鎌田が大一番で1ゴール1アシストしMOTM サポ「今日の鎌田はワールドクラス」

今シーズンもフランクフルトで見事なパフォーマンスを見せている鎌田と長谷部。

鎌田は前線のアタッカーとして安定した貢献を課題にあげられていましたが、今季はコンスタントに得点に絡み続けており、中でも上位勢や強豪クラブとの対戦では目覚ましい活躍を見せています。一方、長谷部は最終ラインから1列上げたポジションでプレーすることが多くなりましたが、これがハマって、確かな技術と豊富な経験で攻守をリードするプレーを披露。二人の特集記事は定期的にあがってきており、現地での注目度の高さがうかがえます。

現在のフランクフルトはブンデスリーガで4位につけており、上位4チームに与えられる来シーズンのCL出場権の獲得も夢ではない状況です。前節は上位争いのライバルであるドルトムントにアウェーで1-2と勝利。3~4位でのフィニッシュに、また一歩迫ったことになります。

ブンデスリーガ第28節、4位につけるフランクフルトはホームで3位のヴォルフスブルクと対戦。CL出場権を争うチーム同士の大一番、出場停止明けの長谷部はベンチとなったものの、鎌田は前線に入ってスタメン出場となります。
続きを読む

原口またもゴール なるか個人昇格 サポ「原口が全部のプレーをやらなきゃいけない」

今シーズンもドイツ2部のハノーファーで好パフォーマンスを見せている原口。コカック監督が就任してからというもの、ミッドフィールドの各ポジションを高いレベルでこなす中心選手となっており、ゴールとアシストにも頻繁に絡んでいます。

今季は昇格を期待されていたハノーファーですが、もう一つ波に乗れず、中盤以降はズルズルと失速し、現在はリーグの中位につけているという状況。こうなってくると気になるのは原口の去就で、現地メディアからは来季に関する様々な憶測記事があがってきています。

ドイツ2部、延期となっていた第25節の一戦、ハノーファーはホームで最下位のヴュルツブルガー・キッカーズと対戦。ここのところ勝てていないハノーファーとしては、しっかりと勝って波に乗りたい試合となります。

原口は中盤に入り、室屋は定位置の右サイドバックとして、共に先発出場です。
続きを読む

大迫がカップ準々決勝で背後からのボールを華麗にトラップし決勝ボレー弾

今シーズンはブレーメンで厳しい日々を過ごしている大迫。これまでリーグ戦のスタメン出場は6試合に留まっており、1試合平均のプレータイムは34分と短いものとなっています。ゴールとアシストにも殆ど絡めておらず、悪い流れを断ち切るきっかけが欲しいところ。

そして迎えた先月の代表ウィークですが、先ずは韓国戦で2アシストをマークし、続く2次予選のモンゴル戦では3得点1アシストを記録。チームの攻撃を最前線から牽引する大活躍で、今季ここまで見せ場が少なかった鬱憤を晴らすかのようなプレーを何度も披露していました。

この見事なパフォーマンスはブレーメンでも明るいニュースとして受け止められたようで、その好調ぶりをチームで発揮して欲しいという声と、今後は起用が増えるのではないかとする記事があがってきていました。

ドイツのDFBポカール準々決勝、ブレーメンは快進撃を続ける2部のレーゲンスブルクと対戦。リーグではEL圏内が手が届かない位置とあって、まだタイトル獲得の可能性があるカップでは意地を見せたいところ。大迫はトップの位置に入って久しぶりのスタメン出場となります。
続きを読む

鈴木2ゴール橋岡2アシストでシント・トロイデン残留 今季17ゴールの鈴木は日本人選手の欧州得点記録を更新

今シーズン、監督交代後から調子をあげてきているシント・トロイデン。鈴木優磨のパフォーマンスもチームと共にあがってきており、まるで「別人のよう」なパフォーマンスだと現地でも評判になっているようです。

一時は順位表の底に沈んでいたチームですが、ここのところは勝ち点を掴み取れるようになってきており、鈴木もリーグの得点王ランクで急上昇。そうなってくると当然、来シーズンの去就にも注目が集まるようで、チームのサポーターは既に放出は不可避だとして、後は移籍金がどうなるかに話題が集中しているようです。

一方、1月に浦和からレンタル加入した橋岡ですが、ここのところスタメン出場が続いており、残留をかけて正念場が続いていたチームを助けるパフォーマンスを見せています。加入後から間もなく頭角を現してきたことで、サポーターも存在を頼もしく思っているようで、ダニエル・シュミットら現在のチームを支える日本人選手達に対してポジティブな反応が寄せられていました。

ベルギーリーグ第31節(開催延期となっていた試合の代替試合)、シント・トロイデンはアウェーで最下位のバースラント・ベフェレンと対戦。残留確定まで残り勝ち点3という状況ですが、リーグ残り2節でゲンクとアンデルレヒトという上位勢と対戦しなくてはならないシント・トロイデンとしては、何としてでも勝っておかなければならない試合となります。
続きを読む

原口がハンブルクとのダービーで2得点 3点差から原口と室屋の大活躍で追いつく

今シーズンもドイツ2部のハノーファーで好パフォーマンスを見せている原口。新加入の室屋もサイドバックとしてレギュラーに定着し、徐々にプレーの質を上げてきています。一方、シーズン前には昇格レースに絡むことを期待されていたハノーファーですが、連続で勝ち星を積み重ねることが出来ない波のある内容が続き、気がつけば昇格圏は遠く中位まで落ちてきてしまいました。

そうなってくるとチームのエースの原口の去就はどうなるのかと、現地メディアは繰り返し推測を記事にしていますが、サポーターは既に諦めムードのようで、他クラブのファンからはラブコールが送られることもあるようです。移籍先については幾つか噂があるようで、先日にはシャルケが獲得を狙っているという話もあがってきました。

ブンデスリーガ第27節、ハノーファーはホームで上位のハンブルクと対戦。首位のボーフムが一歩抜け出した中、もう一つの自動昇格枠である2位を巡る争いが激化してきており、ハノーファーとしてはHSVの猛攻をどう凌ぐかが重要となってきそうな一戦です。

原口は3列目に入って(後半から2列目)、室屋は右サイドバックとして、共に先発出場となります。
続きを読む

日本がモンゴル戦で14ゴールの大勝 海外の反応

次のワールドカップへ向けてアジア地区の2次予選を戦っている日本代表。ここまで全勝かつ無失点と順調にポイントを積み上げてきている日本ですが、コロナ禍でチームのリズムがどうなっているのか、また見えてきていた課題をどうするか、ファンとしては今回の連戦が気になるところです。

3月の代表ウィークで日本は2次予選を2試合消化する予定でしたが、ミャンマー戦が延期となったことで25日には韓国との親善試合が組まれました。相手が精彩を欠く内容だった面はあったものの、アイデアをフィニッシュまで繋げる攻撃面の連携は見事にハマり、3-0と快勝して久しぶりの韓国との親善試合を終えています。

続く代表ウィークの2試合目の相手はFIFAランク190位のモンゴル。新型コロナウイルス対策で制限があることから、今回はモンゴルのホームゲームではあるものの日本で開催されることに。日本から提示された会場候補地からモンゴルのサッカー連盟が選んだのはフクダ電子アリーナとなっています。

グループF最下位で既に敗退が決まっている相手との試合とあって、日本としてはきっちりと勝ち点3を積んでおきたいところ。日本は韓国戦から両サイドバックを松原と小川に変更したものの、その他のメンバーはいじらず、前線には強力なアタッカー陣を並べてきました。
続きを読む

日本U24がアルゼンチンに快勝 林の飛び出し弾、久保板倉コンビのダブルで五輪に弾み

夏に迫った本番へ向けて強化を進めているサッカー男子の五輪代表チーム。これまで幾つかの大会を通してチーム作りを進めてきたものの、コロナ禍では思うように試合を組めていませんでしたが、今回の代表ウィークは南米予選を首位突破したメダル候補のアルゼンチンと2試合をこなすことになりました。

26日に味の素スタジアムで行われた第1戦、前半にアドルフォ・ガイチに決められ、後半はポゼッションして攻め込んでもののゴール遠く、そのまま0-1で敗れました。遠征の疲れもあるアルゼンチンは前半の頭にギアをあげて得点を奪って逃げ切るゲームプランを取ってきましたが、後手にまわった日本はそれを覆すだけの手を持っておらず、監督の采配とチームの対応力で明暗が分かれました。

続く第2戦、巧妙に攻守の時間帯を使い分ける相手にどう対応するのか、また破壊力のなかった攻撃をチーム全体でどう補っていくのか、短い間で日本がどのような答えをだしたのか注目です。日本は先発メンバーを9選手入れ替え。中盤には田中碧が、FW登録ではリオ・アヴェの食野、鳥栖の林が入ります。
続きを読む
スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
メガドライブミニ

アオアシ (16)

FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
サッカーダイジェスト

サッカーマガジン

ワールドサッカーダイジェスト

サッカーキング

月刊フットボリスタ

Number

リバプール 完全読本

平成日本サッカー

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン