2022年05月24日

インク遊び

前回発掘したのは5年くらい前のこと。その間ずーっと目の前の同じ場所に潜んでいました。

MB_SPA2_01






光はほとんど当たっていないはずだし、劣化は少ないと思われます。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 06:30Comments(0)

2022年05月23日

舌の根

「もちろん筆記しないので新たに入手することはありません。」と書いたにも関わらず、

PL_PM209_01







入手してしまいました。ただ赤は欠品だったので、実店舗に探しに行かなくちゃ。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0)

2022年05月22日

萬年筆研究会【WAGNER】第23回北海道地区札幌大会報告

05月21日(土)、第22回北海道地区札幌大会が行われました。

HS23_01







朝夕は冷えても、日中は暑いくらいの札幌です。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆に関する話 

2022年05月21日

表裏

木の箱に描かれた模様がペンに彫られていると思います。

P_M710T2_16








筒状のペンの模様を比べるのは難しいですがご覧の通り。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月20日

1羽

着いているニブは B 太字 です。このときはこれが一番太い線が書けるニブだったはずです。

P_M710T2_14







試し書きはしていないけれど、切り割りがほぼ真ん中にある程度の確認はしたかもしれません。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月19日

いろいろなメーカが黄色いペンを作っていますが、ひときわ派手に感じられます。

P_M710T2_12







光りすぎなのかもしれません。使い込んでいくと落ち着いた感じになってくるでしょうか。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月18日

有効利用

立派な箱ですが、保管するには有効でもここまで凝らなくても良いかな。

P_M710T2_06








そのままでペンケースに使えればって思うけど、そうそうまくはいきません。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月17日

変遷

ボール紙の箱の中には青い紙箱が入っています。この頃はこの箱でした。

P_M710T2_03








箱だけを見て、中の品の年代がある程度分かるかもですね。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月16日

厳重

久しぶりに出てきたので掲載します。

P_M710T2_01








箱は三重になっているはずなので、ペンが出てくるのは数日後だと思います。
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆 

2022年05月15日

楽譜

どういったニブが着いているのかキャップを外してビックリです。

HM_TL_MSC_07







このニブを選んだのか、これしかなかったか、経緯は分かりません、
  続きを読む
Posted by aurora_88 at 07:00Comments(0) 万年筆