「清武弘嗣が各紙のベストイレブンを獲得」
「注目される乾と清武の日本人対決」
「ブンデスリーガの日本人選手についてサポトーク」
「宇佐美トーク」
「本田ケチャップ」
の5本です。
inuikiyotake2012


ブンデスリーガの日本人選手たち

【乾 大当たり:小柄な日本人でフランクフルトが躍動】WiesbadenerKurier
今節のブンデスリーガは「日本人の日」だった。清武弘嗣はニュルンベルクがボルシアMGを3-2で破った試合の得点者でありベストプレーヤーでもあった。乾貴士はフランクフルトがハンブルクを3-2で破った試合の得点者でありベストプレーヤーでもあった。宇佐美貴史はホッフェンハイムが5-3とフライブルクに敗れた試合で素晴らしい結果を残した。ドイツで(日本のメディアで更に)このトリオは名を馳せている。
[本当にいい選手]
フランクフルトのトレーナーは乾のパフォーマンスにさほど驚かなかった。「だって、本当にいい選手だからね」

【ブンデスリーガで日本祭:新香川フェスティバル】ビルト紙
こんにちは、ブンデスリーガ。
週末の第三節はまるで日本祭のようであった。遥か東からやって来た三人のドリブルアーティストが、それぞれのクラブで活躍。ドルトムントのスター香川真司(23)が1600万でマンチェスター・ユナイテッドへと発った後でも、日本人選手達は更に成功をおさめている。
清武弘嗣(22・ニュルンベルク):グラートバッハで2-3と成功をおさめたチームで巨大なプレーを見せた。この中盤の選手はセットプレーから2つのゴールをお膳立てし、3点目は自身で叩きだした。クローゼへはフリーキックから、シモンズへはコーナーキック、そして最後は3人のグラートバッハディフェンダーへ果敢にドリブルを挑んでゴール。3試合で既に清武の存在はニュルンベルクにとって莫大なものとなっている。小さなスペースでのボールコントロールと素晴らしいテクニックを見せる彼(今シーズン、ニュルンベルクが100万で大阪から獲得した)は、イングランドへと行った香川真司を強く思い起こさせる。
乾貴士(24・フランクフルト):前半の素晴らしいゴールで、ハンブルクのスターであるラファエル・ファン・デル・ファールトのデビューがおじゃんに。フランクフルトは3-2で勝利をおさめ、乾は左サイドで躍動した。今シーズン120万で二部のボーフムから移籍してきたこの右利きの選手は、たちまちチームのゲームメーカーとしての地位を確立した。乾は『模範』である香川真司をよく知っている。彼はキャリアを二部の大阪のチームで始めたのだ、今日のユナイテッドのスターの横で。
宇佐美貴史(20・ホッフェンハイム):フライブルクを相手に3-5と崩壊した試合でスーパーゴールを決めた。バイエルンでの失われたシーズンを経て、彼のホームクラブであるガンバ大阪はこの技術者をホッフェンハイムへレンタル。ボルシアMGに2-1、そしてフランクフルトに0-4と大敗するチームにあって、どちらの試合も彼は途中出場であった。フライブルク戦では、宇佐美は初めてスターティングメンバーに入り、1ゴールを引き出し、また自身もゴールを決めた。
第三節のゴールトリオだけが、リーグに所属する日本人選手ではない。
シュトゥットガルトにはディフェンダーの酒井とフォワードの岡崎がおり、この二人もまた東からの輸入品である。シャルケには内田が、ヴォルフスブルクには長谷部がいて、どちらも既にブンデスリーガで名を上げている。
(訳注:乾が最初に入団したのは横浜Fマリノス)

【ブンデスリーガ 第三節の記念すべき瞬間(抜粋)】ESPN
このフライブルク戦では、少なくとももう一つ特筆すべき瞬間があった。76分、ホッフェンハイムの若き日本人ウインガーの宇佐美貴史(バイエルンからレンタル中)が素晴らしいゴールを決め3-3と同点に。このゴールはニュルンベルクの清武弘嗣が新たな香川真司として大いに名乗りを上げた(アウェーのメンヘングラッドバッハ戦で2つのアシストを決め、自身でも1ゴールをあげ、ニュルンベルクに華麗な3-2の勝利をもたらした)一日後のことであった。
そして宇佐美のゴールの約75分後、フランクフルトがハンブルクを3-2で破った試合で、乾貴士という名前の選手が先制点を決めた。(二年前、乾と清武はセレッソ大阪のチームメイトであった。このクラブは香川を輩出している)まだデータを確認中だが、3人の異なる日本人選手がゴールをあげた初めての節ということになりそうである。
(訳注:宇佐美はガンバ大阪からのレンタル)

【フランクフルトの乾vsニュルンベルクの清武 ミニ香川達の対決】ビルト紙
彼らは二人とも日本からやって来た、そしてブンデスリーガに旋風を巻き起こしている。
金曜、フランクフルトの乾貴士(24)とニュルンベルクの清武弘嗣(22)が対峙する。二人の友人の再会というだけでなく、ミニ香川達の対決でもある!

【香川の後を追う乾、清武、宇佐美ら】WAZ
日本の若手選手が最近のブンデスリーガをかき乱している。ボルシア・ドルトムントにいた香川真司がマンチェスターへと去ってからも、他の選手がドイツサッカー界を席巻しているのだ。
日本人選手がブンデスリーガを制している。BVBのお気に入り香川真司がマンチェスター・ユナイテッドへと去ってからたった三ヶ月後、センセーションを巻き起こしているのは彼の後継者達だ。
(中略)
「これは偶然ではないよ。香川の活躍が日本人選手の市場をドイツで開いた。彼らはここでやっていけるだろう」とフォルカー・フィンケ。(履歴略)
「日本におけるサッカーの進化の速度たるや、既にずば抜けたものになっている。かの国では伝統的な競技ではないにも関わらずだ」
[乾に感心するフィンケ]
(中略)「セレッソ大阪で香川と彼が舞う姿を、対戦相手のボックス傍から、以前に自分で見ているんだ。もしこのコンビが再び同じクラブで旋回したらどうなるかと思うことがある。見る価値ありだね」とフィンケ。
第三節で更に活躍したのは清武弘嗣である。(中略)
清武が香川と比較されるのは偶然ではないかもしれない。二年前、セレッソ大阪の旋風は新たなユナイテッドのスターの跡目を継いだ。彼にはゴールへ向かう力強い動きと輝く基礎技術がある。「キヨは本能的な選手なんだ」とニュルンベルクのディーター・ヘッキング監督。(後略)


【ブンデスリーガの日本人選手についてトーク】
・Anonymous(ドルトムントサポーター)
殆どの日本人選手は素晴らしくしっかりプレーできてる。運動量があって、何よりもテクニック面では時に圧倒的。それにここドイツとブンデスリーガでは素早く適応できてるのも印象的だ。ボーフムの乾はいい選手だし、清武と宇佐美も運動量があってテクニックも非常に優れている。それから大事なのは、その3選手の皆が香川のようなキープレーヤーだってこと。すごくぶっちゃけて言っちゃえば、特に清武にはシンジみたいにシビれさせられてるわ。
まあでも、この子達がみんな当たると誰が予想できたって話だ。俺らにはロイスとゲッツェがいるしね( ゚ω^ )
お前らも日本人を評価してる?それとも過大評価だと思ってる?

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
すごい衝撃だよね、これだけ多くの選手が、しかも驚くべき短期間に、ブンデスリーガのトップパフォーマーになるとは。
それからこの「トレンド」はシンジの(ポテンシャルに比べて)とびっきり安い移籍金に端を発してることも明らかだな。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
俺も同じような意見だわ、それからブラジルワールドカップの結果も興味深いところ。この選手達が準々決勝か準決勝までいっても驚かないわ。それから二人の酒井も出場した試合ではアピールしてるよね。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
(日本は)ストライカーとセンターバックについて問題ありだからな。サイズについての問題もある、だからゴールキーパーもさ。ちょっと馬鹿馬鹿しいな。準々決勝まで進出するってのは信じられんわ。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
日本人選手の攻撃の回し方はすごくファンタスティックだねぇ。良い日本人ディフェンダーかゴールーキーパーについては知らん?

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
少なくとも内田と酒井は面白い選手なんじゃね。他のディフェンスの選手については残念ながら何とも言えないけど。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
日本からやってきた選手達は良いフットボーラーってだけじゃなくて、彼らの態度も完璧に思えるよ(ピッチ外でもさ)。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
清武はここまで圧倒的なシーズンを過ごしてるね。乾には第一節で感心させられたし、宇佐美も素晴らしいプレーを見せてる。この流れは虚仮ブームじゃないと思う。少なくとも、この3人の選手はボックス傍でマジで何か見せられるし。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
唯一の問題はどれだけ抱えていられるかって点だね。何でだか殆どすべての日本人選手にとってプレミアリーグが夢なんだし。

・Anonymous(ドルトムントサポーター)
香川が成し遂げた偉業には誰も及ばないよ!来シーズンにはみんな忘れられてるだろう。香川は格が完全に違うし!

・Anonymous(ニュルンベルクサポーター)
さよなら乾さん、この試合じゃ勝ち点はそのまま、勝利はニュルンベルクに

・Anonymous(フランクフルトサポーター)
明らかにフランクフルトの勝利だっつの、ボケ!

・Anonymous
またも大量得点試合で、日本人3選手のキャラが立ったね。少なくとも二人(清武と乾)は圧倒的なパフォーマンスだった。



宇佐美貴史

【これが宇佐美、ホッフェンハイムの新香川だ】コリエレ・デロ・スポルト


【フライブルク戦ゴール】


【宇佐美トーク】

・Anonymous
とびこむも囲まれる。しかし穴が!
宇佐美の美しいゴール

・Anonymous
この男、バイエルンで成長したか……(゚Д゚)

・Anonymous
ホッフェンハイム哀れだねぇ。みんな見てた通り、選手は疲れきって、誰もチェックにいけなくなってた。今日のホッフェンハイムのベストはヴクチェヴィッチと宇佐美か。

・Anonymous
試合を通して見たよ。宇佐美をのぞいたら、ホッフェンハイムは遥かに劣ってたな。

・Anonymous(シャルケサポーター)
宇佐美だけが好材料

・Anonymous
宇佐美の、ターンからの本当に良いシュートだ

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
宇佐美(^ω^)
残念ながらホッフェンハイムでのゴール(´・ω・`)

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
宇佐美の素晴らしいゴール

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
タカシΣ(´∀`;)
知ってたんだよ、だから言ったでしょ。

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
宇佐美のファーストクラスのゴール!!!(゚∀゚)

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
翼や(゚д゚)

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
俺達の宇佐美

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
ヴィーゼが本当にゴールキーパーなのかというスキャンダルはあったもののヽ(゚∀。)ノ
宇佐美いいいいいいいいい(・∀・)

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
宇佐美は一級品だなぁ

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
宇佐美にタレントがあるってのは新しい情報じゃないしなぁ。もしフィジカルもついてくれば一流になれる。
今日はアシストとゴールがあった。嬉しいよ。

・Anonymous(バイエルン・ミュンヘンサポーター)
面白い試合だったね、どっちもザル守備で……宇佐美は素晴らしいゴールと走りを決めてた

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
ここまで気に入ったの宇佐美だけだ

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
宇佐美のすげぇいかすゴール。このまま行け。

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
宇佐美いいいいいいいいいこそベスト。ありがとな宇佐美。

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
宇佐美は暗闇にさす一筋の光明

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
唯一の希望は宇佐美か……

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
ベストだったね、あるいは昨日のホッフェンハイムの中ではポジティブだった。遂にゴールへダイレクトに道をつけてくれる選手がでてきた。
明らかにまだフィジカル面を上げないとだけど、ちゃんとやってくれるでしょ。

・Anonymous(ホッフェンハイムサポーター)
宇佐美ゴールしたか。うちのピッチ上のベストプレーヤーだな。



清武弘嗣

【第三節 採点:1 週間最優秀選手 ベストイレブン】キッカー紙 
火曜にはまだ日本の埼玉にいて、水曜にドイツのニュルンベルクへと発ち、土曜にはメンヘングラッドバッハに。清武弘嗣(22)はピッチの内外で激しく動きまわった。代表チームへの旅は、この小柄なニュルンベルクの選手にとって、五輪に代わる短い夏期休暇となったようだ。「素晴らしい、対戦相手にとっては、あの小刻みな動きは非常に捉えにくかっただろう」と新加入のハノ・バリチュは語った。セレッソ大阪からの獲得選手は、今シーズンの全5ゴールに絡んでいる。グラートバッハ戦、この日本人選手は最初の2ゴールの準備を完璧にこなすフリーキックとコーナーキックを蹴り、それから自身のナイスなソロから一発を決めた。小柄な男だが、ビッグクラスだ。

【第三節 ベストイレブン】Fussball Pur
ブンデスリーガでアジア人サッカー選手(殆どは日本人)がどんどん重要な役割を担うようになってきた。ニュルンベルクにとっては、この選手、清武弘嗣がそうだ。(後略)

【第三節 ベストイレブン】transfermarkt.tv
選出動画はこちら
http://www.transfermarkt.tv/de/top-elf-des-3-bundesliga-spieltages-20122013/anzeigen/video_1578_autostart.html?from=news_text

【第三節 ベストイレブン】Goal.com
清武弘嗣はドイツでの淀みないスタートを続け、グラートバッハ戦では2アシストと1ゴール。

【第三節 ベストイレブン】ESPN
チームを勝利に導くパフォーマンスをみせ、ニュルンベルクの新加入選手の清武は、何故にクラブが夏に彼をスタジアムに連れてきたのかを証明した。(後略)

【第三節 ベストイレブン】Spox
敏捷な日本人選手がグラートバッハ戦においてニュルンベルクを殆ど一人で勝利に導いた。(後略)

【清武インタビュー(抜粋):「僕らの限界はまだまだ」】ブンデスリーガ公式
(中略)この選手に賞賛が集まっている。
「アイデアを持っていて試合を決められる選手がいるってのは、いつだっていいものだね」ニュルンベルクのゴールキーパー、ラファエル・シェファーは嬉しく思っている。「彼はスーパーにやってくれたよ。オリンピックから元気に戻ってきて、すぐにチームを助けてくれて、みんな喜んでいるんだ」
チームメイトのティム・クローゼは日本語をちょっと勉強しようとさえしている。「そうすれば、練習で彼に何か話せるからね。チームの皆が彼と絡もうとしてるんだ、彼が気分よくやれるようにって」

――清武さん、アシストについては既にご存知かと思いますが、今ブンデスリーガでゴールするのがどういったものかというのも分かって、それはどういった気分でしょうか?
清武「自分のゴールで試合を決められて嬉しいです。でも、僕をそこまで押し上げてくれたチームにも感謝しなくてはいけません」
――この結果は予想を上回るものでした、というのも今週のあなたには旅のストレスもかかりましたから。代表への長い移動とどう付き合っていますか?
清武「これは僕に限った話ではなく、多くの代表選手も同じですから、言い訳にはなりません。代表では2試合をフルにプレーしました。これがパフォーマンスの維持に貢献したのでしょう」
――ニュルンベルクでの始めの三ヶ月はいかがですか?
清武「毎日よくなっています」
――ブンデスリーガへの適応で難しかった点は?
清武「現時点では、日本でプレーしていたようにやっています。
ブンデスリーガにおけるフィジカルの頑健さと、度々ボールをさらう足の長さには気が付きました。ボールを失いすぎているので、もっと適応しなくてはいけません」
――強豪を相手に3試合で7ポイントという、今シーズンのクラブのスタートについてどう思いますか?
清武「サッカーでは全てが起こりえます。チームの限界はまだまだだと思ってます。ですから、毎週の練習で僕たちは全力を尽くしてます」
――チームはまだ限界でプレーしていないとのことですが、あなたについても当てはまりますか?
清武「もっとボールに触れられれば、更に良いプレーができます。僕の最初の目標は、練習でもっとボールを呼び込むこと」

kiyotake20120920


本田圭佑
本田がユーロスポーツの欧州週間ベストイレブンに選出。

【ヨーロッパ チームオブザウィーク】
Eurosport
honda20120920


・Anonymous
本田すげーな。15試合で10得点、4アシスト(で、彼はミッドフィルダー……)

・Anonymous
本田のニュースが聞けて嬉しいね、しかしCSKAがヨーロッパでプレーできなくて残念だ。

・Anonymous
今日の本田はケチャップが出たな(゚∀゚)

・Anonymous
圭佑が点取る度に、日本のジャーナリストよかったねって思うんだ(・∀・)あれが日本のジャーナリズムにおいて一番楽な仕事じゃないかどうかは神のみぞ知るところ(・∀・)
彼の得点率が上がってるね、トップ下のお気に入りのポジションでプレーできてるから。

・Anonymous
どのプレミアのチームにとっても本田圭佑は素晴らしいチョイスになるだろうな。何か宙ぶらりんになった名前だけど、すげー気に入った選手の一人。

【本田のケチャップ瓶のサッカー蓋がきつく閉まる】ロイター
ワールドカップ最終予選で日本が1-0でイラクに辛勝した後、プレーメーカーの本田圭佑は自身の最近のゴール日照りを詰まったケチャップボトルに例えた。

【本田が舵を取りCSKAがアラニヤに勝利】RIA ロシア
日本のプレーメーカー本田圭佑が2ゴールの堂々としたパフォーマンスを見せ、CSKAモスクワは10人のアラニヤを交わし、彼はチームをロシアリーグ2位まで引き上げた。

【アンジとCSKAが首位を追う】FIFA公式

【のってるCSKAがテレクに迫る】RT
「圭佑には満足してるよ。どっちの場面でも良いポジションにいたし、決めたからね」とムサ。



今節はドイツで各選手がファインゴールを連発したとあって、各紙がこぞって日本人選手について取り上げていました。
中でも清武についてはチェックしきれない量の記事があがっていて、更に欧州の各メディアが選ぶ今節のブンデスリーガベストイレブンを総ナメに。キッカー紙は今節の最優秀選手としても選出、きつい日程の中で出色のプレーを披露したことを評価しているようです。ブンデスリーガ公式のインタビューからは、チームメイトの気遣いもうかがえます。
乾も節を重ねる毎に評価を高めていっているようで、次節の清武との対決への煽り記事もあがっていたりと、注目度の高さがうかがえます。
宇佐美に関してはゴール時またはゴールについての反応を中心に拾っているので絶賛気味となっています。もうちょっと全体的な評価の輪郭は次の機会にでも。
いずれのトピックでもフィジカルという単語が頻出しているようです。

本田についてもちょこっと。ケチャップ云々についてはニューヨーク・タイムズなどで報じられ、外国のファンも知るところに。
ロシアリーグの話題は、他国であまり出ないので、なかなか記事をまとめるところまでいきません。


ソース

スポンサーリンク