長友佑都の戦場 その2 海外の反応

公式戦で5連敗。まさに苦境の真っ只中にあるインテルと長友佑都。

レンタル移籍後、試合に出場する度に信頼を勝ち取り、長友はクラブでの居場所を確保していきます。
しかし迎えた2011-2012シーズン。念願の完全移籍を掴みとったものの、肩などの故障に苦しみ出遅れてしまい、波乱含みの幕開けに。

インテルサポーターは、今季の長友をどういった感じで見ているのか、以下にまとめてみました。



【今シーズン頭から冬あたりまでのインテルサポーター】
・Anonymous
ナガ行くんだ……今年も決定的な仕事しとくれよ!

・Anonymous
おれらの知ってる去年のユートじゃないな。どの試合でもキレてるって感じじゃないぞ。

・Anonymous
ぶっちゃけ、チームの誰もキレてない。スナイデルはちょっとキレ見せたけど、あれも周りがあまりに酷いんで逆ギレしただけかもしれんし。
正直、長友とかジョナタンみたいな選手は現時点で評価するのが難しいと思うよ。うちの中盤はサイドバックが押し上げてきた時にヘルプ行く能力に欠けてるし、うちのフォワード陣はそりゃもう酷いもんだし。

・Anonymous
ユートは昨季後半のうちのベストプレーヤーだったかもしれんだろ。マイコンの仕事はクロスをあげること。ユートの仕事は攻守でエネルギーを注入すること。
別に彼がワールドクラスって言いたいわけじゃないが、間違いなく良い選手だよ。まだ24歳、近い将来すごい選手になれるかも……

・Anonymous
全然クロスださんな。サイドを駆け上がる→止まる→振り返る→近くにいる選手にパス

・Anonymous
何度かMOMを取ってるのは何ででしょうかね。いやはや、その内ウェズレイまでバッシングしだすぞ、こいつら。

・Anonymous
ここんとこ悪いプレーだなぁ 左足でのクロスにチャレンジしない まだ信頼してるし、踏ん張ってもらいたいが

・Anonymous
俺にとっちゃ、ユートはインテルのメインエンジンだよ

・Anonymous
ブラビッシモ、ユート!

・Anonymous
他の10人の代わりにこんだけ走る選手に言葉もないよ。ただ凄いってだけじゃないぜ、ユート!

・Anonymous
今日はファンタスティックだったなぁ。対人では無敵で、攻撃的でもあったし、ドリブルしてクロスまで。ゴールの95%は長友のもんだな。


・Anonymous
ここんとこ攻撃面でもがんばってるけど、いまいちピンとこないなぁ。

・Anonymous
前は少なくともクロスあげたり、チャンスを生み出してたけど、今じゃ最終ラインで近くにいる味方にパスするだけか。言うまでもなく、守備は酷いし。

・Anonymous
良い時期が6ヶ月あって、次に悪い時期が3ヶ月あったわけだけど、おかしいのは良い時期の活躍はマグレで悪い時期のプレーが実力って思われてるところ

・Anonymous
どんな選手でも悪い時期がある。彼の場合はシーズン前の怪我があったし。やっと元の調子に戻ってくれて嬉しいよ。この調子を維持してくれることを祈ろうぜ。

・Anonymous
ユートはこのチームにとって大事な選手だね。90分走れて、攻撃でも常に顔を出し続けられる

・Anonymous
遂にいつものパフォーマンスにもどってきたで。いいぞユート氏!





「長友『インテルは絶対に諦めない』」FIFA公式、
インテル・ミラノに所属する日本代表選手、長友佑都(セリアAにおいて、ここ2試合でゴールを2回決めた)は、的を射抜いた時トランス状態だったと語った。
「トランスに入ったみたいだったんです。リッキー・アルバレスからのパスが、どこに落ちてくるのか分かったんです」と長友はチームを7位に引き上げたヘッドについて語った。
長友は週末に2-0で勝利したフィオレンティーナ戦でもゴールしており、この25歳の選手が1月にインテルに加入してから4得点目ということになる。このたった170cmの元チェゼーナ・FC東京の選手にとっては、更に珍しいことにヘッドでのゴールだった。
シーズン当初の難しい時期を乗り越え、インテルの為に光を放つチャンスがやってきたことを楽しんでいると、この日本代表選手は語る。
「7月末の右肩の故障には苦しみました」と彼はシーズンに出遅れた理由をガゼッタ紙に話した。「そして状態が良くなってきたところで、ふくらはぎを傷めてしまいました」
首位のユベントスには10ポイント差を広げられたが、長友はまだインテルはタイトルに手が届くと信じている。「僕は絶対に無理とは言いませんし、チームメイトも同じ気持ですよ」
(後略)


NAGATOMOインタビュー
(訳注:英字に書き起こされたものを再翻訳したものです。既に日本で紹介されていると思うので、端折り気味で)
「どうやって僕らが復活したのか話すよ。今のインテルは僕そっくりなんだ。かつて危機にあったけど、今はトランス状態さ。スクデット争いにカムバック?まだまだ皆ねらってるよ」

インタビューは例のお辞儀と笑顔からはじまった。ここ最近の2ゴールをもって(1つは膝で、一つは頭で)愛媛からやってきた25歳の男は、三ヶ月の不振から再生を遂げた。
彼はインタビューにあたり通訳の随伴を願ったが、彼のイタリア語は目に見えて進歩している。
ユートはその好感の持てるキャラクター性から、この国の皆から愛されている。日本版の「Scugnizzo」か、あるいはイタリアン侍といったところなのである。
(訳注:Scugnizzoは南イタリア、ナポリ周辺で産まれた単語で、友達と楽しく路上で遊ぶ子供をさす、とのこと)

インタビュアー:長友、君についてから始めるかい?それともインテル?
長友佑都:チームを常に最優先にすべきだよね。
(中略)
インタビュアー:優勝争いしているクラブで、どこが最も印象的だったかい?
長友佑都:まだミランとは試合をしていないけど、他のクラブの中でいったらユベントスだね。とてもしっかりしたチームだ。
(中略)
インタビュアー:イタリア料理と日本料理なら?
長友佑都:どっちの料理も好きだよ。でもスパゲッティボッタルガにハマってるんだ。

インタビュアー:休日は誰と過ごしてるんだい?
長友佑都:今ノバラでプレーしてる森本とよく日本映画を観るんだ。それから近所に住んでるスナイデル。
ウェズはおかしいんだ。皆、ぼくがロッカールームでイタズラしてるって思ってるみたいなんだけど、ぼくはやられる方なんだよ。
最近やられたイタズラだと、ナプキンに粉チーズが仕込んであって、テーブルに座って広げたら、そこら中にこぼしちゃったってのがある。
もう一人のジョークマシーンはビビアーノだね。マテラッツィがいなくなって寂しいよ。今でも連絡を取り合ってるけど、以前ほどではないんだ。
(後略)

800mg


2011年4月時点のインタビューの様子はこちら



【ここ三ヶ月のインテルサポーター】
・Anonymous
まだ25歳。ヨーロッパとセリエAに来て1年と半年くらいだ。これから良くなる一方でしょ。

・Anonymous
うちらの侍が大好きだぜ。本物のワールドクラスになってくれるさ。多才だし一生懸命で、全ての試合に110%を注いで走りまくってる。

・Anonymous
ユートすげぇな。この調子で頼む。何も恐れるな長友!

・Anonymous
試合の度にどんどん良くなってるな……驚くわ。守備面でもっと賢くなってくれっといいんだけど……たのむぜ!

・Anonymous
今いる他の選手もそうだけど、チーム状態が良ければプレーが良くなるタイプだなぁ。

・Anonymous
マイコンのプレーを見てみろよ。いつもサネッティがカバーしてる。でも長友はそんな丁重な扱いはうけてない。
今のとこ、長友は守備のミスを恐れすぎてるように見えるな。だからボールホルダーの懐に飛び込まないで、ポジショニングに集中してる。じきに守備も成長してくれると信じてるぜ。

・Anonymous
一対一はそんなに悪くないよ。主な課題はポジショニングだ。戦術的な視野だよ。

・Anonymous
今夜の試合でも鬼だったな。守備でも攻撃でもすごすぎた。いいぞ、ユートさん!

・Anonymous
なんでサネッティを最終ラインに入れて、ナガを中盤にしないのか理解できん。そうした方がどっちも活きるだろ。

・Anonymous
なんで皆がナガブームにのってんのか分からん。いい選手だけど、インテルの求めてる質ではないでしょ。移籍市場でツイてたからインテルでプレーしてるだけ。

・Anonymous
チームで走ってる唯一の選手だ……

・Anonymous
キャプテンやらせろし。ハート見せてるの彼だけでしょ。

・Anonymous
おれは長友のファンってわけじゃないけど、少なくとも彼は頑張ってる。

・Anonymous
活躍ってほどじゃないけど、普段どおり良かったね。まだ守備の時にギャップ作られたりするけど。
うちらのクラブの次代を担う選手になってくれると思ってるよ。

・Anonymous
……責めるべき選手をあげてくなら、ユートは最後になるだろ。ダイアゴナルも良かったし、クロスも面白いのいくつかあったし。

・Anonymous
今のインテルの選手を代表に連れてくべきじゃないでしょ……

・Anonymous
守備でいくつかミスはあったね。何度か決定的な場面もつくられたけど、他は何とかしのいでた。相手がダイナミックで速かったってのもあるが……うちの前線みてみろよ。パス一つ止められない。

反応の数が多すぎて、とても全てを読みきれませんが、とにかく反応にバラつきがあることだけは確かです。

批判ではクロスの質と守備面に言及する人が多いでしょうか。ポジショニング、当たりの強さ、戦術理解度、身長。守備で苦言を呈してる人も、気になる箇所はそれぞれ違うようですが。

今シーズン当初の不調時に比べると、ここのとこの連敗で長友を槍玉にあげる声はずっと少なめでしょうか。連敗批判の中心になっているという感じではないようです。不調のチームの中ではマシという人や、むしろ頑張りを認める声も結構あるみたいです。昨日の小ネタ記事でも書かれていたように、世代交代の旗手として期待する人もちらほら。

チームが苦境にある時は叩かれ方もすごいですけれど、ちょっとずつ常に見守ってるファンも増えてってる印象ですね。擁護したり励ましたりといった書き込みも(移籍当初に比べ)目に見えて増えてます。トランス時のフィーバーで評価が見直された貯金もあるかと思いますが。

全体としては、ファンとアンチが交互に入れ替わり(喧嘩して)、それとは別にインテルサポーターの評価も毀誉褒貶があって、低調かつ激動なシーズンのカオスな印象がそのまま反映されているようです。

何とか長友もインテルも再び上昇気流に乗って欲しいですね。
正念場は続きます。


2011年度の世界トップ5ディフェンダーに選出された記事はこちら。この記事に対する各国からの反応も凄い数です。

vfitr


http://www.inter.it/
http://www.interfans.org/
http://forzainterforums.com/

酒井、香川、長友、宮市 海外の反応 小ネタ集

フライブルク戦での活躍により、酒井高徳を23節のベストイレブンに選んだメディアが複数あるようです。
リンク1 リンク2
(以前のコメント欄にて、別の紙面へのリンクも張っていただきました。ありがとうございました)
ここ三試合でインパクトあるプレーを見せ続けたことで注目度があがっているようで、このような記事もでていました。

【短期間での適応】stuttgarter-zeitung
タックルし、ドリブルし、クロスを上げて、チームにフィットする。彼はサイドバックが必要とされる全てをこなした。そして極めつけとして、試合終了の笛の直前、酒井高徳は完璧な軌道のクロスを危険なエリアへ送り込んだ。
175cmの男はフライブルク戦の4-1の勝利に大いに貢献し、こう語った。「ブンデスリーガでプレーできて、すごくラッキーだと感じてます」
「今や彼がこの役割をこなせるまでに成長したことが分かった」とVfBのブルーノ・ラッバディア監督は話す。
実のところ、短期間での適応はまったく予想されていなかった。酒井高徳はゆっくりと慣れていってからブンデスリーガのレベルに至る予定だった、と強化部長のフェレディ・ボビッチは語る。
(中略)
(酒井が最初に出場した試合において)試合冒頭から恐れ知らずにプレーしたことに、ラッバディアは少々驚かされた。
(中略)
「ダイナミズム、強さ、速さ、戦術。ドイツでは全てのエリアで勝負する為の強さが求められます。もっと成長しなくてはいけません」と酒井は言う。彼にはまだ強健さが足りていないが、守備の対応においては伸びしろを感じさせる。
「テンポにおいても、まだ慣れが必要だ」とラッバディア。
同時に監督は酒井が持つ二つの特別な素質についても強調した。「あの年齢で、あれだけのパス精度を持った選手は少ない」そして「成功するために必要な強いハートもある」
次の土曜の先発までは、まだ監督は(酒井に)任せるつもりはないかもしれない。しかし長期的な視野においては、酒井への期待は明確だ。「我々にはフォワードをサポートできるサイドバックが必要だ。うちのシステムに、彼は大いなる強さをもたらせるだろう」

169670hp2

この記事が書かれた時点では、酒井はまだホテル住まいとのことです。単身赴任だし、大変そうです。
次戦の先発は厳しいのでは、というドイツ記者の推測をいくつか見かけましたが、チームでの存在感と信頼は増していっているようですね。流れにのってチャンスを掴んで欲しいなぁ。



香川の復帰戦も概ね好評のようでした。
SPOXはベストイレブンにも選出しています。「試合を通じて、揺さぶりのアイデアと隣人への甘いパスを出し続けた」


【香川が代表復帰へ回復を証明】
「きついスケジュールになります」日本の10番はハノーファー戦の後で明かした。
「代表の試合では集中しないと、簡単に怪我してしまいますから、きちんと照準を合わせて準備したいです」

各国で代表への追加招集のニュースが伝えられているようです。
招集に関しては、ドルトムントサポーターも色々と議論しているようでサポーター掲示板が賑わってます。


【リバプール、香川へのオファー準備か】 footballpress calciomercato.com
リバプールは日本代表選手である香川真司(22)の獲得のため、ドルトムントに対し2200万ユーロのオファーをする準備をした。
この選手はドイツのクラブと2013年6月までの契約を結んでいる。

代表復帰記事でも「リバプールと接触が」と触れられていたりと、何かとリバプール関連の噂が絶えないようですが、信頼できるソースからの情報はまだ何もないようです。



ナポリに敗れて4連敗。苦境にあるインテル・ミラノに関しての記事がありました。

【インテル・ミラノの成功に欠かせない五人の選手】
『長友佑都』小柄な左サイドバック、長友佑都は彼の横でプレーする三人のディフェンダーよりも五歳以上は若い。ルシオ(33)、サムエル(33)、マイコン(30)は、もはやモウリーニョの元でプレーしていた頃のサッカー選手ではない。
齢を重ねすぎた選手をよそに、これから身体能力の最盛期に突入するというだけでなく(通常は26歳から30歳の間とされる)、長友はチームの真のリーダーとしても期待される。
ハビエル・サネッティの引退の日は近い。この日本人はクラブの為にもサネッティの後釜にならなければならない。


試合を見た感じだと、チームは本当に苦しそうですね。サポーターからも主に守備面での厳しい意見がここのところ目立っているようです。
なんとか踏ん張ってもらいたいです。



「Total Football」で注目選手として宮市亮が取り上げられました。
「アーセナル期待の若手は、更なる成長をとげるためボルトンへとレンタル移籍したが、エミレーツ・スタジアムのピッチに立つ日は近い」
「遅かれ早かれ、宮市はアーセン・ヴェンゲルの描く未来のスターティングイレブンとしての地位を確固たるものにするだろう」


【おかん】
・Anonymous
(チェルシー戦のクリアー動画を見て)リョウのろくでなしのチームメイト達は、なんでクリアーした後でちょっとでも励ましに行かなかったわけ?

・Anonymous
……あいつら、リョウを肩に高くかつぎあげて、ピッチ中をパレードすべきだろ

・Anonymous
なんか彼って自分に厳しすぎないか。プレーが完全に成功しなかった時、いつも下を向いてるけど……メンタル面が弱いのかな?単に若いってだけかもしれないけど。

・Anonymous
違う文化圏に来たことと内気な性格に苦労してるんだよ。どうプレーするかにすごく真摯なんだ。
もっと自信を持つ必要があるね。更にボールを要求して、気取ってプレーして。

・Anonymous
ボルトンで抜きん出たプレーできるとは思ってなかったわ。シャイな試合っぷりじゃなくて、ボールに何度もさわってて満足だよ。これからも色々と成長し続けて欲しいねぇ。
tumblr_lz9d71Aehp1qj9ehco2_500

チェルシー戦ドリブル動画、100万再生を突破して、コメント欄も賑わってます。




http://www.soccerway.com/news/2012/February/28/kagawa-proves-fitness-for-japan/
http://www.footballpress.net/?action=read&idsel=99111
http://www.stuttgarter-zeitung.de/inhalt.vfb-stuttgart-integration-im-schnelldurchgang.4cd8e23c-3adb-408a-be99-bc0b29609e8b.html
http://www.goal.com/de/news/827/bundesliga/2012/02/27/2930826/vfb-stuttgart-japanisches-erfolgsduo-sorgt-f%C3%BCr-furore
http://www.spox.com/de/sport/fussball/bundesliga/1202/Artikel/top-elf-23-spieltag-franck-ribery-lewandowski-kagawa-boateng-oehrl-bender-harnik.html
http://bleacherreport.com/articles/1081984-italian-serie-a-5-players-who-are-integral-to-inter-milans-success
http://web.calciomercato.com/mercato/liverpool-kagawa-si-per-22-milioni-252427
http://www.arsenal-mania.co.uk/
http://www.goonersworld.co.uk/
http://onlinearsenal.com/forums/

細貝萌 旅の途上で得た手応え 海外の反応

浦和レッズ時代の細貝萌がこなしたポジションの数はいくつになるだろう。
CB、SB、WB、DM、ざっと数えただけでこれだけある。左だけでなく右のサイドバックとしてプレーしたこともあるのだから、あるいはもっとかもしれない。
プレー時間に関わらず、熱意をプレーで表現できるのが細貝の持ち味だ。ファイトすると口で言うのは容易いが、それをピッチ上で体をつかって観客に伝えられる選手は数少ない。

レンタル移籍先のアウクスブルクでも、その持ち前のユーティリティ性とスピリットから、静かに着実に細貝の存在感は増して行っているようだ。

以下、海外の反応をまとめてみた。

topTeaser_crop_Hosogai


【細貝萌インタビュー】
香川真司の輝かしい登場は、ブンデスリーガの選手獲得計画に確実に多大な影響を与えた。
バイヤー・レヴァークーゼンも日本人選手を補強した。細貝萌。彼のルーツと、極東の選手がドイツサッカーにもたらすものについてインタビューを行った。
(中略)
インタビュアー:日本と西欧のメンタル面の違いについて、どういった考えをもっていますか?ドイツ語は集中的に勉強されていますか?
細貝:日本と西欧はメンタル面において大きく異なると思います。でも僕は日本でドイツ人の監督の元でもプレーしたことがありますから、ドイツでの生活にも早く適応できました。ドイツ文化とドイツサッカーに順応するために全てのことをやるつもりです。
ドイツ語は勉強をはじめたところです。週に三回、ドイツ人の先制に習っています。早く習得できるといいのですが。
(訳注:インタビュー掲載は2011年1月。インタビューが行われたのは2010年か)

インタビュアー:あなたのプレーの長所はどこにありますか?
細貝:長所は一対一において積極的かつ意識を持って戦えるところです。加えて、僕には90分フルに走れる持久力があります。機動力もそれほど悪くないでしょう。
技術面では他の日本人選手には及ばないかもしれませんが、試合を通して戦える体とハートが持ち味です。

インタビュアー:ブンデスリーガでは日本人選手が増えて行っています。この傾向について、どう解釈されますか?
細貝:日本人選手にはヨーロッパでも自己表現する能力が備わってきつつあるのではないでしょうか。
この成長が続いていって、ヨーロッパで我々が成功をおさめられるように願っています。日本人選手がヨーロッパでも活躍できると証明したいですね。


【ここまでのところアウクスブルクの細貝萌は、ブンデスリーガの旅に手応えを感じている】

アウクスブルクのディフェンダー細貝萌は、ここまでのところ、ドイツの旅に手応えを感じているようだ。
ヨス・ルフカイ監督のチームでレギュラーに定着し、特別な才能を印象づけている。今季ここまでリーグ5試合で2ゴールをあげ、チームのエース選手だ。
ブンデスリーガで旋風を巻き起こしている日本代表選手達の一人として、彼も間違いなく数えられるだろう。

彼は若手にとってドイツにおいて学ぶものは多いとし、リーガやプレミアと比べチャンスも大きいと考えている。
インタビューで、日本人選手たちの活躍について訊ねられて、この25歳の選手は熱狂的に答えた「もちろん嬉しいですよ!僕もその中の一人になれたということも含めて」
香川真司との比較について聞かれると、この日本代表選手はこう答えた。
「彼は色々な面において手本なんです。彼の活躍には純粋に刺激されます……途方もない事ですから。
ポジションは違いますから、比較は気にしていないんです。でも、彼が達成したことには励まされるんです……彼のプレーを見ると、もっと自分も頑張ろうと思うんですよ」
(訳注:記事中にでてくるインタビューの全文はこちら


【2011年ウィンターブレイク前のアウクスブルクでの選手個人評】
細貝萌。この対人に強いディフェンシブミッドフィルダーは、ゆっくりとチームに馴染んできた。
やがてブンデスリーガが要求するレベルにどんどん応えるようになっていき、チームにポジティブな驚きをもたらした。
ルフカイ監督は語る「彼は向上心があって、熱心で、チームのためになる選手だ」



二部時代には電車での移動であったり、周囲からさほど注目されない時期があったりと、浦和時代の華やかな選手生活とのギャップもあったのではと地元アウクスブルクで報じられています。
また、なでしこがドイツで活躍していた時期に気遣いを見せたり、日本で地震の被害があった時の対応など、人柄を伝える記事もでていたようでした。
そんな細貝を、サポーターはどう受け止めているのでしょうか。


【アウクスブルクサポーター】

・Anonymous
心からようこそ!

・Anonymous
うん、ようこそ(´∀`)よさそな移籍だし、素早くまとまってよかった

・Anonymous
ちょっと気づいたんだけどさ、ハッポウサイの遠い親戚なんじゃね。

・Anonymous
暖かな歓迎を(^ω^)ぼくらのサムライ

・Anonymous
俺がハジメを好きな理由はこんな感じ
*素早い *技術もしっかりしてる *前でアイデアも出せる

・Anonymous
みんなで黙祷した時、すごく感激してたみたいだね……とても好感のもてる男だのう

・Anonymous
チームスピリットが大事なんだよ。ファンがサポートしなくちゃ。細貝萌がんばれ、日本はまたすぐに良くなるよ。

・Anonymous
対人が本当につえーね。やばいってとこにも常に顔を出せるし。どんどん強くなってってるよ。

・Anonymous
この子はマジでいいねぇ、見ててすごく楽しいぞ!ボールコントロールとフィードにかかる時間が他の選手に比べて速いわ。試合にテンポを与えてる。勝つる!

・Anonymous
ハジメの担ってる役割は重要だし、できればうちで買い取れるといいんだけどなぁ

・Anonymous
残念だけど、レバークーゼンが呼び戻すだろうねぇ。

・Anonymous
何度も上下動して、中盤をしっかり組み立ててたなぁ。スーパーハジ(・∀・)

レンタルが決まった当初、暖かく歓迎されつつも、日本人のサッカー選手って大丈夫か、と半信半疑なサポーターも結構いたようです。アウクスブルクは今もギリギリの降格争いと続けているチームですし、そういったチームで守備を担当している選手につきものの批判や、また大柄な選手を望む声も聞こえてきますね。
一方で、東日本大震災の時はサポーターが細貝を励まして、そしてサポーターの声援に優しく応える彼の人柄もあり、また自身のプレーでも少しずつアピールしていって、ファンも着実に増えていったみたいです。

全体的には(レンタル選手であるにも関わらず)ドイツのローカルなクラブでまったりと好意的に見守られている印象でした。
これからも残留という大きな使命を果たすための奮闘が続きます。スーパーハジに今後も期待!



しかし「細貝」と「八宝菜」……似てるかなぁ。


http://www.augsburger-allgemeine.de/sport/fc-augsburg/Hajime-Hosogai-kehrt-verletzt-aus-Japan-zurueck-id14520676.html
http://www.augsburger-allgemeine.de/sport/fc-augsburg/Ein-weiter-Weg-fuer-FCA-Spieler-Hajime-Hosogai-id16746311.html
http://www.augsburger-allgemeine.de/sport/fc-augsburg/Wenig-Ueberflieger-kaum-Totalabstuerze-id18048426.html
http://blogs.bettor.com/FC-Augsburgs-Hajime-Hosogai-delighted-with-his-Bundesliga-journey-so-far-a101908
http://www.augsburger-allgemeine.de/community/forum/fc-augsburg/
http://www.fcaforum.de/
http://www.transfermarkt.de/

もったいないオバケ

香川真司のプレーを見ていると、ふとある選手の姿を思い出すことがある。
藤田俊哉のことだ。
二人に共通する特徴的なプレーに、独特な間合いでペナルティエリアに侵入していくオフザボールの走り込みがある。ボックス内のエアポケットめがけてスルスルっと飛び込んでいく、このプレーの難しさは、動き始めの時点では、まだどこにも目的地であるエアポケットが存在していない、という点にある。

点を取る為に最短ルートで相手の致命傷を狙う動きは、ストライカーの真骨頂とも言えるプレーではないだろうか。ディフェンダーと駆け引きをし、時に電光石火の動き出しでニアポスト付近のスペースに飛び込み、またある時には意表をついてファーサイドで待ち受けてボールを頭で叩く。
守備をする人間にとっては、この動きは恐ろしい。油断をしたら一発でやられてしまうのだから、最も警戒すべきプレーとして、体を張ってでも阻止しなくてはならない。

ストライカーが揺さぶりをかける動きを始めた時、ディフェンダーは本能的に自陣の最も脆い場所に意識と足がいく。その瞬間、ディフェンスラインの手前に、ちょっとした意識の間隙が生まれて、とっさに守備にいけないスペース、つまりエアポケットができる。

どうやって身につけたのか、香川真司はエアポケットを発生の数秒前に見つけることができる眼をもっている。
予知能力ではあるまいし、未来が見えているはずもないのだが、敵味方の位置と動きを一瞥して、そこに何らかの法則を感じ取って、その発生を予測するのだろう。

このエアポケットへの走り込みは、成功すればゴールに近い場所でボールを持てるし、かなりの破壊力を秘めたプレーなのだが、難易度がかなり高い。

なぜなら、このプレーを成功させるには、もう一人、エアポケットを見つけることができる眼を持った選手が必要だからだ。例え走り込みに成功しても、そこにボールが出てこなければ、ただの無駄走りになってしまう。


ジュビロ磐田時代の藤田俊哉には名波浩がいた。
日本サッカー史の中でも屈指の名パサーである名波は、スペースを見つける眼にも優れ、また類まれな戦術家としての側面もあった。
更に幸運なことに、当時のジュビロには、驚異的かつ精力的な動き出しができるストライカーも揃っていた。
チームメイトが作り出すエアポケット目がけて次々とランを成功させて、そこで名波をはじめとする同僚からのボールをうけ、藤田は数々のゴールを奪っていった。


ドルトムントでは、まだ「ここぞ」というタイミングで香川にボールが出てこないことが多い。
セレッソ大阪時代に乾貴士と感覚を共振させて猛威を振るったように、ドルトムントでも意識をシンクロさせてくれる仲間はいるが、まだまだ香川のポテンシャルをフルに発揮しているようには見えない。ストライカーとの連動性も完成の域には程遠い。
それでもこれだけの結果を残しているのだから、なんとも凄まじい話である。

同じくドイツでプレーする岡崎慎司は、チームの要求に合わせてプレーの幅を広げることで成長できた、というような意味のことをインタビューで話していた。
ここ数試合のプレーを見ていると、確かに岡崎のサイド攻撃は結果をだしている。
本職であるストライカーとして使われない。そういった逆境を成長する為の糧としてしまったというのだから、外国で傭兵として生き残っている選手のプロ意識には驚かされるばかりだ。


香川真司が黙々とダッシュを繰り返す姿には、どこにも屈託が感じられない。実に淡々としている。
それでも端から見ていると、そのダイアゴナルランの軌道と拍子の取り方のあまりの精妙さに、思わず「パス出してよ、もったいない」と呟いてしまう。イングランドのサッカー紙は、香川を「ドルトムントの王冠に輝く宝石」と讃えたけれども、まだまだこんなもんじゃないよ、と思ってしまうのだ。



icon2_convert_20120228203611


香川真司 復帰戦を勝利で飾る 海外の反応

ハノーファー96をホームに迎えたドルトムント。故障明けの香川真司はトップ下で先発。

前々節までの香川を経由してテンポを作るサッカーに戻し、前半、ボールを支配し試合を作るドルトムント。何度か決定機を作っていきます。
ハノーファーはカウンターでやり返そうとしますが、ドルトムント最終ラインの守りは堅く、シュートまでは持ち込めません。
ドルトムントはレワンドフスキがゴールキーパーのニアサイドをぶち抜くシュートを決めて先制すると、その後も香川が基点となって、何度も惜しいチャンスを演出しますが、フィニッシュがまずく追加点を奪えません。
そんな中、ゴール前で香川自身がシュート、しかしこれは相手の体を張ったブロックに跳ね返され前半終了。

後半開始して早々の53分、ゴール前へのロビングボールのこぼれ球を、またもやレワンドフスキが押し込んで2-0。
ハノーファーが1点を返して、試合が沸騰し、大味な展開になりがちなところ、香川はクオリティの高いボールをさばいて再三ドルトムントのチャンスを演出していきます。
80分あたりでは、自身でボールを持ち込み、左サイドに流れつつシュートを打ち込む場面も作ります。
追加点を奪えない中、残り数分で香川は交代。終了間際にドルトムントが追加点を奪い、試合は3-1で終了。



香川はダイレクトプレー、ワンタッチやツータッチでの素早い捌き、またスルーパスを駆使して相手陣地でのアイデア役をこなしました。調子もまずまずといったところで、じきにキレも完全に戻りそうなプレーぶりかと。
ボックス内の動き出し役でレワンドフスキなどが一番手になるべきところ、その役割まで香川が引き受けてしまう場面もあり、ゴール付近でやや押しが弱い印象もありました(この辺はやはりバリオスとの相性の方がいい気がするのですが、どうでしょうか)。
周りを活かす役割を負っているので、なかなかフィニッシュワークに絡めない面もありましたが、まずは怪我を大きく引きずってないようで良かったです。



bild


現地の反応は、おいおい追記していきます。

【ビルト採点 香川真司:2】 採点
早さが売りのビルト採点はまずまずのようです。

【ドルトムント、勝ち点差を保つ】 レポート
前半のハイライトとなった場面は、日本人フォワードの前への見事な組立だった。

【レワンドフスキが二度決める】 レポート
香川がまたも素晴らしい機会を生み出すも…


【ドルトムントサポーター】
・Anonymous
(恐らく現地実況)「……彼は小柄です。しかし容易には振りきれませんよ」 いやぁ(実況)詩人だったわ!

・Anonymous
おいおいすげぇな、あのリアクションは雷みたいな速さだな。すごすぎ。

・Anonymous
シンジの回転が速すぎて、ピントが全然『反応』できてなかったな。シンジが捌いてる前で立ってるだけっていう

・Anonymous
香川が独創性を生み出してくれた。まさにベルリン戦で欠けてたもの。彼のプレーは良かったね。

・Anonymous
今日の試合で、ゲッツェのいない今、いかに香川が大事なのか皆わかったんじゃない

・Anonymous
そうなんだよ!キーワードは香川だよ
香川のボール供給と散らしは本当に大したもんだ

現地メディア、およびサポーターの反応も、なかなか好感触なのではないでしょうか。
特にサポーターは前線にアイデアが戻ってきたことにほっとしている人が多いような印象です。


x610


http://www.transfermarkt.at/de/
http://www.bvb-forum.de/
http://forum.westline.de/


岡崎酒井宮市、一夜明けて 香川の移籍話が再加熱か? 海外の反応

【岡崎と酒井、シュトゥットガルトで見せ場を得る】
ここ最近のクラブにおける役割を、シュトゥットガルトのコンビは喜んでいる。

岡崎慎司は清水エスパルス所属時には点を決めることにのみ集中していたと認めつつも、ブンデスリーガでは少々ちがった人生を見出したようだ。
シュトゥットガルトでの限られた出場機会は、選手としての成長を助け、また監督に要請されたどのポジションでもこなす気構えも作るのにも役立ったと、彼は感じている。
(中略)
岡崎の日本人チームメイト、酒井高徳もまた、シュトゥットガルトにおける最近のパフォーマンスに満足している。
彼は自身をバイエルン・ミュンヘンのフィリップ・ラームと比較し、左サイドにおけるドイツ代表のプレーを真似ようとしていると語った。


二人のダブルインタビューを元に書かれています。
インタビューの詳細はこちらと、当ブログ過去記事からどうぞ。

【快勝してデレ気味のシュトゥットガルトサポ】
・Anonymous
こういう補強を待ってたんだよ!ゴーゴーゴー!(´∀`)

・Anonymous
うちの二人の日本人選手には金の価値がある(・∀・)

・Anonymous
酒井めちゃくちゃ好きだわ。今日はオカとのシンクロ具合もすげかったし、左の日本サイドはハマってるで!

・Anonymous
岡崎と酒井のところが(サイドを)ぶち破ってやろうって意識が一番ハッキリでてたね。
酒井はいくつかヘマもやったけど、どんどん良くなってったよ

・Anonymous
こういうのはどうだい。岡崎とゴーを右、モリとハルニクを左。
こうすれば両ウイングが前線で脅威になるし、うちらの日本人サイドも保てる。

・Anonymous
岡崎慎司すげぇ!今季もう7ゴールだぜ!

・Anonymous
酒井が右できるか興味あるなぁ。ハルニクならしっかり助けてくれるだろうし。
image

試合を重ねるごとに、酒井はサポのハートを掴んでいっているようです。次の試合でも使って欲しいという声も目に見えて増えてますし。モリナーロが復帰するなら右で、という意見も多いですね。相変わらず守備面での不安も聞かれますが。
岡崎は前節まで二試合連続ゴールしていても、もう一つサポーターの反応が鈍かったのですが、ここにきてデレた意見があがるようになってきました。
メディアでの二人の露出も結構あるようですし、これからも上り調子の二人に注目です。



【マン・オブ・ザ・マッチ:宮市亮】
ボルトンファンサイトでのチェルシー戦MOTM投票では、宮市への支持が圧倒的なようです。
現時点で40票を獲得し、二位のゴールポスト・クロスバーの3票に圧倒的リード Σ(゚д゚) エッ!?

「リョウはボールに触れる機会は多くなかったが、ボールを持てば(チェルシーにとって)脅威となった。
セットプレーでは何をすべきか理解していないようだったが、それはリーボックに馴染んできた証拠といえる。それに彼は守備の為にピッチに立っているのではない。
シーズンの残り、どうやらあのポジションのスタメンは彼で固定されそうだ」

139794546

【ESPN採点 宮市亮:7】
日本人ティーンエージャーは試合を通して精力的だった。
チェルシー守備陣により、あまりボールと遊ばせてもらえなかったが、与えられた少しの時間でスピードある走りを見せ、時にそうすることで危険を匂わせた。

宮市のタッチ集はこちら
http://www.101greatgoals.com/gvideos/ryo-miyaichi-performance-bolton-vs-chelsea/


【お母さ、もといアーセナルサポの試合後の反応】
・Anonymous
何人かのボルトンサポは彼を批判したり、大きな試合からは彼を外すべきだって言ってるみたいね。

・Anonymous
ボルトンサポは馬鹿と盲目の狭間にいる。唯一の武器を外せ??

・Anonymous
リョウはウォルコットよりアイデアあるんじゃない

・Anonymous
ふおおおお。宮市は格が違った。あの少ない見せ場で効果的な動きを見せたし。OXたちと共にトップ選手になる素質を持ってるよ。

・Anonymous
実況が「みいあーえち」って彼を呼んでた。むっちゃイラつく('A`)

・Anonymous
BBCの実況は「ロシツキー」だって発音できないからな。

・Anonymous
正直、そんな印象的でもなかった。イヴァノヴィッチにうまく守られてたし。スペース消されてタイトに守られて沈黙させられてたよ。

・Anonymous
いや、彼はボルトンのベストプレーヤーだったよ。そんなにスーパーな試合をしたって言ってるわけじゃなくて、ボルトンのまずいプレーの中ではってことね。
ボールタッチの機会は限られてたけど、いいプレーを生み出してた。

ボルトンでは即戦力が必要とされているので、サポーターからは「宮市には経験がない」「守備が甘い」という論での批判もあります。一方で宮市の攻撃に今後の希望を見出してる人もいるようですし、全体的にはチェルシー戦でのいくつかのチャレンジも好評のようです。
アーセナルサポ界隈では、宮市とウォルコットの比較が多いので、ウォルコットも頑張ってるんだから、あまり叩かないで、という意見も見かけます。

宮市のgif画像があがってました。 こちら


【リバプールが日本人マエストロの争奪戦に名乗りを上げる】

マンチェスター・ユナイテッド、ACミラン、ユベントスの香川真司争奪戦に、リバプールも加わると関係者はみている。
ボルシア・ドルトムントはマルコ・ロイスとの契約を掴みとった。それにより香川真司が来季の出場機会を楽に得ることは厳しくなるだろうことは疑う余地がない。


CEOのワッケ氏が「今季終了後にドルトムントはビッグネームの何人かを失うかも」と答えたことから、香川の周辺が加熱するかもしれません。
ワッケ氏は香川とゾルク氏との延長交渉が行き詰まっていることを認め、「この状況をどう解決するか、皆で決めないといけない」とビルト紙に語ったそうです。


【イングランドのサッカーファン】
・Anonymous
ここの記事は当てにならんぞ

・Anonymous
うおおお 最近ゲームでリバプールと彼の契約むすんだとこだったんだ(゚∀゚)

・Anonymous
最高の投資だけど最高の選手ではない

・Anonymous
なんでリバプールに行かにゃならんの?最近じゃドルトムントが数段上でしょ。CLにも出て、ミュンヘンも楽に倒せそうだし。

・Anonymous
なんで泥船に飛び込むような真似しなくちゃいけないんだ。

・Anonymous(リバプールサポ)
うちのクラブに嫉妬しちゃったのかな?

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッドサポ)
偉大な選手だね。単にYouTubeの動画を見ただけで言ってるわけじゃない。

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッドサポ)
うちが必要としているタイプの選手じゃないと思うけどなぁ。センターミッドフィルダーが要るけど、彼は違うタイプだし。

・Anonymous(マンチェスター・ユナイテッドサポ)
俺も賭けてみるだけの価値あると思うぜ。プレミアでもフィットするでしょう、ブンデスリーガだって同じくらいタフなんだし。

もともとリバプールが香川に興味を示していると何度か紙面で取り上げられていた為、ワッケ紙の発言をうけて、また噂が浮上したのでしょうか。
もっともソースが怪しいタブロイド記事ですので、イングランドサッカーファンの多くはまだあまりシリアスにうけとめていないようです。
一方で延長交渉がすんなりまとまらなかったことから(「近い将来の移籍を視野にいれている」bettor)と捉えるむきもあるようで、ドイツからもドルトムントの戦力低下を心配するファンの声が早くも聞こえてきています。




http://www.goal.com/en-us/news/87/germany/2012/02/23/2924020/watzke-admits-dortmund-team-will-split-up-as-kagawa-talks
http://blogs.bettor.com/Okazaki-and-Sakai-pleased-with-their-displays-for-Stuttgart-a132022
http://blogs.bettor.com/Watzke-admits-some-players-will-leave-at-the-end-of-the-season-a132020
http://www.sueddeutsche.de/sport/vfb-stuttgart-in-der-einzelkritik-laessige-moechtergern-boxer-1.1293331-5
http://www.footybunker.com/liverpool-join-the-hunt-for-japanese-maestro/18147
http://www.bundesliga.de/en/liga/news/2011/index.php?f=0000205619.php
http://www.caughtoffside.com/2012/02/25/liverpool-keen-on-japanese-playmaker-shinji-kagawa/
http://community.manutd.com/
http://www.bundesligamannschaften.de/shinji-kagawa-fc-liverpool-will-bvb-akteur-verpflichten/
http://www.stuttgarter-nachrichten.de
http://www.stuttgarter-zeitung.de/
http://forum.vfb.de/
http://www.transfermarkt.at/de/
http://www.lionofviennasuite.com/
http://www.wanderersways.com/forum/
http://www.arsenal-mania.co.uk/
http://www.goonersworld.co.uk/
http://www.arsenal.com/fansforum
http://www.the-wanderer.co.uk/boards/

宮市亮、スタンフォード・ブリッジの戦い 海外の反応

試合前の記事などでハードルが上がる中、チェルシーとのアウェー戦にスタメンで挑んだボルトンの宮市亮。

しかし試合は終始チェルシーペースで進み、危険な匂いがする攻撃は殆ど全てチェルシーサイドから繰り出されます。
ボールもなかなか回ってこない中、前半終了間際に宮市が果敢に仕掛けるプレーを見せ、一人気を吐きます。

しかし後半開始早々に一点を奪われるとチームは踏ん張りが効かなくなり、次々とカウンターをくらい失点を重ねて3-0に。
宮市も二人をぶち抜く高速ドリブルを見せ、コーナーでは相手のシュートを跳ね返し、何度か見せ場を作りますがゴールとまではいかず、そのまま試合終了。







【ボルトンサポ】
・Anonymous
まあ、ひどいもんだった。リョウとリームはOKだったが、他はね。

・Anonymous
その二人がOKってのも、随分とお優しい評価すね……

・Anonymous
リョウには残留争いは無理って、めちゃくちゃハッキリしてんだろ。甘すぎる。うちの監督みたいにな!

・Anonymous
リョウはよくやったと思うけどね。ペトロフのがやれたとは思えんよ。

・Anonymous
リョウは二回もぶち抜かれただろ。守備の基礎だぞったく。

・Anonymous
リョウはこの手の試合の準備がまだできてないと思うわ

・Anonymous
リョウはしっかり頑張ってた。俺はうちじゃベストの選手だと思うけどね。

【アーセナルサポ】
・Anonymous
宮市にはディフェンスをこじ開けてくれる良い中盤が必要だよ。
ボルトンでもうちでも、効果的に彼をつかえないだろうな。深い位置から走らせるスルーパスを蹴るには、ファブレガスかウィルシャーが要るし。

・Anonymous
リョウはマジで本物だ。ボルトンでのパフォみる限り、フェイエノールトの活躍はマグレじゃなかった。

・Anonymous
ボルトンつかえねぇ選手ばっかだな

・Anonymous
ひゃああ、余裕であそこじゃベストの選手でしょ

・Anonymous
痛々しくてみてられないチームだな リョウはまじでボルトンのどの選手よりもいい

・Anonymous
ってことは、リョウはフェイエノールトのベスト選手からボルトンのベスト選手になったってこと?次の到達点は、アーセナルのベスト選手かね

・Anonymous
代表に招集されたから、そこで質の高い日本人の若手とプレーしてるとこ見れるといいなぁ。
もっと1対2とか練習すべきだろうけど、残念なことにボルトンじゃなぁ。

敗戦したボルトンサポーターはお通夜ムードで、宮市の評価も二分といったところでしょうか。他の選手は叩かれまくっている中、健闘しているともとれます。
イングランドのサッカーファンは、とにかくガッシリしたタフな選手を好む人が多い印象があります。線が細かったり、涙目を見せたりすると、それだけで気に入らないという人を見かけたり。
一方アーセナルサポは、過保護なお母さんモードとでもいうのでしょうか、サポートにいけないボルトンへの非難が多いです。また課題をどう乗り越えるのか心配する声も。


【footy】 レポート
「65分、チェルシーのディフェンダー二人をぶち抜き、宮市から素晴らしい瞬間がもたらされる」

【BBC】 レポート
「アウェーチームは見せ場は少なかったが、前半終了間際、宮市亮がニアポストに打ち込み活気をもたらした」

【London24】 レポート
「活気あふれる宮市がイヴァノヴィッチとケーヒルを綺麗にすり抜けた」

また動画サイトでも「左サイドをイキイキと駆け上がった」「危険な場面を生み出した」「カンフースタイルで素晴らしいクリア」などと各動画が紹介されています。 動画サイト

x610


チーム力の差がハッキリと出ましたし、また守備においては初速を活かしてボールを前へ持ち出す相手選手について行けない場面もあり、宮市も苦戦。
この先、ボルトンは苦しい戦いを強いられるでしょうが、その中で存在感を発揮してチームを勝利に導いていけるのか注目です。

http://www.wanderersways.com/forum/
http://www.arsenal-mania.co.uk/
http://www.goonersworld.co.uk/
http://www.arsenal.com/fansforum
http://www.the-wanderer.co.uk/boards/

スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB) 【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

オーバーロード12

シノハユ 8巻 シノハユ 8巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
月刊サッカーマガジン

SOCCER GAME KING

月刊フットボリスタ

footballista Special Magazine

ワールドサッカーダイジェスト

WORLD SOCCER KING

サッカーダイジェスト

フットボール批評

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン