AFC U-19選手権の決勝まで勝ち上がってきた日本。

招集された選手達をローテーションさせつつも大会ここまで無失点。ボールを回しつつ、相手のカウンターをCBを中心にしっかりと跳ね返して、遂に初のU19アジア王者まで後一勝というところまで登ってきました。

日本がAFC U-19選手権のタイトルをかけ奮闘した一戦のまとめをどうぞ。
試合前記事

【決勝:サウジアラビアプレビュー】AFC公式
「我々は数々の難敵と対戦してきて、素晴らしい守備のチームも相手にしてきたが、彼らを相手に得点をあげてきています」とサアド・アル・シェフリ監督。「今大会を通してサウジアラビアが最高の攻撃陣を擁していることをお忘れなく」
「日本は強力な守備戦術をしいているチームで、この試合はちょっと難しいものになるでしょう。しかし、我々には素晴らしい選手がいる。得点できる中盤とストライカーが。最も大事なことはこの2チームの対戦で素晴らしい決勝になるだろうということ」
「イラン戦では何人かの選手がミスをして、その選手達について学んで、次の試合に集中しています」とアル・シェフリ。「準備をして、サウジアラビアへトロフィーを持ち帰りにいく」
「どのチームでも選手が何かミスをすれば監督には悩みのタネとなりますが、ピッチには11人の選手がいて、我々は彼らをサポートしてプレッシャーを取り除いてあげなければならない。そうすればやがては素晴らしいチームになります。彼らを助ければ素晴らしい未来と歴史をサウジに残していける」

【決勝:日本プレビュー】AFC公式
「我々にとっては7度目の決勝ですが、これまでタイトルを獲ったことがないので、しっかりとやって日本にトロフィーを持ち帰りたい」と内山篤監督。
「これでU-20ワールドカップへの出場権を手にでき、選手がワールドカップを経験できるので本当に嬉しいですね」と彼。「あとはとにかく選手達に決勝をエンジョイしてもらって楽しんできてほしい」
「プレッシャーはすごいでしょうが、彼らには良いチームを相手に楽しんでほしい。U-20ワールドカップの後には東京五輪がありA代表への道があるわけですから、明日の決勝の厳しい状況下での試合は彼らにとって良い経験になるでしょう」
(中略)
「サウジアラビアには良い攻撃があって、沢山のゴールをあげてきていますが、とにかく我々はこれまで通りのプレー、同じサッカーをしたい。野球ではないので、一度に二点はあげられません。一点ずつ取って、自分達の試合をしたい」

【AFC U-19選手権が欧州のエリートクラブの注目を集める】AFC公式
欧州を牽引するリーグのスカウトやクラブの幹部達が、アジアの未来のスター選手を求めてAFC U-19選手権に注目している。
大会中の二週間にスカウトを派遣してきたクラブは、ボルシアMG、シティフットボールグループ、リバプール、エールディビジのグローニンゲン、そしてベルギーのKAAヘント。
ボルシアMGのマリオ・フォッセンは近年の欧州へのアジアタレント流入によりアジア地区への注目が増しており、そのことがアジア人選手の成長と傑出した実力を示していると考えているようだ。
「ブンデスリーガでは香川真司が抜きん出たタレントだが、足跡を残した選手は他にも何人かいる。我々が知るかぎりでは、アジア人選手が素晴らしいキャラクター性と仕事の倫理観と戦術的知識を持っていることがハッキリしている」

【AFC U-19選手権:決勝はサウジアラビア対日本】ガルフデジタルニュース
AFC U-19選手権の決勝ではリファーのナショナルスタジアムにおいてサウジアラビアと日本が対戦する。
午後5時半にキックオフされるこの一戦は、アジアで最も有望な16ヵ国がしのぎを削った大会の完璧な決勝になることが必至の待望の試合だ。
AFCは決勝の審判にカタールのハミース・アル・マリを指名している(後略)。

【日本対サウジアラビア オッズ】(10月30日)
日本1.47 引き分け4.08 サウジアラビア5.41 (16社平均)


日本 0(PK5-3)0 サウジアラビア





【日本にとって七度目の正直】FIFA公式

【日本がAFC U-19選手権のタイトルを獲得】AFC公式
日曜、内山篤率いるチームがサウジアラビアをPK戦で5-3とくだし、日本が国の歴史上で初めてAFC U-19選手権のタイトルを獲得した。
90分の規定時間と30分の延長戦がスコアレスに終わり、PK戦でAbdullah Magrshiがシュートをバーの上へと飛ばした後で、5番手の小川航基が試合を決定づけるPKを決めた。
この勝利により日本は7度目の決勝戦でアジアのタイトルを逃す流れを断ち切った。

【決勝で敗れるも陽気なアル・シェフリ監督】AFC公式
「来年のU-20ワールドカップの出場権を手にしたわけですし、この大会は我々にとっていい結果でした。今夜も私のチームは大会を通して最高の試合をしてくれましたが、残念ながらPK戦となり、そこではどういう結果にも転ぶものです」とアル・シェフリ。「でも、この大会が選手のモチベーションとなってくれることを願います、彼らは良いプレーをしたわけですし」
「大会を通して我々は数多くの強敵を相手にして、選手を休ませリカバリーすることが出来なかった。でも大事なのは選手のモチベーションをあげて、自分達がやっていることに誇りをもたせることです」
「日本は今大会で最強の守備を擁していましたが、彼らを相手に我々は四度の決定機を作った。残念ながら決めきるだけのツキだけはありませんでしたが」
 
【海外のサッカーファン】
・Anonymous(オーストラリア)
日本が勝つよ。6.5時間後、オーストラリアでは午前1時。最高の開始時間ってわけじゃないけど試合を見るぜ
がんばれ!!!

・Anonymous(サウジアラビア)
サウジアラビアがタイトル獲るぞ

・Anonymous(イタリア)
日本頑張れ!

・Anonymous
(立ち上がり)日本ついてたな

・Anonymous
日本が負けたら俺のトヨタ売るわ

・Anonymous
サウジには今大会でベストの攻撃がある

・Anonymous
どっちも最低でも1ゴールをあげると思う。攻撃力があるね

・Anonymous
延長線かPK戦に行くかもね。どっちとも良くて同じくらいの実力があるよ!

・Anonymous
両チームとも慎重過ぎる、決定機多くないな

・Anonymous
ぶっちゃけサウジの方が良い感じ

・Anonymous
でも日本が圧倒してるけどね

・Anonymous
かなり良い試合

・Anonymous
日本はアジア最強、アルゼンチンを倒せた唯一のアジアのチーム

・Anonymous
この審判は…

・Anonymous(サウジアラビア)
サウジアラビアは決勝の日本戦でチャンスを無駄にしすぎ。このミスを後悔することになるかもな

・Anonymous
サウジの方がチャンス多かったな

・Anonymous
今の流れだとサウジの方が決勝点あげそう

・Anonymous(ベトナム)
日本勝つんだ

・Anonymous
この選手達の本当の年齢を判断する為にサウジの選手にMRI受けて欲しいわ

・Anonymous(タイ)
サウジの19歳ってマジなの?

・Anonymous(イラン)
日本おめでとう

・Anonymous(イラク)
日本おめでとう

・Anonymous(オーストラリア)
プレッシャーのもとで完璧なPKだった。日本がPKを蹴る度にサウジのファンがブーイングしたのは悲しい結果だね、でも結局はそれも助けにならなかった

・Anonymous(サウジアラビア)
ブーイングはサッカーの一部だよ

・Anonymous(サウジアラビア)
アジア最高のチーム(サウジアラビア)にとっては不運だったね
それから日本おめでとう、PK戦までいけてめっちゃラッキーだったな

・Anonymous(イラン)
最高のチーム?ぶっちゃけさあ、君らサウジがこれまで何を成し遂げたってんだ?五輪じゃ金メダルさえ一度も取ったことないのに…だから黙っときなよ

・Anonymous(ベトナム)
おめでとう日本!君らはめっちゃ完璧だ

・Anonymous(シリア)
おめでとうにほおおおおおおおおおん

・Anonymous(ブラジル)
おめでとうU-19日本代表 アジア王者だ!

・Anonymous(アゼルバイジャン)
やったああああああ堂安( ゚Д゚ノノ"☆

・Anonymous(スペイン、ガンバ大阪ファン)
素晴らしいね!宇佐美は移籍しちゃったけど、俺らの希望は堂安に
 
・Anonymous(イラク)
日本おめでとう、君らがカップに相応しい…君らから点をとれるチームはないだろう…よくやった日本

・Anonymous(イラン)
おめでとう日本。日本はいつも質の高いサッカーをやっているし、AFCのトップは日本か韓国の人がやるべきだと思う、ぶっちゃけサウジやカタールじゃなくてね

・Anonymous(イラン)
日本おめでとう!日本は今年はU19とU23の両方で優勝したね。まぐれじゃない。組織的に機能してるよ。他のアジアも学べると良いんだけど。イランからリスペクト

・Anonymous(イラク)
おめでとう日本。アジアで最もリスペクトされ、最も創造的な人達。俺も本田の車を持ってるよ、ハハハ…20年前、サッカーで日本は弱かったけど、がんばって今やアジアでナンバーワンになった。イラクより愛をこめて


この試合、日本はセンターバックを中心にした守備を軸に戦っていました。大会を通してゴール前での守備陣の落ち着きぶりは素晴らしく、最後までしっかりとボールを見ていられる選手が多かったですね。決勝ではサウジアラビアのフィニッシュ精度の低さに助けられた場面もありましたが、見事に大会を無失点で終えることができました。一方、再び10人のローテーションを行った日本ですが、準決勝からメンバーを入れ替えなかったサウジアラビアを相手に、もう一つ決定機を作りきれなかった(決めきれなかった)のは反省材料でしょうか。現状の体制でワールドカップを戦えるのかの検証・検討はしっかりとして欲しいところ。

試合終了後には各国から「おめでとう」の声が届けられていました。ガンバ大阪の堂安が大会MVPとなったことから、海外のガンバファンからはお祝いの声が。決勝は第三者の立場から見ていると退屈だったのか、試合内容に関する反応は乏しかったようです。また、決勝だったということもあってか、いつもより感情的なコメントも多めだったようですね(この辺はカットしています)。

無事にU-20ワールドカップのチケットを手にした日本代表。来年の5月20日から始まる大会にアジア王者としてのぞみます。
サッカーダイジェスト 2016年11月10日号No.1369 第94回全国高校サッカー選手権大会 総集編 最後のロッカールーム [DVD]
・ツイッターで更新情報配信中

スポンサーリンク