久しぶりのゴールを鮮烈な形で決め、ミランとセリエAのファンに復活を印象づけた本田。今シーズン前半では放出の噂ばかりが目立っていましが、年が明けてピッチにコンスタントに立つようになってからは一転して評価が急上昇中。イタリアの各メディアは攻守にわたって好プレーをしているとして、ヘッドラインには「再生」「旬の選手」「復活」などといった文字が並び、好調ぶりがクローズアップされています。

今回はジェノア戦後に出た海外各紙の本田特集(および本田を扱ったパート)をまとめてみました。前回記事のおかわりとしてどうぞ。

本田圭佑の復調

【本田圭佑:ブーイングから拍手へ。日本人選手の復活劇】カルチョウェブ
本田圭佑がジェノア戦で483日ぶりのゴール。どうやら日本人選手は復活したようで、ミハイロビッチは彼に賭けてみる気のようだ。

【第25節、株を上げた選手と下げた選手】GUERIN SPORTIVO
株を上げた選手
本田圭佑:試合開始早々にペリンにビッグセーブを強いた。非常に難しいボールをリカバーしクロスをあげ、バッカが1-0とするゴールをマーク。そして2-0とする35メートルのシュートを決めた。

【ガゼッタの一面に「Honda Milan」。ミランの三位は夢じゃない】ミランニュース
「Honda Milan」今日発売のガゼッタ・デロ・スポルトの一面は本田に率いられジェノアに勝利したミランの特集であった。

【ミランがジェノアに勝利した一戦で本田圭佑の復調が明らかに】bleacher report
2016年に入ってACミランの本田圭佑の調子が上向きだ。
シーズン前半、日本人プレーメーカーはプレータイムを得るのに苦戦し、直にチームを離れることになるかと思われた。昨夏よりシニシャ・ミハイロビッチが指揮を執るようになってからリーグ戦スタメン出場はたったの四度で、放出の瀬戸際にいると考えられていたのだ。
(中略)
しかし、それから二ヶ月もしない内に、本田をとりまく状況は劇的に改善された。日曜にサンシーロで行われたミランがジェノアに2-1で勝利した一戦で、強烈なパフォーマンスの締めをファンタスティックなゴールで飾ってみせたのである。
しかし、この勝利した一戦で見せた個人パフォーマンスにしても、これまで長年に渡り見せてきたテクニックに併せて改善されてきた運動量を示してみせた直近の試合というに過ぎない。彼の運命が完全に好転したということは(ここのところの試合の)様々な場面からうかがえたからだ。
(中略)
試合後には、ミランのキャプテンであるリカルド・モントリーヴォが本田と彼のチームへの貢献ぶりにどれだけ感謝しているかをインタビューで語っていた。「本田は頼りになるやつで、信頼に足る選手。彼のような選手がチームにいてくれて嬉しい。こういった選手がいれば目標を成し遂げられるもの」
本田の姿勢はチームメイトの信頼を勝ち取っただけでなく、インテルミラノとのダービーに勝利した試合後にはミハイロビッチも29歳の彼について言及している。「やるべき仕事を説明すれば、彼はやってくれるんだ。自分を犠牲にしてくれる」
自己犠牲はあまりトップ下の選手に関連付けられる資質ではない。4人で構成される中盤の右サイドという新たな役割に適応する本田の能力は、ボールを保持できている時だけではなく守備の時にもチームを助けようという意志の力もあって、彼の存在をユニークなものにしている。
BeINスポーツのサッカー解説者であるマッテオ・ボネッティは、自身の意見として、本田が「ダービー以降のミランでベストの選手の一人」であると評しているが、正にその通りだろう。

【予想外の選手の活躍】Mondo Pallone
本田を復活させたのはジーザスだった。
とまあ、ダジャレはされおき、ダービーで(フアン)ジーザスを相手に日本人選手がかなり良いプレーをしていたというのは誰の目にも明らかだった。それからというもの、充分な出来以上のパフォーマンスを披露してきている。

【ミランの本田:日本人選手はこうして復活した】ガゼッタ・デロ・スポルト

【新生本田:今シーズン序盤とは別人のようになった日本人選手】ミランニュース
ここ最近のミハイロビッチ采配の当たりの中でも本田圭佑は別格だろう。実際、今朝のコリエレ・デラ・セラでも日本人選手はシーズン序盤(何度かの酷いパフォーマンスの後でピッチ上の仕事を失ってしまった)とは別人のようになったと書かれていた。ミランの背番号10は見事なプレーをするに必要な自信を取り戻し、日曜のジェノア戦では483日ぶりにセリエAで得点してみせた。

【モントリーヴォと本田、新ミランの象徴】PIANETA MILAN
もはやこれまでと思われていた二人の選手をミランは再発見することが出来た。モントリーヴォと本田である。
リカルド・モントリーヴォと本田圭佑はシニシャ・ミハイロビッチの新ミランの象徴的存在といえるだろう。そうなったのも両選手の最近のパフォーマンスだけが理由ではなく、彼らのシーズン序盤からの復調ぶり、それに何と言ってもミランでのキャリアに送られるリスペクトによるものだ。
ミハイロビッチが言うところの「リベンジ組」は、その復活への意欲が今のチームの状況に完璧にハマったのである。モントリーヴォと本田の二人はシーズン序盤には何度かブーイングされたが、いまでは喝采を勝ち得、「意欲を見せて結果を出す」という監督の要求に対する模範となっている。

【再ブレーク、本田のプレーに皆が納得】TUTTOmercatoWEB
ミハイロビッチの直感により、本田圭佑はミランにバランスをもたらすキープレイヤーとなった。ファンタジスタは憂鬱な状態から今やサイドでハツラツとプレーするように。背番号10のメンタルは変化し、シーズン序盤の批判を跳ね返して、ミランの変化の完璧な象徴としてピッチに立っている。ACミランのサムライは刀を抜き、ジェノア戦でゴールを決め、ミハイロビッチが求める最後の不動のピースが見つかった。

【ジェノア戦で分かったこと】OUTSIDE90
本田が復調中
ほんの数週間前までミランにおける彼の立場は曖昧なものだった。キレのないパフォーマンスを見せ構想外となっていたからだ。それから劇的に復調してみせ、30ヤードの雷弾から遂にスコアシートに再び名を刻むことに。セリエAで2014年10月ぶりとなるゴールは、彼の実力をうかがわせるものだった。この復調においては彼のハードワークぶりも大きく取り上げられている(コンスタントに右サイドバックをフォローし、また前へ出て行く起点ともなっている)。

【アンブロジーニ「昨日、本田はとても頼もしい選手だと証明してみせた」】ミランニュース
「中盤ではモントリーヴォが良い試合をしていて、昨日の本田は再びとても頼もしい選手なのだと証明してみせたね」

【ノソッティ「本田は旬の選手。前後半ともに良し」】ミランニュース
マルコ・ノソッティ(イタリアの記者)はスカイスポーツの番組においてジェノア戦で勝利をおさめたミランの各選手を分析した。「本田は旬の選手。守備に戻り、ボールを何度もリカバーし、前後半ともに出来が良かった。あらゆる面で侍になっている」

【ディ・グランディス「右で本田より頼りになる選手はいない。サプライズ」】ミランニュース
スカイスポーツのジャーナリスト、ステファノ・ディ・グランディスが本田が見せた完璧なパフォーマンスについて語った。「サプライズは本田だね。チャンピオンでも華麗な選手でもないが、ミランの442のフォーメーションで彼より頼りになる存在はいない。彼の足はファンタスティックだ。1-0としたバッカへのボールは見事で、2-0とした場面もうまく蹴っていた」

【ミラン対ジェノア戦 採点】ユーロスポーツ(伊版)
本田圭佑:7.5(試合トップ)
試合の立ち上がりから尋常ならざるプレー。長距離からのシュートにはじまり、ライン際のボールをリカバリーし、クロスをあげ、カルロス・バッカのゴールに繋げた。35メートルの距離からのシュートも決め、日本人選手はイタリアでのベストパフォーマンスを披露。一級品のプレーであった。

【本田圭佑の活躍でACミランがジェノアに貴重な勝利をおさめる】ESPN
本田圭佑:7(チームトップタイ)
今シーズン、29歳の彼はサポーターからの激しい批判に晒されていたが、ピッチで自分の仕事をやり続けた。しかし今や疲れ知らずの守備での仕事ぶりとファイナルサードでの決定的なプレーにより、彼はミハイロビッチにとって最も大事な選手の一人に急速に成り上がってきている。

【本田の復活は続く】ガゼッタワールド
本田圭佑:7(チームトップタイ)
その疲れ知らずの守備と相手ゴール前での決定的な仕事により、日本代表選手のチームにおける影響力が増してきている。序盤のシュートから先制点を決められなかったのは不運だったが、後半に見事なシュートからネットを捉えた。

【第25節 トップ5プレイヤー】90MiN
3:本田圭佑(ミラン)
バッカとボナベントゥラから主役の座を奪い「サンシーロ」でショーを繰り広げた。本田圭佑がミランに加入してからベストのパフォーマンス。

【セリエA第25節ベストイレブン】イタリアンフットボールデイリー
ミッドフィルダー:本田圭佑(ACミラン)
前線からプレスをかけ、ここ数節の本田は絶好調であり、ジェノア戦でもそうだった。日本人ミッドフィルダーはカルロス・バッカのゴールをアシストし、長距離からの圧巻のシュートで今シーズン初ゴールをあげた。

【セリエA第25節ベストイレブン】
ITALIA CALCIO
本田:8
怒涛のダッシュからのアシストと衝撃的なロングシュート。彼の日だった。

【セリエA第25節ベストイレブン】THE BIG SOCCER
ミッドフィルダー部門。本田は外せない。ACミランのミッドフィルダーはチームが必要としているリズムを見つけ出したようだ。

【セリエA第25節ベストイレブン】CALCIONOW
ミランのベスト選手。これほどのパフォーマンスは移籍以来はじめてかもしれない。長距離から決勝ゴールを決め、バッカのゴールもまた彼の貢献と言える。あれは正に彼のクロスからだった。
 
【セリエA第25節ベストイレブン】セリエA公式 
12744250_1083128098426521_2752491364486570920_n
*追記しました。コメントありがとうございます。




【主にミランファン】
・Anonymous
ブラボー圭佑、この調子だ

・Anonymous
本田はこの試合でミランのベストミッドフィルダーだったわ!!それにベストシューターだったし、ボナベントゥラは道をゆずるべき…この日本人選手を軽んじる代わりにね

・Anonymous
マジで背番号10に相応しい

・Anonymous(レアル・マドリー)
しっかし、あのブレ球は…すげぇ

・Anonymous
いいパフォーマンスをしてるね。でもこれまではそれが長く続かなかったんだよな…そこで「献身性」ってことか

・Anonymous
本物の侍は大義の為に身を犠牲にするものなのだ…

・Anonymous
最近のパフォーマンスが頼りになるってのは否定できんね

・Anonymous
これまでの批判も今の称賛も本田が招き寄せたもの
ともかく今の本田は後半戦の光明ってことは言っとかんとな

・Anonymous
最近のパフォーマンスでいけば不動のメンバーであり続けるだろうな

・Anonymous
ファインゴールは別にしても、完璧なパフォーマンスだった。誰かさんとは違って、87分の場面でも前に後ろに狂ったようにダッシュしてたもん。規格外のバケモンってわけじゃないけど、ボナベントゥラと共に442のシステムの要だ

・Anonymous
チームを機能させる為にフォローに入ってるってところがポイントだな。10番を背負ってるからといって、皆が期待するような一人で試合を決めちゃう選手ってわけじゃない。ともかく批判に対してプレーで返したね

・Anonymous
プレー姿勢がちゃんとしてるよね。守備に戻れてフォローの仕方なんかをちゃんと理解してる選手

・Anonymous
絶不調から見事に復活した この調子だ侍

・Anonymous
まあ変わったのは本田じゃなくてチームなんだけどね

・Anonymous
どうかね。本田は戦術面ですごく模範的で、かなり規則正しくプレーする。今は単純にチーム全体のフィジカルコンディションの良さに助けられてる

・Anonymous
それは勿論、誰にでも言えることだけどね、本田だけじゃなくて。チームが好調だと誰もが恩恵を受けるし、逆ならミスが目立つようになる

・Anonymous
いやいや、本田は皆が叩いてた二ヶ月前と同じだよ。一緒一緒一緒一緒。何本か良いクロスをあげたりカバーに入ったりってのもやってた…本田はチームが機能してる時だけ機能するんだよ。つっても誹謗しようとしてるわけじゃないよ。個人的に本田には思い入れがあるし

・Anonymous
あの距離から打ったのは初めてだったでしょ

・Anonymous
このアングル好き
tumblr_o2l5tzY1cx1qaorn7o1_r1_500

・Anonymous
マジでセクシーと言わざるをえない

・Anonymous
CSKA時代から本田のこと好きだった。すごく良いプレーメーカーだし、うちに来てくれて嬉しいよ

・Anonymous
本田のことはずっと嫌いだった。ベンチレベルの選手だと思ってきたわ。でも今シーズンの彼は壮観だね。復活して、キャリア最高のプレーをしてる

・Anonymous
素晴らしいシュートとクロスを持ってる。いくつか弱点もあるけど、もっと長所を活かさないとね。
チームとして彼がシュートを打てるようにもっとスペースを作らんと。あとFKだね。実際この点に関してはチームでベストの選手でしょ
常にファイトする選手だし、いつでもも良いプレーするってわけじゃないけど、俺はサポートしてく。プロフェッショナルな選手だからね

・Anonymous
個人的には本田の変貌ぶりの理由はミハイロビッチだって明白だと思うわ。攻撃のサポート役だけでなく、守備にも戻ってくるユーティリティプレイヤーとして本田の役割をハッキリと位置づけた。これによって本田もどんどんと試合に入ってこれるようになって、自信とパフォーマンスが何段階かあがってきたんだよ。確かに彼は30歳(ちかい)だけど、今のプレースタイルは全然スピード頼みじゃないし、怪我を別にしたら数年はパフォーマンスが落ちないんじゃないかな

・Anonymous
俺は全然応援してこなかった。というのも彼のプレーぶりに全然ピンとこなかったから。でも今の調子はすげーわ。ピッチをかけまわって相手に寄せに行ったり、すげぇ良いパス出したり、彼のパフォーマンスはめっちゃ爽快。今は大好きだ
 
・Anonymous
これまでも言ってきた通り、本田は本物 遂にコンスタントにやれるようになってきて認められるようになってきた



・ツイッターで更新情報配信中
・姉妹ブログ「つれおた

スポンサーリンク