日本がメキシコに完勝 U20W杯で決勝トーナメントへ大きく近づく 海外の反応

U20ワールドカップに参加している日本代表。エクアドル、メキシコ、イタリアと共にグループBに入り、決勝トーナメント進出をかけて争っています。

先日行われた大会の初戦では南米予選を1位抜けしてきたエクアドルと対戦。前半終了間際にオウンゴールで先制されるも、後半に取られたPKを若原が止め、ゴール前の混戦から山田が同点とし引き分け。貴重な勝点を手にしました。組織的な守備からカウンターを狙うスタイルはエクアドル相手にハマった部分もあり、収穫もあったものの、決定機を仕留めきれなかった場面など細部では課題もある内容でした。

続く第2戦で対するのはCONCACAF予選を2位で通過してきたメキシコ。先日は南米予選得点王を抑え込んだ日本の守備陣ですが、この試合では北中米カリブ海予選の得点王であるホセ・ホアン・マシアスが率いるメキシコのアタッカー陣との対戦となります。メキシコは初戦でイタリアに1-2と敗れおり、巻き返しを狙う相手の心理を上手く利用したいところ。

今回はU20ワールドカップ、グループステージ第2試合、メキシコ戦に対する海外の反応をまとめてみました。
続きを読む

レスターを去る決断をした岡崎 監督「日本の育成を代表する選手」 サポ「ロナウドになれないなら、シンジになれ」

レスター移籍後の初シーズンでチームのレギュラーメンバーとして活躍し、各国のサッカーファンが驚愕することになったミラクル優勝に貢献したことで、世界的に名が知られる選手となった岡崎。

しかし、その後は修正と改革を繰り返すクラブにあって、浮沈の激しい立場となり、周囲からの評価も様々なものになっていきます。それでもラニエリやシェイクスピアからはハードワーカーとして一定の評価をされていましたが、クロード・ピュエルとの相性は悪かったようで、今シーズンは途中出場がメインになってしまいました。

先月、岡崎は遂に移籍を決断したことをチームに伝え、クラブを去ることに。新監督のブレンダン・ロジャースやチームメイトのフクスから熱い賛辞が送られていました。そしてクラブのサポーターもレジェンドの移籍を惜しみつつ、温かい言葉を送っていたようです。

岡崎の移籍先については、既に様々な噂が報道されていますが、果たしてどこでプレーすることになるのか。今夏のコパ・アメリカのメンバーにも加わり、若手が主体のチームにあって、頼もしいベテランとして支えてくれる姿を見ることができそうです。
続きを読む

日本がコパ・アメリカとキリンカップのメンバーを発表 久保の招集は海外でも話題に

コパ・アメリカの招待国となったことで、この夏、ブラジルで国際大会を戦うチャンスを得た日本代表。とはいえ、U20ワールドカップやトゥーロン国際大会、そしてJリーグの日程もつまっている中での参戦とあってメンバー選考は大変だったようです。海外でプレーしている選手に関してもクラブとの交渉が必要で、またタフなシーズンを過ごした選手のコンディションの問題もあり、一体どのようなメンバーリストになるのか以前から注目が集まっていました。

そして、5月23日、森保監督は6月のキリンカップへ向けたメンバーを発表。続く24日にはコパ・アメリカに臨むメンバー23名も発表しました。

U20W杯のメンバーに入らなかったことで予想されていたこととはいえ、久保建英や大迫敬介の飛び級招集は話題となり、海外でもニュースとして取り上げていました。一方で川島や岡崎らのベテラン選手も加わり、若手中心の編成になった中で、頼もしい精神的支柱になってくれそうです。
続きを読む

U20ワールドカップ初戦で日本がエクアドルに追いつき引き分け PKのピンチ防ぎ勝点1発進 海外の反応

昨年のAFC U-19選手権でベスト4に入り、U20ワールドカップへのチケットを手にした日本。世代別代表の晴れの舞台というだけでなく、来年の東京五輪へ向けたチームを作っていく上でも貴重な真剣勝負の場をどのように活かしていくのか。若き日本代表の戦いぶりが楽しみな大会となります。

5月末から6月にかけては、このU20W杯の他にトゥーロン国際大会やコパ・アメリカも控えており、一方でJリーグも通常通り行われることから、メンバーのやりくりがどうなるのか以前から注目が集まっていました。先日のメンバー発表では久保、安部、大迫らが選外となった事がニュースとなり、海外でも報道が。また、負傷中の橋岡も選出されず、先日の合宿では残念ながら滝が離脱することになっていましました。メンバー選考に制限がかかった中、影山監督とチームがどのように対応していくのか注目が集まります。

海外メディアの下馬評を見てみると、予選大会を4位通過した日本は優勝候補とは位置づけられていないようで、グループBの中では寧ろエクアドル、イタリア、メキシコの方に注目が集まっている様子。とはいえ、グループBのオッズ自体は比較的フラットなものとなっています。

日本がグループBの初戦で対する相手は南米ユース選手権を1位で突破してきたエクアドル。予選で得点王となったレオナルド・カンパーナらをいかに抑えるかが鍵となってきそうです。
続きを読む

長友が大一番で相手エースを抑える ガラタサライが連覇 海外の反応

今季もガラタサライのサイドバックとして安定したパフォーマンスを見せている長友。一時期は負傷により離脱していたものの、大事なリーグ戦の終盤までにきっちりとコンディションを合わせてきました。

ガラタサライは先日のベシクタシュとのダービーに勝利し首位に肉薄。残り2節となったところで遂に首位と勝ち点で並びました。

そしてリーグ第33節、ガラタサライはホームで同勝ち点のイスタンブールBBと直接対決。トルコリーグでは最終勝ち点が並んだ場合は得失点差よりも対戦成績が優先される為、この試合に勝利したチームがリーグを制覇することになります(引き分けた場合は最終節に持ち越し)。

長友は左サイドバックとして先発。リーグ優勝がかかった大一番で今シーズン12ゴール14アシストをあげているリーグ屈指のアタッカーとマッチアップすることになります。
続きを読む

酒井が1ゴール1アシストの大爆発 愛する男の活躍にサポ熱狂「チームの今季最優秀選手だ」

どの試合でもハードに戦い抜いてきたことでフランスで支持されるようになった酒井。移籍当初こそ賛否があったものの、左右で守備を安定させ、相手エースを体を張って抑えてみせたことで、メディアとファンの評価を勝ち取りました。

チームとの契約は2021年までのものですが、これまでの活躍がチームにも評価されたようで、既に契約延長交渉に入っている模様。サポーターも契約延長に前向きなようで、酒井のフランスでの戦いはまだまだ続くことになりそうです。

一方のマルセイユですが、今シーズンは苦しいものとなりました。4位サンテティエンヌとは勝ち点差を広げられ、既に来季のEL出場も不可能という状況。残り2試合で今後につなげる内容を残せるか、リーグ第37節ではアウェーで昌子源のトゥールーズと対戦です。
続きを読む

ジョーカー香川がまたも途中出場でゴール 海外の反応

レンタル先のベシクタシュで3ゴール2アシストをあげ、シーズン後半の追い上げに貢献している香川。日本から来たスター選手として大注目された中、コンスタントに点に絡んでおり、途中出場から活躍するジョーカーとして脚光を浴びています。

一時期は連勝で一気に上位との差を詰めたベシクタシュ。しかし、ガラタサライとのダービーに敗れたことで勢いが止まり、現在は1位ガラタサライ(勝ち点66)2位イスタンブールBB(勝ち点66)を勝ち点4差で追いかけている状況です。

残り2節となったトルコリーグ、ベシクタシュはアウェーで4位のトラブゾンスポルと対戦。上位の強豪とのアウェーの試合とあって厳しい展開が予想されますが、リーダー陣にプレッシャーをかける為には、何としても勝利が必要な試合となります。
続きを読む
スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
footballista 2018-19

サッカーキング

平成サッカー30年史

中村俊輔式 サッカー観戦術

月刊サッカーマガジン

月刊フットボリスタ

ワールドサッカーダイジェスト

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン