2008年01月29日

ボホール島の新空港3

今ボホール島は観光ブームの真っ只中〜♪新空港も建設が進み、新たなリゾートとしてマニラからのアクセスも便利になります。海もセブ島より澄んでいて、ダイビングスポットも沢山あり、観光地としてはチョコレートヒル、世界一小さいメガネザルターシャーの見学等、また、団塊世代のリタイヤメント生活の拠点としても開発が進みつつ有ります。

マニラ郊外に比べると、まだ開発途上ですが、まったりと生活する拠点には最適な環境です。

是非一度フィリピンに旅行される方は、一度立ち寄ってみられれば、ボホール島の良さが病みつきになると思います。

auora05211250 at 23:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!フィリピン旅行 

2007年06月03日

フィリピンでのリタイアメント生活のお勧め〜♪3

海外での老後生活を!という方が今日本の団塊の世代を中心に、増加傾向にありますね。まだフィリピンはメジャーな部類には入っていませんが、海外の人気ロングステイベスト5は、1)オーストラリア 2)マレーシア 3)ハワイ 4)ニュージーランド 5)タイ 順位となっています。国によってビザの取得もまちまちですが、海外移住のページ等に、掲載されていますので、ここでは、割愛させていただきます。
フリピンでは年齢によって半年間の供託金のような性格でマニラの銀行に500万円〜600万円を預託し、その後、住宅購入資金として預出する事ができます。この条件と年金手帳の確認でリタイアメントビザの取得ができます。巷ではフィリピンは治安が悪いので心配という情報が流れていますが、日本以外の海外では大なり小なり日本ほど治安の良いところは見受けられません。その国によって治安の悪い場所というのが存在し、その場所には、近寄らない注意が必要です。

フィリピンでもラグナ(マニラの南西)やメトロマニラ郊外では、比較的治安は安定しています。但し、郷に入れば郷に従えと言う諺がある様に、その地域に合わせた生活習慣を身に付ける事が重要です。ルソン島以外にもボホール島など他の島にもリタイアメントライフ向けの施設が、建設ブームとなって、これから増えていく事でしょう。

自分で見つけるのも一つの方法ですが、マニラ日本人会や、現地で営業してる邦人オーナーの会社を利用するのも詐欺などの被害を避ける得策です。

現地にいる邦人の中には、日本から来る観光客や、移住希望者に近寄り儲け話を持ちかけてくる輩がいますので、要注意が必要です。儲かる話があれば自分でするはずですからね。うまい話にはなんらかの、嘘が存在しています。絶対に耳を傾けないように注意が必要です。

ロングステイは特に準備をしなくてもビザは簡単に延長できますので、(観光ビザ21日以内はビザ必要ない。延長は1ヶ月更新で¥2000位最長1年以内)

まず自分に適した場所は何処か、自分の目で見て周るのが、最適な方法です。

土地や家は外国人が購入(自分名義)する事は出来ません。コンドミニアムは例外として自分名義の購入可能です。最適な方法は、土地を25年契約とかで借り受けその上に家を建てるか、アパートを借り受ける方法です。但し土地、アパートのオーナーの資産状況をある程度把握しておいたほうが良いです。というのは例えば10年契約でアパートを借りたとしましょう。契約によっては年払いや、一括払いで、支払いをしたとしましょう。その後オーナーがお金の必要な事態が発生した時に、貴方に借用料の値上げや、1年払い済みであれば、その後の契約残留期間の支払いの求めてきたりするのは、日常茶飯事です。

もともと不動産と言う職業が無いフィリピンでは、個人契約等が一般なので、弁護士を雇って契約することが一般的ですが、日本と違って地元の弁護士は余り信用できません。実績のある弁護士を雇う必要があります。

家の建築に関しても、大工の棟梁との契約の場合建築過程で行程終了後ごとに支払いするのが一般的で、建築用の購入材料を横流ししてしまう、悪徳大工や、その下で働く労働者も多く見受けられます。その他一括で工事代金を支払うと危険な場合もあります。小さな事業者だと倒産や、現金を受け取って姿を暗ます輩もいない事はないですから、信用のおける大工を雇う事は必須条件です。工務店などの大きなデベロッパーと最終工程までの契約をする方法もありますが、工務店はブローカーのみで実際に工事を請け負わないで下請けに仕事を出し多数料だけを抜く手法も中にはあり、建設金額が高くなります。安心料として高い工事料を払うか、大工に任せて毎日自分又は、信用の置ける人物を現場に置き監視するかで工事料金は変わってきます。

以前はマニラ近郊や、田舎で建設途中のまま放置されている物件を多く見受けられましたが、これらは、日本に働きに行っている通称ジャパ行きさんが、お金が足りなくて中断しているもので、お金が入ったら又継続して建設するといった手法がとられていたからです。

建物は日本の品質と比べると比較になりませんが、その分建設費も五分の一程度で建ちます。安いものでは200万円もあれば一軒家が建設できますが、人によって比較の目が違いますので、飽くまで私の見解での目安です。

とにかくお金の匂いには敏感で、近所の一般人でもお金の流れる事には関わっておこぼれに預かろうとするので、自分で出来ることは自分でする気構えが重要です。

例えば中古の車が欲しいなと近所の人間に話したとしましょう、すると何処からか中古車の情報を仕入れてきてこの車は如何か?と進めてきます。もしその車を気に入って購入するとなると、車のオーナーの販売価格より値段が上がっていたりします。フィリピン人は恥をかくことを非常に嫌います。貴方が直接オーナーに値段交渉をして実際の価格が分かったとしましょう。虚の親切で取り持ってくれた近所の住人は恥をかく事になりますよね。
これがトラブルの元になります。貴方が知らないふりをして言い値で買った場合は問題ないですが、仲介の住人に攻め寄ると殺傷事件にも発展し兼ねないという事です。

タイトルから外れてしまったので、この辺で終わりに致します。

何か相談事あれば即答は出来ませんが、遠慮なく書き込みしてください。私の知ってる限り、とフィリピン人の友人からのアドバイスを基にご返答させて頂きます。

auora05211250@gemini.livedoor.com




auora05211250 at 15:43|PermalinkComments(0)TrackBack(1)clip!フィリピン旅行 

2007年04月15日

フィリピン セブ島の宿泊

f0c5d910.gifフィリピンは知らない方でも、セブ島と言えば知ってる方は多いと思います。そのセブ島のアップタウンに割安で、設備も整ったホテルを紹介しまう。

1)バケーション ホテル セブ Juana Osmena cor,Don jose Avila st, cebu city
TEL 253-2766,7506
S(シングル)1052ペソ T(ツイン)1264ペソ 2007年3月現在
エアコン、電話、ミニバー、ケーブルTV付き庭にはブーゲンビリアの花が咲き誇っている、ブィラ風のプチホテル

2)モンテベリオ ホテル    Banilad cebu city
TEL251-3681 3689
スタンダードS・W共朝食付き 1700ペソ DXS・W共朝食付き2300ペソ
                           2000年11月現在
レストラン、プール完備

3)ホテル アジア       ♯11 Don jose Avila st,capitol site cebu city
TEL255-8536 E-mail :kunio@col.ne.ph
S(シングル)798ペソ DX(デラックス)1198ペソ
hotel asia(現地ではエイシアと呼ぶ)の販売用コンドミニアムを解放136平米 3B(スリーベッドルーム)日本式に呼べば3DK又は3LDKの広さ。7人宿泊可能で一泊5000ペソ、尚5日前の予約が必要で電話又はEメール(日本語記入可能)にて予約をとの事。
セブ、マクタン島の観光リゾートホテルが、高級感を誇っていますが、宿泊料金も最低¥10,000オーバーで、お金に余裕のある方はそちらにどうぞ!私のお薦めのホテルは設備も十分整っており、リーズナブルな割に満足のいくホテルでバケーションホテルは穴場的存在です。

料金の変動がありますので、予約前に確認を〜!では良い旅を〜♪

2007年03月26日

フィリピン(プエルトガレラ)迄の交通手段

070ed0f8.jpg日本からマニラへの到着便は、早くて午後の2時位なので、直行でプエルトガレラに行くには時間的に無理があります。プエルトガレラに向かう船はバンカーボートで夕暮れには出航しません。その為マニラで一泊する事になりますが、そこでSi-Katのダイレクトバスをお勧めします。バタンガスまでのダイレクトバスとプエルトガレラのムーリエ桟橋迄のセット、毎朝AM8:00 マニラ エルミタ地区マビニST,シティーステイトタワーホテル前出発を利用すれば片道600ペソです。復路はムーリエ桟橋AM8:00出発で料金は同じく600ペソです。

アクセス Si-Kat Office Ermita City State Tower Hotel 02-521-3344

時間の変更も偶に、あるので利用の都度確認を!

auora05211250 at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2007年03月18日

帰ってきた ASAWKO 

91c90062.jpg先月の中旬から渡比していたASAWAKOが、漸く帰ってきました。約1ヶ月の旅路です。会社のピノイとも一度は引き合わせて知人になることを願っています。彼らも現地の家族と離ればなれになって働いている訳ですから、当然ホームシックになることもあります。彼らの住んでいるところはビコールという地域で、マヨンボルケーノ(火山)の近くであり、雨期の豪雨で濁流が押し寄せ、命を落とした人々も多く出たそうです。

日本の様に重機が揃っているわけでも無く、捜索や救助は主に人界戦術に頼る他は有りません。国の貧困と言うよりは、一部の裕福層に、潤ったお金があるだけで、各地の自治体も余裕のある財源ができるわけでもなく援助活動も地域のボランティアに頼るといった状況です。
発展途上国の多くが自力で立ち直るほどの余力は殆ど有りません。先進国の多くは援助をしていますが、その多くは資金を拠出するだけで、その後のプロジェクトのバックアップまではしていない為、たとえば重機を補助してもその後の故障や、メンテナンスまではしていないため、動かなくなった機械は放置されているのが現実です。もっと官民協力の下、資金を巧く使っていってほしいものですね。

2007年03月01日

フィリピンからの研修生来日〜♪5

a97b558e.gif2007、1月の終わりに、私の勤務している会社に、二名のフィリピーノが、研修生として、やって来ました。22歳と26歳のどちらも妻子のある若者ですが、非常に勤勉で、一年後の国家試験合格を目指して、仕事に、語学に頑張っています。偶々、先月朝のロッカールームで彼ら二人と遭遇し、私がタガログ語で、語りかけると、驚いた顔をし、何故タガログ語が、話せるのですか?と質問してきましたので、フィリピンに行ったことが有るからだよ。と答えると、そこからは怒濤のタガログ語が放たれてきました。周りは日本人ばかりで、少数の英語堪能な人を除けば、日本語しか通じない状況の中で、久しぶりに話すお国の言葉が懐かしかったのでしょうね。

それからは親しくプライベート時間にお付き合いをする時間を作り、食事に、居住地近くの食材屋さんなど、手短に教えてあげたりと、彼らも少しは充実した日本での生活が維持出来るようになってきたのではないかと、手前味噌で考えております。

彼らは毎日雨の日も風の日も、臆することなく自転車で通勤して、しかも遅刻する事も無く真面目に、勤務しています。

今の日本の若者は、フリーターとか、プータローと恥ずかしさも無く言い放っていますが、少しは彼らの勤勉さを見習ってくれれば、日本の未来も暗くはならないのですが、如何なものでしょうか!?

生ぬるい温室生活にどっぷりと浸かった、甘えの強い今の日本の若輩世代も、もう一度ハングリー精神を奮い立たせて欲しいと、願うのは私だけでしょうか?

フィリピンと言うワードだけで、眉をひそめる大人達もこんな素晴らしい若者が、フィリピンからやって来て、日本の技術を学んで、自国の発展に貢献しようと家族と離ればなれになって頑張っている姿を思い浮かべて下さい。

auora05211250 at 21:08|PermalinkComments(0)TrackBack(2)clip!

2007年01月18日

フィリピンのマニラ空港に降りたってからの安全な乗り物5

b08b3ea2.jpg空港に到着後、イミグレーション(入管)を無事通過し、税関も問題なく通り過ぎた後、其処に待ち受けているのは、多くの危険です。空港職員、警察、タクシーの客引きポーターなどあなたから金をせしめようと、頼みもしないのに、声をかけてきます。チップ欲しさだけならまだ良いのですが、薦められるままに車に乗ると、運が良ければ身ぐるみ剥がされ町はずれに置いてけぼり、最悪明日の新聞の片隅に邦人死亡と載ることになります。中には善人もいるでしょうが、あなたに見分けがつきますか?私には見分けがつきません。

ホテルや、現地ツーリスト会社、日本からのパッケージツアーで名前を書いたプラカードを掲げて待合い場所で待っている者もいますが、100%安全かと言えばそうでも有りません。
偶にスタッフ仲間から情報が漏洩して良からぬ連中が、先回りしてあなたの名前をかざして待ち伏せする事もあるのです。例を挙げればきりがないのでこの辺で割愛しますが、お勧めの安全対策は空港タクシーに乗るか、私一押しのねもとレストランから事前予約しておいて送迎して貰うことです。これだとまず間違い有りません。

2007年01月14日

フィリピン(ボホール島)エンジョイ〜♪ 5

7607a53d.jpgボホール島に滞在される方に、朗報です。知人のママさんの経営するレストランが、タグビララン市内にオープンしてまだそんなに年数が経っていません。一度お立ち寄りを〜♪
住所
C,P,G,NORTH AVE,TAGUBILARAN CITY BOHOL,PHIL
店名
KUSINA NATIRO IHAW-IHAW AND RESTAURANT
電話
038-235-6346
038-235-6221
セルホン
092-0878-8609
ママさんは、以前はマニラ方面でガイドをしていたキャリアがあり、旅の色んな相談にも乗ってくれるので心強いですよ。
現在営業時間は、夜のみとなっていますが、順次昼も営業予定。
店内では生バンドと男女ボーカルによる演奏(日時によって演目変更)があり、食事だけでなく音楽好きには堪らない魅力です。
ボホール滞在の手配も親身に相談に乗ってくれるので、ボホール島訪問が初めての方もリピーターの方も、未体験エリアのパッケージツアーに無い滞在が出来るかもしれませんよ。


2007年01月13日

ボホール島のターシャー(世界一小さいメガネ猿)5

587808a7.jpgボホール島と言えば、チョコレートヒルズとターシャーですね。それとフィリピンで最古の石作りの教会があります。
マニラから空路1時間30分でボホール島のタグビラランに到着出来る身近な観光地とビーチ、ダイビングスポットが在ることでダイバーの間でも有名です。

ビーチはダイビングだけでなく、簡単なシュノーケリングでも綺麗な熱帯魚を観察できますし、ビーチでゆったりとリゾート気分を堪能する事も出来ます。海のレジャーと観光の両方が楽しめますので老若男女が満足出来る南の島です。マニラだけがフィリピンではありません。空気の綺麗なビサヤ地方に足を延ばしてみては如何でしょうか!

投稿しているねもとレストランの地図が〜?5

1bb1d7a0.gif記事にしている、ねもとレストランはバクラランのLRT(ライトレールトランジットの略)駅からカロオカン駅に向かう途中の近場にあるマニラでは便利な位置にある夜中の2時まで営業、年中無休のレストランです。地図を張り付けておきますので、ご希望の方は利用して下さい。