高橋直之のホームページへようこそ

経営コンサルタント(中小企業の経理・会計の支援,パソコン会計ソフトの導入お手伝いします。御社のホームページをTOPに表示します。:電話080ー3244ー3795)〜研究開発〜環境〜中小企業診断士〜)  2014年6月に軽井沢に移住してきました。since2005.02.03

ジョギング

石尊山

石尊山
浅間山の中腹に頭をもたげ、あまり目立たない山。1667m
追分の第2林道1300mから登り赤滝、血の池経由石尊山の頂上まで約2時間登り下りは40分。
頂上からの展望が開ける。追分、軽井沢が一望できる。湧き水はミネラルを含む冷泉で鉄分を含む。流れくだるうちに酸化して茶色になり赤滝とよばれる。
高山植物が多いです。綺麗な蝶アサギマダラを見かけ感動した。この蝶は2000mを沖縄当たりから移動してくるそうだ。透明の綺麗な模様の蝶が舞う。
山岳信仰の遺構もある。

走る

ランニングについて
ランニングは完璧な運動と思う。自分のペースでいつまでも続けられるで終生スポーツといえる。楽しんで行う必要がある。
ランニングは生きることと繋がる。走っているときは幸せな時間。走った後は頭すっきり、精神的充実感にあふれる。
心と身体への苦痛と困難が繋がるのがランニングの楽しみ。走りながら自分の思考
が自由にできる。ランニングは健全な精神をつくる。
長寿につながると信じている。コレステロールなどが減り低脂肪につながる。心肺機能を高める。これらは結果的に免疫性を高める。
動脈硬化症詰り無くす。酸素生成能力低下ゆるやかになる。心臓異常がへる。などの利点がある。
初めて走るときの注意。
2キロ走ってみる。30秒走り、1分間歩くを繰り返す。疲労を感じない程度。これを2〜3週間続ける。
ウオーミングアップ30分する、ストレッチは柔軟性高める。腹筋背筋のストレチ体操を腰みがきいう。

諏訪湖

2007・10・2〜3諏訪湖合宿。下諏訪のに泊まる。
諏訪湖は海抜759m、周囲約16km。
2日反時計周り1周、3日時計回り1周走る。

走友会2007年3月例会

2007.3.13(火)海からの距離27kmの三郷(10:15)から金町(11:30)17kmまで10km江戸川を吉田氏と走る。これで江戸川を関宿から海まで3回で40kmを完走した。
土手に菜の花が咲き乱れている。江戸川は、250m毎に海からの距離の標識ガあり、走りやすいよいジョギング コースである。
帝釈天を見物し寅さん(銅像)に会う。中華料理店四川でマーボ豆腐の昼食。
来月例会は花見ジョギング小金井公園を予定している。

走友会2007年2月例会

2007年2月19日晴れ。江戸川を走る。
常磐線金町駅から走る。柴又帝釈天、市川橋〜総武本線〜江戸川大橋〜江戸川水門〜旧江戸川今井橋〜浦安橋〜JR京葉線葛西臨海公園まで18km。
次回:江戸川を三郷から金町まで走る予定。その上流は関宿から三郷。

走ること

昨年(2007年)12月に、「70代の挑戦」として何時も1緒に走っている吉田氏とニューヨークマラソンまたはホノルルを走ることを決意した。出来れば来年の東京マラソンも。今の体の状態は20kmをふうふう言って走っている状態である。これを42.195kmフルマラソン走りきるには70歳の肉体を鍛錬して鍛えなおす必要がある。本当にできるだろうか一抹の不安が頭をよぎる。1年でフルを走れる身体にできることが実証できればそれなりに大きな成果といえる。

フルマラソンを始めて走ったのは1995年12月10日ホノルルマラソンである。11年前59歳の時である。タイムは5時間14分で26986人中9212番55歳から59歳の男子676名中325位であった。タイム、順位はどうでもよく完走できたことが大変嬉しかった。その後ハーフマラソには何回か参加したがフルマラソンの機会がなく年月がたった。そのときは1年前から準備をし毎月100から150km走るトレーニングやランニングマシーン、自転車こぎ、筋力トレーニングをした。

その後のレース熊谷さくらマラソン(ハーフ)1999年平成11年2月21日(62歳)タイム1時間57分。

ホノルルマラソンに戻る。
ワイキキの海岸アラモアナショピングセンターを朝暗い中5時に号砲がなり3万人に近い人が一斉に走り出す。太陽が昇り時間とともに温度が上がる。身体も暑くなる。走力のある人は朝の涼しいうちにゴールできるが初心者は遅いため暑い中走らざるを得ない。ダイヤモンドヘッドを朝日を拝みながら通過する。郊外の20km折り返し点を過ぎる頃からじりじりと太陽とアスファルトが照りつける。沿道の応援者に水道ホースの水を頭からかけて貰ったりしながら走る。30km近くになると足が疲れてくるのが分かる。ぜんぜん歩けなくなることはないが走ることもできない疲労状態である。すると40kmの標識が見えてくる。身体は疲れ、走る意思はあるが足がなかなか動かず歩いてる状態である。周りの声援を受け走ろうとするが体がついていかない。そういう状態でカピオラニ公園のゴールテープを切る。
やっと走った。完走したという達成感 喜びが湧いてくる。その一方お腹はすいているのに体が疲れ生理的に食事したものおにぎりなどを吐いてしまう。1夜明け脚の疲れもとれ体全体がハイな状態に戻る。街はランナーでごった返している。新聞は号外を出しマラソンを報じている。1部貰い自分の記録を見る。達成した喜びがじわじわとこみ上げてくる。

1995年は5月の連休に屋久島の宮之浦岳に登る。吉田氏他昭和11年生まれの友人が数名できる。その後吉田氏とは二人の走友会を結成して毎月1回走っている。11年続いている。
健康のため運動するのでなく運動している結果健康であると思う。
今年も年頭の辞に述べたフルマラソンと毎月のジョギング、トレーニング、水泳と百名山と忙しい目標を掲げた。
目標を掲げないと怠けるので目標を掲げることにしている。

私自身は運動能力は劣っており、バレーボール、ソフトボールなどのチームプレイは特に苦手であり自分に向いてない。
学生時代山登りは好きで日曜日など近場の博多の周辺の山を登る。九州に高い山はなく卒業間際に北アルプス白馬〜唐松山等及び薬師岳登山等2度した。

サラリーマン時代はブランクである。55歳から山登りを再開する。再開し始めはきつかったが回数を繰り返すうちに体力もつき楽しくなる。定年近くなり休日を利用して2,3泊の遠出をするようになる。初級から上級に登山技術が向上した。山登りは5時間かけ2000mの高度上り3時間かけて降ることが多い。マラソンは2時間から5時間かけて20から40kmをゆっくり走る。いづれもハードなスポーツで体力が要る。足腰関節など鍛えストレッチで柔軟な体に常に保つ。腹筋、背筋の筋力を付ける。心肺機能高める。心拍数120位で自転車漕ぎではハアハア言わないようにする。又苦しみを耐える気力が必要である。覚悟を決める。苦しみはゴールした時登頂をし下りてきた時半減する。今年でハードな運動を卒業し来年からは気楽なウオーキング、ジョギングに切り替える予定である。

ウオーキングと走りを混ぜ月150km走る。有酸素運動を30分つづける。自動車、エレベーターを利用しない。階段の上り下りは心臓のトレーニングである。前の年よりハードに回数、時間を増やしトレーニングする。

以下健康法を思いつくまま。
買い物、料理、パソコンは頭の活性化である。経理・会計の仕事を続ける。恋愛もよい・・。

入浴、睡眠に気を使う。バランスが大事。目標を持つ。

食事に気を使う。野菜、果物、魚。肉、油、塩、糖、アルコールは注意。腹6分目
健康診断を受ける。月1回歯の健診・治療。

山登りと走るは私の体作りでもある。百名山を今年中に終わる予定。後8山である。
趣味を生きがいにする。芸術を何かする。



走友会2007年1月例会

2007年1月16日(火)快晴
荒川右岸コース25km
赤羽まで電車。新荒川大橋の北本通りを抜け新荒川大橋(10:10)〜岩淵水門〜鹿浜橋〜江北橋〜扇大橋〜西新井橋〜千住大橋〜[常磐線][東武伊勢崎線]〜新掘切橋,堀切橋〜四つ木橋〜新四つ木橋〜木根川橋〜平井新橋〜[総武本線]〜小松川橋〜荒川大橋〜船堀橋〜[都営新宿線]〜葛西橋(13:30)〜東西線南砂町駅。
東京には荒川、多摩川等川が多く、それに付随して橋が多い事が印象に残る。
12月例会から20km以上を走ることにした。70代の挑戦と称す。今年末にニューヨークマラソンかホノルルマラソンを目標にしている。

2007年1月4日(火)晴れ
多摩川右岸コース20km
八王子乗り換え八高線小宮下車。多摩大橋(11:40)〜[中央本線]〜立日橋〜日野橋〜多摩川橋〜石田大橋〜府中四谷橋〜関戸橋渡り左岸に行く〜[南武線]〜是政橋〜稲城大橋〜多摩川原橋〜[京王相模原線]〜多摩水道橋〜小田急登戸駅(15:30)
右岸コースは支流の川が入り込み道が錯綜し行き止まりが多い。
関戸橋で吉田さんとはぐれて一人で走る。

2006年12月29日(金)晴れ
多摩川右岸コース23km
小田急登戸駅スタート。多摩川橋〜新二子橋〜二子橋〜新多摩川橋〜丸子橋〜平間橋〜多摩川大橋〜六郷橋〜大師橋〜高速大師橋

川崎大師参詣。等々力緑地1周。
Archives
Recent Comments
Profile
aun1/愛犬リク
略歴
1936年7月4日生
1960年3月九州大学工学部応用化学卒
1996年9月大手M重工業蠶蠻退職
1994年4月中小企業診断士取得、96年〜自営
2001年9月7日株式会社アウン・プエンテ取締役
東京都杉並区在住
得意な分野:研究開発、化学工業、環境、経営、パソコン会計・経理、など
主な著書
●生産管理実務便覧(共著)/通産資料調査会
●廃棄物の処理技術(共著)/工業調査会
●石油化学原料対策(共著)/石油学会
趣味:百名山(2007.9完登)海外旅行、ジョギング
団体:自分史永和会
訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

知人のホームページ
  • ライブドアブログ