好調ミランは無敗の流れを続け、リーグ戦では5位インテルとの勝ち点差を1まで縮めてきています。本田のパフォーマンスも高い位置で安定しており、徐々に動きが生まれてきた周囲とも試合毎に噛みあうようになってきているようで、現地メディアもそんな本田のプレーに賞賛の言葉を惜しみません。

コッパ・イタリアの準決勝でミランが対戦する相手はアレッサンドリア。先日行われた第一戦ではアウェーでミランが1-0の勝利を収めています。ミランとしては3部チームが相手とあって早い時間に勝負を決めて週末のリーグ戦に備えたいところですが、果たして・・・

本田圭佑がコッパ・イタリアの準決勝で先発出場した一戦のまとめをどうぞ。
試合前記事

【ミランが無敗の流れを続けた一戦で本田圭佑が活躍】ESPN
本田圭佑:7(トリノ戦採点)
日本代表選手はこれまでの苦闘ぶりを過去のものにし続けおり、チームの本物のリーダーへと躍り出てきている。前半にクロスバーを叩いたフリーキックは残念ながら決まらなかったが、右サイドから繰り出した彼の技は素晴らしい効果をあげコンスタントに脅威を生み出していた。

【本田がロッソネリの攻撃を操る】ガゼッタワールド
本田圭佑:7(トリノ戦採点)
得点こそなかったものの、攻撃でほぼ欠点のないパフォーマンスを見せた。右サイドから切れ込み相手への脅威となり、クロスバーに当たらなければ必殺の左からの完璧なフリーキックとなったろう。

【本田、ミハイロビッチのミランで躍動する男】ilveroMilanista
カルロ・アンチェロッティのもとで欧州を制したミランは怪物選手を擁していた。ガットゥーゾ、ピルロ、セードルフ、そしてカカ。しかし本田圭佑もまた名を上げていく可能性はある。常にスペクタクルなプレーをするわけではないが、どの試合でも非常に重要な仕事をしてみせるし、日本人選手の信頼性は特筆すべきもので、その見事な左足は最高の武器だ。時に脅威的なプレーをしてみせる背番号10をシニシャ・ミハイロビッチは見放さなかったが、絶妙なタイミングかつ絶妙なポジションで本田は躍進してきている。

【ACミランは本田圭佑と契約延長の話し合いか】calciomercato.com
本田圭佑のミランとの契約は2017年の6月までだが、チームは日本代表選手の契約延長を望んでいるらしいと当紙のフェデリコ・ザノンが明かした。
(中略)
前CSKAモスクワのスターはもの凄い熱意を見せる素晴らしいプロフェッションで、今シーズンは勝者のメンタリティを発揮してきている。ミランは本田は契約延長するに相応しい選手であるとして、アドリアーノ・ガッリアーニは既に代理人の兄を呼び、契約延長の話し合いの場を持ったのではないかとのことだ。

【本田とクツカ 栄えある10番】Sportpaper
ミランが引き続き好調である。シーズン序盤の鈍重で勝てなかったチームは過去のものに。ロッソネリは遂に正しいイレブンを見つけ出したようであり、結果がついてきて順位にも明るい見通しがたってきた。
喝采される本田
ミハイロビッチが新たに手に入れた武器は間違いなく本田とクツカだろう。背番号10は別離や論争やミランからの旅立ちから遠ざかったようだ。最近の本田は代わりに主役の座を掴みとり、日本人選手は納得のパフォーマンスを披露しているというだけでなく、ミハイロビッチとミランのファンからの信頼も勝ち取ってみせた。


ミラン 5-0 アレッサンドリア

【動画&GIF】







【ミハイロビッチのチームが決勝へ】ガゼッタ・デロ・スポルト
メネズの2ゴールとロマニョーリのゴール、バロテッリは終盤に。ロッソネリが予想通り準決勝を突破し、(決勝で)ユベントス対インテルの勝者を待ち受ける。
(中略)
本田はメネズが1-0としたゴールを見事にアシスト。3-0の場面ではポーリとメネズの動きを引き出した。

【ミランが13年ぶりにカップ戦決勝へ】スーパースポーツ
ジェレミー・メネズが11ヶ月ぶりにゴールをきめ、3部のアレッサンドリアに5-0で快勝したACミランが13年ぶりのカップ戦決勝進出を果たした。

tumblr_o3dts1Tr0v1qezx7zo1_500

【採点】
[whoscored] 7.8

[STOP AND GOAL] 7
またも日本人選手のポジティブなパフォーマンス。3-0とした場面で良いプレーをしただけでなく、カバーリングでも貢献

[MAIDIRE CALCIO] 7
この一戦の主役:本田とメネズが輝いた。2ゴールと何度かのミスがあったが、ゴール前数メートルの距離でその価値を証明してみせた。

[EUROSPORT] 7
試合を決めたメネズへのスルーパスは美しかった。ミハイロビッチの起用に応えインパクトを増してきている。終盤にはバッカへ優美なパス。

[CALCIO MERCATO WEB][blastingnews] 7

[ILMILANISTA] 6.5
別の選手のようだ。走りまわり、ミランの攻撃に意外性をもたらしていた。0-0の場面でガラ空きのゴールへのシュートを外したが、今シーズンを通してそうであるように見事なパフォーマンスを披露。

[TUTTOmercato] 6.5
常にプレーの中心にいて普段通りのクオリティを発揮。彼の影働きはミハイロビッチのチームにとって価値あるものである。

[SOCCER MAGAZINE] 6.5
アントネッリ同様に好調を持続。ミハイロビッチはフルタイムで起用した。

[Mondo Pallone][milanlive][blitz][ANSA] 6.5

[calcio mercato.it] 6
7分に決定機を外した場面は信じがたい。どうやら気障にやりすぎて集中が足りなかったようだ。しかしメネズのゴールをアシスト。リードしてからは(やり過ぎることもなく)やや調子をあげた。

[ilsussidiario][calcioweb] 6

[90MiN] 5.5
6分に起こったゴール前のミスの後では充分な採点は与えられない。その他の面ではいつも通り慎重に戦術眼を発揮していた。


【主にミランファン】
・Anonymous
本田なにしてんだよ

・Anonymous
どうしちゃったんだよ

・Anonymous
ブッフォンがゴールにいるわけじゃねーんだぞ

・Anonymous
今日の本田は休暇中か

・Anonymous
本田がゴールを台無しに…

・Anonymous
本田交代しろ!!!ゴールまで二歩の距離から決定機台無しにするとか

・Anonymous
何してくれてんだよ本田

・Anonymous
誰かミランの本田と日本代表の本田をとっかえてくれ
(訳注:代表ではコンスタントに得点を決めているので、よくネタにされているようです)

・Anonymous
おおおおお あの本田のメネズへのフリックからのボレー
マジで良いプレー

・Anonymous
メネズウウウウウウウウ

・Anonymous
ジェレミー復活

・Anonymous
なんてパスだよ本田!

・Anonymous
本田のパスが全てだな…素晴らしいわ

・Anonymous
本田のあのボール!ブラボー、ジェレミー

・Anonymous
本田の見事なボール メネズの見事なランとフィニッシュ

・Anonymous
本田は良くも悪くも常にリーダーだな

・Anonymous
がら空きのゴールへのシュートを外す一方で尋常じゃないアシストを決める本田って・・・

・Anonymous
見事だ本田 さっきのシュートを何で外したのかは未だに分からんが

・Anonymous
やらかしは許された

・Anonymous
いやぁ何度か見事なパス交換があったね。バロ、本田、メネズで

・Anonymous
バロの代わりにバッカで見てみたい

・Anonymous
ブラボーポーリ、ブラボー本田

・Anonymous
ゴールへ導いた本田の卓越した動きよ

・Anonymous
本田はミランの攻撃の創造性の要だねぇ。素晴らしい選手だ…お見事

・Anonymous
本田はミランの復活の主要因であり続けてる。序盤に酷いミスがあったけど、他のプレーは完璧だ

・Anonymous
今日の右サイドのデシーリオ、ポーリ、本田のトライアングはキレッキレだな

・Anonymous
もう交代しようぜ ジャック、クツカ、本田を休ませてくれ

・Anonymous
シニシャ(ミハイロビッチ)、うちの柱のクツカ、ジャック、本田は直ぐに休ませて

・Anonymous
あと本田も交代させて 温存するに相応しい選手でしょ…

・Anonymous
本田が下がってプレーしてる

・Anonymous
マウリがポジショニングのセンスないから本田が降りてきてる

・Anonymous
ボアテングが逆サイドにいるからしゃーないw

・Anonymous
クツカはこのチームで代えがきかないな
本田とジャックもそう

・Anonymous
本田つよすぎ…

・Anonymous
本田は類まれな戦術眼を持ってるわ

・Anonymous
マリオが決めてくれてめっちゃ嬉しい

・Anonymous
頼むよいつ本田を変えてくれるの 彼には休養が必要だよ

・Anonymous
楽勝だったね。あんま感心できる試合じゃなかったけど、5-0で勝ったし文句も言い難い

・Anonymous
ブラボー、メネズ。ブラボー、本田(決定機のミスはあったけど。クツカも良かった。他の選手は普通かな

・Anonymous
クツカとモントリーヴォがいなかったら、ちゃんと中盤で守れる人がいないな。ボアテングが中盤が本職じゃないし、ポーリとマウリはプレスをかけて守備にいくのうまくないし。でも本田はかなり頑張ってた。すげー戻ってたし

・Anonymous
すげー献身を見せてる本田には感心するわ ここのところ連戦なのに

・Anonymous
本田 悪くなかったけど充分じゃなかったな

・Anonymous
本田をいつも通り過小評価してて笑える
またもベストパフォーマンスしてた選手だったのに

・Anonymous
本田は凡シュートミスしたけど普段通りかなり良いプレーしてた。これで更にアシストを重ねたし…ここ数試合、決定機につながるパスも沢山してる。かなり過小評価されてるわ



フル出場した本田の走行距離はチーム2位の10.803km。相変わらず戦術的なバランスを取りつつ右サイドから試合を作る仕事をこなしていました。視野の広さと発想力を活かした見事なパスでゴールにも絡み、5-0と大勝したミランはカップ戦で決勝に進出(前回ミランが決勝へ行ったのは2003年)。次の相手はユベントス対インテルの勝者となります(準決勝第一戦はユベントスがインテルに3-0で勝利)。

本田に関して言うと、今日一で反応が大きかったのは前半の決定機でのミス。ここのところ静かにしていたアンチも加わって勢いが凄かったです。今はメディアもファンも本田に対して基本的にポジティブという形勢ですが、いつまた手のひらを返されるか分からない怖さを感じますね。一方でリードしてからは本田を休ませろという声も目立っていて、現チームの柱の一人だと考えている人も多いようです。メディアの評価はバラつきがあるものの、快勝したこともあって平均値は高めに。

ミランの次の一戦は日曜にアウェーでサッスオーロと。今月末には日本代表の試合もスケジュールされているので、連戦の中でいかにコンディションを保っていけるかが鍵となっていきそうです。

サッカーゲームキング 2016年 04 月号 [雑誌]

・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク