堂安がPSVでファインゴール 途中出場から存在をアピールする一発にサポーター「おかえりなさい」

2017年に渡欧してからオランダやドイツで奮闘している堂安。フローニンゲンで見事にブレークし、PSVへの移籍をつかみ取り、昨シーズンにはレンタル先のアルミニア・ビーレフェルトでチームを残留させる好パフォーマンスを見せました。降格候補だったアルミニアでの活躍が認められたのか、今夏にはドイツの複数クラブが獲得に動いたようですが、最終的にはどことも合意に至らず(少なくとも今冬までは)PSVに残ることが決まっています。

夏には東京五輪でフル稼働したことからPSVのプレシーズンにも参加できず、昨季にはレンタルされていたこともあって、現地ファンとメディアからは今シーズンに向けた展望で話題にのぼることは少なかったようです。一方、PSVはリーグで無傷の3連勝スタートをきって好調。リーグではアタッカー陣が得点を重ねており、堂安がプレータイムを得るにはトレーニングや途中出場からアピールをしっかり重ねていくことが必要となってきそうです。

オランダリーグ第4節、PSVはアウェーでAZと対戦。主力がごっそりと移籍し、近年に比べて戦力を落としているチームとの対戦とあって、PSVとしてはアウェーとはいえ勝利が欲しいところ。堂安はベンチからのスタートとなります。
続きを読む

冨安がデビュー戦で空中戦に勝ちまくり、アーセナル今季初勝利 「本物」「愛してる」「完璧だ」「お買い得」

若くしてベルギーのシント・トロイデンでブレークをはたし、その後にイタリアのボローニャへ移籍した冨安。今夏に行われた東京五輪で奮闘しただけでなく、すでにA代表でも20試合以上に出場しており、はやくも日本を代表するディフェンダーの一人となっています。

ボローニャでは右サイドバックとしてプレーすることが多く、相手チームのエースアタッカーと対戦することもしばしば。昨季はセンターバックとして起用される機会も増え、イタリアの厳しい環境で揉まれてきました。ボローニャのミハイロビッチ監督も冨安の才能には太鼓判を押しており、あとは狡猾さや意地の悪さを身につけるだけだとコメントしています。

サイドバックとセンターバックを高いレベルでこなせる有望な若手ということで、移籍の噂が絶えなかった冨安ですが、ここしばらくはトッテナムへの移籍が有力視されていました。しかしトッテナムがバルセロナのエメルソン・ロイヤルを獲得する見込みとなったことで話は立ち消えになったようで、移籍市場が閉まる間際になってアーセナルとの話が浮上。そして先日、メディカルチェックを終えた冨安と契約を結んだことをアーセナルが公式サイトで発表。冨安の次の挑戦の舞台はイングランドということになりました。

アーセナルは今シーズンの開幕ダッシュに失敗しており、ここまで3戦全敗で0得点9失点と厳しい状況。攻守に課題が多い状況で、冨安がどのように存在をアピールしていくのか注目が集まります。プレミアリーグ第4節、アーセナルはホームでノリッジと対戦。スタートで転んだチーム同士の試合とあって、アーセナルは立て直すきっかけを掴むために何としても勝ちたいところ。代表ウィーク明けの冨安はいきなりのスタメン起用で4バックの右サイドに入ります。
続きを読む

日本が伊東・大迫コンビから得点し中国に勝利 海外の反応

ワールドカップ2022へ向けてアジア地区の最終予選を戦っている日本代表。オーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと同組のグループBに入った日本ですが、最終予選の第1節はホームでオマーンに敗れています。

守備の構築を重要視したリアクティブなサッカーを目指している日本代表ですが、オマーン戦でも他の選択肢に比べ守備に定評のある選手をスタメンに並べ(招集し)、慎重な姿勢で試合に入りました。しかし、折悪しく雨の中での試合となり、精度の高いプレーが封じられた日本はオマーンにフィジカル勝負を挑まれる場面が多発し、思ったように試合を展開できませんでした。後半には逆に何度となくカウンターをくらう事になり、終盤にはサイドから放り込まれたクロスに対応できず失点。攻めては個のクオリティ任せの全体図がないプレーに終始し、ワールドカップ出場をかけた最終予選の大事な初戦を落とすことになりました。

これには海外の日本代表ファンも頭にきたようで、保守的なサッカーに終始する森保監督に対する不満を爆発させていました。また各紙も番狂わせが起きたと報道。最終予選は来年へかけて毎月のように続けざまに行われることから、ここから如何にチームを立て直すのか気になるところです。

最終予選の第2節、日本はアウェーで中国と対戦。しかし、中国がコロナウイルスの防止策として渡航制限を行っていることで、開催地はカタールのドーハとなっています。日本は合流が遅れていた冨安と守田が加わったものの、エースの南野が太ももの違和感で離脱。代わりにオナイウ阿道が追加招集されています。
続きを読む

日本が最終予選でオマーンに敗れる 守備的アプローチも森保采配は空振り 海外の反応

ワールドカップ2022へ向けてアジア地区の予選を戦っている日本代表。2次予選では8戦8勝し、攻めては46得点とダントツの成績を残して最終予選進出を決めています。

日本代表の指揮を執る森保監督は、東京五輪でもチームの采配を握っており、日本は3位決定戦を含め6試合を戦いました。ここまでアジアカップ、コパ・アメリカ、アジア地区2次予選、そして東京五輪を経験したことで、森保サッカーのアウトラインはかなり明確になったと言えそうです。リアクションサッカーを目指す上で、先に失点しない守備の堅いチームに仕上げたいという監督の意思は伝わってくるものの、勝負どころの試合で勝てていない点や、攻撃における代案の欠如(個の依存度の高さ)など、大きな課題もいくつか浮上してきました。

最終予選の組み合わせ抽選会は既に行われており、日本はオーストラリア、サウジアラビア、中国、オマーン、ベトナムと同組のグループBに入っています。9月の代表ウィークで先ず対戦する相手はオマーン。日本は移籍関係の事情から冨安と守田の合流が遅れ、板倉が負傷により離脱し(昌子が追加招集)、今回の試合に出場できなくなっています。
続きを読む

原口が先制点をアシストしチームの勝利に貢献「ウニオン・ベルリンのカンテ」「ポジティブなサプライズ」

ここ数シーズンは2部のハノーファーで孤軍奮闘していた原口。ハノーファー移籍後しばらくは活躍できない日々が続いていたものの、コカック監督が就任してからはチームのエースとして攻守に大車輪の活躍をみせていました。ファインゴールや泥臭いゴールをあげることも多く、ハノーファー時代には数々のヘッドラインを飾っています。

そういった好パフォーマンスは他クラブにも評価されたようで、今オフにはドイツ1部のウニオン・ベルリンへの移籍が決まりました。ウニオンは昇格組として戦った2019-20シーズンで11位となり、昨シーズンはカンファレンスリーグ予選圏内である7位と健闘。堅実に勝ち点を積み上げていくサッカーで、昨季にはリーグで14試合を引き分けており、敗れたのも僅かに8試合(2位のライプツィヒが7敗)と固い守備が光っているチームです。

ブンデスリーガ第3節、ウニオン・ベルリンはホームでボルシアMGと対戦。昨季は激しい中位争いを繰り広げたチーム同士の対決、原口は開幕から3試合連続となるスタメン出場となります。
続きを読む

林がベルギーでのデビュー戦で決勝先制弾 日本の5選手が出場したシント・トロイデンが久しぶりの勝利

今夏の東京五輪で日本代表のシンデレラボーイとなった林。当初は大会のバックアップメンバーだったものの、コロナ禍で大会規定が変更となり、また他メンバーのコンディションの問題もあったことで出場機会に恵まれ、日本のグループステージ突破に貢献してみせました。今年3月に行われたU24アルゼンチン代表との親善試合でも追加招集されてゴールを奪ったことを思えば、巡ってきた幸運をしっかりものにする力がある選手といえそうです。

8月8日にはベルギーのシント・トロイデンが完全移籍で林を獲得したことを公式発表。ストライカーの補強が急務だったシント・トロイデンとしては待望のニュースだったことで、サポーターの多くは歓迎の反応をよせていました。一方でチームの昨今の補強姿勢や林のJリーグでの成績に不安を覚えている人もいるようで、疑問の声を払拭できるか、これからのパフォーマンスに注目です。

ベルギーリーグ第6節、シント・トロイデンはアウェーでサークル・ブルッヘと対戦。昨シーズンは下位に沈んだチーム同士だけに、オフシーズンでどれだけ状況を改善できたのかが浮き彫りになりそうな試合です。シント・トロイデンはシュミット・ダニエル、橋岡大樹、林大地がスタメン出場。林にとっては加入後のデビュー戦となります。
続きを読む

久保が右サイドハーフで躍動しマジョルカが暫定首位に 「特別なタレント」「日々成長してる」

夏に東京五輪でフル稼働し、その後にスペインのマジョルカへのレンタル移籍が決まった久保。オリンピックでは後一歩の壁の厚さに泣く結果となりましたが、かつて数々の好プレーを見せたチームに復帰し、さらなる飛躍を遂げられるか注目です。

2019-20シーズンの降格後、1シーズンで1部復帰をきめたマジョルカですが、ルイス・ガルシア監督が指揮を執る現在のチームは守備の堅さに特徴があるチームとなっています。久保にはチームに足りない部分だった相手ゴール前でのアイデアやクオリティが期待されているようで、マジョルカのファンからはレンタル発表後に熱い声援が寄せられていました。

スペインリーグ第3節、マジョルカはホームで同じく昇格組のエスパニョールと対戦。1勝1分と先ずは順調に滑り出したマジョルカとしては、このまま良い波にのって勝ち点を積み上げていきたいところ。久保は前節に続いてスタメン出場となります。
続きを読む
スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン