膀胱がん闘病記10(平成28年10月27日)
佐久医療センター外来診療(10月25日)の結果、4から5月に実施したBCG療法が奏効したようだ。膀胱の右壁がんがあり(単発)ほかは無かった。抑えられた。
生検の結果は単発のガンで原発巣は進行の遅いlow グレードとの事。 今のところBCG Rejistantの範囲。故に、3ヶ月後の経過観察となる。
抗がん剤治療にならずよかった。6ヶ月後はわからない。ひとまず安心、喜んだ。
次回12月18日膀胱鏡検査で進行を検査する。2から5年の卒業まで先は長い。

医師の許可を得,11月23日からポーランド旅行(8日間)を楽しむ。ワルシャワからクラクフを観光、アウシュヴィッツ博物館を訪れる。パスポートも来年3月有効期限切れなのでこれが最後の海外旅行となろう。旅ワクワクする。

生きていること、生かされていることを、見えざる神に唯感謝する。