猛烈な旋回力を感じる…
honda0056
試合前記事

【ガリアーニ:本田は復活するとわかっていた】goal.com
ジュゼッペ・メアッツァにおいて当初、日本代表選手は自身の実力を証明するのに苦労していたが、セリエAの今シーズン、ここまで4試合で3ゴールをあげている。
「圭佑はかなりやると常に考えていた」ミランの前社長はガゼッタ・デッロ・スポルトに伝えた。「ザッケローニが我々に伝えた情報はかなり正確だったということだ」
「彼は素晴らしい質をもった選手。復活の秘密?休息だよ」
「6ヶ月前、圭佑は非常に多忙な中やって来た。休む間もなかったのだ。ロシア、ミラノ、そして日本――その間、息もつけなかった」
「今シーズンのオフは、もっともワールドカップ後にさほど時間があったわけではないが、本田もいくらか休日を満喫できたわけだ。その後の結果は見ての通り」
「沢山ゴールを決めてくれると信じていたよ」

【ミラン、リーダーとしての存在感が増す本田:ファッション、プレーの質、そしてゴール】ガゼッタ・デッロ・スポルト
(以下抜粋)興奮のとはいかなかった初シーズンの後で、この日本人はロッソネリのネットワークを征服していっている。そしてそれはピッポ・インザーギのグループにも拡大中である。
もはや波を越えた旋風。ミランのゴールの影に圭佑あり。今シーズンここまで4試合で3得点という、この眩いばかりの成績、本田は異常であると同時に変態だ。
この波は止められそうにない。そしてそれを生み出したのは、この日本人選手をここまでの全4試合でプレーさせてきた、インザーギとクラブの確信である。
圭佑は急速にチームの中に溶け込んでいっている。言語の習得は互いにジョークを飛ばし合うのを助け、ミラネッロにスーツとタイ姿で到着しても、同僚は「怪しむような」目を向けなくなった。本田は我が道を行き続け、まわりも彼のペースに慣れてきたのだ。

【ここ数日のミランサポーター】
・Anonymous
この献身と犠牲(ピッポは彼が誰よりも練習してるって言ってた…最初に来て最後に帰るって)…この日本人に最大の敬意を

・Anonymous
まさにこれだわ。守備だってそうだよ、彼の仕事じゃないけど、カバーして助けようとトライしてる

・Anonymous
俺にはピンとこないわ

・Anonymous
3ゴールとアシストして、他の選手よりインパクト残してないって?しかも重要な場面だったのに?

・Anonymous
本田は才気ある選手、今やうちに適応して素晴らしい活躍をしてくれてる。彼は10番だってことは分かってるけど、一列さがってデ・ヨングの横でプレーすべきだと思ってる。クロースやモドリッチみたいに後方のプレーメーカーになって、サポナラとか他の前目の選手に出番をゆずってさ。ポーリとムンタリは視野とパスセンスに欠けてる。これによってモントリーヴォに対しても昨シーズンより良いプレーをしなければいけないと発破をかけられるだろうしね。

・Anonymous
本田の中盤起用は良いオプションに思える。残念なことにベルルスコ……げふん、インザーギが彼を右ウイングで使いたがってるけどさ。

・Anonymous
ボールの配給と創造的なプレーという面で効果的な選手になってくれるだろうとは確信していた。彼が点も取れるとは知ってたけど、ここまでのペースってのには驚いたよ。シーズンの序盤だし、今は好調の恩恵をうけてるってのがあるんだろう。要するにさ、最も楽観的にみて、9~10アシストをして、6~7ゴールするんじゃないか。願わくば、俺の予想が過剰に保守的だったってことがシーズンの終わりに分かるといいな。何にしろ、俺らの勝利に貢献はしてくれるだろう。

・Anonymous
ボナベントゥラと本田(のコンビ)をみたいな。中盤で一緒にやったらもっと脅威を与えられる。二人ともどっちのサイドからも決定機を生みだせるからね。

・Anonymous
俺は(本田を)好きじゃない。決定的な仕事してるけど、「ツイてる」時期なだけに見える

・Anonymous
本田を中盤にとか俺に言わせりゃ狂気の沙汰。ザッケローニに同意だ、本田の適所はストライカーの後ろで、ゴールまで最後の30メートルって場所でこそゴールとアシストの決定的仕事ができる

・Anonymous
先週のロトの結果も分かってたわぁ…

・Anonymous
今シーズンのミランを数分と見てない奴に言っとくわ。本田は完璧な選手。

・Anonymous
トーレスと共に良い感じだね…このパフォーマンスが続くといいな

・Anonymous
攻撃はOK。ここまでで確立された。でも中盤と守備は至るところで水漏れしてる

・Anonymous
調子があがらない時期があっても仕事に打ち込めて謙虚っていう、本田のようなキャラクターは、サッカーの世界じゃすごい稀。

・Anonymous
俺らは3点とっても勝てそうにないのがな。リーグで最悪な守備かもよ?その守備を鍛えてるのは誰なんだって話



チェゼーナ1-1ACミラン

【ロッソネリ引き分けに終わる】goal.com
ラミの前半の一発でホームチームの先制点を打ち消したものの、ザパタがレッドカードをもらって以降は更に状況が苦しくなり、リードを奪うことはできなかった。
[採点]英語版
本田圭佑:2.5 セットプレーから強烈なシュート、ミランの一点もアシストした。常にトライし守備を破ろうとしたが、流れからあまり好機を作り出せなかった
[採点]イタリア語版
本田圭佑:2.5 良かった点としては、アバーテとの連携が何度があった。それからはフリーキックの場面以外では長きに渡って消えた

【ガゼッタマッチレポート】

トーレスは(周囲と)アイデアが合わず、その後方のメネスは小さな火花を散らすだけで、ワイドのボナベントゥラと本田は効いていなかった。



【ミランサポーター】

・Anonymous
スッチのゴール…信じられん

・Anonymous
いっつもハンデ付きのスタート もうこの状況には飽々

・Anonymous
ピッポはクリスマスまでにクビになるだろう、そしてボネーラがプレイヤー兼監督だ

・Anonymous
本田のスーパーフリーキック

・Anonymous
うおおおおおおおお
本田あああああツイてない

・Anonymous
本田いいフリーキックだ

・Anonymous
メネスと本田!たのむよ!!!

・Anonymous
ラミイイイイイイイイイイイイ ナイス

・Anonymous
本田の(コーナーの)カーブはエロイ

・Anonymous
ラミアンチよ地獄へ アンチどもよ腐れ落ちろ…

・Anonymous
ラミには我慢ならん

・Anonymous
アバーテしっかり、今のボールはもっとやれただろ…(ボールを出した)本田グランデ!

・Anonymous
どうしてうちが勝てないのか、誰にも分からんだろう

・Anonymous
本田とボナベントゥラとトーレスとメネスがいれば、リーグ戦の半分は勝てるだろうに

・Anonymous
昇格したばっかのチームを相手に1-1か(´・ω・`)

・Anonymous
どうしてこのチームは繋ぎのパスをめちゃくちゃにしちゃうわけ???

・Anonymous
トーレスは何もしてない。メネス、ボナベントゥラ、本田は何も生み出せてない。セリエB相手にまたも酷いパフォーマンス。インザーギがアマチュアってのは明らか

・Anonymous
ピッポ頼むよ、今こそ勝つための采配を

・Anonymous
うーん、トーレスはもうちょっとトライしてくれ…アッビアーティはピッチでワーストの選手、良かったのは本田とボナベントゥラ

・Anonymous
俺らはそこまで強くない。トップクラスのチームならこのチェゼーナを単純に絞め殺してるだろう。俺らにはできない、それやるのにどんだけチャンスが要るんだ。

・Anonymous
来シーズンもCLなしみたいだな ( ´Д`)=3

・Anonymous
ザパタにレッドカード
もうあかん 俺を殺してくれ

・Anonymous
あれはレッドじゃねーだろ

・Anonymous
レッドだよ。(相手は裏に)抜けてボールをコントロールしてた

・Anonymous
(レッドの後で)本田とアレックスを交代した判断は良かった

・Anonymous
インザーギはまずいカードの切り方だった。メネスの方が明らかに疲れてるのに本田を外したり。フィジカル的に見劣りするパッツィーニをトーレスと代えたり。アッビアーティを信頼したり。

・Anonymous
10人でも勝てるチャンスあっただろ、ピッポが本田を代えなけりゃ…最後にはボールもっても何もできなかった、ってのも誰もパスの仕方を知らんから。トーレスじゃなくてメネスをエルシャーラウィと交代させるべきだったよ

・Anonymous
恐れていたけど、このチームはユベントス戦で終わってたんだな。あそこにテンション入れ込みすぎた

・Anonymous
パッツィーニは明らかに終わり。デシーリオはまぐれでもまともにクロスあげられない(守備では基本的なミスするし)本田はベンチへ。ザパタはザパタ。アッビアーティはしばらく見たくない、不器用だし遅いしで…

・Anonymous
インザーギも炎上する

・Anonymous
トーレスはエンポリ戦ではよかったけど、この試合ではすげーガッカリ。本田は何度か良いプレーをピッチで見せたけど、周りの選手が全然だった

・Anonymous
このうんこパフォーマンスの中で最もしっかりやってた選手はボナベントゥラと本田

・Anonymous
本田:5.5 フリーキックだけ

・Anonymous
本田:6

・Anonymous
本田:6.5 いつも通り、ボールを失わなかった

honda0055

中盤から下の基本的なミスからの自滅が目立つACミラン。屋台骨がしっかりしない中、これまでは攻撃陣の力技で何とか試合にしてきましたが……。サポーターの悲鳴の数々も、主に守備陣に向けられていたようです。
本田のプレーに関しては、サイドのコンビネーションプレーから縦に走らせるパスを何度か出し、また直接FKとコーナーからも決定機が。相手がスペースを埋めてくる中、本田の元へ決定的なパスがこないこともあって、流れからは良い形になかなか絡めないようでした。
この調子でズルズルいくと、いずれ監督の進退問題になることも(高い確率で)あり得るわけですが、理解者でもあるインザーギが窮地に陥るのは、本田にとってもよろしくない事態。守備と後方からの繋ぎがどれだけ上向いていくのか…今後の試合が気になるところです。そんなに手の平を捻って、次どうするんだ、っていう伊各紙の動向も…

ソース


実験的にツイッターで更新情報をお知らせしています

スポンサーリンク