正念場の大津とハードルが上がる宮市 海外の反応

代表入りのニュースが駆け巡ったこともあり、宮市亮の周辺が俄然さわがしくなってきました。

【刺客宮市はアーセナルの依頼を果たせるか?】

明日、ボルトンはチェルシーと対戦するが、宮市亮は大いなる使命を果たせるか?
もはや逃げも隠れもできない。4位争いレースは首位争いと同じくらい重要になってきた。
アーセナルとチェルシーはどちらもCL枠の確保にますます必死の様相だ。
(中略)
アーセナルファンの願いは一人の男に託された。(アーセナルから)レンタルされているプレーメーカーの宮市亮である。
(中略)
(アーセナルの)トッテナム戦へ弾みをつけるため、またチェルシーにプレッシャーを与えるためにも、アーセナルファンは宮市が決定的なゴールを奪ってくれることを願っている。


【試合前のアーセナルサポ】
・Anonymous 
うちらの4位をキープしてくれぇ ダーリンたのむぜえええ

・Anonymous 
もし宮市が点取ってボルトンが勝ったら伝説になるぞ

・Anonymous 
(代表入りは)リョウにとっていいニュースだね。一年ちょっとで彼のキャリアは本当にステップアップしてってる。
今日のチェルシー戦は見ないとな やつらの悩みの種になってくれると思うぞ

・Anonymous 
宮市にチャンスあるだろ コールとイヴァノヴィッチは調子がよくないし、フェイントとスピードの対応が苦手だし

・Anonymous 
リョウとボルトンがチェルシーをどうにかできっと思ってる奴らは、まじでショックうけるだろうな。いまから眼に見えるぜ。

代表入りしたことは、各国でも既につたわっているようです。
今回の試合はアーセナルの4位争いのライバルであるチェルシーが相手ということもあって、メディアと掲示板ともに、アーセナル側からの宮市への期待が膨らんでいるようです。
(コイル監督の絶賛+アーセナルの期待+代表入りニュース) ハードル上がりすぎのような気が……先発予想は相変わらず割れてますねぇ。


追記:公式ツイッターで宮市スタメンが告げられました

BWFC: Bogdan, Steinsson, Wheater, Ream, Ricketts, Muamba, Reo-Coker, Pratley, Miyaichi, Tuncay, Ngog



しょーもない話ですが、ボルトンサポーター掲示板のチェルシー戦のスレ題が「スタンフォード・ブリッジの戦い」でかっちょいい。





大津祐樹が所属するメンヒェングラートバッハはホームにハンブルガーSVを迎えて1-1の引き分け。
大津は後半34分から出場しました。

試合前の報道でも、大津が使われるのでは、と出ていたことから、一定のアピールに成功しつつあることが伝わってきます。

【大津祐樹が右か?】
報道1

【大津は旅立たず】
今週末の試合で、メンヒェングラートバッハは攻撃的ミッドフィルダーを必要としている。
報道2

favre_10_07_11


【グラッドバッハサポーター、試合後の反応】
・Anonymous 
10分は短すぎだろ!もっと上手くならないとなぁ

・Anonymous 
ニュルンベルク戦でもチャンスもらえっと思うぞ。

・Anonymous 
この若手をニュルンベルク戦では先発させてくれよ

・Anonymous 
あの子は10分しかアピールの時間をもらえなかったから、ちょっと色々とやろうとしすぎちゃったのかもな。更に悪いことに、うちのクラブのサッカーをしてなかった。

・Anonymous 
非常に良かった点:スピードがあって、ボールに積極的にいったとこ
悪かった点:相手陣地でのプレスが緩い!ことに気づいたよ

・Anonymous 
てか何を期待しろってんだ。
ボールが二回ほど回ってきて、何かやってやろうとして、うまくいかなかったってだけ。
これで何か判断する気はないよ。すくなくともブンデスリーガで何試合か90分でるまでは。
ユーキは監督から信じられんほどに学んでるし、吸収力がある選手だと思うぞ。

トリッキーなプレーと技術を評価する声がある一方で、在籍期間の割に出場期間が短いから放出すべきという厳しい声も聞こえてきます。また球際に弱いのではないかという評価も。
これから期待できるという人もいますし、次の出場を望む声も見かけますので、出場チャンスを掴みつつある今が正念場といったところでしょうか。

RWO_BMG_Otsu_1011201_6ad903c8d6


http://www.soccer-fans.de/borussia-moenchengladbach/
http://forum.borussia.de/
http://www.transfermarkt.at/de/
http://www.the-wanderer.co.uk/boards/index.php
http://www.wanderersways.com/forum/
http://www.arsenal-mania.co.uk/
http://www.goonersworld.co.uk/
http://www.arsenal.com/fansforum
http://www.the-wanderer.co.uk/boards/

アイスランド戦 海外の反応 ちょこっと


【海外の反応ちょこっと】
・Anonymous(イングランド)
金曜の試合、スタメンの予想どんなもんだい?

・Anonymous(ドイツ)
金園は怪我で離脱

・Anonymous(イングランド)
3-4-3か4-2-3-1で槙野を左にって聞いたけど。

・Anonymous(カナダ)
石川のいいとこみたいなぁ、彼のプレー好きなんだよねぇ

・Anonymous(オーストラリア)
うちらの国の審判だったね 最後に面白いPKあたえてたけど、まあ取るよね……

・Anonymous(オーストラリア)
見てて面白い試合だったわ そして、あのハンドスプリングスロー!




【アジアチャンピオンはアイスランドには暑すぎた】

アジアカップ保持チームが親善試合でアイスランドを楽々と下し、三次予選最終戦への弾みをつけた。

【日本がアイスランドを冷凍】

日本は全力を出さずにゆうゆうと相手を吹き飛ばした

【日本がアイスランドを下す】
Jリーグの元得点王の前田遼一が、早々のゴールで日本を助けた。



ザッケローニ監督は親切だ。ほとんどの場合、試合前の会見で当日のキーポイントを分かりやすく教えておいてくれる。

「プラクティカルなプレー内容よりも、個人のプレー内容を見てみたいと思う」

監督の言葉を素直に解釈するのならば、アイスランド戦は選手の個人アピールをメインで見てくれ、ということだろうか。
全体の質は問わないで欲しい、という牽制ととることもできるけれど、シーズン前のこの時期にあまり過度な期待をする人はいないだろう。

どの選手がアピールに成功したのかは、ウズベキスタン戦に向けたメンバー発表ですぐに判明する。


皆さんのお気に入りの選手は活躍しましたでしょうか。
親善試合ということもあって、海外サッカーファンからこれといった反響はない感じでしょうか。
動画サイトではハンドスプリングスローがちょっと話題になっているみたいですが。
海外メディアは記事タイトルで遊んでるだけで、どこもあっさりした内容。
もし何か面白いネタが見つかれば追記しておきます。



http://tensport.com.au/news/newsarticles/Football-Japan-beat-Iceland-3-1.htm
http://www.fifa.com/worldfootball/news/newsid=1589280.html
http://www.melbournevictory.net/forum/showthread.php?59180-Samurai-Blue-The-Japan-National-Football-Team-Thread/page2
http://www.moneycontrol.com/news/wire-news/japan-freeze-out-iceland-3-1_673072.html
http://www.the-afc.com/en/tournaments/men-a-youth/fifa-world-cup/38095-japan-v-iceland
http://www.bigsoccer.com/forum/showthread.php?s=57cc91f0deded908fafc103fb45c1afe&t=1872822&page=17

icon2_convert_20120228203611

宮市先発予想割れる マイクのインタビュー 海外の反応 小ネタ

サイトによって、宮市を先発させてくるか、意見が割れているようです。
v1330066542
abCaIEBaok
ざっと見た感じでは、先発してこない予想の方が多数派でしょうか。

【アーセナルとボルトンサポの反応】
・Anonymous(アーセナルサポ)
宮市亮がチェルシーを突破するぜ、へへへ。

・Anonymous(アーセナルサポ)
たのむぜえええ! やつらの勝ち点うばいとってくれ。

・Anonymous(ボルトンサポ)
こないだの宮市のプレーはよかったし、相手の脅威になってた。チェルシー守備陣とガチでやったらどうなるか見てみたいね。

・Anonymous(ボルトンサポ)
おいおい、みんなスピードが全てじゃないって分かってんだろ。リョウじゃアシュリー・コールには敵わないよ。

・Anonymous(ボルトンサポ)
コイルに脳みそあるなら、ボシングワのとこにもってくだろ。イヴァノヴィッチが右だろうから、コールかボシングワが左。二人とも足が衰えてっから、彼の脚力ならダメージ与えられるぞ。
もしイヴァノヴィッチと対戦することになったら、岩のように頑強で素早いあいつに封殺される。

・Anonymous(ボルトンサポ)
リョウは両足つかえっから、中へ切りこませる作戦とってくるかもな

・Anonymous(ボルトンサポ)
リョウは相手の一番脆いとこに当たらせるべき
メディアの持ち上げがあり、更に次の対戦相手がチェルシーということもあって、宮市がどうプレーするのか注目している人も結構いるみたいです。
ボルトンサポも、先週まではあまり宮市の起用法についてさほど熱く語っていなかったのですが、ここのところどう使うか(あるいは使わないか)持論を語る人が増えています。名前のスペルミスも減ってたり。



この動画はオランダで放送されたマイクのドキュメンタリーです(英語字幕付き)
1月にアップロードされたものなので、既にご覧になった方もいると思いますが。



「オランダ人に見えますけど、自分は日本人だと思ってます」(マイク)
その通りである。マイクは控えめで、ちょっとシャイでもある。

「マイクは日に日に、ここを我が家と感じるようになっているのではないでしょうか……しかし典型的な日本人はシャイで礼儀正しいですから」
--彼はピッチでは自信なさそうに見えますが
「そうですね、自信がないというか控えめというか。その辺りを我々は直そうと思ってます、皆が戦ってるように彼もプレーできるように」

「日本では人々はダイレクトにものを言わないので、それにも慣れる必要がありますね」(マイク)
無理もない。マイクは日本生まれ日本育ちだ。彼の父ディドはADOのゴールキーパーだった。
ディドは1994年にJリーグへと行き、そしてそこを離れなかった。
「オランダには住んだことがありません。日本だけです。休暇で来たことがあるだけです」
「ヨーロッパでプレーしたことはありません。だから全てが新鮮です」

去年から、彼は日本代表としてもプレーしている。(甲府での成績略)

「彼にとっては決定機が沢山必要なわけではないんです。質が高い選手ですから。
常に正しいポジショニングをとれます。(殆どの場合)リオネル・メッシのようにね。彼のメインの仕事は点を取ることで、そこをしっかりこなせます」

(後略)



【新たな侍:日本代表の初顔について教えます】Goal.com
林卓人、磯村亮太、久保裕也、柴崎岳、谷口博之について解説が載りました。


http://www.whoscored.com/Matches/506715/Preview/England-Premier-League-2011-2012-Chelsea-Bolton
http://soccer.indonewyork.com/chelsea-v-bolton-live-stream-preview-formation-and-line-ups/
http://www.goal.com/en-au/news/4016/main/2012/02/24/2925402/meet-the-new-samurai-what-you-need-to-know-about-japans
http://www.thesportscampus.com/2012022319372/english-premiership/premier-league-preview-chelsea-vs-bolton
http://footyroom.com/chelsea-vs-bolton-wanderers-2-2012-02/
http://www.thehardtackle.com/2012/chelsea-v-bolton-preview-blues-desperate-to-get-back-to-winning-ways/
http://www.the-wanderer.co.uk/
http://www.arsenal-mania.co.uk/
http://www.goonersworld.co.uk/
http://www.arsenal.com/fansforum
http://www.wanderersways.com/

シュトットガルトの二人 岡崎と酒井 その2 海外の反応

地元紙では現時点でのメンバー入り争いで有利に立っていると見られている酒井高徳。
岡崎慎司は巡ってきた先発での出場機会にゴールという結果で応えている。

上り調子の二人に、ドイツとシュトゥットガルトから向けられている視線はどういったものなのでしょうか。


「(僕らには)ドイツ人のメンタリティが欠けてます」(岡崎と酒井、同時インタビュー)

昼からアルコール?
二人の日本人、岡崎慎司と酒井高徳はシュトゥットガルトでカルチャーショックを経験している。
しかし彼らには使命があった。ドイツでの生活に適応せねば。

インタビュアー:日本では、社会人は目上の者に敬意を払うのが普通だそうですね。お二人はどうでしょうか?
酒井高徳:勿論です。これは日本文化に根ざしたことですから。残念なことに、僕がシンジにいつもやらされてることなんですよ。
「ゴー、すぐに飲み物とっとこい!ゴー、なんかつまむものとってこい!」ってね。(中略)シンジはたまに僕より子供っぽくなるんですよ。不公平だ(笑)
岡崎慎司:ぼくはただ楽しみつつ使いっぱにしてますね(笑)

インタビュアー:どれくらいの時間、二人で過ごされるのですか?
岡崎慎司:1月にゴーがレンタルでシュトゥットガルトに来た頃は、よく二人で日本食を食べにいっていました。僕の妻は子供と日本で過ごしていましたし、他に選択肢がなかったんですよ。
ドイツ食のレストランも気に入ってますが、日本食がやはり一番ですね。そんなわけで、あまり故郷から離れてるって気にはなりません。
酒井高徳:僕にとっては、シュトゥットガルトで一人っきりにならなかったってことは大きかったです。
僕の妻は二人目の子供の出産もあって4月までドイツに来られませんし。もっぱらシンジと通訳とハウスキーパーの人にお世話になってます。

インタビュアー:酒井さん、あなたのお母さんはドイツ人です。何か(ドイツとの)つながりはあるのでしょうか?
酒井高徳:祖母はニュルンベルク近郊に住んでいます。といっても、小学校の頃に日本に訪ねてきてくれた時以来、会ってなかったんです。
他には、15歳の頃、デュッセルドルフのユース大会に出場する為にドイツに来ました。それくらいでしょうか。残念なことに、殆どドイツ語も話せないんです。ちょっとずつ分かるようにはなってきていますが。

インタビュアー:ドイツの印象はどうでしょうか?
酒井高徳:最初に気になったのは、昼間っからご飯を食べながらアルコールを飲む人がいることです。僕はしないですし、日本ではないことですね。
岡崎慎司:それはドイツ人の気質にも関係あるのではないでしょうか。時として、ドイツ人は日本人よりリラックスの仕方が上手ですから。
ここでは、仕事ばかりでなく、休暇もしっかりと楽しみますよね。平日の午後に街へとでかけると、人々であふれかえってます。
おじいちゃんおばあちゃんが、カフェでまったりとくつろいでいて。若い人は、買い物へと出かけて。こういったことは日本ではあまり見かけません。

(訳注:日本でもインタビューが掲載されるかもしれないので後略します)

o0800106711728915382

【ドイツ人の反応】
・Anonymous
素晴らしいインタビュー(^ω^) 二人は互いに思いやって働いてるんだね!

・Anonymous
なんかこれだと(ドイツ人が)スペイン人とかギリシャ人みたいじゃね。「人生を謳歌する」「感情豊か」「仕事しないで飲む」……おいおい。
これが本当の姿じゃないって、ちゃんと伝えるべきだよ。単に効率良く仕事してるだけだって。

・Anonymous
何でかしらんけど、日本人好きになった(´∀`)

・Anonymous
で、この二人は誰?

・Anonymous
文化の違いって面白いなぁ。クールな日本人に比べたら、うちらはブラジル人の哲学者みたいなもんか。

・Anonymous
ずっと日本人にはめちゃくちゃ共感してんだよね、なんでだか(・∀・) 二人がドイツで頑張ってくれるといいね。翼と石崎を思い出すよ(゚∀゚)

・Anonymous
一度は日本に旅行に行っとくのオススメ。文化は凄く興味深いし、食事は美味しいし、驚くこと一杯だよ。

日本と同様にドイツでも、日独には共通点が多い、という説が広く流布しているようです。
インタビューに関しては、全体的にシュトゥットガルトの二人を好意的に見守る目が多い印象です。
享楽的な国民性と捉えられるのは我慢ならない人もいるようで、ドイツ人の方が日本人より効率的に働けるだけだ、と反応する人も。また少数ですが(更にまわりから叩かれてますが)やや差別的なレスをする人もいます。

別のまとめでも書いたのですが、ドイツでは日本サッカーをまだまだ世界の強豪と認めていない人が結構います。日本サッカーは伸びてきているけど、トップクラスではない、という論で釘を刺すコメントを残していったり。
香川フィーバーで少なくなってきてはいるようですが。

しかしプロサッカー選手としてのプレッシャーもある一方で、日本という国の窓口として見られる側面もあるというのは、やはり大変そうです。


【ここのところのシュトゥットガルトサポーター】
・Anonymous
現時点で、酒井はうちの数少ない希望の光なんだ。

・Anonymous
酒井はサイドのレギュラーに定着すっと思うね

・Anonymous
インタビューをおもしろかったね。酒井は自分をレギュラー格だと思ってるように感じたけど、興味深い。

・Anonymous
モリナーロが怪我か移籍って状況にならない限り、酒井は厳しいと思うが

・Anonymous
ベストゴールのやつ、シンジに投票いこうぜー

・Anonymous
ゲーフラを手に取れ
酒井はロケットだ ハノーファー戦でも良かったぞ いまのうちじゃ、あのポジでベストだ
normalized

ここまではサポも酒井のプレーを好意的に捉えてる人が多いようです。
モリナーロの出場停止があけてからが本当の戦いでしょうか。

シュトゥットガルトは油断ならない順位にいるので、中位~降格圏グループ脱出にどういった貢献ができるか、二人の今後に期待です。


http://www.stuttgarter-nachrichten.de
http://forum.vfb.de/
http://forum.stuttgarter-nachrichten.de/forum
http://www.transfermarkt.at/de/
http://www.spox.com/de/sport/fussball/bundesliga/1202/Artikel/shinji-okazaki-und-gotoku-sakai-im-interview-hol-mal-was-zu-trinken-vfb-stuttgart-bruno-labbadia.html

もぐらの遠藤と香川出場の噂 海外の反応 小ネタ

【ドルトムント公式:日曜に香川が出場する可能性あり】
「怪我の調子はとても良好だとトレーナーも木曜に言っていたよ」とクロップ監督
(訳注:監督も電撃カムバックがあると考えている、とのこと)

【チェルシー旅行が楽しみな宮市】bet365
先週チェルシーが惨めにも突き刺されたナイフを、更に深く捻りあげる準備が出来ていると、宮市亮は警告した。
「チェルシーでプレーするのを楽しみにしています。もし出場する機会があれば、先週の日曜と同じようにやりたい。チームとしては全力を尽くすだけです」
139271957

【ジェローム・ボアテングが宇佐美貴史のバイエルン・ミュンヘン残留を希望】Goal.com
「彼はイイ奴で良い選手なんだ」「もし残留できるなら、すごく嬉しいな」

【日本の『もぐら』遠藤が解き放たれる】ロイター
「プレーしていても殆ど痛みはありません」「アイスランド戦ではフリーキックも蹴るつもりです」

【ガラタサライが乾貴士にオファーか?】ruhrnachrichten
記事によるとガラタサライから300万ユーロのオファーがあって、既に一度は断られたのではないか、とのこと。
別の記事では400万ユーロのオファーも近日中にあるとのことですが、どうなるのでしょうか。

【香川、ボールあつかい問題なしか】
コメント欄にも書きましたが、現地ドルトムントサポが見た感じでは、香川はボールつかっての練習も問題なくこなしていたとのこと。
417322_384194344925885_134904013188254_1498547_720173705_n

オマケ、ドルトムントのサポーター動画


アイスランド戦の海外プレビュー記事、殆どが遠藤を中心にふれている印象です。
しかし、何で「もぐら」だし……

8万人の大観衆は圧巻すなぁ。

http://www.bet365.com/news/en/betting/football/premier-league/miyaichi-relishing-chelsea-trip
http://www.goal.com/en-india/news/3753/germany/2012/02/12/2901577/jerome-boateng-hopes-takashi-usami-will-stay-at-bayern
http://au.news.yahoo.com/a/-/sport/12995499/japan-mole-endo-let-off-the-leash/
http://www.goal.com/en/match/77125/japan-vs-iceland/preview
http://www.bvb.de/

ロンドン五輪最終予選 マレーシア戦 海外の反応

先日の試合、現地ではどう受け止められたのか。マレーシアの反応をまとめてみた。



【日本による二時限目の授業】(東南アジアサッカー協会)
マレーシアの五輪代表チームは、最強チーム日本による二時限目の授業をうけた。

【マレーシアには青き侍は強すぎた】Bernama(マレーシア)
試合開始早々から日本は数分も無駄にせずに必殺の攻撃を仕掛け、決定機を作り出してきたが、マレーシアはキーパーとキャプテンの働きで、ぎりぎりのところで踏みとどまっていた。
(後略)

【大いなる勝利で二つの的を仕留めた日本】thestar(マレーシア)
日本は勝ち点3をあげるだけでなく、大勝により得失点差を広げることに成功した。
日本との試合は、決定機における判断力の差を浮き彫りにし、またチームの予選敗退要因を明らかにした。
「日本との第一戦では守備的に戦ったので、今回は攻撃的にプレーすることを選んだが、その代償は高かった」と監督は試合後に語った。
「我々もボールをゴール前に運べる時間帯があったが、決定機につなげる能力に欠けていた。先制された後も追いつこうとしたが、日本の2点目でとどめをさされた。
日本のようなビッグチームのレベルに追いつくには、まだ大いに課題があるという事実を受け止めなければならない」

395940_355925727771397_193004884063483_1207935_791040023_n


【マレーシアサポーター】
・Anonymous
今日、日本のサポーターにスタジアムまでの道を聞かれた(´∀`)

・Anonymous
日本は前節シリアに負けてるし、今夜はカミカゼ起きるかもしれんぞ。

・Anonymous
ベジータと悟空にどうやって勝てってんだ。
qqrYb

・Anonymous
この試合は何としてでも見なくちゃ……

・Anonymous
日本は新しいユニか うちらのはいつ出来るんだ

・Anonymous
今日の日本はスロースタートだな

・Anonymous
日本のパスうますぎだろ

・Anonymous
マレーシアのパスは何だか弱い 日本にインターセプトされっぱなし(´;ω;`)

・Anonymous
簡単にボールうしないすぎ(´・ω・`)

・Anonymous
日本のストライカーに自由に走らせとる……(´・ω:;.:...

・Anonymous
0-1で負けてるけど、ぶっちゃけさ、ここまでのマレーシアのプレーには満足してる。悪くない、悪くないよ……ここまでは。

・Anonymous
この試合に期待してた自分って……

・Anonymous
すでに選手のハート折れてるがな

・Anonymous
なんもできん。日本つよすぎるし、マレーシアにはストライカーがいない。
image

・Anonymous
これは……タジキスタンみたいな末路が待ってるのか?

・Anonymous
日本は何億って投資をサッカーにしてるからなぁ。トップラクラスの選手の育成に成功してるし。

・Anonymous
0-5になったとしても、マレーシア代表のプレーはいいと思うよ。マジで悪くないよ。
ってか、何を期待してたの?勝利か?
おk、俺達に必要なのは今日みたいなレベルの高い試合なんだよ。学んで進歩する。方向性は間違ってない。
408902_272658552802490_157295297672150_613448_1766571167_n

http://www.aseanfootball.org/?p=7688
http://www.bernama.com.my/bernama/v6/newsgeneral.php?id=647383
http://www.football.co.uk/japan/olympic_hopefuls_japan_thrash_malaysia_rss2100988.shtml
http://in.reuters.com/article/2012/02/23/olympics-soccer-japan-idINDEE81M03620120223?feedType=RSS&feedName=sportsNews
http://forum.lowyat.net/

手にした武器を高く掲げよ

ロンドン五輪 アジア最終予選 第5戦 会場:クアラルンプール(マレーシア)
U-23マレーシア 0 - 4 U-23日本

GK:権田修一
DF:比嘉祐介、鈴木大輔、酒井宏樹、濱田水輝
MF:原口元気(→杉本健勇 83分)、山口螢、扇原貴宏(→山村和也 70分)、齋藤学、東慶悟
FW:大迫勇也(→永井謙佑 59分)
得点:酒井宏樹(35分)、大迫勇也(44分)、原口元気(55分)、齋藤学(60分)


この世代に現れたタレントの何人かは、これまで日本サッカーがぶつかってきた壁に対して、現場が出した答えを身に宿していると思っている。

「日本人は本当に個で突破することはできないのか?」
「個の力では勝てないのか?」

その壁を壊さんとするハンマーとして、草の根の指導者たちが、各クラブの育成が、あるいはサッカー少年たちが、「そんなことはない」という反骨精神で練りあげてきたスキル。
現U23日本代表世代の最大の特徴は、仕掛けのプレーと決定力にある。


先日の第4戦でシリアに敗れたことで、日本はグループ二位に転落した。
シリア戦の敗北は、単なる一敗という以上の意味があった。日本はチーム戦術において敗北した。

関塚監督が指揮するこのチームは「失点を減らす」ということを強く意識して作られている。強固なブロック守備こそが基本コンセプトといっていい。
このチームのアンタッチャブル、もしくはファーストチョイスの顔ぶれを見れば、それは明らかだ。皆、対立候補に比べ、守備に定評がある選手である。二人の大学生が起用されたポジションは、その傾向が最も顕著で、関塚監督の意図を汲み取りやすい。

プラチナとまで賞賛されてきたタレントを擁するこの世代だが、幼少期をのぞけば、大会や予選での成績(もしくは試合内容)はパッとしない。競った試合や大事な試合で守備が崩壊して敗退することが多かった。
「代表チームは、どの世代においても、チームコンセプトを共有すべし」という理想論を捨ててでも、このチームは守備を改革しなくてはならないというのが、監督の判断だった。
監督は相手の攻撃を跳ね返す力を手にした一方で、一つの力を手放した。これまで日本が(アジアにおいて)お家芸としてきたビルドアップ能力だ。日本の守備陣の多くはフィードを苦手とする選手で構成されている。

その関塚監督のチームが、あるいは大量得点をして、残り二試合を勝たなくてはいけない事態に追い込まれた。
もとより指揮官は攻撃陣を信頼している。その信じる気持が強かったからこそ、チーム構造は守備的にし、前線に負担を強いる形にした。しかし、このチームは「大量」に点を取るようにはカスタムされていない。攻撃力を十全に発揮するようには作られていない。
戦術におけるコンセプトワークで、関塚監督は一敗した。それは第5戦でシリアがバーレーンに負けても、日本が最終戦で予選突破を決めたとしても、変わらない事実だ。


しかし指揮官が戦術の一局面で負けたとしても、必ずしもチームが敗退すると決まったわけではない。現場の選手が奮闘すれば、時に大局さえ変えてしまうことがある。

マレーシア戦、ピッチで躍動する選手の気迫は凄まじかった。

味方のミスがでても自分の仕事に集中していた。
真後ろからレイトタックルを仕掛けてくる相手に怯まなかった。
ゲームコントロールを放棄した無気力な(アジアスタンダードの)審判にも無駄にイラつかなかった。
不必要なまでに前掛かりになることもなかった。
ただ淡々と全力で相手に仕掛けていった。


選手達は小さい頃から磨き抜いてきたスキルを、世界の強豪にむけて試す日を夢見ているだろう。
それぞれの選手が手にした武器は、日本サッカーに関わる人が、初々しいまでの気持ちで世界に対して書いた挑戦状のようなものだ。

あるいは敗れてもいい。日本サッカーはまだ、世代を貫くコンセプトを共有する段階にはない。
黄金世代が壊せなかった壁に対する答えとして、この世代のタレントがいる。ならば、この挑戦を見守らずして得るコンセンサスなどない。

今はただ、選手達が世界という壁にむかってハンマーを振り下ろすところを見てみたい。その機会が訪れることを願っている。
スポンサーリンク

twitter


サッカーリンク
サッカー以外リンク
アンテナサイト
FIFA 17

PlayStation 4 ジェット・ブラック (CUH-1200AB01)

PlayStation 4 FINAL FANTASY XV LUNA EDITION (1TB) 【Amazon.co.jp限定】「ゲイボルグ/FINAL FANTASY XIVモデル」特典セット付

バトルフィールド 1 【初回特典】バトルフィールド 1 Hellfighter パック

ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ

ドリフターズ 5巻 (ヤングキングコミックス) 1   2   3   4   5

オーバーロード11 山小人の工匠 Blu-ray付特装版

シノハユ 7巻 シノハユ 7巻

ダンジョン飯 4巻<ダンジョン飯> (ビームコミックス(ハルタ)) 1巻   2巻   3巻

HUNTER×HUNTER 33 HUNTER×HUNTER 33

スポンサーリンク
スポンサーリンク
サイト内検索
月別アーカイブ
月刊サッカーマガジン

WORLD SOCCER DIGEST 2016.10.20 NO.469

UEFA公式 欧州サッカースーパーゴール 2010年代編 TMW-057 [DVD] 欧州サッカースーパーゴール 

AFCU-23選手権カタール2016 AFCU-23選手権カタール

ワールドサカダイ

月刊サッカーマガジン 2016年 11 月号 [雑誌]

footballista EURO2016 footballista EURO2016

奇跡のレッスン~世界の最強コーチと子どもたち~ サッカー編 ミゲル・ロドリゴ [DVD] 奇跡のレッスン 岡崎慎司 カラダ覚醒メソッド>