・エンジンが生まれたところ。近代産業を大きくかえたディーゼル・エンジンはこの人が完成させたモーターである。
ミュンヘンはオクトーバーフェスト秋の収穫祭で町は賑やかであった。夕食は、ビールと音楽と豚の丸焼きの料理を楽しんだ。最後の夜、街を30分散歩する。

ローテンブルグ2ローテンブルグノイシュバインシュタイン山と湖




左の2枚:ローテンブルグ、        右の2枚:シュバンガウ


シュバンガウ
ドイツ観光の目玉のノイシュバインシュタイン城と世界遺産であるヴィース教会を訪ねた。前者は
バイエルン国王ルードヴィッヒ2世が建てた城である。
1886年に立派なお城を建てたものだ。アルプスの山々、湖を背景に山の中に白亜のお城が出現し感動した。紅葉に恵まれた。

ドイツはきれいな国である。
ドイツは今後どうなるのか。今のところ不勉強で分からない。ヨーロッパ連合の1員になる努力をしている。
外国人問題、東西ドイツの経済、体制統合・融和問題などあるようだ。
街ごとに自治意識が強く、伝統や風習に誇りを持っている。
ドレスデン、アウスブルグでは都電が残され走っている。自動車は小型車が多い。石畳の道路が多い。
自動車道路も簡易な造りである。古いものが保存されたり、修復されている。
豊かな生活、生き方など見習う点が多い。
今回の旅行は僅かであるがドイツを考える縁となった。

旅行でお友達になった金安氏から旅行のビデオを2時間にまとめたDVDを貰いうけ感謝している。また、海外旅行は頭をリフレッシュさせる特効薬。また、旅は人生を長くする。充実させる。という話を彼から聞いた。100回以上も海外旅行を経験された旅の達人である。
同じツアーでお友達になった田村氏も同年代でキリマンジャロ山、マッキンリー山、アコンガクア山を踏破された由。私は昨年で日本百名山を完登したことをお話した。
よいお仲間に恵まれ楽しい旅行であった。