DSC05054

太地漁港を見下ろせる高台の道路わきに「背美流れ」の碑が建っている。Kさんはここに我々を連れて行ってくれた。これは太地の古式捕鯨を止めるきっかけになった遭難事故の碑だ。

明治11年12月24日、太地の鯨方総勢184名が19隻の漁船に分乗し、早朝、出航する。長い時間海上で待っているうちに、山見から「子持ちの背美鯨(セミクジラ)発見」の合図がある。既に時間は夕方になっていた。海上は大分荒れてきていたが、急いで陣形を敷いて、山檀那の指示を待つ。

この年は捕獲量が大変に少なく、村民の暮らしも相当困窮していた。しかし、発見した鯨は子持ちの上に、大きかったので仕留めるには危険が伴うことが予想された。山見での二人の意見は真っ向から対立していた。相当長い議論がされた後、断が下され捕獲の指示がでた。荒れる海上で待っていた男達は決死の追い込みを開始する。

しかし、驚いた親鯨が暴れだし、頭部に網をかけたまま、沖に沖に向かい、船も追走する。海は益々荒れ狂った。夜を徹しての死闘の末、翌朝の10時に鯨を捕らえることが出来た。直ちに2隻の船に結わえて港に戻ろうとしたが、既に船団は荒れ狂う黒潮に漂い、戻ることが出来なくなった。結局、鯨を放さざるをえなくなってしまった。

2日目の夜、西風が吹き荒れ、船同士を結んでいたものの、激突が相次ぎ、沈没が続出した。幸いにして漁船に救われた者、伊豆七島に漂着し、九死に一生を得た者もいたが、犠牲者の数は110余名となった。一家の大黒柱を失った寡婦たちが家の前を走り狂い、何日間も泣き叫んだという記録が残っている。

Kさんの曾お爺さんも伊豆の神津島に漂着して生還した一人だという。Kさんは碑の清掃をずーと続けている。近いうちに神津島を訪ねる予定だとも言った。