なでしこがアジアカップ優勝 アジア王者としてワールドカップへ 海外の反応

ワールドカップ出場権がかかった大会となった2018AFC女子アジアカップ。5つある出場枠を確実に手にするには決勝トーナメントに進出(ベスト4)しなければなりません。

日本はグループBに入り1勝2分という成績に。同勝点で3チーム(日本、オーストラリア、韓国)が並んだものの、総得点で韓国を1上回った日本が2位となり、辛うじてグループステージ突破とベスト4入りを決めました。ワールドカップのチケットを獲得するという目標は果たしたものの、まだアジアカップ連覇というもう一つのゴールがある日本。決勝トーナメントの初戦ではグループAを3連勝で勝ち上がってきた中国に3-1と勝利し、2大会連続となる決勝進出を果たします。

決勝の相手はオーストラリア。前回大会で日本が倒した相手であり、その一つ前の大会では優勝しているという強豪です。現在のFIFAランクでは日本の11位を上回る6位につけており、これはアジアでは最高の順位。日本は今大会でもグループステージで既に対戦しており、その試合では阪口が先制点をあげたものの、試合終盤に追いつかれて引き分けています。

ここ数年の結果を見てみると、日本はオーストラリアをアジアカップ決勝(2014年)やワールドカップ準々決勝(2015年)で倒していますが、2016年の五輪予選では日本を倒したオーストラリアが1位でリオデジャネイロへのチケットを掴み取っており、お互いがそれぞれに苦い敗戦を味あわせているという関係。今回の決勝を前にオーストラリアメディアは両者の激闘の歴史を紐解いていました。
続きを読む

堂安がロッベンの記録に並ぶ今季8点目 チームは勝利で残留へ大きく近づく

今シーズン、レンタル先のフローニンゲンでプレーしている堂安。シーズン当初こそリーグ適応の為に慎重な起用となっていましたが、たちまち見事なパフォーマンスを発揮するようになり、今では早くもチームのエースとしてリーグの中でも知られる選手になってきています。プレータイムも後1試合フル出場すれば2000分を越えるところまできており、あげている得点も7とチームトップクラス。そのプレーぶりが評判となったことで、現在レンタルでプレーしている堂安の去就に関してメディアとファンが注目するようになり、買い取りへ向けた動きがどうなるか話題となっています。

フローニンゲンは現在14位と、残留をかけたPOとなる16位まで勝点4差しかない状況。リーグは残り4試合ですが、まだまだ気が抜けない位置につけています。

リーグ第31節、フローニンゲンはホームで16位のローダJCと直接対決。ここで勝利することが出来れば残り3試合で降格・PO圏内から勝点7差と大きく引き離せるだけに、何としても勝っておきたい正念場の一戦です。
続きを読む

宇佐美がファインゴールを突き刺すもデュッセルドルフ3連敗 昇格を目前に足踏みが続く

レンタル先のフォルトゥナ・デュッセルドルフでフィバーを巻き起こしている宇佐美と原口の両ウイング。宇佐美はここのところ出場した試合の多くで得点に絡んでおり、フィニッシュの場面で抜群のセンスを発揮。一方の原口は攻守に圧巻のパフォーマンスをしてみせ、サポーターはリーグで最高の選手と惜しみない賛辞を送っていました。

来シーズンの1部でのプレーが見えてきた中、メディアとサポーターが気になるのはチーム陣容がどうなるかという点のようで、レンタルでチームに来ている宇佐美・原口の二人の去就が頻繁に話題となっているようです。これだけの活躍を見せているわけですから残って欲しいというサポーターは多く、クラブのCEOロベルト・シェーファーは二人の残留へ向けて「あらゆる手を打つ」と名言。また、二人が揃ってからの活躍が目覚ましかった事からセットで欲しいという意見や、金額的にキープするのは無理ではないかという意見など、クラブのファンからは様々な声が聞こえてきます。

来季の昇格へ向けて奮闘中のデュッセルドルフですが、ここ2試合は連敗してしまい足踏み状態。現在は1位:デュッセルドルフ(勝ち点53、残り試合5)、2位:ニュルンベルク(勝ち点50、残り試合5)、3位ホルシュタイン・キール(勝ち点49、残り試合4)、4位レーゲンスブルク(勝ち点44、残り試合4)という状況。自動昇格となる2位以内に入るという目標まで後一歩のところまで迫ってきていますが、PO圏内にいるキールの追い上げも気になるところ。

リーグ第30節、フォルトゥナ・デュッセルドルフはアウェーで16位ハイデンハイムと対戦。残留争い中の相手は必死の戦いを見せること間違いなしですが、下からの突き上げが気になるデュッセルドルフとしてはアウェーでもしっかりと勝点をとっておきたい一戦です。

今節、宇佐美と原口は揃ってスタメン出場です。
続きを読む

Jリーグ第8節 ぶっちぎり 海外の反応

怒涛の連戦が始まったJリーグ。一つの試合結果に一喜一憂している間に、直ぐ次の試合が目前に迫ってくるという、チームにとって総力戦で挑まねばならない時期に入りました。

7試合を消化したリーグを引っ張っているのはサンフレッチェ広島。ここまで僅か2失点という堅守が光っており、前線では数多くの選手が得点しているコレクティブなチームに仕上がっています。ベガルタ仙台も失点が少なくシーズン序盤の守備が好調で、ここまで1敗と好スタート。他の第二集団チームは比較的点の出入りが激しいパフォーマンスに。その分、攻撃のパワーでは上位をしのぐ破壊力を秘めている可能性もあり、連戦月間でリーグの流れがどうなっていくのか気になるところです。

そして、順位表の底では伝統あるクラブ達が苦戦を強いられている状況。海外でも人気が高いチームだけあって、ファンからは数多くの悲鳴が聞こえてきています。既に監督を解任した浦和レッズはシーズン初勝利をあげ、ひとまずは悪い流れを断ち切ることに成功。一方、ガンバ大阪や名古屋グランパスは立て直しへ向けて、どういった舵を切っていくのか。海外からも熱い注目が寄せられています。
続きを読む

酒井がゴールを決めマルセイユEL準決勝進出 UEFA公式「酒井が最高の選手だったかもしれない」

今シーズン、リーグでもELでも好調なパフォーマンスを見せていたマルセイユ。酒井もリーグで2000分を越える出場時間を得て、その両サイドでの堅い守備はメディアから注目されており、サポーターも2シーズン目となる日本人サイドバックを高く評価するようになってきています。

しかし、ここのところの過密日程もあって怪我人が続出し、チームは苦しいローテーションを強いられることに。酒井も代表ウィーク前に行われたリヨンとの大一番で負傷交代となり、その試合に敗れたマルセイユはCL圏内から後退してしまいます。EL準々決勝ではブンデスリーガのライプツィヒとの対決となりましたが、こちらもアウェーのファーストレグを落としてしまい(1-0)、マルセイユはリーグでもELでも追い詰められることに。

それでも酒井に続きエースのトヴァンも戦線に復帰。マルセイユは満員のヴェロドロームスタジアムでEL準決勝進出をかけてライプツィヒを迎え討ちます。

そして始まったELセカンドレグ。酒井は最終ラインの右に入ってのスタメン出場(28分にサールが負傷交代したことでフォーメーションが代わり、そこからは一列前でプレー)。しかし、開始早々にライプツィヒがゴールを決め、マルセイユが逆転するには3点が必要な状況となってしまいます……
続きを読む

W杯まで2ヶ月、西野朗新監督が就任会見 海外の反応

本大会の2ヶ月前にヴァヒド・ハリルホジッチ監督を解任するという決断をした日本サッカー協会。

前回大会の反省を踏まえて、日本に足りなかった「引き出しを沢山持っている」という方向性で指導者選びをしていた技術委員はメキシコのハビエル・アギーレ監督を招聘。しかし、同監督が過去に八百長に関与した疑いがあると告発されたことで、アジアカップ敗退後に契約が解除されます。その後を継ぐ人物として白羽の矢が立ったのはヴァヒド・ハリルホジッチ監督。2014年のW杯ブラジル大会では相手によってフォーメーションを使い分けるサッカーでアルジェリアをベスト16に導いた実績を持つ人物です。

これまでのポゼッション重視のスタイルとは打ってかわり、個の対人による応戦や縦へのスピードを意識したリアクションよりのサッカーを指向したハリルホジッチ監督。最終予選こそ勝ち抜きましたが、内容面では「引き出し」が増えるというよりも根本的な大改造となってしまい、これまで協会が公開していた育成プログラムとは正反対のパフォーマンスが選手に求められることになり、生じた齟齬は誰の目にも明らかなものとなっていきます。

本大会のチケットを手にした後の親善試合でも内容と結果が出せず、協会の田嶋幸三会長は「様々な要素」を総合してハリルホジッチ監督の解任に踏み切ります。後任は技術委員長の西野朗氏に(技術委員には強化担当と育成担当と二人の委員長がいたが、西野氏の就任後にトップ1人の体制に変更された。アギーレ氏やハリルホジッチ氏らを招聘した際に中心的役割を担った霜田正浩氏は既に辞任している)。就任会見で西野監督は前監督の要求してきたものも当然必要としつつも、「日本化したフットボール、構築してきたものがある」と、ドラスティックな方向転換を志したここ数年の流れとは異なる内容を語っていました。
続きを読む

Jリーグ第7節 アディショナルタイムゴール 海外の反応

今年はワールドカップイヤーでスケジュールがパンパンということで、ここから怒涛の連戦に入るJリーグ。各チームは総力戦で試合にのぞむことになります。既に怪我でキープレイヤーを欠いているチームとしては、更に苦しいローテーションを強いられることになり、シーズン序盤にして早くも踏ん張りどころがやってきたといった感じでしょうか。一方、中にはシーズン前の怪我から選手が復帰してきているチームもあり、まだまだ現在の順位表だけでは測りきれない戦力分布となっています。

リーグはここまで6試合を消化。サンフレッチェ広島が唯一の無敗チームとして首位に立っています。総得点こそ6と平凡な数字ですが、失点は僅か1のみという堅守が光っているチーム。一方、順位表の下を見てみると、いまだ未勝利の長崎とガンバは早くも失点数が二桁となっており、広島とは逆に序盤戦で守備の構築に失敗してしまったことが分かります。

海外のJリーグ関連記事でも広島の好調ぶりを伝えるものがいくつか。中でも注目されているのは守備力で、シーズンこの先まだ分からないとされながらも、早くも優勝候補として注目が集まっています。

平日のほぼ一斉開催ということで多少短めですが、第7節の海外反応をどうぞ。
続きを読む
スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB) 【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

オーバーロード12

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
月刊サッカーマガジン

SOCCER GAME KING

月刊フットボリスタ

footballista Special Magazine

ワールドサッカーダイジェスト

WORLD SOCCER KING

サッカーダイジェスト

フットボール批評

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン