高橋直之のホームページへようこそ

経営コンサルタント(中小企業の経理・会計の支援,パソコン会計ソフトの導入お手伝いします。御社のホームページをTOPに表示します。:電話080ー3244ー3795)〜研究開発〜環境〜中小企業診断士〜)  2014年6月に軽井沢に移住してきました。since2005.02.03

2013年03月

経営コーチング

経営コーチングという言葉が最近言われるようになった。
コーチングとコンサルティングの違い。
クライアントのビジネスを成功に導くという点ではコーチングとコンサルティングは似ている。しかしその性質は違う。
コンサルティングの場合、クライアントが抱えている問題に対してその解決策を提示する。
一方、コーチングとは、問題解決するのは同じでもそのプロセスが違う。
ただ、解決策を教えるだけでなく、解決できるように導き、クライアントを成長させるのがコーチングであるという。
その場限りでなく未来に起こる問題にも対応出来るようにクライアントを成長させるのがコーチングの本当の目的といわれる。
コンサルティングでも問題解決には直ぐにはいかなく困難が伴うのに、コーチングが本当にできるのか。問題解決し、成長することを願うのはコンサルティングでも同じであろう。
経営コーチングを始めた仲間を紹介すると共にその人の成功を願うのみである。

旧軽井沢三笠ハウス理事長日記

平成22年(2010)8月7日旧軽井沢三笠ハウスの管理組合理事長になる。
2000年12月竣工地上4階建総戸数34戸のマンションの管理組合理事会の運営である。
築12年で大規模修繕の時期が到来し、3年前から準備の勉強会を理事さんとする。
23年12月 岩田設計による建物簡易調査実施
24年5月20日 大規模修繕工事設計・監理会社選定
24年10月18日、19日蟯覯莠劼砲茲觀物診断実施
屋上防水層の劣化、外壁モルタル・コンクリのひび割れ、バルコニー、シーリングの劣化がある。
どうゆう工事をするか設計して貰う。
25年3月24日理事会
工事範囲、工事内容(数量、単価)、概算工事費試算、業者選定(3社)に関し打ち合わせる。
今後の予定
業者見積依頼4/15、現場説明4/19、入札5/15
理事会5/26
理事会(見積もり調整)6/9
臨時総会7月7日(6月23日)
理事会決算予算7月21日
定期総会8月18日
工事(9月〜11月)

創業の心得

小平商工会創業塾平成25年2月23日に参加し、岩岡博徳氏の講座を聞いた。
以下項目を要約する。
1 目標を持つ
2 canとwantを使い分ける
3 創業のアイデアをもつ
4 ビジネスプランをつくる
5 広告・宣伝
6 値段をきめ方
7 集客
8 準備
9 当たり前のことする
10 ネットワークを大事に
大変参考になりました。
5の広告宣伝に関しIT活用講座(ホームページによる集客ついて)を翌日聞いた。
SEOについて「私のホームページ」の評価を聞いた。


検索エンジンの限界と賢い使い方

検索エンジンはキーワードを入れるとキーワードを含む数千から数億ページの情報を瞬時に選び・並べ替え順に表示して・結果を多数個提供するサービスである。必要な情報を得るために大変便利なツールなので多くの人が利用している。
情報に色々あり個々の情報に本来上下関係はない。質の点で差がある。頻繁に利用される情報は価値あるとみなされてランク付けされる。全部読む時間も無く上位情報だけみる。どういう評価基準かによって順位は前後するであろう。評価の妥当性についても意見の分かれるところである。一応検索エンジン各社が自分の基準で決めている。多数の人が見るサイトは人気があり貴重な情報とみなされる。多数決で決めるようなものである。広告媒体の1つでもある。上位に出すSEO(検索最適化)産業も多数出てきている。
検索エンジンの独占が進み権力を持つと情報の偏向や操作等が入り込みやすい。検索数の多いキーワードをBig keyword、Middle keywordという。前者は億単位の検索数、後者は数10万件〜数千万件の検索結果数である。多すぎると誰も全部読まないので上位に表示される上記のような競争が生じる。情報はどんどん増え兆の単位になる問題がある。
一方「ロングテール」 キイーワードとは検索の頻度の少ないキーワードに属するものを言い、売上で言えば売上高の割合が小さい商品、特殊な特異な商品等の情報に関するもので数千単位検索数である。ロングテールは地域を限る、あるいは条件付け絞り込む等キーワードを複合させると求める情報に速やかに辿りつける。これも検索エンジンでできる。

人間は本来多様で求めるものも色々である。だが、単一文化や行動様式に独占されると少数派は下に追いやられるリスクも大きくなる。
評価とか価値について唯一正しいと言えない事もままある。「唯一正しい」は存在しない。異なった考え方が無い社会は危険がある。バランスが必要であろう。グローバルとローカルの中間の存在も認める必要がある。
そのような観点より検索エンジンに関しても色々の評価をする複数の検索エンジンが出て来ることが望ましいと言われている。現在はGOOGLEやYahooが人気あり独占している。
又、たまに、こんな情報が上位でてきてる、求めている情報でないものが選択提示されるなど多々経験れた方もいると思います。
検索エンジンの情報は早いし色々な情報を得て順位は一応の参考目安と考え、複数の中から自分で判断することにしている。
利用する側も検索エンジンの限界を弁え情報を判断する自主的自立的検索を行う必要があろう。

ホームページ検索

私が友人と一緒に作成したホームページ(HP)を検索エンジンGoogleで検索したところ検索総数約1億件の内その順位が1位となった。
TOPになることを狙ってこのHPを我々は制作した。だが、まさか情報件数が1億件の中、競合の沢山ある中でそんなに簡単にTOPになるとは驚愕している。
QHMというHP制作ソフトを使い、常識的なことをちゃんとやったに過ぎない。当然の正当な評価であると思うが、このような評価を受けた事が空恐ろしくなる。

検索エンジンのランキングは一私企業の評価でこうゆうこともありうる。ランキングの基準は秘密で公開されてない。聞く処によると学術論文で引用される文献が多いほどその論文は高く評価されることをHPのランキング基準に応用してあるそうだ。専門家に聞いてもはっきりした返事が返ってこない。謎である。

何方か教えて下さる方はいないのだろうか。
そのHPは前に述べた記事[検索で上位に出るホームページ」に記載した
Archives
Recent Comments
Profile
aun1/愛犬リク
略歴
1936年7月4日生
1960年3月九州大学工学部応用化学卒
1996年9月大手M重工業蠶蠻退職
1994年4月中小企業診断士取得、96年〜自営
2001年9月7日株式会社アウン・プエンテ取締役
東京都杉並区在住
得意な分野:研究開発、化学工業、環境、経営、パソコン会計・経理、など
主な著書
●生産管理実務便覧(共著)/通産資料調査会
●廃棄物の処理技術(共著)/工業調査会
●石油化学原料対策(共著)/石油学会
趣味:百名山(2007.9完登)海外旅行、ジョギング
団体:自分史永和会
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

知人のホームページ
  • ライブドアブログ